ジャンル:グランブルーファンタジー お題:勇敢なサーブ 制限時間:15分 読者:197 人 文字数:757字 お気に入り:1人

ヴィーラさんの強靭な胃腸 ※未完

「どうだ」
 カタリナが期待に目を輝かせると、ヴィーラは一瞬だけ微笑を硬直させた後に答えた。
「刺激的なお味ですね」
 舌の細胞が壊死してしまいそうな辛味がヴィーラを襲う。どうやって作ったのか見当もつかないが、これが料理のカタチをした攻撃方法だということは理解できた。しかしヴィーラとてカタリナを傷つけたい訳ではない。現にピクニックにやって来た他のメンバー――ルリアと団長、ビィを始めとした大勢――は、カタリナお手製の弁当を前に表情を凍りつかせている。その手は震えており、ヴィーラ以上に発汗しているようにも見えた。
「そうか、頑張った甲斐があったよ」
「ええ」
 カタリナが他のメンバーに視線を移す。
「か、カタリナ」
「どうした、ルリア」
 震えたルリアが不安げにカタリナを見上げる。
「こ、これなぁに?」
「ハンバーグだ」
 炭よりも黒い楕円形はプスプスと蒸気を上げていた。その上なにやら呻き声のような音さえ聞こえる。おおよそハンバーグでないイキモノだということをルリアが悟る。
「ハンバーグってこんな鳴き声なんだね、わ、わーい、すごーい」
 突き抜けるような晴天の下には地獄絵図が広がる。さながら誰かが危篤になってしまったかのような空気感、カタリナだけがニコニコと笑っていた。
「お姉様」
 ヴィーラが口角を持ち上げた。フォークに突き刺さったスライム状の物体が金属製であるはずのフォークを溶かし始めている。
「味見はされましたか」
 カタリナは首を傾げた。
「どうだっただろうか」
 フォークはただの鉄棒と化した。
「今度いっしょに料理を致しましょう」
 ヴィーラが笑う。
「それはいい!」
 カタリナが両手を合わせると、ずっと黙りっきりだったビィが口を開いた。
「ここにすきなことばをいれてね」
 勇敢なさ

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:グランブルーファンタジー お題:謎の血 制限時間:15分 読者:203 人 文字数:684字 お気に入り:0人
「むむっ! これは……」 名探偵バロワ。怪盗シャノワールとライバルと認め合う彼は、依頼もなく持て余す休日をグランサイファーで過ごしていた。そして昼過ぎ、自室にて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: ジャンル:グランブルーファンタジー お題:私の姉妹 制限時間:30分 読者:15 人 文字数:1854字 お気に入り:0人
*俺ベリ*お題ガン無視*本日お誕生日のフォロワさまへ捧げもの「いやしかし、人っ子ひとりいないねえ」「本当だね」十二月の海。海水浴を楽しむ人々もサーファーもいない 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:あさくら@SS ジャンル:グランブルーファンタジー お題:8月の眠り 制限時間:30分 読者:254 人 文字数:957字 お気に入り:0人
【ジクグラ】8月の眠り「……暑い…ッ」グランは寝苦しい夜の、身体に纏わりつく熱に声を上げた。纏わりつく熱の正体、ジークフリートが身を起こす。「水飲むか?」「うん 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:あいいろ ジャンル:グランブルーファンタジー お題:男の恨み 制限時間:30分 読者:229 人 文字数:1270字 お気に入り:0人
きれいだ! 少年は大地を割く稲妻を背景に背負いながら戦慄した。顔の周りには「どっかーん」と擬音が走っている。それぐらい衝撃だった。見開かれた目の先には女の子が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:グランブルーファンタジー お題:今の牢屋 制限時間:30分 読者:324 人 文字数:924字 お気に入り:0人
誕生日の歌を口ずさみながら、置いてあった荷物を適当にどかし、広い空間を作る。 借りてきたくぎを壁に引っ掻け、後生大事にとっておいた手枷と、ガラクタ同然の鎧を身 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:グランブルーファンタジー お題:今度のお天気雨 必須要素:ゴルゴンゾーラ 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:535字 お気に入り:0人
「あらー」上空から降ってきた雨を見もしないで、仲間と逸れた特異点は、地面と水滴が響かせる雨音を聞きながら、葉が零してしとどになった髪を後ろに流して、しまったなと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:グランブルーファンタジー お題:隠された決別 必須要素:トイレ 制限時間:15分 読者:29 人 文字数:469字 お気に入り:0人
靴がない。特異点が蹴ったのだろう。ベッドの下と部屋の隅を見たが珍しく整頓されていて探す余地はなかった。寝床も冷えている。昨日は帰らなかったのか?「ん……」艇は曇 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:グランブルーファンタジー お題:小説のアパート 必須要素:新約聖書 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:411字 お気に入り:0人
「これ面白かった?」「なかなかだった」小説の続刊があるのは珍しい。アルタイルが読んでいる様な古文書よりも各地の伝説や新聞記事をよく追っている。フィクションには興 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:グランブルーファンタジー お題:誰かの食事 必須要素:恋愛 制限時間:15分 読者:27 人 文字数:609字 お気に入り:0人
それで、どうなんだ。「何が?」具体的に言わないのは珍しい。「食事と、その結果だよ」「結果って言うようなもんじゃないけど。でも、ご飯はおいしかったよ。パーシヴァル 〈続きを読む〉

燠田かをくの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:燠田かをく ジャンル:グランブルーファンタジー お題:大人の悪魔 制限時間:30分 読者:121 人 文字数:3449字 お気に入り:0人
「お姉様、私は――……」 窓を叩く雨がヴィーラの声をかき消す。 外は台風にも近い大雨で、強く吹く風がガタガタと窓枠を揺らしていた。隙間から忍び込んできた空気が不 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
タイトル ※未完
作者:燠田かをく ジャンル:グランブルーファンタジー お題:鈍いあそこ 制限時間:30分 読者:155 人 文字数:788字 お気に入り:0人
カタリナが彼らの眼差しに気付くことはない。そうヴィーラが確信したのは彼女と出会ってからすぐのことだった。 羨望や嫉妬、時には好意が混じった視線に取り囲まれたと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:燠田かをく ジャンル:グランブルーファンタジー お題:勇敢なサーブ 制限時間:15分 読者:197 人 文字数:757字 お気に入り:1人
「どうだ」 カタリナが期待に目を輝かせると、ヴィーラは一瞬だけ微笑を硬直させた後に答えた。「刺激的なお味ですね」 舌の細胞が壊死してしまいそうな辛味がヴィーラを 〈続きを読む〉