ジャンル:刀剣乱舞 石かり お題:安全な天使 制限時間:15分 読者:93 人 文字数:1243字 お気に入り:0人
[削除]

光の声 ※未完

 目の前に突如として現れたその人は、何にも興味がない僕の目をくぎ付けにするのには十分すぎる程のインパクトがあった。普通、何もないところから人が現れるなんて話、聞いたことがない。それを話した所で、頭がおかしいのだと笑われるのがオチだ。だから、その時の僕も、まず自分の頭を疑った。何かと見間違えたのか、いやしかし、そもそも最初からそこに居たのではないか。そうして、僕は目の前で起きた超現象を否定する。
 しかし、必死になって目の前の事象に理由を付けようとしても、どうあがいても受け入れがたい事実がある。その人物は、明らかに、この現代社会に存在するには不釣り合いの白い羽を背に携えていたからだ。
 誰がどう見ても、それは、天使、と呼ばれる出で立ちだった。背中から生えたその羽根は、ひと一人の重さに耐えられるようになっているのだろう、地に届きそうなほどに大きく、また厚みもある。俗にいう天使の輪っかというやつは僕には見えなかったが、まるで古代ギリシャの時代に出てきそうな、白い布を身体に巻き付けたような恰好は、僕らがよく想像の世界で見かける天使の姿そのものだ。
 だが、この目の前に現れた人物が天使だとして、それが何故僕に見えているのか、という疑問に関しては、いつまでも答えが導き出せないままだった。混乱する頭に、しばらく動けず固まっていると、その天使は僕の姿を見据えて、笑顔を向けた。
「やあ、驚かせてしまったようだね。すまない。君は……青江だね」
 間違いなく、天使は僕に向かった語り掛けている。名乗っても居ないのに僕の名前を言い当てたのがその証拠だ。
「ああ、怪しい者ではないよ。私は天界から君を守護しに来た天使だ。……と名乗った所で、君にはにわかには信じられないかもしれないね」
 天使だと名乗られて、はいそうですかと納得できる人物がいるのなら教えて欲しい。僕は普段から怪談話をよく好むが、かといって幽霊や異世界といったものが現実的に存在するなんて思っちゃいない。僕の目の前で超常現象など起こった事がないのだから、すぐに信じろというのが無理な話だ。
 だが、この目の前の男はさも当たり前のように、天界や天使が存在し、そして自らがそれを体現していると言っている。確かに、良く出来た羽根を持っているとは思うが、揶揄うのもほどほどにしてほしい。最近は詐欺の手法も凝ったものが増え、中には突拍子もない物もあると聞く。僕はいつぞやに届いた、高額金当選の迷惑メールを思い出し、きっとその類のものなのだろうと決めつける事にした。
「悪いけど、天使だとか守護だとか、僕は興味ないんだ。急いでいるから、それじゃあ」
 と、僕は来た道を戻る為に踵を返す。背後から、青江を引きとめるような憐れな声が聞こえたが、逃げるように早足で歩けば、追いかけてくるような足音も聞こえず、撒いた、と思った。
「青江、私の話を聞きなさい」
 突如、僕の行く手の先に、先の天使が現れていた。いつの間に回りこまれたのかわからない。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
戦場を想う ※未完
作者:Hail ジャンル:刀剣乱舞 石かり お題:天才のあいつ 制限時間:1時間 読者:139 人 文字数:2254字 お気に入り:0人
彼が顕現してから早3週間。内番で手合わせを続け、人の体にも慣れてきたろう頃だが、主はなかなか彼を出陣させようとしなかった。この本丸初の大太刀ということで必要以上 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Hail ジャンル:刀剣乱舞 石かり お題:綺麗な別れ 制限時間:30分 読者:202 人 文字数:1270字 お気に入り:0人
いつになったら終わるんだろうねぇ―――明日の天気を占うかのような気軽さで、青江はふと呟いた。縁側に足を投げ出して座る彼の背中は、夏の日差しに照らされて目に眩しい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Hail ジャンル:刀剣乱舞 石かり お題:俺は交わり 制限時間:30分 読者:174 人 文字数:1009字 お気に入り:0人
さらり、と髪が流れる。先まで息荒く互いの情欲に溺れていた部屋にはまるで靄がかったように名残の空気が澱んでいる。まだ整わない呼吸をそのままに、青江は天井を惚けたよ 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
