ジャンル:ロビジュナ お題:今年のあの人 制限時間:15分 読者:197 人 文字数:1386字 お気に入り:0人

おわりのおかであいましょう

長い階段を上った先。そこにあったのは、ただ皆が一方を熱心に見つめる姿だった。



フランスのパリは郊外。モンマルトルーー殉教の丘――と呼ばれる、小高い山の上に二人は居た。白いコートで顎先までを隠し、ふぅっと、更に白い息を吐いたアルジュナが自分の歩いてきた方を振り向く。モッズコートを羽織り、フェイクファーで、こちらは口元までをぐるりと覆った今時の若者に見えるロビン。アルジュナはロビンが欠伸を噛み殺しながらもしっかりと歩いていることを確認してから、大きな大聖堂の前に開かれた階段の脇による。

アルジュナとロビンにレイシフトの命が下りたのは、体感時間において三日前。西暦二千年のパリで微細な特異点の欠片を観測した、とマスターより伝えられ、子細がはっきりとしないのであればと斥候を申し出たのがアルジュナだった。
アルジュナはカルデアの初期にやってきたサーヴァントであり、何より単独行動スキルを持っていることから数々の特異点でマスターとの別行動を行い、修復に一役買っていた。修練度も高く、自他共に認める英雄の立ち姿、そのものであった。そのアルジュナが単独でのレイシフトを申し出た時に、マスターである藤丸は少しばかり迷った顔をした。そしてアルジュナに、今回は二人で行くように、という命が下った。
その相方ともいえよう存在が、ロビンだった。
ロビンフッドとは特異点――北米にて刃を交えた間柄であるが、それはそれ。藤丸がアルジュナを糾弾しないのにロビンが責めるはうzものあい。ただ、ロビンはカルデアでアルジュナに会ったときに、軽く右手を上げて挨拶をしたくらいだ。

ロビンと組まされたのは、ひとえに、彼がこうした情報収集能力にたけているからだろう、とアルジュナは推測する。しかしそれを無視したかのようなロビンの声が聞こえた。

「どうしてここに俺と来てるのかが不可解って顔っすねぇ」
「? 斥候や情報収集は貴方の領分でしょう」
「はぁ、まぁ」
「机上の空論と霧散させぬのが私のやりようです。あなたの命が今はマスターの命と同義であることは理解しています」

どうぞ、とアルジュナが平坦な声で促すと、ロビンは珍しく口ごもった。アルジュナが知るロビンは、誰とでも会話を弾ませる人物であったため、困惑の雰囲気を滲ませるのは奇異に見えた。
殉教、という言葉に潜められた暴虐の歴史を踏みしめながら、アルジュナは石畳の上で背筋を伸ばす。夜の帳が掻き消え、もうすぐアルジュナの悲喜する朝がやってくる。

「……あぁ」

ロビンの沈黙に対して、私がいけないのですね、とアルジュナは心得たとばかりに頷き、すぅ、と唇の端を持ち上げる。
その輪郭を、今まさに登ってくる朝日のきらめきがなぞり、ぼんやりとした境界線として浮かび上がらせる。黒曜石と見紛う瞳の中に陽光の一閃が走り、一般市民であればうっとりと心をときめかすような性別を不問としない高貴さの塊。

「……」

ロビンは何も言わず、アルジュナをじっと見ている。ロビンが寒さにうちひしがれる森の中の小鳥ではないように、アルジュナとて暖炉のぬくもりしか知らぬ飼い猫ではない。二人の視線は、混じり、合わさり、そして融点を見失う。

「うまく使ってください。殺しても死なぬのです」

ぽつんと落ちたアルジュナの言葉に、今度こそロビンは白い息を盛大に吐いた。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:ツナ缶 ジャンル:ロビジュナ お題:清い年賀状 制限時間:30分 読者:205 人 文字数:927字 お気に入り:0人
思えば誰にも住所なんて聞いていないし、誰かに教えた覚えもない。アルジュナは頭を抱えた。このアルジュナとあろうものが恥ずかしい!新年の風習はこの国出身でないとは 〈続きを読む〉

梟光司の即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:団地妻のオチ 制限時間:15分 読者:33 人 文字数:1370字 お気に入り:0人
さて、カルナは今日も今日とてアルジュナと共に登校する。アルジュナとカルナは文系理系クラスで正反対に位置しているとはいえ、同様の特別進学コースに在籍しており、なお 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:ロビジュナ お題:素晴らしい外側 制限時間:15分 読者:40 人 文字数:1611字 お気に入り:0人
申し上げましょう、申し上げましょう。この僕の言葉で事足りるのであれば。えぇ、時間は大丈夫です。今はちょうど休憩時間ですから。刑事さんたちも、つい先日までこちらに 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:神の夕飯 制限時間:15分 読者:50 人 文字数:1435字 お気に入り:0人
「何故あやつに執着する」信長は特盛の豚骨ラーメンを今まさにすすろうとしながらカルナに問いかけた。カルナはというと、こちらも特盛の、味噌バターラーメンの麺をすすれ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:ロビジュナ お題:殺されたガール 制限時間:15分 読者:66 人 文字数:1601字 お気に入り:0人
「付き合ってもらえませんか」俺の言葉に、アルジュナは目を丸くして、え、と一つの音を呟いた。俺とアルジュナは同じ大学で違う専攻を持つ学生だった。それが、バイト先が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:ロビジュナ お題:阿修羅極刑 制限時間:15分 読者:69 人 文字数:1426字 お気に入り:0人
申し上げます、申し上げます。私はひどいやつです。そうとはこれっぽっちも思ってなんかいませんが、私はひどいやつだと言っておきます。何故なら、きみがそう望むから。さ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:ロビジュナ お題:見憶えのある解散 制限時間:15分 読者:64 人 文字数:1408字 お気に入り:0人
【或る依頼者の証言】申し上げます、申し上げます……っていうフレーズがあったじゃない?あれは告発をする人間の言葉だったけど。いや、うん、そういうものだと思って欲し 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:ロビジュナ お題:空前絶後のボーイ 制限時間:15分 読者:73 人 文字数:1356字 お気に入り:0人
大学の掲示板に貼られていたのは、短期バイトのお知らせ。昼休みに一時間、指定された部屋できちんと機械が動いているかを監視するだけのお仕事。その時給の良さと、飲食し 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:恥ずかしい彼女 制限時間:15分 読者:82 人 文字数:1433字 お気に入り:0人
「ッッ――ラァッ!」来る、と思ったのは、決してカルナの思い違いではなかった。鮮烈な赤。血よりももっと明度の高い、林檎や苺のような緋色。それが眼前に迫り、カルナは 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:戦争と悪人 制限時間:15分 読者:89 人 文字数:1468字 お気に入り:0人
従業員の顔が一瞬で青褪め、道を開けた。というよりも、脱兎のごとく逃げ出した。カルナとビリーは一気に走り出し、ピアノの乗るステージの横を通り抜けて二階への階段に足 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:もしかして凡人 制限時間:15分 読者:74 人 文字数:1258字 お気に入り:0人
ガゴンッ!と車体が揺れ、カルナが一瞬だけシートから浮く。咄嗟に庇ったベレッタをセットし直しながらフィンを見ると、どうやら運転席から何かを外へと投げているようだっ 〈続きを読む〉