ジャンル:NARUTO お題:無意識のにわか雨 制限時間:15分 読者:56 人 文字数:175字 お気に入り:0人

驟雨に惑う ※未完

 パンッと乾いた音が部屋の中に響いた。
 気が付くとテマリは目の前の男の頬に平手をくらわせていた。
 予想以上に力が入っていたらしく男の頬は赤く腫れ上がっており、打った自分の手も痺れている。
 手の痺れは全く気にならなかった。
 それ以上に別の場所が酷く痛んでいたのだ。
 その痛みと男の顔を見ているのに耐えられず、テマリは部屋を飛び出した――。
 

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者: ジャンル:NARUTO お題:激しい小説の書き方 制限時間:15分 読者:101 人 文字数:576字 お気に入り:0人
部屋の明かりをつけなくともいいと鬼鮫に言ったのはイタチだった。窓際で月明かりを拾いながら本を読んでいたイタチが、自分と同じく淡い紫に染めた爪で、最後のページを 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:飴子 ジャンル:NARUTO お題:小説家の栄光 制限時間:15分 読者:59 人 文字数:497字 お気に入り:0人
出来るならあの赤い髪の子供を見付けて、もう一度だけ優しい瞳に語りかけてやりたかった。臨む水面がたぷたぷと揺れている。美しい青と表現したかったが、そうするにはあま 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:飴子 ジャンル:NARUTO お題:何かの血 制限時間:15分 読者:59 人 文字数:528字 お気に入り:0人
私は風の国と火の国の丁度境の辺りで、宿を開いております。二代前から続く老舗を売りにしているものですから、家屋に少々傷みもありますが、手入れは十分に行っており、質 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:飴子 ジャンル:NARUTO お題:大きなコンサルタント 制限時間:15分 読者:64 人 文字数:394字 お気に入り:0人
殺しを始めた年齢の頃には、もう一人で生活する事にも慣れきっていた。いわゆる家族という存在の記憶がまるでなかった為、赤ん坊の時にはすでに捨てられていたのかも知れな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:飴子 ジャンル:NARUTO お題:誰かの巨人 制限時間:15分 読者:58 人 文字数:531字 お気に入り:0人
まだ五つ程の幼い頃の話だ。黒い巨人に追い掛けられたと散々泣いて、兄をたいそう困らせた事がある。綺麗なオレンジ色の夕焼けが空を染めている頃の事で、アカデミーから帰 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:USYS(るりなさんだよ) ジャンル:NARUTO お題:東京私 制限時間:15分 読者:456 人 文字数:799字 お気に入り:0人
「俺、お前のこと好きなんだってばよ」「へえ、そう」 うずまきナルトの一世一代の告白は、こうして流されて終わった。 告白された相手、サスケはと言うと、ナルトのベッ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
お世話 ※未完
作者:匿名さん ジャンル:NARUTO お題:帝王の事件 制限時間:15分 読者:462 人 文字数:428字 お気に入り:0人
無茶苦茶だ。イルカは顔を歪めた。目の前に火影が座っているが構うものか。「どうして上忍を家にあげなきゃいけないんですか。」「だからいったろう、イルカ。社会科見学 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:NARUTO お題:悔しい同情 制限時間:15分 読者:666 人 文字数:765字 お気に入り:0人
「あ゛ー…」もうやんなっちゃうってばよ。こんな暑い日に草むしりなんて、カカシ先生はなんて任務を引き受けちまったんだよー。おまけにさぼったら、「さぼった奴には20 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:いちなぬ ジャンル:NARUTO お題:奇妙な裏切り 制限時間:15分 読者:2682 人 文字数:893字 お気に入り:0人
先輩、先輩、と。 暗部にしては珍しい、色彩が派手な猫の面を被った後輩は、まるで雛が箒の先を追うようにカカシの後ろをついて回ったものだ。 確かに逆立ったカカシの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: ジャンル:NARUTO お題:ドイツ式の別居 制限時間:30分 読者:88 人 文字数:1533字 お気に入り:0人
・誰視点?シスイ視点 森の上には雲の少ない澄んだ青空が広がっている。深い緑の葉をつけた大木の、太い枝の上に腰を下ろしていたシスイは、改め終えた忍具を荷の中にしま 〈続きを読む〉

シンリの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:シンリ ジャンル:NARUTO お題:死にぞこないの男祭り! 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:233字 お気に入り:0人
ジューという肉の焼ける音がやけに耳に響く。ディナータイムの焼肉Qの店内は多くの客でごった返していてとても賑やかだったが、このテーブルだけは静寂が支配しているらし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:シンリ ジャンル:NARUTO お題:裏切りの暗殺者 制限時間:30分 読者:11 人 文字数:185字 お気に入り:0人
頬に添えられていた白い手が頬を伝いながら首へと降りていく。外気によって冷やされたその細長く美しい手は頸動脈の辺りで動きを止めた。「何してんだ?」数か月ぶりの甘い 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
驟雨に惑う ※未完
作者:シンリ ジャンル:NARUTO お題:無意識のにわか雨 制限時間:15分 読者:56 人 文字数:175字 お気に入り:0人
パンッと乾いた音が部屋の中に響いた。 気が付くとテマリは目の前の男の頬に平手をくらわせていた。 予想以上に力が入っていたらしく男の頬は赤く腫れ上がっており、打 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:シンリ ジャンル:はたらく魔王様! お題:男の挫折 制限時間:15分 読者:91 人 文字数:152字 お気に入り:0人
こんな結果はまったくもって不本意である。 真奥は自分の胸で泣きじゃくる恵美を抱きしめながら、そう思った。 今はアラス・ラムスの事や天使たち襲来などのお蔭で半ば 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
A story not told ※未完
作者:シンリ ジャンル:聖闘士星矢 お題:出来損ないの伝承 制限時間:15分 読者:68 人 文字数:142字 お気に入り:0人
聖域からは星がよく見える。 地上と比べて標高が高く、人口の光も少ないからだと誰かが言っていた。 だが盟にはそれだけとは思えなかった。 巨蟹宮の入り口の石段に腰 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
Smart eagle ※未完
作者:シンリ ジャンル:聖闘士星矢 お題:狡猾なヒロイン 制限時間:15分 読者:63 人 文字数:272字 お気に入り:0人
「さて……どうしてやろうか?」 絶対零度よりも冷たく思えるような魔鈴の声に、星矢たち五人は身震いした。 仮面を付けているためその表情をうかがい知ることはできない 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:シンリ ジャンル:聖闘士星矢 お題:小説家たちの汗 制限時間:15分 読者:46 人 文字数:200字 お気に入り:0人
「事実は小説よりも奇なり、とはよく言ったものだな」 開いた本のページから視線を外すことなく、ミロはぽつりと呟いた。 友人の思いがけない一言に、本棚の整理をして 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:シンリ ジャンル:テニスの王子様 お題:過去の体験 制限時間:15分 読者:62 人 文字数:189字 お気に入り:0人
気が付くと俺は学校のテニスコートに立っていた。 ネットを挟んだ向かい側にはサーブの態勢に入っている滝が見えた。 俺は反射的にレシーブに入る準備を整える。 滝は 〈続きを読む〉