ジャンル:おそ松さん お題:記録にない排泄 制限時間:1時間 読者:119 人 文字数:2135字 お気に入り:0人

足 ⚠不謹慎⚠薄暗いはず


白髪に染まっていく頭に不思議と底知れぬ恐怖を感じていた。弟達は何一つ変わってないのに、俺だけ白くなっていくのはまるで違う人間だと言われているようで怖くて怖くて俺は髪の毛を、あの忌々しい白色が見えないようにバリカンで全部剃り落とした。髪の毛が白くなり始めてから同時に肌も白くなっていったもんだから俺は相当参っちまったようでじょうちょ?ふあんていていう感じだったってチョロ松は言っていた。髪の毛を剃り落としてからは帽子をかぶって十四松の背中を借りてできるだけ外に出るにした。素振りなんかで鍛えられた十四松の背中は広くて貧弱になった俺の背中とは違くて、頼りがいのある背中だった。外に出れそうにない日は窓の近くで一松と日向ぼっこをした。日差しで温まった床は眠気を誘い、大抵何時間か昼寝をすることになる。
そんな時間はほんとに幸せで時間が止まってしまえば変わらなくてもいいのになんて思う。
俺は同じが見たくて、怪我をしてくる弟がいると俺は積極的に手当を申し出た。頼むたびに少し複雑そうな顔をする弟達は何を考えているのか、もししかしたら俺のちんけな思いなんてまるっとお見通しなんじゃないかなって、でも少なくとも弟達がこの家にいる限り俺はおなじを見つけていきたいと思っている。

夜寝る時に、目を閉じた時に必ず頭をよぎることがある。昔はよかったななんて、夢なんか見れないから眠たくなるまであの頃のことを考えてる。違うことを探すことの方が難しかったのに今じゃおなじを探すだけでも難しい。見た目も声も考えでさえも少しずつ違くなって俺はもう前に立つことさえできない。戻ることは出来なくてもこうして思い出すことが出来るだけでもいい事なのかなっていう結論に最近は落ち着いた。
母さんからのお小遣いがかなり溜まってきた12月、トド松が服を買いに行こうと誘ってきた。多少のめんどくささは感じつつもこうして一緒に行けることに嬉しさを感じた。普段、十四松に背負ってもらって出かける俺は今回も頼みにいこうとしたがトド松に止められた。今日は自分が背負っていくのだと笑っていた。スポーツジムで頑張ってきたというトド松は俺を背負い確かな足取りで歩いていた。
事前に話をつけていたようで俺もスムーズに店内へと入れて気遣いにこそばゆくなった。
弟達は、優しくなった。俺が弟達とは違うから優しくなったんじゃないかって、漠然とした不安に襲われる。同じであろうとあがいていた時よりも確実に今の方が優しい。いまの俺は、弟達の手なしではまともに生活することが出来ない、だからわがままも辞めたし嫌われないように務めた。変わりたくないって思っていた自分が自分で変わったなんて、皮肉みたいだよなって。元々いい長男であれたわけじゃないけど、もう長男どころか兄にもそうおしい俺じゃなくなってしまったようで、あいつらと俺を繋ぐものが消えていくのが嫌で仕方なくて、同じに執着してる。そんな自分がなんとも浅ましく気持ちの悪いことか、俺は俺が嫌いになってこんな俺なんていらないんじゃないかって、息をするたびにきつくきつく首を絞めてここから消えてしまいたくなる。
そのたびに死んでしまったら2度と弟達とは会えないのだと思うと手が震えて涙がこぼれて小さく丸まっているのだ。



1度だけ聞いたことがある。

嫌にならないのかと、見捨ててしまいたくならないのかと。その時は精神的にもひどく落ち込んでいて毎日のように見舞いに来る弟達の行動が俺を哀れんでのこととしか捉えられなくて悲しかった。足並みの揃えられなくなった自分は必要ないのではと、布団を手繰り寄せ静かに答えを待った。けれど、診察の時間だということであいつらは病室を追い立てられてしまい結局聞けずじまいだった。
もし、邪魔が入らなければなんと言っていたのだろう。死んじまうまでに聞けるといいなって。

