ジャンル:刀剣乱舞 お題:2つの悪魔 必須要素:えへへ 制限時間:30分 読者:85 人 文字数:740字 お気に入り:0人
[削除]

悪魔の味はどうだった?

「…どうしよう。」
私は今日のおやつ、『白い悪魔』と『黒い悪魔』というチョコレートをいつ、どちらを先に食べるかを悶々と考えていた。


白い悪魔は甘いホワイトチョコレート。黒い悪魔は大人なビターチョコレート。


「黒い悪魔を先に食べるか…?でもそれだと、白い悪魔の味がなくなっちゃうかな…あ、何時に食べるかも決めとかなきゃ!ここは三時かな?あー、でも晩御飯のあとの方がゆっくり食べられる?うーん…」





「なに一人で唸ってるの?あるじさん」


「うわぁ!?乱ちゃん!?…びっくりしたぁ…」


私は今日の近侍、乱ちゃんに顔をのぞきこまれていた。
乱ちゃんはこてん、と首をかしげてこちらをふしぎそうにじぃーっと見ている。とても、長い時間。


えーっ、と…?私、なんでこの子に見つめられてるの?なんか悪いことした?え、ならスライディング土下座して謝るよ?だから許して?
私がそんなことを考えながら乱ちゃんの視線に困っていると、不意に彼はこういった。




