ジャンル:刀剣乱舞 お題:とてつもない微笑み 制限時間:15分 読者:54 人 文字数:820字 お気に入り:0人

自意識過剰堀川くんに遭遇

「かっこいいなぁでも僕の方がよりかっこいいなぁ」
とてもにこやかに話しかけてきたのは、堀川国広だった。身内びいきをかましてきていい笑顔だ。
こいつはたしか…さっきまで演練でかち合ったところにいた国広だな。
「お前んとこの俺も格好いいだろ」
礼として相手方の俺も立てておく。誉められて怒るやつはいねぇしな。
「ううん。うちには兼さんいないから」
「…っは?」
「兄弟!帰ろうぞ!む?いかがした」
駆け寄ってきた山伏国広が不思議そうにのぞいてきたが、俺は反応を返すことができなかった。だって、え…?
「兼さんがいたからちょっとご挨拶をね」
「そうであったか。では主にもう少し時間をちょうだいしてこよう」
「あ、いいのいいの!もう終わったから。ね!兼さん!」
「っ!お、おう」
つったかたー
と軽やかに仲間のもとへ帰っていく国広を見続けていると、俺の背後に他の面子が集まっていていた。
短刀たちが控えめな声で、
「…あれって本当に堀川さんかな?」
「んー本丸にいる堀川とはちょっとばかし違うようだな」
「性格の差…ではないでしょうか?」
そうなのか?本当に性格の差か?国広って、こう…え?
「おぅ、俺らもかえっぞー」
空気をぶったぎり同田貫が号令をかける。
「はーい」「おう」「はい」
「そこの木偶引っ張ってきてくれな」
「お任せください。いきましょう和泉守さん」
「…」
「和泉守さーん?」
短刀に引かれても動かない俺の尻に大倶利伽羅のけりが入る。
「だっ、テッメェ何しやがる!」
「さっさと戻るぞ」
スタスタ
「なっ…!ぅ、おう…」
「旦那…道すがら聞こうじゃねえか。鬱憤は溜めとくもんじゃないぜ」
「…あ、いや…国広の目ぇ…なんか怖かった…っつーか…」
「いえーい♪よく言えましたー」
「なぁ…本当はうちの国広もあんななんのか?」
「心配しなさんな。ありゃ亜種ってやつだろ」
「そうか…」
帰ってから国広の顔…見れなかったらどうすっかな…。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 お題:俺と幻想 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:528字 お気に入り:0人
幻が想う、と書いて「幻想」それなら俺がいま抱いている思いは幻想なのかもしれない。と、加州清光は思った。だってそうだろう。「沖田総司に使われたという刀」という逸話 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
小箱の中には ※未完
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 お題:今日のふわふわ 制限時間:15分 読者:44 人 文字数:415字 お気に入り:0人
村正が箱に話しかけている。前々から奇妙な行動が少なくはなかった村正であったが、まさか物言わぬ木箱に話しかけるようになってしまったと気づいた時、流石に蜻蛉切も軽く 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 お題:くだらない地獄 制限時間:15分 読者:90 人 文字数:444字 お気に入り:0人
出陣した日の夜は決まって同じ夢を見る。恐らく、敵と対峙し昂ぶる気持ちがそうさせるのだろう。その夢を見た後は冷水でも浴びたようにびっしょりと汗をかいている。今夜も 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:たみなみ ジャンル:刀剣乱舞 お題:可愛いピアニスト 制限時間:15分 読者:93 人 文字数:468字 お気に入り:0人
「これが……?」よくエアコンの効いた車内、わたしの端末の画面を食い入るように見詰めている鶴丸。車内には微かなエンジン音に混じって懐かしいピアノの音が響いている。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:たみなみ ジャンル:刀剣乱舞 お題:孤独な電車 制限時間:15分 読者:136 人 文字数:409字 お気に入り:0人
がたんごとん。もう何度乗ったかわからないこの電車。離れ離れの場所に住んでいる恋人、鶴丸のところまで会いにきて、そして帰るときに乗る夕方の電車。いつになるかまだ分 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:たみなみ ジャンル:刀剣乱舞 お題:知らぬ間の火事 制限時間:15分 読者:106 人 文字数:430字 お気に入り:0人
「あーもー、ホント疲れた」腕を組んで小さく愚痴をこぼした私に気まずそうに顔を見合わせたのは本日の食事当番、国広三兄弟である。発端はつい数十分前。審神者部屋にて先 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ホノミ ジャンル:刀剣乱舞 お題:オチは電話 制限時間:15分 読者:104 人 文字数:1134字 お気に入り:0人
「主!あれをご覧下さい!!」現在、俺の横でこうやって尻尾を振っているのは近侍の長谷部だ。現在、俺の故郷である2017年の世界に言っている長谷部は中々御機嫌なよう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 お題:うるさい空想 制限時間:15分 読者:170 人 文字数:305字 お気に入り:0人
「...ひっく」しゃっくり混じりで甘酒をちびちびすすっている不動行光はうとうとしている。今は午後11時、酔いが回って余計眠たい。しばらくすると布団も敷かずに壁に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:秋月蓮華(もしくは高槻翡翠) ジャンル:刀剣乱舞 お題:僕と手 制限時間:15分 読者:97 人 文字数:616字 お気に入り:0人
(みつさにで頑張ってみる)【君が居れば】夏だからとグラニータを作れば審神者である彼女は喜んで食べていた。故郷の料理だそうだ。僕、燭台切光忠は彼女の朝ご飯か昼ご飯 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小夜子 ジャンル:刀剣乱舞 お題:反逆の14歳 制限時間:15分 読者:100 人 文字数:1548字 お気に入り:0人
「僕が浮気したらどうする?」書類に最後の認印とサインをしていた私は後ろに控えていた近侍の言葉に審神者は振り返る。この男は唐突にこういうことを言う男だ。「貴方は刀 〈続きを読む〉

