ジャンル:怪盗ジョーカー お題:傷だらけの狸 必須要素:扇風機 制限時間:2時間 読者:24 人 文字数:1022字 お気に入り:0人
[削除]

夏と狸と鶴の恩返し

ある暑い夏の日。扇風機の前でゲームをしていた俺はハチに「もーちょっとジョーカーさん、ちゃんと見たいてくださいよ〜!」と怒られた。
季節は夏。いまはスカイジョーカーを山の目立たないところに止めている。なぜなら。

ハチの後ろから茶色い塊がもそりと出てくる。
こいつは狸。

たまたま止めた山の中に傷だらけで倒れていたところをハチが見つけ、傷の手当てをした後、一旦スカイジョーカーの中で休ませている。

ハチは相変わらず家事をこなし、その間に狸の面倒を見ている。
が、俺は見ての通り扇風機の前でゲームをするのに忙しい。
その上で狸の面倒を見るなんて無理だ。
たとえ世間を賑わせているミラクルメイカーの俺でも無理だ。断言しよう。

そんな事をしながら何日かは過ぎ、狸の傷もすっかりと治ったころ。
狸は山へ戻っていった。
ハチと2人でなんだか少し寂しいような気持ちになった後、明るく「さーて!そろそろ次の街へ行くか!」と切り替える。ハチも少し寂しそうなものの、「はいっス!」と言ってスカイジョーカーを飛び立たせる準備をする。と、その時。

「すみません」と外の方から若い女の声がした。
やべ、バレたかなと思いながら「はーい」とでる。
すると、そこには声通り、18歳ほどの少女が立っていた。
少女は口を開き、「よければこれ、どうぞ」といい、包みを渡してくる。思わず受け取ってしまったものの、中身がみえず、爆弾かなにかがはいっているかもしれない、と思い返そうと「あの」と少女の方を見やるが、もうそこには誰もいない。
一旦外に出て、なるべく被害の少なさそうな場所でゆっくりと開けて行く。すると中には、沢山の木のみが入っていた。とりあえず訳の分からない俺はスカイジョーカーに戻り、ハチに見せて見る。すると
「あ!これさっきの狸っスよ!」と驚いた様子で言う。
なんと、木のみと一緒に包帯も入っていたのだ。ここ最近は包帯なんてあの狸しか使ってないし、狸に使った包帯も途中から若干赤みがかった包帯を使った。それしか無かったらしい。

っつーかあれ人だったよな?
これはあれか?鶴の恩返しみたいなノリか?
それともスパードとかのドッキリか?あー、なるほどそう言うことか。ドッキリね、なるほど。そう1人で納得し、とりあえずこんな事をしそうな奴ら全員に電話をかけて見るも、全員「知らない」と言う。

2人揃ってますます訳が分からなくなり、とりあえず木のみをたべるのだった。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


見つかりませんでした。

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ミスプリ! お題:彼女と傘 制限時間:1時間 読者:12 人 文字数:1068字 お気に入り:0人
6月も半ば――。僕は雨に濡れながら、帰路についていた。 いつもなら同じ学校に通う主、姫岡こころと帰っているはずなのだが、今日は違う。 こころが友達とどうしても行 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
対価 ※未完
作者:匿名さん ジャンル:Axis powers ヘタリア【腐向け】 お題:ちっちゃなローン 制限時間:30分 読者:27 人 文字数:505字 お気に入り:0人
「そうですね……、ではこうしましょう」暫く考えたのち、本田は覚悟を決めたように言った。どんな条件を出されようと、彼の唯一になることを諦めるつもりは無い。彼の国の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:怪盗ジョーカー お題:傷だらけの狸 必須要素:扇風機 制限時間:2時間 読者:24 人 文字数:1022字 お気に入り:0人
ある暑い夏の日。扇風機の前でゲームをしていた俺はハチに「もーちょっとジョーカーさん、ちゃんと見たいてくださいよ〜!」と怒られた。季節は夏。いまはスカイジョーカー 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ガールズ&パンツァー お題:限りなく透明に近い慰め 制限時間:1時間 読者:19 人 文字数:1958字 お気に入り:0人
「会長はいつから私のことを知ってたんですか?」生徒会室で一緒にのんびりお茶をすすっていた西住ちゃんが唐突にこんな言葉を投げかけてきた。「どうしたの急に?あと私は 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
UB
作者:匿名さん ジャンル: お題:魅惑の彼 制限時間:2時間 読者:30 人 文字数:1011字 お気に入り:0人
「彼は馬鹿である。」そんなイメージがあるのは、嵐の天然担当、相葉雅紀のことである。だけど、最近思うことがある。それは、彼の大人としての魅力が最近感じられること 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ジョジョの奇妙な冒険 お題:熱いプロポーズ 必須要素:丑三つ時 制限時間:15分 読者:22 人 文字数:542字 お気に入り:0人
「違う!!!僕が言いたかったのはそうじゃないんだッ…!!」キリッとした眼差しはそのままに、フーゴは顔を真っ赤にして全力否定する。午後の優雅なティータイム。ニヤニ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:あんさんぶるスターズ! お題:静かな超能力 制限時間:30分 読者:18 人 文字数:1314字 お気に入り:0人
「実は僕、超能力使えるんです」 紫乃創がそう言ったのは、ガーデンテラスで部活動をしている時だった。朔間凛月と天祥院英智はその言葉を聞いて不思議そうに創を見た。少 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ゾイド お題:ぐちゃぐちゃの高給取り 制限時間:30分 読者:22 人 文字数:512字 お気に入り:0人
微笑(プロイツェンとレイヴン)彼の食事する姿はなぜか印象に残っている。結構な高級料理ばかり口にしていたがちっとも美味しそうに食べないのだ。当時のぼくは子供だった 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:あんさんぶるスターズ! お題:早い冤罪 必須要素:クリスマス爆破計画 制限時間:1時間 読者:26 人 文字数:2077字 お気に入り:0人
ドンドンドン、ガンガンガンッ!「ま~ぁくーん。あ~そ~ぼ~ッ!寒いからい~れ~て~ッ!」「~~ッ!あ゛あ゛ッ!!凛月うるさい!!!!」今何時だと思ってるんだ!! 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル: お題:経験のない祖母 必須要素:育毛剤 制限時間:30分 読者:21 人 文字数:1846字 お気に入り:0人
私には祖母と触れ合った記憶がないのである。幼少期、父親を亡くした私は義理の兄の智とともに暮らし、大きな邸宅の中で過ごしていた。齢三歳のことである。智は執事として 〈続きを読む〉