ジャンル:ロビジュナ お題:今年のあの人 制限時間:15分 読者:115 人 文字数:1386字 お気に入り:0人

おわりのおかであいましょう

長い階段を上った先。そこにあったのは、ただ皆が一方を熱心に見つめる姿だった。



フランスのパリは郊外。モンマルトルーー殉教の丘――と呼ばれる、小高い山の上に二人は居た。白いコートで顎先までを隠し、ふぅっと、更に白い息を吐いたアルジュナが自分の歩いてきた方を振り向く。モッズコートを羽織り、フェイクファーで、こちらは口元までをぐるりと覆った今時の若者に見えるロビン。アルジュナはロビンが欠伸を噛み殺しながらもしっかりと歩いていることを確認してから、大きな大聖堂の前に開かれた階段の脇による。

アルジュナとロビンにレイシフトの命が下りたのは、体感時間において三日前。西暦二千年のパリで微細な特異点の欠片を観測した、とマスターより伝えられ、子細がはっきりとしないのであればと斥候を申し出たのがアルジュナだった。
アルジュナはカルデアの初期にやってきたサーヴァントであり、何より単独行動スキルを持っていることから数々の特異点でマスターとの別行動を行い、修復に一役買っていた。修練度も高く、自他共に認める英雄の立ち姿、そのものであった。そのアルジュナが単独でのレイシフトを申し出た時に、マスターである藤丸は少しばかり迷った顔をした。そしてアルジュナに、今回は二人で行くように、という命が下った。
その相方ともいえよう存在が、ロビンだった。
ロビンフッドとは特異点――北米にて刃を交えた間柄であるが、それはそれ。藤丸がアルジュナを糾弾しないのにロビンが責めるはうzものあい。ただ、ロビンはカルデアでアルジュナに会ったときに、軽く右手を上げて挨拶をしたくらいだ。

ロビンと組まされたのは、ひとえに、彼がこうした情報収集能力にたけているからだろう、とアルジュナは推測する。しかしそれを無視したかのようなロビンの声が聞こえた。

「どうしてここに俺と来てるのかが不可解って顔っすねぇ」
「? 斥候や情報収集は貴方の領分でしょう」
「はぁ、まぁ」
「机上の空論と霧散させぬのが私のやりようです。あなたの命が今はマスターの命と同義であることは理解しています」

どうぞ、とアルジュナが平坦な声で促すと、ロビンは珍しく口ごもった。アルジュナが知るロビンは、誰とでも会話を弾ませる人物であったため、困惑の雰囲気を滲ませるのは奇異に見えた。
殉教、という言葉に潜められた暴虐の歴史を踏みしめながら、アルジュナは石畳の上で背筋を伸ばす。夜の帳が掻き消え、もうすぐアルジュナの悲喜する朝がやってくる。

「……あぁ」

ロビンの沈黙に対して、私がいけないのですね、とアルジュナは心得たとばかりに頷き、すぅ、と唇の端を持ち上げる。
その輪郭を、今まさに登ってくる朝日のきらめきがなぞり、ぼんやりとした境界線として浮かび上がらせる。黒曜石と見紛う瞳の中に陽光の一閃が走り、一般市民であればうっとりと心をときめかすような性別を不問としない高貴さの塊。

「……」

ロビンは何も言わず、アルジュナをじっと見ている。ロビンが寒さにうちひしがれる森の中の小鳥ではないように、アルジュナとて暖炉のぬくもりしか知らぬ飼い猫ではない。二人の視線は、混じり、合わさり、そして融点を見失う。

「うまく使ってください。殺しても死なぬのです」

ぽつんと落ちたアルジュナの言葉に、今度こそロビンは白い息を盛大に吐いた。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:ツナ缶 ジャンル:ロビジュナ お題:清い年賀状 制限時間:30分 読者:94 人 文字数:927字 お気に入り:0人
思えば誰にも住所なんて聞いていないし、誰かに教えた覚えもない。アルジュナは頭を抱えた。このアルジュナとあろうものが恥ずかしい!新年の風習はこの国出身でないとは 〈続きを読む〉

梟光司の即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:遠いふわふわ 制限時間:30分 読者:26 人 文字数:3315字 お気に入り:0人
放課後、三人は短大の本棟入り口で、ネロの言う「迎え」を待っていた。孔明もアルジュナから声をかけたのだが「忙しい」とけんもほろろに突っ返された。確かに孔明はアルジ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:ナウい映画 制限時間:15分 読者:76 人 文字数:1477字 お気に入り:0人
私とカルナはアジトにしている隠れ家たちを闇夜に紛れて襲撃し、その都度に部下を開放して回った。皆、ある程度は人権を守られていたようで、私は密やかに安堵の溜め息を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:意外!それはコメディ 制限時間:15分 読者:78 人 文字数:1473字 お気に入り:0人
人質を取られているというのに、一切の躊躇を感じさせない私たちに、予想が外れたとばかりに集まっていた下っ端たちが霧散していく。私はふと思い出したように手榴弾を取り 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:美しいネット 制限時間:15分 読者:89 人 文字数:1354字 お気に入り:0人
カルナの言葉は、何故かすんなりと私の中に着地した。「行くぞアルジュナ」「……せめて、年上として敬う態度を、と叱りたいところですが、今はやめておきましょう」私は屋 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:やば、電話 制限時間:15分 読者:89 人 文字数:1717字 お気に入り:0人
カルナと私の均衡が崩れたのは、奇しくも第三者たる存在が引き金となった。その日、私は珍しくスケジュールが崩れ、私用で繁華街へ出ていた。カルナに年相応の格好を、とブ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:秋のエデン 制限時間:15分 読者:93 人 文字数:1797字 お気に入り:0人
本当にあいつは私の護衛にでもなりたいのだろうか。私の脳内の問いに答えてくれる人間は居ない。それこそ神であったとしても、私のこの問いに答えてくれたところで事態が好 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:軽い本 制限時間:15分 読者:105 人 文字数:1431字 お気に入り:0人
さて、結論から言うと私は根競べに負けた。遥か東方ではお百度参りとでも表現するらしい。カルナは私の元へと度々脱走を繰り返し、とうとうボスが手駒として子飼いにしてお 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:燃える人々 制限時間:15分 読者:129 人 文字数:1418字 お気に入り:0人
初めて見た時に、私にはそれが白い石の塊に見えた。例えば大理石を砕いたまま打ち捨てているような、それがこんな裏路地の片隅にあるとは思えなかったが。それは私が近づく 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:僕の好きな恨み 制限時間:15分 読者:147 人 文字数:1269字 お気に入り:0人
私は一匹の獣を飼っている。さて、おかしいとは思っていたのだが、これはもう思わず口元を歪めてしまうくらいわかりやすい展開だ。例えばここが相手の経営するカジノの上に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:気持ちいい太陽 制限時間:15分 読者:70 人 文字数:1502字 お気に入り:0人
「カルナ、しんぞうって、どうやったらあげられますか?」アルジュナは丸い瞳を爛々を輝かせてそう言った。「しんぞ………心臓か」「そうです!」たっぷりの沈黙と困惑のあ 〈続きを読む〉