ジャンル:刀剣乱舞 石かり お題:安全な天使 制限時間:15分 読者:36 人 文字数:1243字 お気に入り:0人
[削除]

光の声 ※未完

 目の前に突如として現れたその人は、何にも興味がない僕の目をくぎ付けにするのには十分すぎる程のインパクトがあった。普通、何もないところから人が現れるなんて話、聞いたことがない。それを話した所で、頭がおかしいのだと笑われるのがオチだ。だから、その時の僕も、まず自分の頭を疑った。何かと見間違えたのか、いやしかし、そもそも最初からそこに居たのではないか。そうして、僕は目の前で起きた超現象を否定する。
 しかし、必死になって目の前の事象に理由を付けようとしても、どうあがいても受け入れがたい事実がある。その人物は、明らかに、この現代社会に存在するには不釣り合いの白い羽を背に携えていたからだ。
 誰がどう見ても、それは、天使、と呼ばれる出で立ちだった。背中から生えたその羽根は、ひと一人の重さに耐えられるようになっているのだろう、地に届きそうなほどに大きく、また厚みもある。俗にいう天使の輪っかというやつは僕には見えなかったが、まるで古代ギリシャの時代に出てきそうな、白い布を身体に巻き付けたような恰好は、僕らがよく想像の世界で見かける天使の姿そのものだ。
 だが、この目の前に現れた人物が天使だとして、それが何故僕に見えているのか、という疑問に関しては、いつまでも答えが導き出せないままだった。混乱する頭に、しばらく動けず固まっていると、その天使は僕の姿を見据えて、笑顔を向けた。
「やあ、驚かせてしまったようだね。すまない。君は……青江だね」
 間違いなく、天使は僕に向かった語り掛けている。名乗っても居ないのに僕の名前を言い当てたのがその証拠だ。
「ああ、怪しい者ではないよ。私は天界から君を守護しに来た天使だ。……と名乗った所で、君にはにわかには信じられないかもしれないね」
 天使だと名乗られて、はいそうですかと納得できる人物がいるのなら教えて欲しい。僕は普段から怪談話をよく好むが、かといって幽霊や異世界といったものが現実的に存在するなんて思っちゃいない。僕の目の前で超常現象など起こった事がないのだから、すぐに信じろというのが無理な話だ。
 だが、この目の前の男はさも当たり前のように、天界や天使が存在し、そして自らがそれを体現していると言っている。確かに、良く出来た羽根を持っているとは思うが、揶揄うのもほどほどにしてほしい。最近は詐欺の手法も凝ったものが増え、中には突拍子もない物もあると聞く。僕はいつぞやに届いた、高額金当選の迷惑メールを思い出し、きっとその類のものなのだろうと決めつける事にした。
「悪いけど、天使だとか守護だとか、僕は興味ないんだ。急いでいるから、それじゃあ」
 と、僕は来た道を戻る為に踵を返す。背後から、青江を引きとめるような憐れな声が聞こえたが、逃げるように早足で歩けば、追いかけてくるような足音も聞こえず、撒いた、と思った。
「青江、私の話を聞きなさい」
 突如、僕の行く手の先に、先の天使が現れていた。いつの間に回りこまれたのかわからない。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
戦場を想う ※未完
作者:Hail ジャンル:刀剣乱舞 石かり お題:天才のあいつ 制限時間:1時間 読者:122 人 文字数:2254字 お気に入り:0人
彼が顕現してから早3週間。内番で手合わせを続け、人の体にも慣れてきたろう頃だが、主はなかなか彼を出陣させようとしなかった。この本丸初の大太刀ということで必要以上 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Hail ジャンル:刀剣乱舞 石かり お題:綺麗な別れ 制限時間:30分 読者:180 人 文字数:1270字 お気に入り:0人
いつになったら終わるんだろうねぇ―――明日の天気を占うかのような気軽さで、青江はふと呟いた。縁側に足を投げ出して座る彼の背中は、夏の日差しに照らされて目に眩しい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Hail ジャンル:刀剣乱舞 石かり お題:俺は交わり 制限時間:30分 読者:156 人 文字数:1009字 お気に入り:0人
さらり、と髪が流れる。先まで息荒く互いの情欲に溺れていた部屋にはまるで靄がかったように名残の空気が澱んでいる。まだ整わない呼吸をそのままに、青江は天井を惚けたよ 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ハイキュー!! お題:少女の病院 制限時間:1時間 読者:4 人 文字数:839字 お気に入り:0人
