ジャンル:刀剣乱舞 刀さに お題:男同士の作家デビュー 制限時間:30分 読者:754 人 文字数:2065字 お気に入り:0人

駄目官能小説家、鶴丸国永


 何が楽しくて、官能小説家がサシで飲まなければいけないのか。
 詰まってもうネタが出ない、とごねたら編集が、じゃあ同期の作家さんと食事でもしませんか、と誘ってきたのだ。
 ところが編集は急ぎの仕事が増えたと言って、私をおいて去ってしまった。
 ただでさえ人付き合いが苦手で、後ろめたいことしかないのに、やめていただきたい。
 帰りたい。
 帰ろうか。
 焼肉屋の奥で、そわそわと一人挙動不審にしていると、ぽん、と肩を叩かれた。

 「やぁ、君か同業者――って」

 ぶかぶかのコートをはおり、眼鏡の青年が私をみて、目をまるめた。
 私は、もう少し早く帰ってしまえばよかった、と血の気が引いていくのが分かった。

 「これは驚きだぜ」

 やぼったい見た目に反して、ひょろりと細い青年は輝くような笑顔をみせた。
 よく見ると、けっこうイケメンだ。ああ、帰りたい。

 「なんだ君、女だったのか」


 *


 網目に、肉の油がしたたり落ちていく。
 すみに乗った牛タンをひっくり返し、国永さんの皿にのせる。

 「なんだ、同期で男同士のデビューだと思ってたのになぁ」
 「あの、すみません」
 「謝ることはないだろう。隠してたのか!」
 「編集さん以外は、その、知りません」
 「なるほどなぁ。いやはや、新進気鋭の官能小説家が、まさかこんな年若い女性だとはな。恐れ入ったぜ」
 「はぁ……」

 ぼさぼさの頭に、毛玉ができかけたセーター。
 見た目の野暮ったさに反して、五条国永――もとい本名、鶴丸国永はとても饒舌だった。
 そして私は、男性作家のふりをして、デビューを果たした官能小説家だった。
 実際のところペンネームがごついので、男性作家だと思われているだけだが。

 「燭台切はこないのか」
 「なんか急ぎの仕事とかで、どうしても駄目だって言ってました」
 「席を用意した奴が来ないってのはどうなんだ」

 国永さんはよくしゃべり、そしてよく飲んだ。
 同業者という事で、つい話に付き合ってしまい、結局帰る、とは言えずわたしもちびちびと飲み進めていた。
 そうして、気付いたら閉店の時間になっていた。

 「国永さん、もうお店閉まるそうですよ」
 「なんだ、早いな。せっかくだからあれだ、もう一軒いこう」
 「立ててないじゃないですか、帰りましょう」
 「……」
 「国永さん?」
 「困った、立てない」

 タクシー呼んでくれ、悪いな、と国永さんはわらった。
 これだから酔っ払いは嫌いなのだ。
 結局国永さんはタクシーでもごねて、私をのせて、そうして降りる時もごねて、私は結局国永さんの家までついていくことになったのだった。

 「案外、きれいなマンションなんですね……」
 「親父の金さ。はは、とりあえず水でも飲もうじゃないか」
 「あの私が用意するので、座っててください」

 支えないと歩けないほど酔っていた人を、ソファに座らせ、水をとりに台所に向かう。
 しかし、初対面の相手にわたしは一体なにをしているのだろう。
 名前くらいしか知らなかったけど。
 いや、作品も読んだことはあった。
 同時デビューだったから、気になっていたのだ。
 どぎついのも書くのかと思っていたら、すごく繊細で、響くような話を書くなと思って、少し憧れていたのに。
 ――なんか、イメージと違ったな。
 黙っていたら、それらしかったかもしれないけど。
 コップを両手に、居間に入った。
 すっかりソファーベッドで倒れこんでいる。

 「国永さん、お水、飲めますか」
 「のめる、のめる」
 「どうしてそんなに飲んじゃったんですか」

 手だけがふらふらとしているのに、コップを握らせてやる。
 熱を出した子供のように、国永さんはふちに唇をつけながら、水をなめる。

 「……だって、そりゃ、男だと思ったのに、若い女の子がくると、思わなかったから」
 「はあ」
 「緊張して、つい、飲みすぎたんだ」

 くてん、と彼のほそく白い首がうつむいた。
 突き返されたコップをうけとりながら、はぁ、と私は素っ頓狂な声をあげた。

 「え、国永さん、童貞ですか」
 「やめろ、いや、そんなわけないだろう経験くらいはある」
 「……素人童貞?」
 「やかましいな、君はどうなんだ、経験あるのか、ばりばりか」

