ジャンル:あんさんぶるスターズ! お題:不幸な視力 制限時間:30分 読者:191 人 文字数:1651字 お気に入り:0人
[削除]

ひとりぼっちのせかい【レオいず】


 目が見えなくなった、とれおくんが言った。争いだらけの時期、世界には俺とれおくんしかいないように感じたあのころ。ボロボロになったれおくんはそう言って笑った。俺は言っている意味が分からなくて、いつものようにはぁ?と聞き返すことしかできなかった。まだスタジオがKnightsの拠点になることはなく、俺たちは元チェスから嫌われていたので特定の居場所を得ることができていなかった。だからこれはテラスで昼ご飯を食べている時の出来事だ。俺たちはこんなにも傷ついているというのに、空は馬鹿みたいに青くて、どうしようもなくいつもの昼休みだった。
「最近靄がかかってみたいだな~って思ってたんだよな。多分これ見えてないっぽい」
 平然と俺の目を見ているれおくんは、上手に昼ご飯を食べているように思えた。これで目が見えないのであれば今持っているスプーンは机の上に転がり落ちるだろう。しかしきちんと手でスプーンを握り口元まで運んでいる。
「こんな時に冗談はよしてよねぇ」
 俺はれおくんより少ない食事をフォークで一口食べてから水を飲む。健康管理もアイドルのうち。人間はすぐに太るのだから、自分で調節しないといけない。
「俺も冗談だったらいいなって思ってた!」
「はぁ?だってアンタ今何食べてるかわかってるでしょ?」
「カレー」
「ほらね、見えてる」
「うん。セナのこと以外は」
 何を言っているのかわからなかった。食べかけていた食事を止めた。目の前にいるれおくんは、いつものれおくんにしか見えなかった。俺と目が合っている。その眼の奥に映っているのは当然俺のはずだ。
「セナのことだけ、最近見えないんだ。不思議だよなっ?どうしよう、」
 にへら、と困ったように笑う。弓道部で腕を骨折してから、こういう笑い方が増えた。申し訳ないと謝罪を込めた笑み。自由奔放なれおくんはあのころからなりを潜め、俺のために騎士となっている。れおくんらしくない、そう怒りたいのに、俺に言う権利があるとは到底思えなかった。
「セナのこと守るって言ってたのに、セナがどこにいるかもわからない。声は聞こえるのに」
 限界だということはわかっていた。俺が俺の生き方をれおくんに教えたから。優しいれおくんは消え、傍若無人なふるまいをする王さまが俺の前に立つようになった。俺の王さまは、苦しそうに今も立っている。けれど続くはずもない。だって本来はとても優しい王さまなのだから。
「ごめんな」
 れおくんが謝る。俺のせいなのにどうして謝るのかがわからなかった。俺が正しいと思った生き方は、ほかの人にとってもそうであるとは限らない。わかっているのに、あの時頼られたのが苦しくらい嬉しかった。まるで告白のようだった。俺はれおくんが思っているような人間ではないけれど、れおくんに評価してもらえて頼られるのであれば、俺なりのふるまいを返そうと思った。れおくんがどうなるかも想像しなかった、俺の罰だ。罰がこうして降りかかっているのだ、と思った。
「俺が食べているものは…?見える?」
「パスタだろ、その横に水もある。セナはその水筒にいつも水を入れてるもんな」
 れおくんはずっと、俺のことが見えないけれどいる「てい」で接してくれていたらしい。だから目が合っていると感じていても、れおくんが俺の身長を思い出してそのあたりに目線を挙げているだけなのだ。
「そっか」
 それだけ言うのが精いっぱいだった。椅子を引いて、れおくんの頬を触る。れおくんは椅子が引かれるのを見て「トイレか?」と適当なところに視線を泳がせた。残念ながらそこに俺はいない。唇を近づける。きっと口づけをしてもれおくんは気付かないだろう。触れた温かさも感じることができず、俺がどこに行ったかもわからずに座っているのだろう。
 頬から手を離す。唇を合わせることはできなかった。
 知らずのうちに涙が頬を流れていた。こんな惨めな姿、れおくんに見られなくてよかったと思う。そう思うとまた想いがあふれて止まらなかった。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:のねみゅ ジャンル:あんさんぶるスターズ! お題:走る小説家たち 制限時間:30分 読者:110 人 文字数:855字 お気に入り:0人
「困ったなぁ……」放課後、教室の自席で、私はポツリと呟いた。手元のノートは真っ白だ。私はプロデューサーとして、仕事を任せてもらえるようになった。その量はありがた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:のねみゅ ジャンル:あんさんぶるスターズ! お題:天国の強奪 制限時間:30分 読者:123 人 文字数:831字 お気に入り:0人
「ねぇ、敬人」「なんだ、英智」「あんずちゃんにとって大切な物って、何だと思う?」英智はそう言って、楽しそうに微笑んだ。◆廊下を歩いていると、向こうからあんずが歩 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:のねみゅ ジャンル:あんさんぶるスターズ! お題:混沌の警察官 制限時間:30分 読者:105 人 文字数:781字 お気に入り:0人
「おおお、お姉さま!? これは一体、どういう……!?」目の前には、婦警の格好をしたお姉さま。手にした手錠を見せながら、微笑みを浮かべていて。お姉さまからのmai 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
未熟な愛 ※未完
作者:俐菜 ジャンル:あんさんぶるスターズ! お題:未熟な愛 制限時間:30分 読者:268 人 文字数:1019字 お気に入り:0人
それは寒い冬のことだった。その日俺は、女の子との約束があって、授業を終えた放課後のこと、教室を後にして、駅のホームで次に来る電車を待ってた。足元を打つように、冷 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:一括受け取りのプロフェッショナル ジャンル:あんさんぶるスターズ! お題:ぐふふ、ゲーム 制限時間:30分 読者:362 人 文字数:1024字 お気に入り:0人
「ぐふふ……」私立夢ノ咲学院アイドル科、3年A組の昼休みはそこから始まった。「は…羽風?ちょ〜キモいんだけど…?」「羽風貴様…今から生徒会室へ来い。話はそれから 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:てとん ジャンル:あんさんぶるスターズ! お題:未熟な想い 制限時間:30分 読者:452 人 文字数:1539字 お気に入り:1人
