ジャンル:おそ松さん お題:何かの蕎麦 制限時間:15分 読者:212 人 文字数:1959字 お気に入り:0人

りょうり

くぅ…と小さく鳴ったお腹に時間を確認してみればお昼をすぎた頃だった。
もうこんな時間かと机の上に広がる消しゴムのカスを床に落とさないようにまとめゴミ箱に捨てる。軽く手をはらい、今日のお昼は何だろうと思いながら居間へと向かった。
ガラリと扉を開け母に声をかけようとした所で母が出かけていたことに気づいた。そういえば書き物をしている時、母が何かを言いに来ていたような気もする。今居ないとあれば、夕方までには帰ってくるだろうと納得し、空腹を満たすために台所へと向かった。普段からよく手入れをされているそこは隅々まで掃除が行き届いており、汚してしまうのは何だか億劫でいつもは使おうなどとは思わなかったが場合が場合だ。冷蔵庫を開けてみれば、簡単な料理は作れそうな材料は揃っていた。他には…と冷凍室を開けて見ると、なんと肉が入っていた。しかも、バラで売られているようなものではなくからだからブロック状にを切り出した結構お高めの肉。ほんの少しだけなら気づかれないかもって何個かあるうちの1個を取り出した。
かちんこちんに固まった肉に巻かれていたラップを外せば霜のついた断面が顕になった。窓から入ってくる光を反射しきらきらと煌めいていて何だか食べてしまうのが勿体ないようなそんな気持ちになった。
それでも食欲に勝る訳でもなく日当たりがいいところに置き解凍しているうちに、ほかの下準備を始めた。





そろそろ解凍できただろうと置いておいた肉を手に取る。まだまだ肌寒いとはいえ冬の過ぎた春の日差しの元に置かれていた肉は十分な程に柔らかくなっており、包丁もするりと通すことが出来た。母に気づかれてしまわないように気を付け4分の1ほど切り終わった時、ガラリと玄関の開く音がした。たでーまぁーとやる気のなさそうに聞こえた声はおそ松兄さんのものだった。これはしくったと焦ったが、おそ松兄さんであれば言いくるめるか何かをしてどうにかできそうだと頭の中で策略を練る。

帰ってきたら手を洗うこと、幼い頃から母に言い聞かされてきたそれはある程度の年齢になった今でも変わりはしなくて、今でも律儀に手を洗いに行く僕達はできた息子だと思う。(勉強なんかは抜きして)
洗面所に向かう途中ちらりと、こちらを覗きに来たおそ松兄さんは少しばかりの驚きと戸惑いを持った顔をしていたように思えた。そりゃあ料理なんかに縁もないような僕達六つ子であるから、母さんの手伝い以外でこうして立っているのは珍しかったのかもしれない。何にせよ、なにか言いたげに眉を寄せ手を洗いに行ったおそ松兄さんの背中に向かっておかえりと声を掛けておいた。



肉にラップを掛け直し冷凍庫に入れると、手早くフライパンに切り分けた肉を投入した。途端に広がる肉が焼けるいい匂いにまたお腹が鳴った。予め入れておいた野菜と優しく和えるようにしゃっしゃっと菜箸を動かす。いい感じの色になってきたら塩コショウを全体にまぶし少量の水を入れ弱火にしつつお皿を準備し盛り付けたら完成。ふわりと薫ってくる食欲を煽る匂いにゴクリと喉がなった。
家庭科の時間に何度か料理をしたことはあったが、ちゃんと出来るかという不安もあった。しかし、思いのほかうまく出来た料理に気を良くし何ならおそ松兄さんにも分けてやろうという余裕もできた。口止めとしても最適だろうと、廊下に顔を出しおそ松兄さんを呼ぶ。

ぎいっと軋んだ床板にびくりと肩を震わせてしまった。後ろを振り向けば、部屋着に着替えたおそ松兄さんがくらい面持ちで立っていた。
音の正体がわかり、ほっとした僕はおそ松兄さんに料理を見せながら笑った。

