ジャンル:刀剣乱舞 刀さに お題:遅い空想 制限時間:30分 読者:141 人 文字数:1637字 お気に入り:0人

蛍火

 刀が、折れた。そして身体を失って消えていく彼らの最期に、私の手は届かない。
 ゴウゴウと炎は燃え盛り、ああ……私はもうすぐ死ぬんだなって。自分の死に対してはどこか納得している部分があるのに、目の前で自らが人の身を与えた彼らが失われていくのを見ているのは、身を引き裂かれるような気がした。

 本丸を検非違使が襲った。
 本来ならば、それは有り得ない事態だったはずだ。本丸は拠点だ。だから、本丸には強力な結界が張られている。まず感知することがほぼ不可能。万が一にも見つかったとして、簡単に敗れるようなヤワな結界は張っていない。『政府』とて本丸の結界にはより純度の高い神器を媒介として与えてくれていて、だから、ここに検非違使が群れをなして襲ってきていることがそもそも異常だった。

 だけど目の前で起こっている惨状は現実だった。
 私だけでも生き延びろと言って必死に戦い、刀たちは私を生かしてくれようとする。その意図はわかっていた。だって本当の意味で生きているのはこの本丸で私だけだ。彼らはあくまで神域から呼び出している分霊に過ぎず、その本体は神域にある。ここで折れたところで、彼らには蘇生方法があるのだ。
 それでも、私は彼らを盾にして生き延びたいとは思えなかった。
 彼らの意思を汲んでやるのがいい審神者だということも、わかる。でも、私には彼らしかいないのだ。幼くして、神を降ろす才能をかわれてここに来た。親も、帰る場所も知らない。私にとっての家族は彼らだった。私が今日まで戦ってきた理由は世界救済の為だなんてそんな大仰なものではなくて、それ以外に彼らと肩を並べて生きていく方法を知らなかったからだ。
 ここで私だけ生き延びて、それでもう一度彼らを呼び出したとしても、新しく出会う彼らにはここで過ごした日々はない。同じ姿形をしていても、それでは別物なのだ。意味がない。私が生きている理由は、今ここで私の為に折れていく刀たちを愛しているからだ。

 だから、逃げなかった。
 本当を言えば、自分のありったけの神気を使えば、『政府』本部まで逃げられたかもしれないという考えはあった。でも、彼らが死ぬのならそれには意味がない。私もここで果てたかった。そう思って本丸から一歩も動かない私に、彼らは何と思っただろう?

「バカ、主……」

 濡羽色の髪の間から覗く、真紅の瞳。私に可愛いと言われることが好きだった。私の初期刀、加州清光。
 私の刀。その最後のひと振りが折れるのを目の前で見届けた。曲がりなりにも私の神気で実態を与えていた男たちだから、全部折れてしまったことは、本丸を見て回らなくてもわかる。
 敵の数は残りは3。まだ逃げられるかもしれない。でも、逃げないと決めていた。
 私も今、ここで果てるから――……。

「待っててね、蛍丸」

 それは私が一番愛した刀だった。
 検非違使がここを襲ったとき、一番に立ち向かっていって、それで、一番最初に折れてしまった刀。その折れた刃を、私は未だ抱き締めていた。

