ジャンル:刀剣乱舞 石かり お題:安全な天使 制限時間:15分 読者:143 人 文字数:1243字 お気に入り:0人
[削除]

光の声 ※未完

 目の前に突如として現れたその人は、何にも興味がない僕の目をくぎ付けにするのには十分すぎる程のインパクトがあった。普通、何もないところから人が現れるなんて話、聞いたことがない。それを話した所で、頭がおかしいのだと笑われるのがオチだ。だから、その時の僕も、まず自分の頭を疑った。何かと見間違えたのか、いやしかし、そもそも最初からそこに居たのではないか。そうして、僕は目の前で起きた超現象を否定する。
 しかし、必死になって目の前の事象に理由を付けようとしても、どうあがいても受け入れがたい事実がある。その人物は、明らかに、この現代社会に存在するには不釣り合いの白い羽を背に携えていたからだ。
 誰がどう見ても、それは、天使、と呼ばれる出で立ちだった。背中から生えたその羽根は、ひと一人の重さに耐えられるようになっているのだろう、地に届きそうなほどに大きく、また厚みもある。俗にいう天使の輪っかというやつは僕には見えなかったが、まるで古代ギリシャの時代に出てきそうな、白い布を身体に巻き付けたような恰好は、僕らがよく想像の世界で見かける天使の姿そのものだ。
 だが、この目の前に現れた人物が天使だとして、それが何故僕に見えているのか、という疑問に関しては、いつまでも答えが導き出せないままだった。混乱する頭に、しばらく動けず固まっていると、その天使は僕の姿を見据えて、笑顔を向けた。
「やあ、驚かせてしまったようだね。すまない。君は……青江だね」
 間違いなく、天使は僕に向かった語り掛けている。名乗っても居ないのに僕の名前を言い当てたのがその証拠だ。
「ああ、怪しい者ではないよ。私は天界から君を守護しに来た天使だ。……と名乗った所で、君にはにわかには信じられないかもしれないね」
 天使だと名乗られて、はいそうですかと納得できる人物がいるのなら教えて欲しい。僕は普段から怪談話をよく好むが、かといって幽霊や異世界といったものが現実的に存在するなんて思っちゃいない。僕の目の前で超常現象など起こった事がないのだから、すぐに信じろというのが無理な話だ。
 だが、この目の前の男はさも当たり前のように、天界や天使が存在し、そして自らがそれを体現していると言っている。確かに、良く出来た羽根を持っているとは思うが、揶揄うのもほどほどにしてほしい。最近は詐欺の手法も凝ったものが増え、中には突拍子もない物もあると聞く。僕はいつぞやに届いた、高額金当選の迷惑メールを思い出し、きっとその類のものなのだろうと決めつける事にした。
「悪いけど、天使だとか守護だとか、僕は興味ないんだ。急いでいるから、それじゃあ」
 と、僕は来た道を戻る為に踵を返す。背後から、青江を引きとめるような憐れな声が聞こえたが、逃げるように早足で歩けば、追いかけてくるような足音も聞こえず、撒いた、と思った。
「青江、私の話を聞きなさい」
 突如、僕の行く手の先に、先の天使が現れていた。いつの間に回りこまれたのかわからない。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
戦場を想う ※未完
作者:Hail ジャンル:刀剣乱舞 石かり お題:天才のあいつ 制限時間:1時間 読者:175 人 文字数:2254字 お気に入り:0人
彼が顕現してから早3週間。内番で手合わせを続け、人の体にも慣れてきたろう頃だが、主はなかなか彼を出陣させようとしなかった。この本丸初の大太刀ということで必要以上 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Hail ジャンル:刀剣乱舞 石かり お題:綺麗な別れ 制限時間:30分 読者:237 人 文字数:1270字 お気に入り:0人
いつになったら終わるんだろうねぇ―――明日の天気を占うかのような気軽さで、青江はふと呟いた。縁側に足を投げ出して座る彼の背中は、夏の日差しに照らされて目に眩しい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Hail ジャンル:刀剣乱舞 石かり お題:俺は交わり 制限時間:30分 読者:211 人 文字数:1009字 お気に入り:0人
さらり、と髪が流れる。先まで息荒く互いの情欲に溺れていた部屋にはまるで靄がかったように名残の空気が澱んでいる。まだ整わない呼吸をそのままに、青江は天井を惚けたよ 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:バトルスピリッツ烈火魂 お題:裏切りの笑顔 制限時間:30分 読者:1 人 文字数:1706字 お気に入り:0人
今日は何の日か知っているはず!そうそう、国際宇宙ステーション希望が全国を駆け回るんだって。東京ゲームショウをまた輪廻のように繰り返すかもって、ニュースの人が言っ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:バトルスピリッツ烈火魂 お題:真紅の怒りをまといしギャグ 制限時間:30分 読者:4 人 文字数:1563字 お気に入り:0人
ウチの名前〇〇 〇〇。ある日を境にS級バトラーになったものだ。だけど、まだウチはどこかのスクールアイドルでもある似非関西弁の三年生に似てて外見が青くー、そのまん 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 お題:限りなく透明に近い命日 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:299字 お気に入り:0人
あれ、いつの間にか体が透明になっている。私って死ぬのかな。あそこに薬研がいるのになんで気付いてくれないの!?「薬研!」必死に薬研のことを呼んだ。そうしたらこっち 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:おそ松さん【腐向け】 お題:不幸な道のり 制限時間:1時間 読者:9 人 文字数:1279字 お気に入り:0人
おれは常々、後悔をしないように生きている。 後悔先に立たずと言うが、つまり後悔するかしないかは未来のおれが決めることであって、今のおれではない。ならばせめて『 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:おそ松さん お題:すごい悪人 制限時間:30分 読者:8 人 文字数:1136字 お気に入り:0人
※流血表現ありこの世にある悪人という定義は何であろうか?人殺し? 窃盗? 密売? それとも__返り血でスーツが染まる。真っ白なスーツに対し、鉄分が入っている真っ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:おそ松さん お題:同性愛の作品 制限時間:2時間 読者:6 人 文字数:413字 お気に入り:0人
※同性愛否定発言あり __マフィア___。 俺達は世間からそう云われる存在だった。 今日の獲物は冴えない画家。 借金は凡そ500万ちょい。 いい加減、臓器でも売 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:練習Kiss お題:ぐちゃぐちゃの嘘 制限時間:2時間 読者:6 人 文字数:1206字 お気に入り:0人
朝起きるとガバッ「なぁにこれぇ」謎の空間にいた僕は楠木秋飛(くすのきあきと)最近成人式を終えたばかり「えー、、ここどこ、、」自分で言うのもアレだがさみしがりやな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:名探偵コナン 降風 お題:臆病な悪魔 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:582字 お気に入り:0人
上司が悪魔と呼ばれていることは知っていた。彼への畏怖だとか、嫉妬だとか、羨望だとか、そういった周囲の評価を示している二つ名だと思う。風見もまた、自らの上司を、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:テニスの王子様 お題:やば、ガール 制限時間:30分 読者:36 人 文字数:1058字 お気に入り:0人
部屋からは遠く、海沿いの工業高校地帯が見えている。川底に散った砂金のように夜ごと光を放って、街の高台に部屋を借りて正解だった、と永四郎は微笑んで煙草に口を付け 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 お題:遅いガール 必須要素:囚人 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:775字 お気に入り:0人
俺の主は、何をやるにも遅い。「ねー主ー、まだなのー?」「ん、んー、も、もうちょっと…メイクが終わらなくって」「もう、ファンでだけでどれだけかかってるのさ!ほら、 〈続きを読む〉