ジャンル:おそ松さん お題:昨日の勝利 必須要素:小説 制限時間:30分 読者:159 人 文字数:848字 お気に入り:0人

長兄の攻防(おそ松、カラ松)

「なあなあ、カラ松ぅ」
妙に甘ったれた声で話しかけてきたのは兄だった。……こんな調子で話しかけてくるときのこいつはやばい。大抵なにか迷惑事を持ってくる。無視を決め込もうかとも考えたが、とりあえず読んでいた雑誌を床に置き、オレは無言で振り返った。「え、なんか目つき悪いよ」と怪訝そうな顔をされる。当然だろう。今から何を頼まれることやら。
「用があるならさっさと言ってくれ」
「実はさ、 お願いがあんだけどさ。お金貸してくんない?」
ほらきた。
「断る。オレとてリトルマネーなんだ」
「頼むよぅ。お前優しいもん、困ってる人を見捨てないって俺わかってるからさぁ」
「……っぐ」
…ブラザーめ、とてもアウチなところを突いてきやがる。
ガールズも既にご存知だと思うが、オレは実際とても優しい男だ。こんなふうに頼られると、優しいがゆえに断れない。ゆえにブラザーの頼みを受け入れ、抱え込み、だんだんしんどくなるのだ。昨日は殺意が溢れ出す前にチョロ松が俺の重荷を全て背負いこんでくれたが、うっかりぶっちゃけてしまったオレは密かに心に決めた。……優しいオレとて我慢できないものはある。ノーなものはノーだ。マネーに関してはモアシビア。
「…無理なものは無理なんだ。すまないおそ松」
「えーっ、頼りにしてたのにぃ」
おそ松は口を尖らせたものの、それ以上何をするわけでもなく、膨れ面で部屋の隅に座り込んだ。…意外にも引きが早かった。普段の彼ならば、もっとしつこくネチネチと粘ってくるのだが。やはり昨日、少々強気に出たのが功を奏したか。勝ったな、と唇を密かに緩めた。
「しゃーねぇかぁ。……ところでさぁ。カラ松、一昨日どこ行ってた?」
「へ?」
唐突におそ松が話題を変え、……オレはうっかり声が上擦った。
「あ、ああ、古本屋に小説を立ち読みに」
「俺も覗いたけどいなかったよー」
「マジか!…フッ、運命の女神がすれ違わせたんじゃないか」
「トッティに焼肉奢れる金はどっから来たのー?」
「……へ?」
………オーマイゴッド。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:りんね ジャンル:おそ松さん お題:遅い食事 必須要素:ラジオ 制限時間:30分 読者:23 人 文字数:755字 お気に入り:0人
つっかけた便所サンダルをずりずりと引きずりながら、一松は家への帰路を歩いた。ガララと建てつけの悪い扉を開くと淡くラジオの音がする。「…ただいま」口の中で噛み砕く 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:りんね ジャンル:おそ松さん お題:12月の言い訳 必須要素:爆弾 制限時間:30分 読者:37 人 文字数:837字 お気に入り:0人
だって、だってクリスマスだぞ!?甘くて素敵な夜を過ごす奴らにプレゼントをしたくなってしまったんだ!そんな叫び声をあげたカラ松に警官は呆れた顔をし、早く連れ帰って 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:りんね ジャンル:おそ松さん お題:官能的な悪魔 必須要素: 制限時間:30分 読者:26 人 文字数:603字 お気に入り:0人
キューッ、カチ、カチ。ハザードランプが点滅する。薄汚れた工場に、真っ青でキラキラ輝くランボルギーニはびっくりするほどミスマッチだった。一松はかすむ目をかさついた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:おそ松さん お題:すごい悪人 制限時間:30分 読者:16 人 文字数:1136字 お気に入り:0人
※流血表現ありこの世にある悪人という定義は何であろうか?人殺し? 窃盗? 密売? それとも__返り血でスーツが染まる。真っ白なスーツに対し、鉄分が入っている真っ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:おそ松さん お題:昼間の演技 必須要素:ところてん 制限時間:30分 読者:22 人 文字数:763字 お気に入り:0人
※見方によっては腐向けっぽいです※マフィア松…らしきもの「あーぁ、死んじゃったよ」 そう云い、目の前のdead bodyを踏みつけるmy brother。実にc 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:そゃーす ジャンル:おそ松さん お題:最後の狐 制限時間:30分 読者:55 人 文字数:754字 お気に入り:0人
あったかい布団にぬくぬくとつつまれて眠る夜はサイコーだと思う。使い古した煎餅のように固くなってしまった敷布団だって慣れれば極上の羽毛ぶとんにも負けないって僕は信 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
ユダの接吻 ※未完
作者:青雲雀@メドレー企画主催中! ジャンル:おそ松さん お題:許せない作品 制限時間:30分 読者:95 人 文字数:1070字 お気に入り:0人
教会の祭壇を守るように置いてある6体の天使の像が嫌いだった。教会に拾われ、教会の神父としてそんなことを云うのはおかしいと思うが、俺はなぜかこの天使像が飾ってある 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:よん@25話チョロおそありがとう ジャンル:おそ松さん お題:間違った哀れみ 制限時間:30分 読者:100 人 文字数:488字 お気に入り:0人
おそ松がそれを見つけたのは九月一日である。最寄りのパチ○コ屋は小さい。駐車場もたかだか五六台しか止まれない狭さの片隅、ゴミ箱の間にうずくまるようにしてあったの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:穴虫 ジャンル:おそ松さん お題:頭の中の戦争 制限時間:30分 読者:107 人 文字数:1338字 お気に入り:0人
宴が始まってから早数時間。松野家の居間は屍の積み上がる戦場跡と化していた。 寝ゲ○しながら白目を剥いている男、額から血を流し倒れている男、死んでる男、などなど 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:お墓 ジャンル:おそ松さん お題:大人の窓 制限時間:30分 読者:68 人 文字数:415字 お気に入り:1人
松野おそ松という男は、いつでもそうだった。常々思う疑問があった。大人になる、とは果たしてどういう事なのか?酒が飲める事?選挙権?税金?成年向け商品を胸張って買え 〈続きを読む〉

の即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者: ジャンル:おそ松さん お題:昨日の勝利 必須要素:小説 制限時間:30分 読者:159 人 文字数:848字 お気に入り:0人
「なあなあ、カラ松ぅ」妙に甘ったれた声で話しかけてきたのは兄だった。……こんな調子で話しかけてくるときのこいつはやばい。大抵なにか迷惑事を持ってくる。無視を決め 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: ジャンル:おそ松さん お題:走るアルパカ 制限時間:30分 読者:301 人 文字数:1128字 お気に入り:0人
「めえええええ!!!」と奇声を発しながら、白いもこもこした物体が街中を疾走してゆく。予想だにしない事態に目を丸くしながらも、とりあえずはねられては困るので、唖然 〈続きを読む〉