ジャンル:ジョジョの奇妙な冒険 お題:熱いプロポーズ 必須要素:丑三つ時 制限時間:15分 読者:22 人 文字数:542字 お気に入り:0人
[削除]

3時の[フーナラ]

「違う!!!僕が言いたかったのはそうじゃないんだッ…!!」


キリッとした眼差しはそのままに、フーゴは顔を真っ赤にして全力否定する。

午後の優雅なティータイム。

ニヤニヤと笑うミスタ、フッと笑うブチャラティ、アバッキオとジョルノは何か、死んだ魚みたいな目をしている。

「ふっ、くく、あははッ……随分と大胆な告白じゃねぇの、っ、ふふふ……」
笑いを堪えながらもからかうミスタの横で、「お熱いですね」とジョルノが機械的な手つきでカップを口に運ぶ。

「どれもこれもあなたが悪いんでしょう…!!」
フーゴはしばしぷるぷると震えていたが、キッと俺を睨み据え、冷静を取り戻そうとしている。


「あなたがスペルを間違えるから、僕は指摘しただけでしょう!?だから、そんな意味じゃなくて……笑わないで下さい!ミスタ!!」


こんな午後の喧騒で、俺は他人事のようにぼーっとしていた。


『ナランチャ、好きですよ』


頭のなかで、ぐるぐる回る声。

「フン、満更でもなさそうな顔しやがって」

アバッキオが、冷たく呆れたように呟く。

「よほど嬉しかったようだな、ナランチャ」

ブチャラティに指摘され、頬に手を持っていってみる。





………どうやら、真っ赤なのは、お互い様らしい。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:もりもってぃ ジャンル:ジョジョの奇妙な冒険 お題:白い空 必須要素: 制限時間:15分 読者:161 人 文字数:546字 お気に入り:0人
はぁっと吐いた息は白く霞、空は白く澄んでいたふらふらと酒に酔い回らない頭を全力で働かせながら帰り道を歩く。先ほどまで暖かかった室内から一変外は暗く寒かった。そん 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:七色ちさと ジャンル:ジョジョの奇妙な冒険 お題:夜とぐりぐり 制限時間:15分 読者:258 人 文字数:832字 お気に入り:0人
ブチャラティはあまりカーテンを閉めない。寝るときもそうだし、そういうことをする時も、雨の日も。窓は閉めていてもそれだけはいつも一緒だった。ぼくはひとりで寝っ転 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぬるム ジャンル:ジョジョの奇妙な冒険 お題:嘘の彼氏 制限時間:15分 読者:260 人 文字数:462字 お気に入り:0人
小指1本で紡ぐ約束の脆いこと。「承太郎」きゃあきゃあと高い声が響く下校時間、後ろからかかった声に戸惑いなく立ち止まり振り替える。「今帰りかい」「ああ」「教室で待 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:裏人造人間 ジャンル:ジョジョの奇妙な冒険 お題:希望の瞳 制限時間:15分 読者:722 人 文字数:431字 お気に入り:0人
ふと見ると、彼はいつもどこか遠くをみつめている気がした。掴みどころがなくて、不可思議で、奇妙な人。だけどそれはそう……彼の瞳が、常に希望を捉えていたからだったの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:七色ちさと ジャンル:ジョジョの奇妙な冒険 お題:やば、神様 制限時間:15分 読者:648 人 文字数:1046字 お気に入り:1人
神様なんて信じていないと唇を尖らせ、そう思いつつもぼくらは自然と恐れを感じ、都合よく「やばいぜ、こりゃー神からのバツでも食らっちまうぜ」なんて彼の言葉にびくりと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:悠@サイデビプチ主催します ジャンル:ジョジョの奇妙な冒険 お題:夜と冤罪 制限時間:15分 読者:670 人 文字数:393字 お気に入り:0人
リーマンシジョセ。「───俺は何もしてねぇッてんだろ元凶はお前だろーがこのスカタンッ!」「ふっざけんなてめーこの状況でよくそんなこと言えるなこのタコッ!!」この 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:香瑛 ジャンル:ジョジョの奇妙な冒険 お題:愛すべき大雪 制限時間:15分 読者:589 人 文字数:943字 お気に入り:1人
曇った窓の向こう側から子供の騒ぐ声が聞こえる。ほとんどもぬけの殻と化したアジトに響くのは、僕が英語の宿題をするペンの音だけだ。ネアポリスを襲った数十年に一度の大 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:受験マン水飛沫 ジャンル:ジョジョの奇妙な冒険 お題:捨てられた顔 必須要素:輪ゴム 制限時間:15分 読者:435 人 文字数:361字 お気に入り:0人
※4部太郎何気なく、目の前に立てかけられている鏡を見た。そこに写る自分の表情は驚くほど無機質で。その驚きさえも表れることはなかった。昔の自分はこうだっただろうか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:受験マン水飛沫 ジャンル:ジョジョの奇妙な冒険 お題:薄汚い交わり 制限時間:15分 読者:1032 人 文字数:299字 お気に入り:0人