 キャリアウーマンみたいな言い方やめてもらえますか、と冷静に返しながら、酒ではなく耳まで真っ赤になった、この同期の青年をまじまじと見つめた。
 あんなにいやらしい文章書くのに、この人、女に全く慣れていないのだ。

 「ないんだろう、ないんだろう……」
 「いや、人に誇れるほどはないです、けど、」
 「どうせだから俺と寝よう、もう妄想だけじゃネタに詰まってるんだ、頼む、このとおり」

 酔っているとはいえ、これほど情けない男の姿は見たくなかった。
 半べそになりながら、国永さんは私の手をにぎり、な、と頷いて見せた。
 な、じゃない。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 刀さに お題:部屋とYシャツと高給取り 制限時間:30分 読者:11 人 文字数:1888字 お気に入り:0人
人生で、特に高望みということをしていた覚えはない。 こんなもんだろうと自分の力に見切りをつけて、平坦に、平凡にやってきたつもりだった。 なのに、どうしてこうな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 刀さに お題:地獄床 制限時間:30分 読者:13 人 文字数:2046字 お気に入り:0人
宗三くん、と言えば彼はなんですか、とけだるげに返してきた。ベッドサイドでずりおちた肩の着物を手でなおす仕草は、いつか色っぽいなとしみじみと感じたあのころを思い 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 刀さに お題:犯人は克服 制限時間:30分 読者:15 人 文字数:1385字 お気に入り:0人
最初から手に入らないのはわかっていた。 ――――それくらいなら、願わなければよかったな。などなど、今更の後悔をならべたて、わたしは長谷部のやわらかな猫っ毛にふ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ベル@さにひよお疲れ様でした!! ジャンル:刀剣乱舞 刀さに お題:蓋然性のある母 制限時間:30分 読者:42 人 文字数:792字 お気に入り:0人
某本丸にて、離れに引きこもる審神者は珍しく刀剣男士たちが暮らす母屋の方へ顔を出していた。それというのは、審神者の腕の中に抱かれている赤子が理由である。先に断って 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ベル@さにひよお疲れ様でした!! ジャンル:刀剣乱舞 刀さに お題:冷静と情熱の間にあるのは行動 制限時間:30分 読者:39 人 文字数:1137字 お気に入り:0人
某本丸の書庫にて、山姥切国広は本を読んでいた。兵法に関する本である。書庫には彼のみ。一切の物音を排除した静まり返った知識の園で何かにとりつかれたかのような熱に浮 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ベル@さにひよお疲れ様でした!! ジャンル:刀剣乱舞 刀さに お題:許せない汁 制限時間:30分 読者:50 人 文字数:1162字 お気に入り:0人
これは某本丸の昼前のことであった。審神者は台所に立って目の前のそれを前に腕組みをしていた。目の前には大きな鍋。リクエストを受けて豚汁を作ったのだが、どうにも納得 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ベル@さにひよお疲れ様でした!! ジャンル:刀剣乱舞 刀さに お題:消えた奈落 制限時間:30分 読者:43 人 文字数:756字 お気に入り:0人
奈落、という言葉は地獄という意味に等しい。それを知ったのはいつの頃だったでしょうか。もうかなり昔のことだったように思われます。こんなことを考えるのは、今読んでい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ベル@さにひよお疲れ様でした!! ジャンル:刀剣乱舞 刀さに お題:同性愛の冒険 制限時間:30分 読者:40 人 文字数:797字 お気に入り:0人
某本丸にて。今日の畑当番は陸奥守吉行と和泉守兼定だった。陸奥守は太陽の下でぐんぐんと育つ緑の根元に水をやっていた。和泉守は育った作物の収穫をしている。ふと陸奥守 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 刀さに お題:運命の情事 制限時間:30分 読者:53 人 文字数:1671字 お気に入り:1人
いつかは抱かれたいとは思っていた。 けどそれは空想のなかでしかなくて、殻を破ってはいけない物語だったのだ。 通じ合うことはひどく恐ろしく、あなたのなかで、わた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 刀さに お題:闇の女祭り! 制限時間:30分 読者:54 人 文字数:1625字 お気に入り:0人
「そろったわね」 居酒屋の個室、最後の娘が席を埋めるとずらりとジョッキの生ビールから酎ハイまでが出そろう。 可憐な女たちがぞろりと顔をつきあわせたが、その顔は仕 〈続きを読む〉