少女の病院直感だった。これは、ヤバい。鈍いか鋭いかで言えば鋭い。唸るというより飛び上がる感じの瞬間的な痛みだった。いつもと同じ朝食後、いつもと同じように動き出し 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:艦隊これくしょん お題:右の略奪 必須要素:宇宙人 制限時間:30分 読者:4 人 文字数:1527字 お気に入り:0人
「つまり深海棲艦の正体は宇宙人だったんだよ!」「は?」 自信満々に告げられた言葉に単音しか返せなかったのは青葉の落ち度でしょうか? こちらゴシップ記事を書いてい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:僕のヒーローアカデミア お題:夏の絵描き 制限時間:1時間 読者:18 人 文字数:1135字 お気に入り:0人
深い緑が青々と茂る夏の風景。俺はこの深い緑色を他にも知っている。「轟くん、もう、いい?僕恥ずかしくって…」顔を赤らめながら俯いてそう言う緑谷に、初めて自身の手が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:アイドルマスターミリオンライブ お題:もしかして眠り 必須要素:甘栗 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:675字 お気に入り:0人
寝息とともに緩やかに上下する彼女の身体を見ているとそこにある小さくも確かな生命の鼓動を感じることができる。 「静香」 小さく呼びかけても反応はなかった。机の上に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:Fate/Grand Order お題:経験のない娘 制限時間:30分 読者:24 人 文字数:1181字 お気に入り:0人
夜は優しい生き物のようにぴったりと俺たちに寄り添っていた。街灯に照らされた犬の毛並がつやつやと輝いて、視線に気付いた顔が見上げて嬉しそうな顔をする。よく躾けら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ハイキュー!! お題:愛すべきローン 制限時間:1時間 読者:17 人 文字数:629字 お気に入り:0人
岩及※ゲイ岩泉←ノンケ及川「やらせて」真顔で、だけど獣のような目で、岩ちゃんが言った。いわゆる床ドンというやつで。俺は無理だと何度も言った。全力で抵抗もした。け 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:鬼灯の冷徹【腐向け】 白鬼 お題:10の兄 制限時間:1時間 読者:11 人 文字数:1268字 お気に入り:0人
*あてんしょん!腐向けの小説です。地雷の人はまわれ右を推奨致します。 現代パロです。地雷の人は(以下略) 私の名前は丁(ひのと)と申します。7歳です。小学二年生 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:進撃の巨人 お題:限りなく透明に近い嘘 制限時間:4時間 読者:23 人 文字数:3635字 お気に入り:0人
ご注意下さい!冒頭から盛大に95、98話のネタバレです('17,10,10現在)。本誌未読の方は、何卒ご注意下さいますよう、お願い致します。ジークとイェーガー家 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
光の声 ※未完
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 石かり お題:安全な天使 制限時間:15分 読者:36 人 文字数:1243字 お気に入り:0人
目の前に突如として現れたその人は、何にも興味がない僕の目をくぎ付けにするのには十分すぎる程のインパクトがあった。普通、何もないところから人が現れるなんて話、聞 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:戦国BASARA お題:アブノーマルな口 必須要素:血液型 制限時間:30分 読者:20 人 文字数:1546字 お気に入り:0人
高すぎる空の青、群れる魚のように輝く雲の白。縁に腰掛けてすんなりとした足を揺らし、少年は麗らかな日にそぐわないほどの緊張の面差しで虚空を油断なく睨みつけている 〈続きを読む〉