※ちょっぴり背後注意。花承前提仗承「う、あ゛ッ」喉の奥から自分のものとは思えない獣のような呻きで漏れた。高い声で鳴くなんて器用なことは自分にはできない。それでも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:らいな ジャンル:ジョジョの奇妙な冒険 お題:ロシア式のユートピア 制限時間:15分 読者:734 人 文字数:368字 お気に入り:0人
―――彼の目には僕が可愛く見えているのだという。 花京院は、承太郎にそう言われても、自分の見た目が一般的に『可愛い』というベクトルを向いていない事など、改めて 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ミスプリ! お題:彼女と傘 制限時間:1時間 読者:12 人 文字数:1068字 お気に入り:0人
6月も半ば――。僕は雨に濡れながら、帰路についていた。 いつもなら同じ学校に通う主、姫岡こころと帰っているはずなのだが、今日は違う。 こころが友達とどうしても行 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
対価 ※未完
作者:匿名さん ジャンル:Axis powers ヘタリア【腐向け】 お題:ちっちゃなローン 制限時間:30分 読者:27 人 文字数:505字 お気に入り:0人
「そうですね……、ではこうしましょう」暫く考えたのち、本田は覚悟を決めたように言った。どんな条件を出されようと、彼の唯一になることを諦めるつもりは無い。彼の国の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:怪盗ジョーカー お題:傷だらけの狸 必須要素:扇風機 制限時間:2時間 読者:23 人 文字数:1022字 お気に入り:0人
ある暑い夏の日。扇風機の前でゲームをしていた俺はハチに「もーちょっとジョーカーさん、ちゃんと見たいてくださいよ〜!」と怒られた。季節は夏。いまはスカイジョーカー 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ガールズ&パンツァー お題:限りなく透明に近い慰め 制限時間:1時間 読者:19 人 文字数:1958字 お気に入り:0人
「会長はいつから私のことを知ってたんですか?」生徒会室で一緒にのんびりお茶をすすっていた西住ちゃんが唐突にこんな言葉を投げかけてきた。「どうしたの急に?あと私は 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
UB
作者:匿名さん ジャンル: お題:魅惑の彼 制限時間:2時間 読者:30 人 文字数:1011字 お気に入り:0人
「彼は馬鹿である。」そんなイメージがあるのは、嵐の天然担当、相葉雅紀のことである。だけど、最近思うことがある。それは、彼の大人としての魅力が最近感じられること 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ジョジョの奇妙な冒険 お題:熱いプロポーズ 必須要素:丑三つ時 制限時間:15分 読者:22 人 文字数:542字 お気に入り:0人
「違う!!!僕が言いたかったのはそうじゃないんだッ…!!」キリッとした眼差しはそのままに、フーゴは顔を真っ赤にして全力否定する。午後の優雅なティータイム。ニヤニ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:あんさんぶるスターズ! お題:静かな超能力 制限時間:30分 読者:18 人 文字数:1314字 お気に入り:0人
「実は僕、超能力使えるんです」 紫乃創がそう言ったのは、ガーデンテラスで部活動をしている時だった。朔間凛月と天祥院英智はその言葉を聞いて不思議そうに創を見た。少 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ゾイド お題:ぐちゃぐちゃの高給取り 制限時間:30分 読者:22 人 文字数:512字 お気に入り:0人
微笑(プロイツェンとレイヴン)彼の食事する姿はなぜか印象に残っている。結構な高級料理ばかり口にしていたがちっとも美味しそうに食べないのだ。当時のぼくは子供だった 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:あんさんぶるスターズ! お題:早い冤罪 必須要素:クリスマス爆破計画 制限時間:1時間 読者:26 人 文字数:2077字 お気に入り:0人
ドンドンドン、ガンガンガンッ!「ま~ぁくーん。あ~そ~ぼ~ッ!寒いからい~れ~て~ッ!」「~~ッ!あ゛あ゛ッ!!凛月うるさい!!!!」今何時だと思ってるんだ!! 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル: お題:経験のない祖母 必須要素:育毛剤 制限時間:30分 読者:21 人 文字数:1846字 お気に入り:0人
私には祖母と触れ合った記憶がないのである。幼少期、父親を亡くした私は義理の兄の智とともに暮らし、大きな邸宅の中で過ごしていた。齢三歳のことである。智は執事として 〈続きを読む〉