ジャンル:カルジュナ お題:わたしの好きな不動産 制限時間:15分 読者:229 人 文字数:1458字 お気に入り:0人

【カルジュナ】転生なんて聞いてない2

もう一度、新生児室で目が覚めたカルナは、前回の何がダメだったのだろう、と考えた。なにせ、考える時間だけはたらふくあるのだ。ただ白痴のふりをして、適度に泣いてやればいい。

まず前回の人生において、反省すべき点はいくつかある。まず初めに、カルナが自分から探すことに躍起になってしまったとうことである。自分自身が探すことに加えて、相手に見つけてもらうという選択肢もあるということを失念していた。次に、あまりに危険すぎる職業についてしまったということが、そもそも間違いだった。軍に所属してしまった場合、確かに情報量という点ではおいおい過多にはなっていくだろう。しかし出世しなければデスクワークには回されないし、他の職業と比較してもやはり死亡率はけた違いだ。
さてこの二点を鑑みるて、カルナは前回の人生とは逆を行ってみることにした。
つまり、アルジュナから見つけられることのできる、安全な職業。
それには何が該当するのだろうか、と考えていたところで、カルナはようやく十三歳になろうとしていた。両親が誕生日パーティの席で何か欲しいものはないか、と聞いてきたものの、「捜してほしい男がいるのだが」などとは言えない。カルナも、言ってはいけないことくらいの分別はつくようになっていた。
そもそも自分に前世の記憶があると言ってしまえば、カルナを愛する両親が脳の病気を疑って病院に連れて行ってしまうことは容易に想像できた。カルナとしても、縁あって自分の両親という役柄についている二人を悲しませることはしたくなかった。
アルジュナのことは伏せておきながら、カルナは両親に問う。
曰く、「目立つ職業につきたいのだが、何かいい案はないだろうか」
カルナの言葉に顔を見合わせながらも、両親はまだ幼い息子に愛嬌を感じたのか、あれこれ相談をした後に返答した。
曰く、「俳優なんてどうかしら。もしかしたら世界に飛び立つことだって!」

次の日から、カルナは履歴書とオーディション申込書を揃えて、あらゆる養成所から芸能事務所までにそれを送付した。
演技経験はゼロであったが、容貌と同じく真っ白な履歴を、変幻自在な多色へ染め上げていく過程は大人をもうならせ、みるみるうちにカルナは天才子役として名を馳せるようになった。
なにせカルナに来た役柄といえば、その浮世離れした外見を利用したものや、身体能力を生かしたスタント無しなど、一筋縄ではいかないものばかりだったからだ。
これでどうにかアルジュナの方から見つけられるだろう。そうカルナが一息ついて考えられるようになる頃。カルナの年齢は二十半ばを過ぎていた。
周囲のカメラとマイクから、プライベートでの情報をねだられても、カルナにはどうでも良かった。ただ、自分を殺しに来ない男のことだけが気がかりだった。
自分に来る誘いを断る日がこようとは夢にも思わなかったカルナが、連日の下心が透けて見える誘いを全て袖にし、帰路についている日のことだった。

日付がそろそろ変わるだろう、という深夜。
カルナが一人暮らしをするマンションの下に、見覚えの無い女性の姿があった。まさか自分に用があるとは露とも思わずカルナが横を通り過ぎようとすると同時、ドン、という衝撃があった。

「あ、あ、あ、あなたがっ……誰かのものになるくらいなら……っ!」

震える手で銀色に光る何かを握り、青ざめた顔で唇を動かす女性の顔に、やはり見覚えはない。
なるほどこれも死の要因になるのか。カルナはそう思いながら、自分の腹から滴る血を見ていた。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


見つかりませんでした。

梟光司の即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:恥ずかしい彼女 制限時間:15分 読者:38 人 文字数:1433字 お気に入り:0人
「ッッ――ラァッ!」来る、と思ったのは、決してカルナの思い違いではなかった。鮮烈な赤。血よりももっと明度の高い、林檎や苺のような緋色。それが眼前に迫り、カルナは 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:戦争と悪人 制限時間:15分 読者:44 人 文字数:1468字 お気に入り:0人
従業員の顔が一瞬で青褪め、道を開けた。というよりも、脱兎のごとく逃げ出した。カルナとビリーは一気に走り出し、ピアノの乗るステージの横を通り抜けて二階への階段に足 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:もしかして凡人 制限時間:15分 読者:32 人 文字数:1258字 お気に入り:0人
ガゴンッ!と車体が揺れ、カルナが一瞬だけシートから浮く。咄嗟に庇ったベレッタをセットし直しながらフィンを見ると、どうやら運転席から何かを外へと投げているようだっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:愛のプレゼント 制限時間:15分 読者:44 人 文字数:1297字 お気に入り:0人
「大層なご登場なこって」「いつもはデスクワークばかりだからね。たまに現場に戻ると良い刺激になる」「まぁいいや、カルナが君と行くと申し出た」「そうか」フィンはウィ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:ロビジュナ お題:見憶えのある水 制限時間:15分 読者:33 人 文字数:1403字 お気に入り:0人
最初の感想は「誰だあれ」だった。俺はロビンフッドの中でも出来の悪い方だと自負しているが、その中でもまぁまぁ頑張ってきたとも思っている。魔力も電力も不足したカルデ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:ロビジュナ お題:小説家たちの唇 制限時間:15分 読者:40 人 文字数:1450字 お気に入り:0人
「あなたにとって、私なんて火遊びにもならないのでしょうね」どんなことが原因だったのか、もう覚えていない。けれども売り言葉に買い言葉。それが私を躍起にさせて、言わ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:私の儀式 制限時間:15分 読者:45 人 文字数:1786字 お気に入り:0人
「言い訳はあるかね」「………無い」カルナは両手を後ろ手に組み、足を肩幅に開いて質問の主を見ていた。ジェロニモは他のメンバーと同じく、カルナへの「勉強」の先生であ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:没カルジュナ お題:初めての宿命 制限時間:15分 読者:41 人 文字数:980字 お気に入り:0人
バタンッ!と大きくドアが閉まる音が響いた。マリーとアルジュナは肩で息をしながらドアに背をつけ、顔を見合わせる。どちらともなく瞳が弧を描き、笑みとなった。「先程の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:限りなく透明に近い命日 制限時間:15分 読者:63 人 文字数:1539字 お気に入り:0人
さて防犯ブザーで呼ばれるのは、何もむくけき男だけではない。カルナはアルジュナの元にはせ参じた三人を見やってチベットスナギツネの形相となった。「うちの子に何か御用 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:かたいオチ 制限時間:15分 読者:65 人 文字数:1572字 お気に入り:0人
「ニューーーーヨーーークヘ、行きたいか~~~~!」「「「ウォォオオオオ!!!」」」赤白青の三色帽子をかぶり、ギターをマイクに見立てて叫んでいるのは信長。その隣で 〈続きを読む〉