剃り落とした髪の毛もある程度はえてきた夏、弟達と海に出かけた。いつの間にか免許をとっていたカラ松の運転に揺られながら少し遠い浜辺へとついた。人はまばらでいくつかの人影が遠目に見える程度の人気のないこの浜辺はきっと俺に配慮してのことなのだろう。人前に出れば奇異の目に晒されることは間違いなくて、多ければ多いほど俺にかかるストレスなんかは大きくなるし危険にもなる。カラ松にありがとなって言うと照れたように笑っていた。
浮き輪に乗りふらふらと海の上を漂っていたらチョロ松が危ないからって浮き輪の紐を自分の手に縛り付けてこれなら大丈夫ってドヤ顔をかましてた。
たくさん笑って、たっぷり日光を浴びて弟達と過ごす時間のありがたさを実感した。




これが限りのある時間だということも、分かっている。だけど俺にはもう引き止めるための足はない。もう1度あの時のようなことが起こった場合に備えて俺は手紙を書いた。弟達あての5枚と父さん母さん宛ての2枚、それとトト子ちゃんとかチビ太とかの友達宛に何枚か。手紙なんて初めて書くから、うまくかけてるとは思えないけど、精一杯の思いを込めて書いた。
後悔しないように、同じことが起きてもしっかりといけるように。

俺の杞憂は手紙に詰め込んで、笑っていよう。


同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:hese ジャンル:おそ松さん お題:去年の馬鹿 制限時間:1時間 読者:39 人 文字数:1324字 お気に入り:0人
すっごい美人、と助手席の彼女が言う。童貞でもわかる、あからさまな地雷原。しかし、その危惧を上回るほどカーテレビに映る女は魅力的だった。オードリー・ヘップバーンを 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:おそ松さん お題:未熟な絶望 制限時間:1時間 読者:162 人 文字数:557字 お気に入り:0人
一つ下の弟を呼んだ僕の声は、自分でも驚くくらい情けなく、弱々しい。「じゅ、十四松」「触んないで!」伸ばした手をパシッと払われる。涙を浮かべながら十四松が僕を睨 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ゆー。 ジャンル:おそ松さん お題:それいけ恋愛 制限時間:1時間 読者:204 人 文字数:1162字 お気に入り:0人
「ごめん、もう一回言ってくれる?」正直、聞き直したくもなかったが、放たれた言葉を無視してそのまま会話を続けられるほど、チョロ松は器用には出来ていなかった。目の前 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ストロー ジャンル:おそ松さん お題:進撃のダイエット 制限時間:1時間 読者:583 人 文字数:2156字 お気に入り:0人
今日の夕飯はエビフライだった。そのまま食べても、特製タルタルソースをかけても美味しくてがばがば食べる。「いっぱい食べる兄弟が好き」だなんて、CMのような言葉さ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:おそ松さん お題:部屋とYシャツとぐりぐり 制限時間:1時間 読者:275 人 文字数:448字 お気に入り:0人
セ○クスしたあとはどうも腹の調子が悪い。いや、理由はわかってんだけど。一松のモノが入って出されただけなんだけれども。まだ熱い感覚が尻に残る。気持ち悪い、と言うよ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:おそ松さん お題:誰かは大雪 制限時間:1時間 読者:277 人 文字数:1093字 お気に入り:0人
その日は午前中から雪がぱらついてきて、そのせいで曇った窓に兄は長い袖をまくって何やら落書きしている。「こっち雪ぱない」「うわーやだやだ車出せねぇよ;」「うちの犬 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ストロー ジャンル:おそ松さん お題:マイナーな時計 制限時間:1時間 読者:319 人 文字数:1860字 お気に入り:0人
始まる直前に身体を強く打っていた鼓動は引っ込んだ。照明に驚かされたのだろう。なんと都合の良いやつだ。だが、そいつはいつでも俺を裏切らず、胸に嵌まっていてくれて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:のん@課題皆殺し中 ジャンル:おそ松さん お題:どうあがいても殺人 制限時間:1時間 読者:327 人 文字数:876字 お気に入り:0人
はっと我に返った頃には誰が見ても明確なほど全てが手遅れだった。俺は何をしていたんだろう。確か、憎かった。そうだ。俺から弟を奪ったあいつがとんでもなく憎かったのだ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:おそ松さん お題:許されざるローン 制限時間:1時間 読者:344 人 文字数:1488字 お気に入り:0人
「馬ッ鹿じゃないの!?」 トド松は請求書に目を走らせながら叫んだ。「いち、じゅう、ひゃく、せん……さっ、さんじゅうまん……あっ待って、卒倒しそう……」「大丈夫か 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:新緑のみゃーと@ATR両国2日目参戦 ジャンル:おそ松さん お題:孤独な動機 制限時間:1時間 読者:334 人 文字数:1822字 お気に入り:0人
___本当は、こんなつもりじゃなかった。目の前でどんどん広がっていく紅を呆然と見つめながら、思考が言い訳と後悔の波の中に飲まれていくのを感じる。もう、どうするこ 〈続きを読む〉

