ジャンル:おそ松さん お題:マイナーなあいつ 制限時間:4時間 読者:96 人 文字数:1836字 お気に入り:0人
[削除]

一松はマイナー




友達B「なあ、おそ松。お前んとこの四男ってさどこかマイナーだよな」
おそ松「一松?」
友達B「そうそう!一松」
おそ松「…ふーん。一松がマイナーねぇ」
キーンコーンカーンコーン
友達B「やっべ!戻らねぇと。じゃあな!おそ松」
おそ松(皆、あいつのこと、そんな風に思ってたんだなぁ…)


自宅
おそ松「なあなあ皆!今日な、友達Bがな一松のことをマイナーな奴って言ってた!!!!」
カラ松「一松が?フッ…一松はむしろメジャーなや トド松「分かりにくいわっ!!!!」…はい、重要人物です…」
一松「いや、俺はやっぱり必要とされてない奴なんだよ」
チョロ松「一松、そうやって自分を下げるのやめよう。て言うか、ほんとの事だからね」
十四松「一松兄さん、文化祭の時も皆気づいてないけど裏で色んな事してた!!」
トド松「皆が気づいてないだけで、一松兄さんいなくなったらこの学校やっていけないからね!」
一松「イヤイヤイヤイヤイヤイヤイヤ、文化祭で劇が中止になりそうだったから先生にお願いしにいっただけで…」兄松「ちょっと待ったァー!!!!!!」
おそ松「待って…一松、お兄ちゃんそれは知らないんだけど…」
一松「いってないもん」
おそ松「いってないもんって可愛いな!じゃなくて!!!!」
カラ松「いっ一松が裏でそんなことをしていたなんて…俺は知っているようで、何も知らなかったのか…」
チョロ松「…それは教えようよ…」
おそ松「えっじゃあ、演劇部のカラ松とか一松がお願いしに行かなかったらヤバかったじゃん」
カラ松「いちまぁ~つ!!!!!!」
一松「ウルサイヨ、カラマツニイサン」
チョロ松「カラ松命拾いしたな」
一松「て言うか言う必要なくない?そんなとこ。大体、皆、大袈裟すぎるよ。俺がいなくなっただけで学校やっていけないとか…。」
全(イヤイヤイヤ、それがそうなんだなぁ)
一松「俺、もう眠いから先寝てるね。皆もちゃんと寝るんだよ」
全「はぁーい」






数字前
おそ松「ええっ?一松休むのぉー?つまんねえの」
一松「ゴホッゴホッ…仕方ないでしょ、おそ松兄さん…」
チョロ松「ちょっと!クソ長男!!!!!!病人に話かけちゃダメだろっ!!!!」
おそ松「ええー、チョロちゃんのケチー」
カラ松「おい!二人とも!早くしないとトド松と十四松においていかれるぞ!」
おそ.チョロ「はーい」

学校
おそ松「うわっ…何これ」ガヤガヤ、ドーン、ガッシャーン
友達B「なんか先生達の事情であれがこうなってそうなって…」
おそ松「いや!説明になってないから!」
トド.チョロ.カラ.十四「兄さん!!!!うちのクラスが大変なんだけど!!!!!!」
おそ松「お前達もッ?!」
カラ松「うわー、こっちもひどい有様だな」
チョロ松「何かどこも学級崩壊になってんだけど!!!!!!」
十四松「うるさいねっ!」
トド松「ああーどうしよう!!!!」
おそ松「とりあえず、皆、落ち着け!」
カラ松「これは明日も荒れるかもな」

帰宅
一松「ゴホッゴホッ…皆、おかえり…」
おそ松「ああー、ほんと大変だったー!」
一松「どうしたの?」
チョロ松「学級崩壊してた」
十四松「チョーうるさかったね!!!!」
トド松「焦った」
カラ松 チーン
全「しっ死んでる」
一松「とりあえず大変だったんだね…。お疲れ様」
全「いっいちまつぅー!!!」




次の日
十四松「もう、大丈夫なのー?一松兄さん?」
一松「うん…もう元気だから大丈夫だよ」
カラ松「無理はするなよ」
一松「うん…」
全(一松がカラ松を無視せず「うん」だってぇ!!!!!!)
カラ松 チーン
弟松「しっ死んでる」

学校
おそ松「…あれ?何でこんなに静かなわけ?
昨日まであんなにうるさかったのに…」
友達B「なんか先生達の事情であれがこうなってそうなって…」
おそ松「いやだから、説明になってないから!」
全(一松以外)「兄さん!!!!うちのクラスがなんか静かなんだけど!!!!」
おそ松「やっぱりそっちもか…」

それから一松が学校を休むたびにそんなことがおきた。






おそ松(これが一松のせいじゃないなら誰のせいだよ)

その時、全松は思った。一松が裏で何かやってくれているんだなと。そしてこうも思った
一松がいないと学校が滅びる!