辰申 ※未完
作者:匿名さん ジャンル:スタミュ お題:理想的な狼 制限時間:30分 読者:1 人 文字数:224字 お気に入り:0人
「俺、栄吾の前じゃ狼かもね」くすくすと隣で笑う息がふわりと耳をくすぐって、申渡もつられてそのままふふふと笑みを零した。「きみが狼ですか?」さらりとした金髪に宝石 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝 お題:憧れの地獄 制限時間:1時間 読者:12 人 文字数:1545字 お気に入り:0人
カリカリ、カリカリ。鉛筆が紙面を走る小気味いい音が響く静かな教室で、今日も二人の少女が芸術活動に励んでいた。冬の日が早々に落ちようとしている黄昏時、窓から入る赤 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:あんすた。【腐】 お題:黒尽くめの百合 制限時間:1時間 読者:14 人 文字数:1944字 お気に入り:0人
****ーーポーン……ーーポーン………ーーポーン…………無意識に触れた鍵盤を、虚空に響く音程はただ、無闇に月明かりにのまれていく。「……。」何時もとかわらない 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 お題:裏切りのところてん 制限時間:30分 読者:15 人 文字数:1529字 お気に入り:0人
「あつい・・・」鶴丸国永は畳にだらしなく寝転がったままつぶやいた。現在の本丸は夏の景趣だ。青々とした緑。遠くまで見渡す限りの青空。川遊びを楽しむ短刀たちの歓声。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
焼き魚 ※未完
作者:匿名さん ジャンル:釣りの朝 お題:黒尽くめのにおい 必須要素:右膝 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:247字 お気に入り:0人
♪お魚が焼けました〜♪3枚におろしました〜(!?)♪3つがそれぞれ膨らn「焼き魚は3枚におろさないだろッ!?」俺は座っていたソファから勢いよく立ち上がる。……が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
太陽の男 ※未完
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 お題:夏のあそこ 制限時間:30分 読者:18 人 文字数:1188字 お気に入り:0人
みーんみんみんみんみん甲高いセミの鳴き声が耳に障る。冷房のスイッチを入れようとがば、と身体を起こして気づく。そういえばここは家ではなかった。小さく息を吐いて眼下 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ガールズ&パンツァー お題:愛すべき馬鹿 制限時間:15分 読者:28 人 文字数:984字 お気に入り:0人
「ローズヒップは何をしているのかしら?」「……私には分かりかねます」アッサム様がポツリとつぶやきます。私達はテーブルに座り、ローズひっぴさんが紅茶を入れるのを待 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ガールズ&パンツァー お題:すごい目 制限時間:15分 読者:27 人 文字数:810字 お気に入り:0人
「どうしてアッサムだけあんなにちやほやされるのかしら」「それは……」アッサム様は聖グロの生徒達に取り囲まれ、キャーキャーと騒がれています。先日の大洗・知波単連合 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ガールズ&パンツァー お題:未熟な湖 制限時間:15分 読者:36 人 文字数:1156字 お気に入り:0人
「キャンプですわ!」 野営地に着くなり、ローズヒップさんは湖に向かってかけていきます。一応これはキャンプではなく、野営訓練という名目なのですが。 いつものごとく 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ガールズ&パンツァー お題:裏切りの誤解 制限時間:15分 読者:34 人 文字数:857字 お気に入り:0人
「オレンジペコさんっ!」 この声はローズヒップさんですね。一体どうしたというのでしょう。普段にもましてどたどたと威勢良くやってきました。 ローズヒップさんは私の 〈続きを読む〉