はたか そャーすの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:はたか そャーす ジャンル:おそ松さん お題:汚れたむきだし 制限時間:15分 読者:37 人 文字数:331字 お気に入り:1人
肌に触れる冷えた空気に目を覚ましす。布団の隙間から入り込んでくる風は、空いた窓から吹き込んできているようだった。ちらりと時計を見やれば、時刻は2時を示していた。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:はたか そャーす ジャンル:おそ松さん お題:許されざる喜劇 制限時間:4時間 読者:59 人 文字数:1596字 お気に入り:1人
おそ松兄さんが死んだ。チビ太の店からの帰り道、六人で並んで歩いていた時に突っ込んできた車によって殺された。たまたま隣を歩いていた僕は何が起きたかもわからず、おそ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:はたか そャーす ジャンル:おそ松さん お題:幼い百合 必須要素:ガラパゴス諸島 制限時間:15分 読者:68 人 文字数:509字 お気に入り:0人
ある日突然耳が聞こえなくなった。それはまるで誰かに耳を塞がれたかのように突然に。ふっとおれの世界から音が消えた。目の前で口をぱくぱく動かす弟は、唖然としているお 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:はたか そャーす ジャンル:おそ松さん お題:反逆の男の子 制限時間:1時間 読者:100 人 文字数:1829字 お気に入り:1人
幼い頃の行いを今になって後悔した。俺達が子供だった時、沼の噂が赤塚の街で広まっていた。噂の内容は、町外れの林にある沼には人魚がいるらしい、というものだった。今と 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:はたか そャーす ジャンル:おそ松さん お題:来年の殺人犯 制限時間:30分 読者:126 人 文字数:3210字 お気に入り:0人
凍えてしまうような夜だった。赤い月が空に煌めき、霧の深い赤塚の街にひとつの影が怪しく動き回っていた。…しんぶんしっ!!外からの冷気に身体を震わせ冷えきった冷たい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:はたか そャーす ジャンル:おそ松さん お題:記録にない排泄 制限時間:1時間 読者:119 人 文字数:2135字 お気に入り:0人
白髪に染まっていく頭に不思議と底知れぬ恐怖を感じていた。弟達は何一つ変わってないのに、俺だけ白くなっていくのはまるで違う人間だと言われているようで怖くて怖くて俺 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:はたか そャーす ジャンル:おそ松さん お題:何かの蕎麦 制限時間:15分 読者:146 人 文字数:1959字 お気に入り:0人
くぅ…と小さく鳴ったお腹に時間を確認してみればお昼をすぎた頃だった。もうこんな時間かと机の上に広がる消しゴムのカスを床に落とさないようにまとめゴミ箱に捨てる。軽 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:はたか そャーす ジャンル:おそ松さん お題:春の整形 制限時間:30分 読者:139 人 文字数:1211字 お気に入り:0人
「あの時やめていればなぁ…」とぼとぼと帰り道を歩くおそ松は小さく呟いた。お昼時に、見切り発車で家を飛び出して駆け込んだパチ○コ屋では勝つことが出来たのだか調子に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:はたか そャーす ジャンル:弱虫ペダル お題:哀れな耳 制限時間:15分 読者:119 人 文字数:412字 お気に入り:0人
僕が小学生の時、道行くおじさんに君にはきっとこれが似合うよって渡された小さな箱。なんで僕にくれるの?と聞けば、私はねサンタクロースなんだよって教えてくれた。君は 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:はたか そャーす ジャンル:おそ松さん お題:去年の行動 制限時間:30分 読者:150 人 文字数:804字 お気に入り:1人
寝れない日が続き、その代わり日中ぐーすか眠っていたがだんだんと起きてる時間の方が多くなっていった。数十分くらいの感覚で目が覚めたり、眠っていても眠っている感じが 〈続きを読む〉