ジャンル:カルジュナ お題:わたしの好きな不動産 制限時間:15分 読者:144 人 文字数:1458字 お気に入り:0人

【カルジュナ】転生なんて聞いてない2

もう一度、新生児室で目が覚めたカルナは、前回の何がダメだったのだろう、と考えた。なにせ、考える時間だけはたらふくあるのだ。ただ白痴のふりをして、適度に泣いてやればいい。

まず前回の人生において、反省すべき点はいくつかある。まず初めに、カルナが自分から探すことに躍起になってしまったとうことである。自分自身が探すことに加えて、相手に見つけてもらうという選択肢もあるということを失念していた。次に、あまりに危険すぎる職業についてしまったということが、そもそも間違いだった。軍に所属してしまった場合、確かに情報量という点ではおいおい過多にはなっていくだろう。しかし出世しなければデスクワークには回されないし、他の職業と比較してもやはり死亡率はけた違いだ。
さてこの二点を鑑みるて、カルナは前回の人生とは逆を行ってみることにした。
つまり、アルジュナから見つけられることのできる、安全な職業。
それには何が該当するのだろうか、と考えていたところで、カルナはようやく十三歳になろうとしていた。両親が誕生日パーティの席で何か欲しいものはないか、と聞いてきたものの、「捜してほしい男がいるのだが」などとは言えない。カルナも、言ってはいけないことくらいの分別はつくようになっていた。
そもそも自分に前世の記憶があると言ってしまえば、カルナを愛する両親が脳の病気を疑って病院に連れて行ってしまうことは容易に想像できた。カルナとしても、縁あって自分の両親という役柄についている二人を悲しませることはしたくなかった。
アルジュナのことは伏せておきながら、カルナは両親に問う。
曰く、「目立つ職業につきたいのだが、何かいい案はないだろうか」
カルナの言葉に顔を見合わせながらも、両親はまだ幼い息子に愛嬌を感じたのか、あれこれ相談をした後に返答した。
曰く、「俳優なんてどうかしら。もしかしたら世界に飛び立つことだって!」

次の日から、カルナは履歴書とオーディション申込書を揃えて、あらゆる養成所から芸能事務所までにそれを送付した。
演技経験はゼロであったが、容貌と同じく真っ白な履歴を、変幻自在な多色へ染め上げていく過程は大人をもうならせ、みるみるうちにカルナは天才子役として名を馳せるようになった。
なにせカルナに来た役柄といえば、その浮世離れした外見を利用したものや、身体能力を生かしたスタント無しなど、一筋縄ではいかないものばかりだったからだ。
これでどうにかアルジュナの方から見つけられるだろう。そうカルナが一息ついて考えられるようになる頃。カルナの年齢は二十半ばを過ぎていた。
周囲のカメラとマイクから、プライベートでの情報をねだられても、カルナにはどうでも良かった。ただ、自分を殺しに来ない男のことだけが気がかりだった。
自分に来る誘いを断る日がこようとは夢にも思わなかったカルナが、連日の下心が透けて見える誘いを全て袖にし、帰路についている日のことだった。

日付がそろそろ変わるだろう、という深夜。
カルナが一人暮らしをするマンションの下に、見覚えの無い女性の姿があった。まさか自分に用があるとは露とも思わずカルナが横を通り過ぎようとすると同時、ドン、という衝撃があった。

「あ、あ、あ、あなたがっ……誰かのものになるくらいなら……っ!」

震える手で銀色に光る何かを握り、青ざめた顔で唇を動かす女性の顔に、やはり見覚えはない。
なるほどこれも死の要因になるのか。カルナはそう思いながら、自分の腹から滴る血を見ていた。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


見つかりませんでした。

梟光司*21584の即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:梟光司*21584 ジャンル:モージュナ お題:灰色のボーイズ 制限時間:30分 読者:48 人 文字数:1474字 お気に入り:0人
「モードレッド、そこへ直りなさい」唐突なガウェインの言葉に、は?と眉を寄せたモードレッドは椅子の上で足を組んだ姿勢のまま声の主を見た。小春日和とも言える太陽光が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司*21584 ジャンル:カルジュナ お題:ぐちゃぐちゃの結末 制限時間:30分 読者:63 人 文字数:2621字 お気に入り:0人
「お主の実力、測らせてもらおう!」アルジュナは逃げ出した。もう、これは受け入れられないと思ったからだった。しかし今回のネロはまたも違う分岐点のネロらしい。アルジ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司*21584 ジャンル:カルジュナ お題:寒い貯金 制限時間:30分 読者:55 人 文字数:3185字 お気に入り:0人
翌日、アルジュナは今度こそ資料を取りに行こうと同じ時刻に図書館への道を急いでいた。ネロが現れたのは図書館がある西棟のロビーであった。そこを横目で通り過ぎ、四階に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司*21584 ジャンル:モージュナ お題:突然の戦争 制限時間:15分 読者:59 人 文字数:1447字 お気に入り:0人
モードレッドのバイクに揺られている間、アルジュナはカルナのことなど一切考えなかった。というよりも、考えられなかった。猛スピードで黄色信号を突っ切っていくモードレ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司*21584 ジャンル:カルジュナ お題:東京の母 制限時間:15分 読者:73 人 文字数:1439字 お気に入り:0人
「我が名はネロ! 学生の中でも抜きんでた存在感と、モデルまでを自分でこなしてしまうこの才能! 真紅の絨毯を歩く余を人はこう呼ぶ、夢薔薇の皇帝、ネロ・クラウディウ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司*21584 ジャンル:カルジュナ お題:ラストは神話 制限時間:30分 読者:72 人 文字数:1843字 お気に入り:0人
「行きたまえ。どのみちコンペティションが終わらなければ君たちの身の振り方も決まるまい。マリー、君に課した先日のショーの体感レポートがまだ未提出だ。提出日は四日後 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司*21584 ジャンル:モージュナ お題:暑いサーブ 制限時間:15分 読者:98 人 文字数:1319字 お気に入り:0人
「――っし、行くか!」「しばしお待ちを」「アァ?」モードレッドに手を引かれて立ち上がったアルジュナはくるりと周囲を見回し、近くにいた女生徒へ微笑みかける。「これ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司*21584 ジャンル:カルジュナ お題:栄光の町 制限時間:15分 読者:111 人 文字数:1364字 お気に入り:0人
「カルナよ、この者は何だ」「パーティの同伴者だ」「確かに余は言ったな、今宵の授賞式にはパートナーを連れて来いと」「あぁ」「……………こ奴がか?」いつもの高笑いと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司*21584 ジャンル:エリジュナ お題:コーヒーと小説修行 制限時間:15分 読者:116 人 文字数:1451字 お気に入り:0人
「そういえば僕、アルジュナのショー見たことないんだよね」ビリーがそう言うと、アルジュナは手元のダージリンティーを一飲みして、「そうでしたか」と返した。そもそもア 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司*21584 ジャンル:モージュナ お題:鈍い外資系企業 制限時間:15分 読者:201 人 文字数:1497字 お気に入り:0人
その日、アルジュナの機嫌は悪かった。ドレスの修正のために試着をして欲しい、という旨は前々から聞いていたし、試着自体は早々と終わった。あとは縫製の修正待ちのみとい 〈続きを読む〉