しあわせろりの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:しあわせろり ジャンル:刀剣乱舞 刀さに お題:男同士の作家デビュー 制限時間:30分 読者:754 人 文字数:2065字 お気に入り:0人
何が楽しくて、官能小説家がサシで飲まなければいけないのか。 詰まってもうネタが出ない、とごねたら編集が、じゃあ同期の作家さんと食事でもしませんか、と誘ってきた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:しあわせろり ジャンル:刀剣乱舞 刀さに お題:経験のない天才 制限時間:30分 読者:331 人 文字数:1393字 お気に入り:0人
ごろごろする。ここ最近の胸の辺りだ。 目を閉じて、息を吸って、はいた。 何度もこうしているはずなのに、いつものように落ち着かず、胸の奥底で絡まった糸が、ひたす 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:しあわせろり ジャンル:刀剣乱舞 刀さに お題:当たり前の彼氏 制限時間:15分 読者:413 人 文字数:891字 お気に入り:0人
途方もない疲れを抱えて、鍵をまわした。 このままどろりと溶けるように、荒れた化粧をおとしシャワーだけやっとこ浴び、そうしてベッドにもぐりこむのだ。 数日間その 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:しあわせろり ジャンル:刀剣乱舞 刀さに お題:最強の兄弟 制限時間:15分 読者:404 人 文字数:860字 お気に入り:0人
昔から兄が欲しかった。おにいちゃん、と呼んでみたかった。 一人っ子で育った幼い私には、とうていかなわぬ夢だと思っていた。 みんなで大掃除をする傍ら、粟田口の短 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:しあわせろり ジャンル:刀剣乱舞 刀さに お題:うへへ、おっさん 制限時間:30分 読者:847 人 文字数:1328字 お気に入り:0人
「うへへ、」 よく創作にはあっても、現実には存在しがたいというものがある。 それは人物や能力に限らず、言動もしかり。 私はいま、本当にこんな気持ちの悪い笑い方 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:しあわせろり ジャンル:刀剣乱舞 刀さに お題:昨日の空 制限時間:15分 読者:382 人 文字数:966字 お気に入り:0人
人並みな話をする。 退屈だろうが、聞いてほしい。 子供のころから、空を眺めるのが好きだった。 ぽーんとぬけた夕暮れの終わる透明な色を、いちばんたかい天井に星が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:しあわせろり ジャンル:刀剣乱舞 刀さに お題:真紅の怒りをまといし希望 制限時間:15分 読者:458 人 文字数:642字 お気に入り:0人
いっとう私の記憶から、離れないのはあなたのその瞳。 まっかな柘榴を潰した色。 うっとりと細められた眼差しが、ぞくりと背をなでる。 神様に見られる、というのはこ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:しあわせろり ジャンル:刀剣乱舞 刀さに お題:素朴な関係 制限時間:15分 読者:557 人 文字数:893字 お気に入り:0人
事務処理の合間、部屋を抜け出して縁側に出る。 ぺたりと尻を床につけて、庭をながめた。 春を彩る甘い香りの景色に、いつのまにかささくれていた心が静かになるのがわ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:しあわせろり ジャンル:刀剣乱舞 刀さに お題:軽いダンス 制限時間:15分 読者:352 人 文字数:965字 お気に入り:0人
耳慣れないクラシックが響いている。 どうしろというのだ。 羞恥と、困惑とがまざって逃げ出したいのに、プライドという一点だけが私を逃がしてくれない。 我ながら馬 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:しあわせろり ジャンル:刀剣乱舞 刀さに お題:軽い教室 制限時間:1時間 読者:417 人 文字数:2984字 お気に入り:1人
目をとじてひらくと、教室だった。 均等に並べられた50数個の椅子とつくえ、前にも後ろにもある黒板。 その教卓の前に、見下ろすように立っていた。 誰もいない。 〈続きを読む〉