この廊下を真っ直ぐ歩いて右、突き当りを左に曲がると大きな扉がある。厳かなように見える扉は、ただの音楽室だ。司はそれをゆっくりと開けた。もう放課後である。ユニッ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
世界の切れ端 ※未完
作者:おかの ジャンル:あんさんぶるスターズ! お題:暗い地下室 制限時間:30分 読者:587 人 文字数:1493字 お気に入り:0人
(なんでこんなことに、)高嶺翠は、この現状にため息を吐くことで否定も肯定も出来ずに立ち尽くしている。傍らには自分の先輩である守沢千秋が気絶していた。(いや。彼を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:一括受け取りのプロフェッショナル ジャンル:あんさんぶるスターズ! お題:昼の衝撃 制限時間:30分 読者:415 人 文字数:749字 お気に入り:0人
「英智…貴様何を言っているんだ…?」チャイムからおよそ6秒後。3-Aの昼休みは敬人の素っ頓狂な声から始まった。「何って…それがどうしたっていうんだい?」いつもの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:あひ ジャンル:あんさんぶるスターズ! お題:漆黒の闇に包まれしブランド品 制限時間:30分 読者:461 人 文字数:671字 お気に入り:0人
朔間零というブランドを知っているか。吸血鬼を売っている。錬成要素は気まぐれにうねる黒曜の髪、その毛先を散らす吸血鬼一族の正装、それで隠した肉の脈動を感じさせない 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:毛布 ジャンル:あんさんぶるスターズ! お題:ナウい人間 制限時間:30分 読者:447 人 文字数:1076字 お気に入り:1人
実家が寺だからかそれとも性格の問題か、はたまた全く違う理由なのか。どれが正解かはわからないが、敬人にはやや時代錯誤な面がある。 幼馴染である英智から見れば、か 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
【腐】無題。 ※未完
作者:匿名さん ジャンル:ツキウタ。【腐】 お題:穏やかな男 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:1536字 お気に入り:0人
****「おっ邪魔しま~す。」――変な癖で、ついつい人様の車に乗ると言ってしまうんだよなぁ~。と、眠気とその場の雰囲気で少し飲んだ微酔いで、心地の良い疲労感でふ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ヒプノシスマイク お題:免れた夜風 必須要素: 制限時間:30分 読者:30 人 文字数:1525字 お気に入り:0人
高校を出てから住み始めた家は横浜にあって、だから全然ゴミの日を覚えられないで二年か三年くらい、多分そう、三年近くは経っている。ゴミを溜めているなんてことはなく 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:Fate/Grand Order お題:平和と祖父 必須要素:北海道 制限時間:15分 読者:50 人 文字数:929字 お気に入り:0人
埼玉以北には行かないと誓った日もあった。 厚い雲に覆われて日が届かない地にいる。おろしたてのダウンをかき抱いて、セイコーマートから走る。はやく温かいホテルのロ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:Fate/Grand Order お題:アルパカの四肢切断 必須要素:ジャケット 制限時間:2時間 読者:7 人 文字数:1657字 お気に入り:0人
型落ちの薄型テレビでは夕方のニュースが流れている。民放だ、たわいも無い内容で本当にくだらない。アルパカふれあい牧場の取材カメラと差し出されたマイクに、ふっくらと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:うつたか お題:空前絶後の失望 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:618字 お気に入り:0人
「高崎ぃ!」バタバタと、宇都宮が騒がしく在来の部屋に駆け込んでくる。「どうしたんだよ、そんな急いで」珍しく焦る様子の宇都宮に視線が集まる中、高崎はなだめるように 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:BanG Dream! お題:それいけ昼下がり 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:992字 お気に入り:0人
「だからさ、こう、耳をぴょこぴょこってさせたの」「わかんねえよ! なんでそれが祝ってることになるんだ……」 時刻にして、昼を少し回った頃。いいかげんおたえへのツ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:アイドルマスターSideM お題:黄色い償い 制限時間:30分 読者:25 人 文字数:960字 お気に入り:1人
315プロダクション所属プロデューサーの俺が、葛之葉雨彦が事務所前の掃除をしているのだ、という話を事務所待機中の紅井朱雀に話したのは偶然だった。そういや朱雀、前 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:KーPOP お題:人妻の屍 必須要素: 制限時間:30分 読者:18 人 文字数:352字 お気に入り:0人
気がつくと、隣に女が寝ていた。いや、正確には死んでいた。口元に泡を吹かせていた。僕は怖くなった。身に覚えがない。すぐ横に酒があった。数本の酒が乱雑に置かれていた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:名探偵コナン(夢) お題:調和した俺 制限時間:4時間 読者:17 人 文字数:1256字 お気に入り:0人
ちょう わ てう- [0] 【調和】( 名 ) スルものごとの間に釣り合いがとれていること。ものごととものごとが互いに和合していること。 「 -がとれる」 「 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
※未完
作者:匿名さん ジャンル: お題:臆病な武器 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:39字 お気に入り:0人
時計のために引き取った子供、ルドガーは少しぼんやりとした子供であるようだった。 〈続きを読む〉