やすひと。の即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:やすひと。 ジャンル:刀剣乱舞 お題:去年の夜 制限時間:15分 読者:33 人 文字数:413字 お気に入り:0人
「こたつサイコー…」今日の実務を終えた夕方、早々に広間のこたつにダイブした審神者はとろける餅のようにへばりついていた。先客には太鼓鐘貞宗と物吉貞宗。「お疲れさん 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
純粋な願い ※未完
作者:やすひと。 ジャンル:刀剣乱舞 お題:過去の味 制限時間:15分 読者:41 人 文字数:391字 お気に入り:0人
刀剣破壊ネタ 「思ったより呆気ないもんだな…」土手っ腹に空いた穴にふれ、かすれてしまう声はそう言っていた。「…そうかな」僕の声も負けず劣らず掠れてる。骨を断つ一 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:やすひと。 ジャンル:刀剣乱舞 お題:とてつもない微笑み 制限時間:15分 読者:54 人 文字数:820字 お気に入り:0人
「かっこいいなぁでも僕の方がよりかっこいいなぁ」とてもにこやかに話しかけてきたのは、堀川国広だった。身内びいきをかましてきていい笑顔だ。こいつはたしか…さっきま 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:やすひと。 ジャンル:刀剣乱舞 お題:茶色いおっさん 制限時間:15分 読者:96 人 文字数:403字 お気に入り:0人
「刀剣男士って本当に色とりどりだなぁ」「なんです?いきなり」なんとなくこぼれた、とため息の様にこぼす。宗三左文字は愚痴をこぼされたのかと思ったほどだ。縁側でくつ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:やすひと。 ジャンル:刀剣乱舞 お題:女同士の帰り道 制限時間:1時間 読者:99 人 文字数:1060字 お気に入り:0人
「女人、入山を禁ず。その掟を破ることはとうとう叶いませんでした。姉と妹は山の頂に見える寺を見上げ彼の健勝を祈り、当てのない旅路を進むことになるのです」「そんな! 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:やすひと。 ジャンル:刀剣乱舞 お題:燃えるところてん 制限時間:30分 読者:135 人 文字数:512字 お気に入り:0人
「わー美味しそう!」「俺腹へってんだけどなぁ」手合わせから帰ってきた乱藤四郎と同田貫正国は食卓にのせられたところてんの準備を見てそれぞれの反応を示した。「先程試 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:やすひと。 ジャンル:刀剣乱舞 お題:過去の流刑地 制限時間:2時間 読者:259 人 文字数:2288字 お気に入り:0人
区画された都市から離れると、やっぱり思う。今では失われたと言える自然群生の木々が広がってる景色が、従来の、本来の、地球のあるべき姿なんだろうなって。オレは目的の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:やすひと。 ジャンル:刀剣乱舞 お題:未熟な外側 制限時間:30分 読者:280 人 文字数:540字 お気に入り:0人
遠戦で一際大きく被害をこうむったのは蛍丸だった。万全だったはずの初戦にこうも傷つけられるとは・・・たったそれだけで隊に動揺が走った。同期の中でもたくさん誉を取り 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:やすひと。 ジャンル:刀剣乱舞 お題:黄金の警察官 制限時間:30分 読者:230 人 文字数:568字 お気に入り:0人
(対審神者に向けて) 刀装が意思を持っていると君は知っていたか?俺は知っていたぞ! ついこの間からだがな!なんだ、うらやましい目かそれは。そうだろうそうだろう。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:やすひと。 ジャンル:刀剣乱舞 お題:灰色の計画 制限時間:30分 読者:227 人 文字数:529字 お気に入り:0人
つぶてを放ち黒煙をあげ、山は怒りを表していた。幾度となく火山灰がこの地に層を成して早数百年。今、限りある命を横目に眺めている己という存在が生まれる前から、吹き上 〈続きを読む〉