ジャンル:アイドリッシュセブン お題:とびだせお天気雨 制限時間:15分 読者:169 人 文字数:285字 お気に入り:0人

みずもしたたるいいやおとめ(がくつむ) ※未完

 物語において、雨に濡れるというシチュエーションは多くの場合絶望的な状況の演出に用いられる。紡が観ていた八乙女楽の出演するドラマも同様だった。八乙女の演じる主人公が悪気なく――本当に悪気なくとった行動が、ヒロインを深く傷つけたのだと知り、立ち尽くす彼には徐々に雨が降りかかる。春の終わりの、霧のような小雨。土砂降りではないが、じわじわと彼を取り囲み、その銀灰色の髪を肌に張り付かせる。アップになる彼の頬には、一粒、雨よりも大きな雫が垂れる。ああ、今すぐその雨を晴らしにいきたいと思った。それがドラマの中の人物に対しての感情か、八乙女に対しての感情かは、判別できなかった。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:桃月はドリフェスです ジャンル:アイドリッシュセブン お題:運命の暴走 制限時間:15分 読者:233 人 文字数:957字 お気に入り:0人
「うー……寒いなあ……」「この季節は乾燥します。特に貴方は人一倍体調には注意してくださいよ、七瀬さん」「わかってるってば」 ぼぞりと呟いた言葉にもお小言が二倍三 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:桃月はドリフェスです ジャンル:アイドリッシュセブン お題:気持ちいい潮風 制限時間:15分 読者:482 人 文字数:1611字 お気に入り:0人
「大和くんはいいよね」「……、はあ……?」 何故、自分は今、この男の不機嫌を正面から食らわねばならないのだろう。二階堂大和は向かい合って座る十龍之介の仏頂面を細 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:はやと ジャンル:アイドリッシュセブン お題:たった一つの愛人 制限時間:15分 読者:275 人 文字数:397字 お気に入り:0人
僕の尊敬する叔父は、逢坂家ではとても嫌われていた。だから、あることないことを親戚たちが周りに噂して、叔父の名誉を傷つけていた。「あいつは脱税している」「大馬鹿者 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:西園寺燐@萌爆弾魔 ジャンル:アイドリッシュセブン お題:どす黒い関係 制限時間:15分 読者:1205 人 文字数:937字 お気に入り:0人
ブラックオアホワイトも終わり、年が明けた。TRIGGERから勝利をもぎ取ったアイドリッシュセブンは新たな道を突き進むことになった。アイドリッシュセブン、センター 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:アイドリッシュセブン お題:小説のプロポーズ 制限時間:15分 読者:433 人 文字数:522字 お気に入り:0人
ずっと言いたい言葉があった。 けれど意気地なしな僕はそれがなかなか言えなかった。 ――僕と結婚してください。 たったその一言が言えずに、彼女と七年間の時間を共 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
かわいいひと ※未完
作者:匿名さん ジャンル:アイドリッシュセブン お題:高い悪人 制限時間:15分 読者:363 人 文字数:586字 お気に入り:0人
いつもは僕が待つのだけど、今日は違った。一織くんは僕が出会ってきた中で初めてのタイプだった。僕より待ち合わせ時間には早く居て、僕が思っていても言えないことを彼は 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:桃月はドリフェスです ジャンル:アイドリッシュセブン お題:ワイルドな海風 制限時間:15分 読者:360 人 文字数:1588字 お気に入り:0人
「なあ、ナギ! 気持ちいいだろ!」 さんさんと砂浜を照らす太陽。青い海が陽の光を反射してキラキラと輝く。潮の香りが風に乗って鼻をくすぐる。世間は夏真っ盛り。波の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:桃月はドリフェスです ジャンル:アイドリッシュセブン お題:小さな会話 制限時間:15分 読者:419 人 文字数:1564字 お気に入り:0人
「七瀬さん」 小声で一織が陸を呼ぶ。囁くように、耳元にかけられた声がくすぐったくて、陸は小さく笑うが、その反応が一織は気に食わなかったらしい。いつもの仏頂面にさ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:23世紀の天下の怪盗様の嫁(確定) ジャンル:アイドリッシュセブン お題:天才の境界 制限時間:15分 読者:549 人 文字数:1384字 お気に入り:0人
その少年を見た時。きっと彼は神から与えられた存在なのだろう、と何とも呑気なことを考えてしまったことを、ふと、思い出した。「……オフの時でもさ」 薄い唇が小さく 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
※未完
作者:匿名さん ジャンル:アイドリッシュセブン お題:奇妙なデマ 制限時間:30分 読者:44 人 文字数:531字 お気に入り:0人
六弥ナギはとある小国の王子。そんな記事が乗った週刊紙が発売されたのはいつだっただろうか。実際はそんなに前の出来事ではないのだろうが、すぐには思い出せないほど、俺 〈続きを読む〉

あさかの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:あさか ジャンル:アイドリッシュセブン お題:とびだせお天気雨 制限時間:15分 読者:169 人 文字数:285字 お気に入り:0人
物語において、雨に濡れるというシチュエーションは多くの場合絶望的な状況の演出に用いられる。紡が観ていた八乙女楽の出演するドラマも同様だった。八乙女の演じる主人 〈続きを読む〉