ジャンル:ロビジュナ お題:今年のあの人 制限時間:15分 読者:62 人 文字数:1386字 お気に入り:0人

おわりのおかであいましょう

長い階段を上った先。そこにあったのは、ただ皆が一方を熱心に見つめる姿だった。



フランスのパリは郊外。モンマルトルーー殉教の丘――と呼ばれる、小高い山の上に二人は居た。白いコートで顎先までを隠し、ふぅっと、更に白い息を吐いたアルジュナが自分の歩いてきた方を振り向く。モッズコートを羽織り、フェイクファーで、こちらは口元までをぐるりと覆った今時の若者に見えるロビン。アルジュナはロビンが欠伸を噛み殺しながらもしっかりと歩いていることを確認してから、大きな大聖堂の前に開かれた階段の脇による。

アルジュナとロビンにレイシフトの命が下りたのは、体感時間において三日前。西暦二千年のパリで微細な特異点の欠片を観測した、とマスターより伝えられ、子細がはっきりとしないのであればと斥候を申し出たのがアルジュナだった。
アルジュナはカルデアの初期にやってきたサーヴァントであり、何より単独行動スキルを持っていることから数々の特異点でマスターとの別行動を行い、修復に一役買っていた。修練度も高く、自他共に認める英雄の立ち姿、そのものであった。そのアルジュナが単独でのレイシフトを申し出た時に、マスターである藤丸は少しばかり迷った顔をした。そしてアルジュナに、今回は二人で行くように、という命が下った。
その相方ともいえよう存在が、ロビンだった。
ロビンフッドとは特異点――北米にて刃を交えた間柄であるが、それはそれ。藤丸がアルジュナを糾弾しないのにロビンが責めるはうzものあい。ただ、ロビンはカルデアでアルジュナに会ったときに、軽く右手を上げて挨拶をしたくらいだ。

ロビンと組まされたのは、ひとえに、彼がこうした情報収集能力にたけているからだろう、とアルジュナは推測する。しかしそれを無視したかのようなロビンの声が聞こえた。

「どうしてここに俺と来てるのかが不可解って顔っすねぇ」
「? 斥候や情報収集は貴方の領分でしょう」
「はぁ、まぁ」
「机上の空論と霧散させぬのが私のやりようです。あなたの命が今はマスターの命と同義であることは理解しています」

どうぞ、とアルジュナが平坦な声で促すと、ロビンは珍しく口ごもった。アルジュナが知るロビンは、誰とでも会話を弾ませる人物であったため、困惑の雰囲気を滲ませるのは奇異に見えた。
殉教、という言葉に潜められた暴虐の歴史を踏みしめながら、アルジュナは石畳の上で背筋を伸ばす。夜の帳が掻き消え、もうすぐアルジュナの悲喜する朝がやってくる。

「……あぁ」

ロビンの沈黙に対して、私がいけないのですね、とアルジュナは心得たとばかりに頷き、すぅ、と唇の端を持ち上げる。
その輪郭を、今まさに登ってくる朝日のきらめきがなぞり、ぼんやりとした境界線として浮かび上がらせる。黒曜石と見紛う瞳の中に陽光の一閃が走り、一般市民であればうっとりと心をときめかすような性別を不問としない高貴さの塊。

「……」

ロビンは何も言わず、アルジュナをじっと見ている。ロビンが寒さにうちひしがれる森の中の小鳥ではないように、アルジュナとて暖炉のぬくもりしか知らぬ飼い猫ではない。二人の視線は、混じり、合わさり、そして融点を見失う。

「うまく使ってください。殺しても死なぬのです」

ぽつんと落ちたアルジュナの言葉に、今度こそロビンは白い息を盛大に吐いた。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:ツナ缶 ジャンル:ロビジュナ お題:清い年賀状 制限時間:30分 読者:40 人 文字数:927字 お気に入り:0人
思えば誰にも住所なんて聞いていないし、誰かに教えた覚えもない。アルジュナは頭を抱えた。このアルジュナとあろうものが恥ずかしい!新年の風習はこの国出身でないとは 〈続きを読む〉

梟光司*11428の即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:梟光司*11428 ジャンル:カルジュナ お題:栄光の町 制限時間:15分 読者:75 人 文字数:1364字 お気に入り:0人
「カルナよ、この者は何だ」「パーティの同伴者だ」「確かに余は言ったな、今宵の授賞式にはパートナーを連れて来いと」「あぁ」「……………こ奴がか?」いつもの高笑いと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司*11428 ジャンル:エリジュナ お題:コーヒーと小説修行 制限時間:15分 読者:88 人 文字数:1451字 お気に入り:0人
「そういえば僕、アルジュナのショー見たことないんだよね」ビリーがそう言うと、アルジュナは手元のダージリンティーを一飲みして、「そうでしたか」と返した。そもそもア 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司*11428 ジャンル:モージュナ お題:鈍い外資系企業 制限時間:15分 読者:151 人 文字数:1497字 お気に入り:0人
その日、アルジュナの機嫌は悪かった。ドレスの修正のために試着をして欲しい、という旨は前々から聞いていたし、試着自体は早々と終わった。あとは縫製の修正待ちのみとい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司*11428 ジャンル:カルジュナ お題:男のわずらい 必須要素: 制限時間:15分 読者:83 人 文字数:1496字 お気に入り:0人
講師室の仲は雑然としていた。スチールパイプの椅子がそこかしこに置かれているのにも関わらず、人の気配は少ない。アルジュナは自分のゼミ教授から言われていた、こちらの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司*11428 ジャンル:ロビジュナ お題:混沌のプロポーズ 制限時間:15分 読者:92 人 文字数:1425字 お気に入り:0人
いつもより、少しだけ特別な日だった。町中がクリスマスというイベントに湧き上がる中であてられていたのかもしれない。ロビンが「出かけましょうか」と言ってきた日はちょ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司*11428 ジャンル:ロビジュナ お題:私と狼 制限時間:15分 読者:88 人 文字数:1490字 お気に入り:0人
最初は、かわいそうな人だなって思ったんですよ。はは、あー、それそれ。そういう表情すると思ってました。オレが最初にアイツに会ったのは、カルナに忘れられて凹んでた直 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司*11428 ジャンル:ロビジュナ お題:苦し紛れの男 制限時間:15分 読者:53 人 文字数:1388字 お気に入り:0人
「あみだくじで恋人を決めたんです」へぇ、と笑ってやれる時間はあっちこっちに飛び去って、目の前で笑う宇宙人はやっぱり極上の笑みを浮かべていた。ふわりと揺れるあみだ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司*11428 ジャンル:カルジュナ お題:ナウい冬 制限時間:15分 読者:91 人 文字数:1430字 お気に入り:0人
「アルジュナ」寒波を耐える、水仙のような凛々しさを持つ声。その声の主をアルジュナは知っている。「はい、どうされましたか」アルジュナが振り向いた先に居た、菫色の髪 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司*11428 ジャンル:ロビジュナ お題:今年のあの人 制限時間:15分 読者:62 人 文字数:1386字 お気に入り:0人
長い階段を上った先。そこにあったのは、ただ皆が一方を熱心に見つめる姿だった。フランスのパリは郊外。モンマルトルーー殉教の丘――と呼ばれる、小高い山の上に二人は居 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司*11428 ジャンル:ロビジュナ お題:間違った小説家 制限時間:15分 読者:170 人 文字数:1551字 お気に入り:0人
その靴を持つ権利は、自分には無いのだと思い知った。ロビンは一つ、また一つとビーズを手に取る。スパンコールも良いが、三ミリメートル程度のビーズも細工しやすくて好き 〈続きを読む〉