ジャンル:おそ松さん お題:100の、と彼は言った 制限時間:30分 読者:38 人 文字数:1209字 お気に入り:0人

まあ嘘なんだけど ※カラ松と一松

「全国猫カフェスタンプラリー?」
 カラ松は不思議そうに返答した。
「しっ、声が大きい」
 一松の手にはチラシのようなものが握られている。どうやら手書きのそれには、全国のオススメの猫カフェが掲載されているらしい。

 カラ松が昼寝から目覚めると目の前に一松がいて、驚くカラ松に一松が「他の兄弟には内緒にして欲しい相談がある」と打ち明けた。
 普段は嫌われている筈の大切な弟の頼みに、カラ松のテンションがにわかに上がる。前のめりで話を聞けば、「猫カフェに一緒に行って欲しい」と彼は言った。

「十四松やトド松と行けば良いじゃないか?」
 素朴な疑問を口にすればギロリと睨まれる。
 また怒られるかと思って首を竦めるが拳は飛んでこず、一松は少し考えるような素振りを見せる。
「全国を回るのはお金がかかるから」
 なるほど、カラ松は合点がいく。つまりは俺に猫カフェ巡りの資金援助をして欲しいというのだな。少し寂しい気もするが、これを機に一松と仲良くなれたらいいな。
 そう考えて、カラ松は笑顔で首を縦に振った。

「それで、何か所くらいあるんだ?」
「100か所」
「ひゃく……っ?!」
 随分と多いが、期限は無いと聞いてほっとする。

 まずは近くの店から攻めようかという話になり、近所の猫カフェに行くことになった。
 一松は手慣れた様子で店に入り、二人分のソファに案内される。
「おお、猫がいる……うわ、膝に乗って来た」
 毛の長い絨毯の上で複数の猫が寛いでいる。カラ松が座るや否や、黒猫が一匹膝の上に飛び乗った。
「その子は営業担当だからね。初対面の人によく甘えてくれるんだよ」
 一松が撫でる場所を教えてくれて、言われた通りに手を動かすと猫は満足した声をあげてするりと去っていった。

 昼飯時だったので、オムライスとジュースを注文する。
「ここの大盛りオムライスが美味しくて有名なんだけど、二人用なんだよね」
 だから僕も食べるの初めて、一松はそう言って笑った。

 届いたオムライスは確かに大きくて、鮮やかな黄色とケチャップの赤が白い皿に映えていた。
 スプーンを差し込めばとろりとした卵の下からケチャップライスが顔を出す。
「あち、……美味しい」
 どちらともなく声を上げる。
 鶏肉の出汁が染みたケチャップライスはバターの香りと相まって卵と絡まった。かけてあるソースとライスに使っているケチャップは種類が違うんですよ、と店員さんが教えてくれる。

 その後は猫と戯れて、おやつをあげたりしながら楽しい時を過ごした。
 猫カフェの代金は、結局割り勘だった。

「今日はありがと。あと99か所、よろしくね」
 一松がはにかんで言う。こんな種類の一松の笑顔を見るのは初めてだと思った。
 100の猫カフェを回ったら、もっと色々な一松の表情が見れるのだろうか。

 その夜、カラ松はとても幸せな気持ちで眠りについた。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:はたか ジャンル:おそ松さん お題:混沌のこだわり 制限時間:30分 読者:53 人 文字数:1476字 お気に入り:0人
僕らの先頭に立って先をゆく長男に憧れを抱いたのはいつだったか。その憧れが嫉妬となりおそ松兄さんから距離を置いたのは学生時代で今思えばそれは反抗期みたいなものだっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:南サイダー ジャンル:おそ松さん お題:勇敢な儀式 制限時間:30分 読者:79 人 文字数:1279字 お気に入り:0人
ほんの数年前まで引きこもりで所謂ニートと呼ばれ世間様から疎まれる存在だった。そんな自分からしたら自ら物語を生み出そうとしたのはとてもすごいことだ。すごいじゃ足 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:おそ松さん お題:破天荒な独裁者 制限時間:30分 読者:112 人 文字数:661字 お気に入り:0人
十四松がホテルのベッドに腰掛けて、俺をじっと見つめる。そして俺はその十四松の前で床に跪いていた。組み直した十四松の足を取り、唇を寄せようとした。「一松兄さん、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:おそ松さん お題:少女の春 制限時間:30分 読者:50 人 文字数:539字 お気に入り:0人
注:十四松の女体化、一人称は「僕」 苦手な方は回れ右でお願いいたします。 昔の僕は泣き虫だった。何処でもすぐに泣いてしまうから、いつも一松兄さんが隣にいてくれて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:おそ松さん お題:トカゲの海辺 制限時間:30分 読者:41 人 文字数:363字 お気に入り:0人
ヒトデって、トカゲだよねぇ、十四松が千切れて再生しかけている4本足のヒトデをつまみ上げて言った。 真夏の部屋で扇風機に当たりながら寝ていたら、急に海に行きたい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:おそ松さん お題:意外な螺旋 制限時間:30分 読者:118 人 文字数:546字 お気に入り:0人
なぜあの時逃げなかった、1時間前の僕。おそ松兄さんに声を掛けられたとき、あ、これ面倒くさいやつだって分かってたじゃん。「ねぇ、トッティ、聞いてるぅ?」おそ松兄 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:おそ松さん お題:遅い火 制限時間:30分 読者:66 人 文字数:796字 お気に入り:0人
一松兄さん、呼ばれて振り向くと十四松が顔のすぐそばまで迫ってきていて思わず声を上げてしまった。「ど、どうしたの、十四松」「これ、兄さんも食べてみ! あんまいよ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:おそ松さん お題:12月の雨 制限時間:30分 読者:47 人 文字数:640字 お気に入り:0人
目を開けると、外からザァザァと音がした。ソファから体を起こすと、外は土砂降りの雨が降っていた。いつの間に眠っていたのだろう。寝起きで痛い頭を振った。今は12月 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ろと@8/10爆誕 ジャンル:おそ松さん お題:めっちゃ惑星 制限時間:30分 読者:136 人 文字数:1370字 お気に入り:1人
「昨日、バイト先の女の子に『めっちゃ惑星なんだけどー』って言われたんだけどさ。どういう意味なんだろう。チョロ松兄さんわかる?」「わかるわけないだろ。前後の会話す 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ストロー ジャンル:おそ松さん お題:うへへ、食堂 制限時間:30分 読者:144 人 文字数:656字 お気に入り:0人
大学の学食は解放されていることが多い、と聞いたのはトド松だった。情報通である彼がどこからともなく連れてきた知らせに、兄弟全員が飛びついた。安くて美味しい、更に 〈続きを読む〉

抹香鯨とうみ@8/20ガタケ@9/12〆の即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:抹香鯨とうみ@8/20ガタケ@9/12〆 ジャンル:おそ松さん お題:100の、と彼は言った 制限時間:30分 読者:38 人 文字数:1209字 お気に入り:0人
「全国猫カフェスタンプラリー?」 カラ松は不思議そうに返答した。「しっ、声が大きい」 一松の手にはチラシのようなものが握られている。どうやら手書きのそれには、全 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:抹香鯨とうみ@8/20ガタケ@9/12〆 ジャンル:おそ松さん お題:愛と憎しみの霧雨 必須要素: 制限時間:15分 読者:49 人 文字数:469字 お気に入り:1人
外では雨が降っていた。 湿気と見紛う細かい水滴は傘を差すほどではなく、しかし確実に一松のサンダルを濡らした。吸水性の悪い生地は皮膚へ不快感を与え、しかも滑って 〈続きを読む〉