「見てみて、結構うまく出来たんだよ!兄さんも一緒に食べない?」

料理を見ておそ松は喉に手を当てながら震える声で言った。

「トド松…それ














なんの肉か知って、る?」

「…は?え、なんの肉って…あれ?」

僕は、机に皿を置き急いで冷凍庫を開ける。中に入っていたそれを取り出してあちこちを探してみても、表記されていることは無かった。ただ、肉にラップを巻いて入れてあるだけ。気づいてしまえばそれが酷く気味の悪いものに思えて、もしかしたらなんて言葉が頭をぐるぐると周り吐き気がした。

「お、おそ松兄さんはなんの肉、か知ってるの…?」

震える腕をもう片方の手で握り少しでも冷静になろうと深く息を吸った。僕の問いには答えず、おそ松兄さんは引き戸を開け包丁を取り出す。いったい何をするつもりなのかと近づこうとすれば小さく聞こえた声があった。

「答え合わせしようぜ。」

泣きそうな声で、そういったおそ松兄さんは指を切り落とした。








答えとしては単純でなにかの肉だった。それだけ。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:はちこくん ジャンル:おそ松さん お題:裏切りの就職 制限時間:15分 読者:29 人 文字数:574字 お気に入り:0人
骨を食う文化がある。骨食み。骨ねぶり。ニューギニアでは死んだ族長の骨を戦士たちが食うという。極道たちは、オヤジへの敬意と、ヒットマンへの復讐を誓ってその遺骨を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ハリモグモグ ジャンル:おそ松さん お題:早すぎた地獄 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:1013字 お気に入り:0人
いつものようにテーブルを囲むニートたち。 テーブルの上にはお菓子が広げられて雑談していた。「しかし、最終回で地獄ってのは俺らの年齢的に早すぎねえ?」「次のコー 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:おそ松さん お題:12月の伝説 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:503字 お気に入り:0人
長い夏の間、サマー仮面なんてものをやっていた兄は秋がきてすっかり大人しくなってしまった。今日もさながら死んだ蝉のように、モスグリーンの床に寝転んでボーッと天井 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:りんね ジャンル:おそ松さん お題:小さな孤島 制限時間:15分 読者:31 人 文字数:580字 お気に入り:0人
美しい海へカラ松とピクニックに出かけたのは何時のことだったか。未だ口をつく暴言をBGMにお弁当を食べようと浜辺に座った一松は、足を滑らして緩やかに落っこちてゆく 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:はちこくん ジャンル:おそ松さん お題:阿修羅新卒 制限時間:15分 読者:39 人 文字数:576字 お気に入り:0人
班長は凡庸な日本人であった。海外はおろか、本州すら出たことがない男には、RとLの違いがわからないのも無理のない話であった。「それじゃ一緒だ」「…ラ…ライト…」 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:しらたま ジャンル:おそ松さん お題:やば、ピアニスト 制限時間:15分 読者:36 人 文字数:646字 お気に入り:0人
やばい、やばい、やばい。どうしてこんなことになったんだ。僕の目の前にあるのは1台のピアノ。制限時間が上にでている。この時間以内にピアノを弾けということらしい。… 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:海流(かいる) ジャンル:おそ松さん お題:セクシーな狐 制限時間:15分 読者:140 人 文字数:571字 お気に入り:0人
「おおっエロ本はっけーん! なっ、これよくね?」 おそ松が拾い上げたのは、今時駅にも落ちていないようなボロボロのエロ本だ。はじめに目に入るのは、たわわに実る乳房 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:おそ松さん お題:君と夢 制限時間:15分 読者:73 人 文字数:871字 お気に入り:0人
夢を見た。酷く息苦しい夢だった。松野おそ松は深い眠りから意識を取り戻し、やけに目に染みるいつもの薄暗い天井を見てため息を吐く。体は汗でぐっしょり濡れていて、目元 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
無題 ※未完
作者:穴虫 ジャンル:おそ松さん お題:気持ちいいにおい 制限時間:15分 読者:86 人 文字数:603字 お気に入り:0人
初夏の晴天。平日の昼間に良い年した青い男と黄色い男が、自宅の屋根でくつろいでいる。そばには取り込まれたばかりの洗濯物。母親に「暇なら手伝いなさいクソニート」と 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:よん@25話チョロおそありがとう ジャンル:おそ松さん お題:気持ちいいにおい 制限時間:15分 読者:121 人 文字数:398字 お気に入り:1人
チョロ松は家の前に立つと、微かに薫る匂いに近づいた。どうしようもなく、浮き立つような匂いである。はて、と思うが具体的に何と言われてもてんで出てこない。複雑に混 〈続きを読む〉

