ジャンル:怪盗ジョーカー お題:傷だらけの狸 必須要素:扇風機 制限時間:2時間 読者:122 人 文字数:1022字 お気に入り:0人
[削除]

夏と狸と鶴の恩返し

ある暑い夏の日。扇風機の前でゲームをしていた俺はハチに「もーちょっとジョーカーさん、ちゃんと見たいてくださいよ〜!」と怒られた。
季節は夏。いまはスカイジョーカーを山の目立たないところに止めている。なぜなら。

ハチの後ろから茶色い塊がもそりと出てくる。
こいつは狸。

たまたま止めた山の中に傷だらけで倒れていたところをハチが見つけ、傷の手当てをした後、一旦スカイジョーカーの中で休ませている。

ハチは相変わらず家事をこなし、その間に狸の面倒を見ている。
が、俺は見ての通り扇風機の前でゲームをするのに忙しい。
その上で狸の面倒を見るなんて無理だ。
たとえ世間を賑わせているミラクルメイカーの俺でも無理だ。断言しよう。

そんな事をしながら何日かは過ぎ、狸の傷もすっかりと治ったころ。
狸は山へ戻っていった。
ハチと2人でなんだか少し寂しいような気持ちになった後、明るく「さーて!そろそろ次の街へ行くか!」と切り替える。ハチも少し寂しそうなものの、「はいっス!」と言ってスカイジョーカーを飛び立たせる準備をする。と、その時。

「すみません」と外の方から若い女の声がした。
やべ、バレたかなと思いながら「はーい」とでる。
すると、そこには声通り、18歳ほどの少女が立っていた。
少女は口を開き、「よければこれ、どうぞ」といい、包みを渡してくる。思わず受け取ってしまったものの、中身がみえず、爆弾かなにかがはいっているかもしれない、と思い返そうと「あの」と少女の方を見やるが、もうそこには誰もいない。
一旦外に出て、なるべく被害の少なさそうな場所でゆっくりと開けて行く。すると中には、沢山の木のみが入っていた。とりあえず訳の分からない俺はスカイジョーカーに戻り、ハチに見せて見る。すると
「あ!これさっきの狸っスよ!」と驚いた様子で言う。
なんと、木のみと一緒に包帯も入っていたのだ。ここ最近は包帯なんてあの狸しか使ってないし、狸に使った包帯も途中から若干赤みがかった包帯を使った。それしか無かったらしい。

っつーかあれ人だったよな?
これはあれか?鶴の恩返しみたいなノリか?
それともスパードとかのドッキリか?あー、なるほどそう言うことか。ドッキリね、なるほど。そう1人で納得し、とりあえずこんな事をしそうな奴ら全員に電話をかけて見るも、全員「知らない」と言う。

2人揃ってますます訳が分からなくなり、とりあえず木のみをたべるのだった。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


見つかりませんでした。

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:うちのトコでは お題:宿命の秋雨 制限時間:30分 読者:5 人 文字数:424字 お気に入り:0人
秋になろうとしている世界。雨が降れば、空は雲に覆われる。そう彼は思い込んでいた。静かな空間の中に、微かな雨音が響いた。雨粒が当たるのも厭わずに、空を見上げた。青 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 刀さに お題:隠された床 制限時間:30分 読者:5 人 文字数:1042字 お気に入り:0人
この部屋には、秘密がある。ここは歴史修正主義者と戦うために準備された本丸の中、審神者としての執務室である。寝室としても使っている私の私室はまた別のところにあるか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:undertale お題:東京のあそこ 制限時間:4時間 読者:5 人 文字数:3229字 お気に入り:0人
* 全てランダムにしたら四時間の必須要素無しにになりました。そりゃあ簡単に書き終わりますよね。*オイラ→俺sansになってます。オイラ出来ない。「へぇ、東京タワ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:そ、それは・・・コメディ 必須要素:高校受験 制限時間:4時間 読者:11 人 文字数:591字 お気に入り:0人
カリカリカリなぜだろう受験となると今まで勉強したことが飛んでいく。(クソッ、今までの努力は何だったのか。何なんだよ、、、、クソォ!!!!)だめだ。冷静になれ。そ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:FGO お題:たった一つの夜中 制限時間:30分 読者:56 人 文字数:753字 お気に入り:0人
どうしても、寝付けない夜だった。ベッドに潜り込んではや二時間。目は冴えたままだった。 眠れなくなるほどの悩みがあるわけではないし(いや、いつまでたっても貯まら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
つかれた ※未完
作者:匿名さん ジャンル:ツキウタ。 お題:めっちゃ流刑地 制限時間:30分 読者:13 人 文字数:317字 お気に入り:0人
めのまには隼の部屋の扉。なかなか起きてこないアイツを誰が起こしに行くかでジャンケンをする。「あそこでグーをだしてればなぁ。」そんなこと言っても今さらどうにもなら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:やわらかい動機 必須要素:街灯 制限時間:30分 読者:19 人 文字数:395字 お気に入り:0人
私は魔理沙を殺してしまった。……動機はとてもやわらかい。……なんだ?やわらかいって。まぁ、それはおいといて。魔理沙を殺した動機は「嫉妬」だ。霊夢ばかりかまって 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:経験のない薔薇 必須要素:ドア 制限時間:30分 読者:11 人 文字数:816字 お気に入り:0人
紅魔館の庭の一角。そこには門番の紅美鈴が育てている花壇がある。 今日も美鈴は休憩時間に水やりをしていた。「おや?」その花壇に見たこともない綺麗な深紅の薔薇が、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:undertale お題:きちんとした火 制限時間:4時間 読者:15 人 文字数:737字 お気に入り:0人
*懲りずにアンテ書く。キャラ崩壊注意*ほとんどChara、Flowey。*地上に出たあとの話*「あ、Chara!危ない」「っと…大丈夫」ボクはモンスターにエンカ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:undertale お題:春の殺し 制限時間:4時間 読者:12 人 文字数:1402字 お気に入り:0人
*FloweyとCharaがとても仲良しです**キャラ崩壊注意**僕→Chara ボク→Flowey*個々のところ、何だかとても暖かい。多分、春なんだ。金色の花 〈続きを読む〉