ジャンル:刀剣乱舞 お題:調和した逃亡犯 必須要素:予想外の展開 制限時間:30分 読者:81 人 文字数:780字 お気に入り:0人

幻覚と現実【鶴さに】

もうすぐ照り輝く日は沈んでいく。
俺は何も考えずただ、前へと走っていく。
「そんなに俺を追いかけて楽しいかい?」
真っ直ぐ走りながら後ろから追いかけてくる相手に問い掛ける。
ただし、相手からの返事はない。
相手もただ俺を捕まえることしか考えているのだろう。
「ははっ、面白いやつだ。」
俺は呑気に笑いながらひたすら前へと走っている。
目の前には十字路が現れれば、迷わず真っ直ぐ突き進む。
俺の記憶が正しければ隠れ場があるはずだ。
数分後、俺が予想した通り隠れ場があった。
先客がいたようだ。
「お前も逃げているのかい?」
話し掛けては静かに頷く。
同じく逃げている側だったらしい。
隣にドカッと座ってはホッと一息をつく。
追いかけてくる相手はその場をキョロキョロして、先程の十字路を右に曲がった。
静かに日が沈んでいく。
「そろそろ夕餉の時間か。一緒にいくかい?」
一緒に隠れていた相手の手を取り、その場から出ていった。
暗い場所だったのか顔ははっ綺羅見えなかったものの、今は見える。
それはまあ、大層美人な奴だ。
「見つけたよ、鶴さん?」
ニコニコしながら追い掛けていた相手のお出まし。
それはまあ、今まで見たことのない怒った顔だった。
「案外すばしっこくて捕まえるのに苦労したよ。」
俺の腕を掴んでは、本丸へと引っ張られる。
先程あった人物の姿は見えない。
掴んでいた手もいつの間にか消えていた。
それもそうだ、彼奴は死んでいるはずの主だからな。
「鶴さん?何か見えたの?」
「いいや、何でもないぜ。夕餉の時間だろう?早くいこうぜ。」
クスクス笑いながら、光坊と本丸へと帰っていく。
光坊に追いかけられてたのは、光坊に仕掛けた驚きがバレたからだ。
~End~

解説
*怒る光忠と怒られる鶴丸のはなし。
*出会った少女は先日亡くなった主。
*鶴→(←)さに

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 お題:どこかの映画 必須要素:予想外の展開 制限時間:30分 読者:322 人 文字数:962字 お気に入り:0人
それは古びた洋館のような不思議な雰囲気のある建物だった。レンガで組まれた石造りの建物は木蔦で囲まれていて年代を感じさせていた。「主…これは何かな?」眉目秀麗だが 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:kazzは実写鶯の存在でしんだ ジャンル:刀剣乱舞 お題:調和した負傷 必須要素:予想外の展開 制限時間:2時間 読者:41 人 文字数:3824字 お気に入り:0人
「もうここらで終わり、だよね。たしか」木々の間に身を潜めた石切丸がそうつぶやくと、木の上にいて単眼を覗いていた隊長の陸奥守吉行も、ほうじゃのう、と呟く。そして目 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:からすうり ジャンル:刀剣乱舞 お題:生きている犬 制限時間:30分 読者:29 人 文字数:802字 お気に入り:0人
バタバタと忙しない足音が、近づいてくる。何だ?と一期一振は首を傾げる。これが万が一、自身の兄弟たちであれば理由を聞いた上で場合によっては叱らねばなるまい。そう思 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 お題:残念な動揺 必須要素:口臭 制限時間:30分 読者:13 人 文字数:543字 お気に入り:0人
※未完第一部隊が出陣から帰ってきた時、本丸は仲間の声で賑やかだったことにすぐに気づいた。それが剣戟の音もせず、緊迫したものでもなかったから彼らは緊張をほぐして中 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
真昼の夜 ※未完
作者:からすうり ジャンル:刀剣乱舞 お題:箱の中の深夜 必須要素:「ひょえー」 制限時間:30分 読者:25 人 文字数:1275字 お気に入り:0人
鶴丸の部屋には驚きが詰まっている。などと皆一様にして同じ言葉を発した。だから御手杵はつい、好奇心をむきだしにしてしまったのだ。いけないことだということは頭で理解 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:からすうり ジャンル:刀剣乱舞 お題:子供のにおい 制限時間:30分 読者:17 人 文字数:1209字 お気に入り:0人
軽い足取り。パタパタと忙しなく右左。今日も元気に賑やかだ。珈琲が美味い。「つるまる、またさぼってる!」小さな体躯で、胸を張って怒る仕草は微笑ましく茶色の髪がふわ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
春の美 ※未完
作者:からすうり ジャンル:刀剣乱舞 お題:美しい整形 制限時間:30分 読者:10 人 文字数:750字 お気に入り:0人
桜の花びらが舞う。ほのかに甘い香りが鼻腔に辿り着く。体感する温度は寒気とは違い、温く巨躯を包んでいく。なるほど、これが春か。「とうとう一巡りしたな」弾んだ声。そ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Aruco ジャンル:刀剣乱舞 お題:きちんとした正義 制限時間:30分 読者:59 人 文字数:1725字 お気に入り:0人
体温計とポ●リと薬研の薬と水差しが乗せられたお盆を脇に置くと鶴丸は彼女に体温計を手渡した。30秒程でぴぴっとお知らせしてくれる優秀なやつだ。手渡されたそれを着物 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Aruco ジャンル:刀剣乱舞 お題:黄色い悪 制限時間:30分 読者:75 人 文字数:1971字 お気に入り:0人
「わるものはくろいろなのですか」今日の内番を終えたらしい今剣がテレビを見ながら言った。何時だったかな、と彼女はぼんやりと捲っていた雑誌から目を上げて時計を確認し 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 お題:裏切りのところてん 制限時間:30分 読者:79 人 文字数:1529字 お気に入り:0人
「あつい・・・」鶴丸国永は畳にだらしなく寝転がったままつぶやいた。現在の本丸は夏の景趣だ。青々とした緑。遠くまで見渡す限りの青空。川遊びを楽しむ短刀たちの歓声。 〈続きを読む〉