そゃーすの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:そゃーす ジャンル:おそ松さん お題:最後の狐 制限時間:30分 読者:55 人 文字数:754字 お気に入り:0人
あったかい布団にぬくぬくとつつまれて眠る夜はサイコーだと思う。使い古した煎餅のように固くなってしまった敷布団だって慣れれば極上の羽毛ぶとんにも負けないって僕は信 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:そゃーす ジャンル:おそ松さん お題:汚れたむきだし 制限時間:15分 読者:130 人 文字数:331字 お気に入り:1人
肌に触れる冷えた空気に目を覚ましす。布団の隙間から入り込んでくる風は、空いた窓から吹き込んできているようだった。ちらりと時計を見やれば、時刻は2時を示していた。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:そゃーす ジャンル:おそ松さん お題:許されざる喜劇 制限時間:4時間 読者:145 人 文字数:1596字 お気に入り:1人
おそ松兄さんが死んだ。チビ太の店からの帰り道、六人で並んで歩いていた時に突っ込んできた車によって殺された。たまたま隣を歩いていた僕は何が起きたかもわからず、おそ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:そゃーす ジャンル:おそ松さん お題:幼い百合 必須要素:ガラパゴス諸島 制限時間:15分 読者:140 人 文字数:509字 お気に入り:0人
ある日突然耳が聞こえなくなった。それはまるで誰かに耳を塞がれたかのように突然に。ふっとおれの世界から音が消えた。目の前で口をぱくぱく動かす弟は、唖然としているお 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:そゃーす ジャンル:おそ松さん お題:反逆の男の子 制限時間:1時間 読者:175 人 文字数:1829字 お気に入り:1人
幼い頃の行いを今になって後悔した。俺達が子供だった時、沼の噂が赤塚の街で広まっていた。噂の内容は、町外れの林にある沼には人魚がいるらしい、というものだった。今と 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:そゃーす ジャンル:おそ松さん お題:来年の殺人犯 制限時間:30分 読者:190 人 文字数:3210字 お気に入り:0人
凍えてしまうような夜だった。赤い月が空に煌めき、霧の深い赤塚の街にひとつの影が怪しく動き回っていた。…しんぶんしっ!!外からの冷気に身体を震わせ冷えきった冷たい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:そゃーす ジャンル:おそ松さん お題:記録にない排泄 制限時間:1時間 読者:192 人 文字数:2135字 お気に入り:0人
白髪に染まっていく頭に不思議と底知れぬ恐怖を感じていた。弟達は何一つ変わってないのに、俺だけ白くなっていくのはまるで違う人間だと言われているようで怖くて怖くて俺 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:そゃーす ジャンル:おそ松さん お題:何かの蕎麦 制限時間:15分 読者:212 人 文字数:1959字 お気に入り:0人
くぅ…と小さく鳴ったお腹に時間を確認してみればお昼をすぎた頃だった。もうこんな時間かと机の上に広がる消しゴムのカスを床に落とさないようにまとめゴミ箱に捨てる。軽 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:そゃーす ジャンル:おそ松さん お題:春の整形 制限時間:30分 読者:201 人 文字数:1211字 お気に入り:0人
「あの時やめていればなぁ…」とぼとぼと帰り道を歩くおそ松は小さく呟いた。お昼時に、見切り発車で家を飛び出して駆け込んだパチ○コ屋では勝つことが出来たのだか調子に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:そゃーす ジャンル:弱虫ペダル お題:哀れな耳 制限時間:15分 読者:186 人 文字数:412字 お気に入り:0人
僕が小学生の時、道行くおじさんに君にはきっとこれが似合うよって渡された小さな箱。なんで僕にくれるの?と聞けば、私はねサンタクロースなんだよって教えてくれた。君は 〈続きを読む〉