ジャンル:鬼灯の冷徹【腐向け】 白鬼 お題:10の兄 制限時間:1時間 読者:39 人 文字数:1268字 お気に入り:0人
[削除]

少年の相談事




*あてんしょん!腐向けの小説です。地雷の人はまわれ右を推奨致します。
        現代パロです。地雷の人は(以下略)





 私の名前は丁(ひのと)と申します。7歳です。小学二年生です。
 年の割にはしっかりしているとおっしゃる方があるかもしれません。そう、何を隠そう、私には前世の記憶というものがあるらしいので。
とはいってもおぼろげなものでして、何やらバリバリと働き、まあ充実してはいたということ程度です。あとは鉄のにおいと、悲鳴?断末魔?と大変可愛らしい金魚ぐらいです。こう、植物みたいな…?まあ、今回それは置いておいて。



 今回貴方様に相談したいことは、その記憶の内の一つなのです。



 一人の男です。いつも甘い桃とほろ苦い生薬の匂いを纏った方です。この方の記憶に関しては、割合はっきりしておりまして、例えば、異様なまでの女好きで、花街でのエンカウント率が非常に高かったり、酒に酔いやすい糞野郎であったこと。…もう少し言うならば、生薬をすりつぶすときの筋の浮かんだ手が格好良かったこと、なんやかんやで優しかったこと、その知識には舌を巻くものがあったこと位ですね。



 …顔、ですか?いえ、覚えておりません。何かで塗りつぶされたように、見えやしないのです。ただ、笑ってることだけ分かるんです。そしてその笑みが大好きなんです。…顔も見えていないのに?何故って?そういえばそうですねぇ。これも記憶なのでしょうか?



 ああ、今年10になる兄にも相談したんです。桃太郎というんです。ええ、昔話と同じ名前なんですよ。珍しいですよねぇ?なんだかおろおろしていました。それに私のことを時々『鬼灯』って呼ぶんです。何だかしっくりきてしまうのですが何故でしょうかね?
 …そういえば、貴方も先程から私をそう呼びますね。いえ、嫌ではなくて…貴方の声は心地がいいです。

 

 好きだったんです。アレのことが。言うなんてできませんでした。犬猿の仲でしたから。相手が、私のことを嫌っていることなんて、とうの昔からのことでしたから。慣れてましたよ。…でも、嫌いだと言われる度に胸は痛みましたね。私もそう言われて当然のことをしていましたから。…なぜ貴方が泣くんです?泣きたいのは私なんですけど。ごめんって…貴方に言われても。



 ねぇ、あの方は誰なのでしょう?名前もわからないのです。一言だけ、礼を言いたいのです。こんな私を当然のように対等に扱ってくれたあの人に。ありがとうございました、とただ一言。…貴方に言ってもどうにもなりませんね。ごめんなさい。



 今日は聞いてくれてありがとうございました。少しすっきりした気がします。話せる人なんて、そういませんから。…どうして貴方には話してもいいと思ったのでしょう?
 ああ、お名前を伺ってもよいですか?










 はく、たく…?白澤?


 えっ?あ、れ?貴方、ひょっとして…!噓でしょう?







 「愛してるよ、鬼灯…遅くなってごめん」



同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:青紀(あおき) ジャンル:鬼灯の冷徹【腐向け】 白鬼 お題:東京の恋 制限時間:4時間 読者:246 人 文字数:6402字 お気に入り:0人
前に呟いていたなんちゃって現パロで……現在:大学生・白澤(中国籍/19歳) 僕には気になるヤツが居る。 今日も教室の前から二番目、中央の席に腰を下ろしているアイ 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ミスプリ! お題:彼女と傘 制限時間:1時間 読者:8 人 文字数:1068字 お気に入り:0人
6月も半ば――。僕は雨に濡れながら、帰路についていた。 いつもなら同じ学校に通う主、姫岡こころと帰っているはずなのだが、今日は違う。 こころが友達とどうしても行 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
対価 ※未完
作者:匿名さん ジャンル:Axis powers ヘタリア【腐向け】 お題:ちっちゃなローン 制限時間:30分 読者:22 人 文字数:505字 お気に入り:0人
「そうですね……、ではこうしましょう」暫く考えたのち、本田は覚悟を決めたように言った。どんな条件を出されようと、彼の唯一になることを諦めるつもりは無い。彼の国の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:怪盗ジョーカー お題:傷だらけの狸 必須要素:扇風機 制限時間:2時間 読者:21 人 文字数:1022字 お気に入り:0人
ある暑い夏の日。扇風機の前でゲームをしていた俺はハチに「もーちょっとジョーカーさん、ちゃんと見たいてくださいよ〜!」と怒られた。季節は夏。いまはスカイジョーカー 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ガールズ&パンツァー お題:限りなく透明に近い慰め 制限時間:1時間 読者:17 人 文字数:1958字 お気に入り:0人
「会長はいつから私のことを知ってたんですか?」生徒会室で一緒にのんびりお茶をすすっていた西住ちゃんが唐突にこんな言葉を投げかけてきた。「どうしたの急に?あと私は 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
UB
作者:匿名さん ジャンル: お題:魅惑の彼 制限時間:2時間 読者:28 人 文字数:1011字 お気に入り:0人
「彼は馬鹿である。」そんなイメージがあるのは、嵐の天然担当、相葉雅紀のことである。だけど、最近思うことがある。それは、彼の大人としての魅力が最近感じられること 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ジョジョの奇妙な冒険 お題:熱いプロポーズ 必須要素:丑三つ時 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:542字 お気に入り:0人
「違う!!!僕が言いたかったのはそうじゃないんだッ…!!」キリッとした眼差しはそのままに、フーゴは顔を真っ赤にして全力否定する。午後の優雅なティータイム。ニヤニ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:あんさんぶるスターズ! お題:静かな超能力 制限時間:30分 読者:16 人 文字数:1314字 お気に入り:0人
「実は僕、超能力使えるんです」 紫乃創がそう言ったのは、ガーデンテラスで部活動をしている時だった。朔間凛月と天祥院英智はその言葉を聞いて不思議そうに創を見た。少 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ゾイド お題:ぐちゃぐちゃの高給取り 制限時間:30分 読者:18 人 文字数:512字 お気に入り:0人
微笑(プロイツェンとレイヴン)彼の食事する姿はなぜか印象に残っている。結構な高級料理ばかり口にしていたがちっとも美味しそうに食べないのだ。当時のぼくは子供だった 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:あんさんぶるスターズ! お題:早い冤罪 必須要素:クリスマス爆破計画 制限時間:1時間 読者:25 人 文字数:2077字 お気に入り:0人
ドンドンドン、ガンガンガンッ!「ま~ぁくーん。あ~そ~ぼ~ッ!寒いからい~れ~て~ッ!」「~~ッ!あ゛あ゛ッ!!凛月うるさい!!!!」今何時だと思ってるんだ!! 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル: お題:経験のない祖母 必須要素:育毛剤 制限時間:30分 読者:19 人 文字数:1846字 お気に入り:0人
私には祖母と触れ合った記憶がないのである。幼少期、父親を亡くした私は義理の兄の智とともに暮らし、大きな邸宅の中で過ごしていた。齢三歳のことである。智は執事として 〈続きを読む〉