一夜月の即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:一夜月 ジャンル:刀剣乱舞 倶利さに お題:真紅の怒りをまといし傘 制限時間:2時間 読者:26 人 文字数:740字 お気に入り:0人
「は?万屋から帰ってきてないだと?」「雨も降ってきたのに傘持っていかなかったのかな…」床の間でのんびりしていると光忠が慌てて来た。あのバカ(主)が万屋に買い出し 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:一夜月 ジャンル:刀剣乱舞 くりみつ お題:ワイルドな話 制限時間:1時間 読者:25 人 文字数:420字 お気に入り:0人
「かりゃちゃぁ…」聞いてない、俺は聞いてないぞ。光忠が酒飲んで酔うといつも以上に甘えてくるとか。それにいつもより呂律がおかしい。「み、光忠…水飲むか?」「ん~? 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:一夜月 ジャンル:刀剣乱舞 刀さに お題:12月の少数派 制限時間:1時間 読者:27 人 文字数:904字 お気に入り:0人
朝早く起きてしまった。布団を畳み、広間へと行こうと扉を開ければ目の前に広がるのは一面の真っ白な雪。いつもより冷え込むと思えばやはり雪のせいだったか。「主、起こし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:一夜月 ジャンル:刀剣乱舞 お題:漆黒の闇に包まれし許し 制限時間:2時間 読者:19 人 文字数:853字 お気に入り:0人
目の前で光忠が折れてしまった。俺が注意していないばかりに光忠を…また、光忠を失ってしまった。光忠が来たときに約束したことを守れなかった。本丸に帰っても、手入れ部 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:一夜月 ジャンル:刀剣乱舞 お題:走る壁 制限時間:15分 読者:32 人 文字数:528字 お気に入り:0人
僕は前へ前へと進む。行き先はたったひとつ。昔から僕の相棒であり、仲間であり、大事な彼の元へと。此処まで焦ったのはいつぶりだろうか。過ぎ去る他の刀剣達には、吃驚し 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:一夜月 ジャンル:刀剣乱舞 お題:オレだよオレ、狐 制限時間:15分 読者:36 人 文字数:424字 お気に入り:0人
今の時刻は夜中の2時を回っている。俺は突然寝苦しくなり、飛び起きる。目の前には同室である光忠が見える…がいつもと様子が違う。彼に…光忠に狐の耳が…尻尾が生えてい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:一夜月 ジャンル:刀剣乱舞 お題:調和した逃亡犯 必須要素:予想外の展開 制限時間:30分 読者:81 人 文字数:780字 お気に入り:0人
もうすぐ照り輝く日は沈んでいく。俺は何も考えずただ、前へと走っていく。「そんなに俺を追いかけて楽しいかい?」真っ直ぐ走りながら後ろから追いかけてくる相手に問い掛 〈続きを読む〉