 わかっている。私が死んだとしても、彼と同じところには行けない。
 それでも良かった。全て終わりに。うつつの夢に。

 そう思った瞬間だった。蛍が、舞ったのだ。

「……ほんと、主って俺がいないと全然ダメだよね」
「え……ほたる、まる……?」
「そう。蛍丸って、折れても蛍の力があれば治ることもあるんだ~。びっくりした?」

 夢、みたいだと思った。

 あたり一面の緑色(りょくしょく)の光。
 折れていなくなったはずの彼。だけど彼は確かに、私の蛍丸だった。

「それ、返して。主」
「それ?」
「刀」

 そう言われて、抱きしめていた刀を見下ろせば、折れていた刀身が確かにくっついている。驚いて瞬きを繰り返す私に、彼は悪戯を思いついた子供のように笑ったのだ。

「出陣してくるね、いってきます。今度は折れないから。俺と一緒に生きて、主」




題:遅い空想

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 刀さに お題:隠された床 制限時間:30分 読者:24 人 文字数:1042字 お気に入り:0人
この部屋には、秘密がある。ここは歴史修正主義者と戦うために準備された本丸の中、審神者としての執務室である。寝室としても使っている私の私室はまた別のところにあるか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:塵@のんびり ジャンル:刀剣乱舞 刀さに お題:男同士の作家デビュー 制限時間:30分 読者:488 人 文字数:2065字 お気に入り:0人
何が楽しくて、官能小説家がサシで飲まなければいけないのか。 詰まってもうネタが出ない、とごねたら編集が、じゃあ同期の作家さんと食事でもしませんか、と誘ってきた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:塵@のんびり ジャンル:刀剣乱舞 刀さに お題:経験のない天才 制限時間:30分 読者:240 人 文字数:1393字 お気に入り:0人
ごろごろする。ここ最近の胸の辺りだ。 目を閉じて、息を吸って、はいた。 何度もこうしているはずなのに、いつものように落ち着かず、胸の奥底で絡まった糸が、ひたす 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:塵@のんびり ジャンル:刀剣乱舞 刀さに お題:うへへ、おっさん 制限時間:30分 読者:583 人 文字数:1328字 お気に入り:0人
「うへへ、」 よく創作にはあっても、現実には存在しがたいというものがある。 それは人物や能力に限らず、言動もしかり。 私はいま、本当にこんな気持ちの悪い笑い方 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 刀さに お題:もしかして喜劇 制限時間:30分 読者:244 人 文字数:1408字 お気に入り:0人
手入れをしても傷が消えない。 抜け落ちた表情をそのままに、鶴丸は重傷の短刀を抱えて言い放った。 白い衣装も白い肌も血と泥で汚した鶴丸だったが、金色の目だけはと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ななし/闇ミツハ/全方位褒められたい ジャンル:刀剣乱舞 刀さに お題:ダイナミックな牢屋 制限時間:30分 読者:286 人 文字数:1053字 お気に入り:0人
夏はあっという間に過ぎてしまう。それはきっと、四季の夏も、人生の夏も。「うん、夏はあっという間だ」「何を言ってるんだ、あんたは。向こう二月ばかりもずっと、暑いま 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:なめたけ@創作とかいろいろ ジャンル:刀剣乱舞 刀さに お題:馬鹿な口 制限時間:30分 読者:276 人 文字数:1700字 お気に入り:0人
鍛刀してすぐに本丸について説明を受けた。初期刀が加州でなにかわからないことはすべて彼に聞けばわかるようだね。じゃあ君のスリーサイズも知ってるのかな?と聞くとだん 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
おちない ※未完
作者:いよ ジャンル:刀剣乱舞 刀さに お題:闇の血痕 制限時間:30分 読者:248 人 文字数:819字 お気に入り:0人
付着して落ちない血がある。洗えども洗えども、いくら石鹸で擦ろうとも左腕にこびり付いた赤黒い模様は姿を消す気配がない。特段痛むわけでも痒いわけでもなかったので、し 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 刀さに お題:茶色い凡人 制限時間:30分 読者:318 人 文字数:861字 お気に入り:0人
「御手杵ってさー、何か謎の凡人感あるよなー」ぐだぐだと床に転がったまま御手杵を見上げていた海尋が、不意に呟いた。もうすぐ春を迎える今の季節、この時間帯の縁側はも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ななし/闇ミツハ/全方位褒められたい ジャンル:刀剣乱舞 刀さに お題:見知らぬ血 制限時間:30分 読者:355 人 文字数:1572字 お気に入り:0人
姥さに現代パロ・「コメダのご飯は美味しいぜー♪」「あんたは、朝からよく食べるな……」何が起きたかよくわからないが、未来に転身して審神者などやっていた記憶はそのま 〈続きを読む〉

九珠/kzの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:九珠/kz ジャンル:刀剣乱舞 刀さに お題:君と内側 制限時間:1時間 読者:150 人 文字数:1676字 お気に入り:0人
俺にとって、彼女は唯一無二だった。だけど、彼女にとってはそうではないことを俺は知っていた。「鶴丸」 柔らかい声で彼の名前を呼ぶ彼女は、彼に対する親愛の情を明ら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:九珠/kz ジャンル:刀剣乱舞 刀さに お題:遅い空想 制限時間:30分 読者:141 人 文字数:1637字 お気に入り:0人
刀が、折れた。そして身体を失って消えていく彼らの最期に、私の手は届かない。 ゴウゴウと炎は燃え盛り、ああ……私はもうすぐ死ぬんだなって。自分の死に対してはどこ 〈続きを読む〉