「悩んだり、困ったりしてるなら、ボクを頼って?力になるから」




彼の真剣さは、瞳からひしひしと伝わってきた。


「いや、でも…」


言えねぇ。今日のおやつのことで悩んでたなんて。


「…やっぱりボクは、頼りないの?」


「いやそんな悲しそうな顔しないで!?言う、言うから!!」
~◇◆◇~
「なんだ!そんなことか!」
そんなことなんていわないで、私にとってはいろいろ大変なことなの。わかってくれ。
「ねえ、ちなみにその2つの悪魔って冷蔵庫の中に入ってたアレ?」
「うん、あのでっかい箱のやつだよ!」
「それ…食べちゃった!」
えっ。
まってまって、えへへ!見たいな顔しないで。
私は…何をしてたんだ。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:からすうり ジャンル:刀剣乱舞 お題:生きている犬 制限時間:30分 読者:28 人 文字数:802字 お気に入り:0人
バタバタと忙しない足音が、近づいてくる。何だ?と一期一振は首を傾げる。これが万が一、自身の兄弟たちであれば理由を聞いた上で場合によっては叱らねばなるまい。そう思 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
真昼の夜 ※未完
作者:からすうり ジャンル:刀剣乱舞 お題:箱の中の深夜 必須要素:「ひょえー」 制限時間:30分 読者:25 人 文字数:1275字 お気に入り:0人
鶴丸の部屋には驚きが詰まっている。などと皆一様にして同じ言葉を発した。だから御手杵はつい、好奇心をむきだしにしてしまったのだ。いけないことだということは頭で理解 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:からすうり ジャンル:刀剣乱舞 お題:子供のにおい 制限時間:30分 読者:17 人 文字数:1209字 お気に入り:0人
軽い足取り。パタパタと忙しなく右左。今日も元気に賑やかだ。珈琲が美味い。「つるまる、またさぼってる!」小さな体躯で、胸を張って怒る仕草は微笑ましく茶色の髪がふわ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
春の美 ※未完
作者:からすうり ジャンル:刀剣乱舞 お題:美しい整形 制限時間:30分 読者:10 人 文字数:750字 お気に入り:0人
桜の花びらが舞う。ほのかに甘い香りが鼻腔に辿り着く。体感する温度は寒気とは違い、温く巨躯を包んでいく。なるほど、これが春か。「とうとう一巡りしたな」弾んだ声。そ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Aruco ジャンル:刀剣乱舞 お題:きちんとした正義 制限時間:30分 読者:57 人 文字数:1725字 お気に入り:0人
体温計とポ●リと薬研の薬と水差しが乗せられたお盆を脇に置くと鶴丸は彼女に体温計を手渡した。30秒程でぴぴっとお知らせしてくれる優秀なやつだ。手渡されたそれを着物 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Aruco ジャンル:刀剣乱舞 お題:黄色い悪 制限時間:30分 読者:75 人 文字数:1971字 お気に入り:0人
「わるものはくろいろなのですか」今日の内番を終えたらしい今剣がテレビを見ながら言った。何時だったかな、と彼女はぼんやりと捲っていた雑誌から目を上げて時計を確認し 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:やすひと。 ジャンル:刀剣乱舞 お題:阿修羅惑星 制限時間:30分 読者:86 人 文字数:694字 お気に入り:0人
ガンッ、カッ、ガキッ、ギチギチギチ…乾いた木が打ち付けあう音が鍛錬場にこだまする。返す刀に隙を突こうともそれを真っ向から受け止めつばぜり合いが続く。「待て」「ち 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: ジャンル:刀剣乱舞 お題:戦争と霧 制限時間:30分 読者:99 人 文字数:500字 お気に入り:0人
遠くで銃声や大砲の音が聞こえる。周りは倒れて動かない兵士ばかり。森の中、俺の主は気絶してるだけ…だと信じたい。けど、もう俺は駄目みたい…刀身がボロボロでもはや使 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
巴形薙刀 ※未完
作者:小夜子 ジャンル:刀剣乱舞 お題:トカゲの即興小説 制限時間:30分 読者:117 人 文字数:2016字 お気に入り:0人
「おもい………………」ふと、こぼれた。「重い、」ああ、ほんとうに。このままつぶれて、この地面をつきぬけて、どこか、じごくのような場所へ行けたらいいのではないか。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:一夜月 ジャンル:刀剣乱舞 お題:調和した逃亡犯 必須要素:予想外の展開 制限時間:30分 読者:80 人 文字数:780字 お気に入り:0人
もうすぐ照り輝く日は沈んでいく。俺は何も考えずただ、前へと走っていく。「そんなに俺を追いかけて楽しいかい?」真っ直ぐ走りながら後ろから追いかけてくる相手に問い掛 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:BanG Dream! お題:不本意な夫 制限時間:30分 読者:5 人 文字数:1649字 お気に入り:0人
山吹亘史が、やまぶきベーカリーを軌道に乗せるまで、なにも苦労しなかったわけではない。 全国各地で、商店街の空洞化が叫ばれる昨今である。東京の、それも文教地区に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:忍たま乱太郎 お題:大人の帰り道 必須要素:しゃっくり 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:397字 お気に入り:0人
妙なことをいう、同行人の顔にはこちらがどれほど苦労しようと、表情は浮かばない。その一瞥で裂かれそうな眼が、雄弁に物を語るのを見たのは同じ学園に在籍していた、あ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ツキウタ。【腐】 お題:消えた火 制限時間:30分 読者:12 人 文字数:2247字 お気に入り:0人
五幕のifの世界です。兎王国の軽い設定を拝借しただけの、五幕の内容は読んでないので、ネタバレにはならない&解らない前提の捏造甚だしいifのお話。パンフ届くのが待 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:進撃の巨人 お題:君の宿命 制限時間:4時間 読者:7 人 文字数:2773字 お気に入り:0人
エレンが楽園を出てマーレ国に向かう少し前の設定です。クルーガーに一方的に話しかけるという内容です。オリキャラが一人いる上に、妄想と捏造を多々含みます。「楽園に居 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ガールズ&パンツァー お題:人妻の血痕 制限時間:15分 読者:28 人 文字数:1116字 お気に入り:0人
どうしようどうしようどうしようどうしよう……。コレは絶対にまずい。こんなのがばれたら、黒森峰は終わりだ。だが、私には一切実に覚えがない。だけど、私のティーガーに 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ガールズ&パンツァー お題:許せない寒空 制限時間:30分 読者:26 人 文字数:1697字 お気に入り:0人
あったかもしれなかったガールズ&パンツァーすでにここに私が到着してから1時間が経過している。待ち合わせの時刻は30分は悠に超えている。本土の気候は、もうすぐ五月 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:小林さんちのメイドラゴン お題:早い錬金術 制限時間:15分 読者:24 人 文字数:1351字 お気に入り:0人
「小林さん小林さん!見てくださいよ!」トールがなにやら声を弾ませてリビングへとやってきた。こういう時は大抵わけのわからんものを持ってくるのだ。この前はダレダカに 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:僕のヒーローアカデミア お題:きちんとした旅行 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:309字 お気に入り:0人
「寒い…。」思わず呟かずにはいられなかった。寒さを誤魔化すように走ると溶けかかった雪がぴしゃぴしゃと不快な音をたててきた。 空を仰げば雨と雪が混ざったようなも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ガールズ&パンツァー お題:初めての消しゴム 制限時間:15分 読者:31 人 文字数:816字 お気に入り:0人
「ペコ、これ、消しゴムかけてくれる?」「……はい」私はダージリン様から原稿を受け取り、こしこしとその上に消しゴムを転がして行きます。この『ネリケシ』というのは初 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:文豪ストレイドッグス お題:大人のボーイズ 制限時間:1時間 読者:16 人 文字数:2454字 お気に入り:0人
「大人の雰囲気って、憧れるな…」国木田、太宰、乱歩が事件の調査に出かけ、与謝野、鏡花が買い物に出かけたのどかな昼下がり。全ては、敦のこの独り言から始まった。「ど 〈続きを読む〉