ジャンル:東方Project お題:破天荒なヒーロー 制限時間:30分 読者:196 人 文字数:660字 お気に入り:0人

早苗の暇つぶし ※未完

 東風谷早苗は暇を持て余していた。
 朝から二神はどこかへ出かけ、守矢神社に一人きりでお留守番状態だったのだ。夕方からは用事があるからそれまで神社にいてねとのことだったが、ぶっちゃけ待つのに飽きたから博麗神社にでも遊びに行きたいというのが本音である。
 だが、こないだちょっとしたおふざけで霊夢を怒らせてしまったから行きにくい。さてどうするか。

「あー、隕石でも降ってこないかな。そしたら暇なんて吹き飛びそうなのに」

 八雲が聞けばお小言を言われそうな言葉。だがそんなことは遊びに飢えた早苗には知ったことではない。
 ぐだぐだ呟きつつ縁側で寝ころび、新しいスペルカードでも考えるかなと思ったとき、視界の端に何かが映る。

 哨戒天狗だ。それも慌てた様子で辺りを見回しており、何かあったんだなと察することが出来る。
 早苗はこれ幸いと積極的に関わろうと声をかける。

「あれ、椛さんどうしたんですこんなところで。普段は滝の方にいますよね?」
「いや、それが……。あぁそうだ、早苗さんは文を見ませんでしたか?急ぎの用があるんですが」

 ふむ、どうやら彼女は射命丸を探しているらしい。またぞろいらん厄介事で天狗を混乱させているんだろうと想像する。

「見てませんがまた何か厄介毎でも?」
「はい。詳しくは言えませんが大天狗様がお怒りで……。まったくあの天狗ときたら!」
「でも椛さんって千里眼持ってませんでしたっけ。それでも見つからないんですか?」
「それはそうなんですが、何やら目で見切れない速度で移動してるらしく、」

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:あどそ ジャンル:東方Project お題:昨日の内側 制限時間:30分 読者:37 人 文字数:2249字 お気に入り:0人
昨日内側外側なんの内と外なんだ?三途の川・・・とか?境界があるもの。内訳。外側の人から見て。なんの?昨日の話になってくる。伝聞?語り口調か?「昨日は”内側”はど 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:恋の外側 制限時間:30分 読者:42 人 文字数:686字 お気に入り:0人
「ねぇ?」「何かしら」そんな会話から、この物語は始まった 「好きな人いる?」そんなリミアの質問に「ぶーーーーーー」霊夢はお茶を吐き出す「なななによ急に」「そんな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:昔の職業 制限時間:30分 読者:121 人 文字数:924字 お気に入り:0人
「アリスはさ」 昼下がりだった。森の重い緑を抜けて窓に差し込む柔らかい光。それを浴びて光る金髪。紅茶のカップを半ば傾けたまま、ぼんやりした視線が目の前のテーブ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:疲れた事故 制限時間:30分 読者:113 人 文字数:643字 お気に入り:0人
「愛しているわ」 「私もだぜ、アリス」全く笑ってしまうほど、それは道化のような定型文だった。ベッドに残るのは行為の後のけだるさではなく点々とシーツを汚す血痕だ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:苔地蔵 ジャンル:東方Project お題:疲れた宴 制限時間:30分 読者:178 人 文字数:1025字 お気に入り:0人
「はあ…なんであいつら好き放題やって片付けやら何やらは全部私一人にやらせるのかしら」私、博麗霊夢は辟易していた月に一回、何故か博麗神社で人妖問わずの大宴会が行わ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かぼちゃ ジャンル:東方Project お題:計算ずくめの天才 制限時間:30分 読者:152 人 文字数:1287字 お気に入り:0人
夏の匂いというべきなのだろうか、それとも、東京の匂いなのだろうか? それか、私にしか感じられない匂いなのだろうか?さあ? 少なくとも、京都に住むみんなにはわかっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:恥ずかしいフォロワー 制限時間:30分 読者:132 人 文字数:858字 お気に入り:0人
夢現病。三年目のセーターみたいに毛玉を全身につけた女によれば、私の体質にはそんな病名がついているらしい。私は当然、自分が病んでいるとは思っていない。なんなら選 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:許されざる部屋 制限時間:30分 読者:131 人 文字数:564字 お気に入り:0人
「...と、いう訳なんです。お願いできますか?」鬱蒼とした魔法の森に住む魔法使いアリス・マーガトロイドは、二人の少女から依頼を受けた。東風谷早苗の持っていた人形 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:日本整形 制限時間:30分 読者:119 人 文字数:520字 お気に入り:0人
「早苗さん、これは何?」守矢神社に来ていたこいしは横にいる早苗に声をかけた。「...それは、私が小さい頃持っていた人形ですね、懐かしいなぁ」こいしが手にしていた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:苔地蔵 ジャンル:東方Project お題:弱いギャグ 制限時間:30分 読者:187 人 文字数:397字 お気に入り:0人
「文さ〜ん!また早苗がいじめるんですよー!」椛が私の家の扉を開けて泣きついてくる「もう、仕方ないですねえ椛は…はい、刀と盾です。これ持って頑張ってきて下さい」ボ 〈続きを読む〉

どんだけーの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:どんだけー ジャンル:東方Project お題:破天荒なヒーロー 制限時間:30分 読者:196 人 文字数:660字 お気に入り:0人
東風谷早苗は暇を持て余していた。 朝から二神はどこかへ出かけ、守矢神社に一人きりでお留守番状態だったのだ。夕方からは用事があるからそれまで神社にいてねとのこと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:どんだけー ジャンル:東方Project お題:苦し紛れの任務 制限時間:30分 読者:337 人 文字数:962字 お気に入り:0人
「はぁ……。家のご主人は全く」 また、である。主人である寅丸星が大切で重要で大事極まりない宝塔をまたも失くした。これで何度目だったかとナズーリンは考えるが、しか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:どんだけー ジャンル:東方Project お題:小説の中のピアニスト 制限時間:30分 読者:303 人 文字数:578字 お気に入り:0人
いつもと変わらないような異変も何もない平和な朝を迎えた香霖堂。 物がざっぱに置かれ、どれが商品でどれが非売品なのか分かったものではないような店だからか、それと 〈続きを読む〉