おそ松談
「一松がマイナー?ふざけんな!むしろ逆だぜコノヤロー」

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:はたか そャーす ジャンル:おそ松さん お題:許されざる喜劇 制限時間:4時間 読者:57 人 文字数:1596字 お気に入り:1人
おそ松兄さんが死んだ。チビ太の店からの帰り道、六人で並んで歩いていた時に突っ込んできた車によって殺された。たまたま隣を歩いていた僕は何が起きたかもわからず、おそ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:はちこくん ジャンル:おそ松さん お題:光の小説合宿 制限時間:4時間 読者:65 人 文字数:1221字 お気に入り:0人
愛の物語は一松には書けない。砂を吐くようなでろでろの粘膜の擦りあいは他の有象無象にまかせておけばよい。……などと言える立場ではなく、今回も締め切り間近にうんう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:hese ジャンル:おそ松さん お題:小説家の許し 制限時間:4時間 読者:113 人 文字数:4508字 お気に入り:0人
その男は新任らしい青臭さを全身から放っていた。優しさですべての心を篭絡できると信じ込んでいる、真っすぐな、キラキラした目で教壇に立ち、自己紹介を始めたとき、なん 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:八条 媛明 ジャンル:おそ松さん お題:臆病な同性愛 制限時間:4時間 読者:230 人 文字数:4616字 お気に入り:0人
一松の命は290円だ。咥えて吸って火をつける。その流れでくすんだ紫煙を綺麗なままの空気と混ぜて肺に送る。ドロドロとタールが肺の、肺胞の、それら細胞一つ一つを黒く 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:狐狗羽-koku-@低浮上 ジャンル:おそ松さん お題:とてつもない海辺 制限時間:4時間 読者:345 人 文字数:1546字 お気に入り:0人
あたりはもう暗く、波が寄せては引いてを繰り返す音と探索者のような砂を踏みしめる足音だけが聞こえる。ここは遠く離れた、知らない土地の海辺___「…おそ松兄さん、い 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
※未完
作者:紀依はおでライ富山一般参加 ジャンル:おそ松さん お題:おいでよ民話 制限時間:4時間 読者:294 人 文字数:373字 お気に入り:0人
むかーしむかーし、松野一松と言う、性分がとてもとてもノーマルなニートがいました。……え? 違う? アイツの性格はこうじゃない? じゃあ、言い換えましょう。闇要素 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:12/20〜23までDIVA禁 ジャンル:おそ松さん お題:振り向けばそこに朝日 制限時間:4時間 読者:540 人 文字数:2621字 お気に入り:0人
目が覚めたのは夜中の丑三つ時で当たり前だけれど皆それぞれ夢の中にいるようで五人分の寝息が鼓膜を通じて聞こえてきた。寝る前に飲んだコーヒーのせいか意識が完璧に覚醒 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ふくろうのふく!!! ジャンル:おそ松さん お題:神の反逆 制限時間:4時間 読者:3166 人 文字数:1819字 お気に入り:1人
「ああ、そうだ…。そうだな。」よく通る声で決して小さくはない独り言を呟きながら、大袈裟に右へ左へ行ったり来たり。はて上座はどっちだったか、この前得意げに言ってい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:はたか そャーす ジャンル:おそ松さん お題:汚れたむきだし 制限時間:15分 読者:37 人 文字数:331字 お気に入り:1人
肌に触れる冷えた空気に目を覚ましす。布団の隙間から入り込んでくる風は、空いた窓から吹き込んできているようだった。ちらりと時計を見やれば、時刻は2時を示していた。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:hese ジャンル:おそ松さん お題:去年の馬鹿 制限時間:1時間 読者:36 人 文字数:1324字 お気に入り:0人
すっごい美人、と助手席の彼女が言う。童貞でもわかる、あからさまな地雷原。しかし、その危惧を上回るほどカーテレビに映る女は魅力的だった。オードリー・ヘップバーンを 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:小林さんちのメイドラゴン お題:早い錬金術 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:1351字 お気に入り:0人
「小林さん小林さん!見てくださいよ!」トールがなにやら声を弾ませてリビングへとやってきた。こういう時は大抵わけのわからんものを持ってくるのだ。この前はダレダカに 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:僕のヒーローアカデミア お題:きちんとした旅行 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:309字 お気に入り:0人
「寒い…。」思わず呟かずにはいられなかった。寒さを誤魔化すように走ると溶けかかった雪がぴしゃぴしゃと不快な音をたててきた。 空を仰げば雨と雪が混ざったようなも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ガールズ&パンツァー お題:初めての消しゴム 制限時間:15分 読者:23 人 文字数:816字 お気に入り:0人
「ペコ、これ、消しゴムかけてくれる?」「……はい」私はダージリン様から原稿を受け取り、こしこしとその上に消しゴムを転がして行きます。この『ネリケシ』というのは初 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:文豪ストレイドッグス お題:大人のボーイズ 制限時間:1時間 読者:12 人 文字数:2454字 お気に入り:0人
「大人の雰囲気って、憧れるな…」国木田、太宰、乱歩が事件の調査に出かけ、与謝野、鏡花が買い物に出かけたのどかな昼下がり。全ては、敦のこの独り言から始まった。「ど 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:メルクストーリア お題:幸福な場所 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:702字 お気に入り:0人
「そういえば、昨日の件は?」「昨日?」「ほら、エルバスの街で変てこな音がって」「ああ、あれね。いひひ」「無事に解決っていうかー。なんともなかったっていうかー」「 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:バンドリ!ガールズバンドパーティ! お題:消えた流刑地 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:972字 お気に入り:0人
日菜のことを避け続けてきた。いつからだっただろうか。彼女が言うように、昔は、ほんの小さな頃は仲良く遊んでいた気がする。だけど、年の近いきょうだいだったら、多く 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 お題:残念な動揺 必須要素:口臭 制限時間:30分 読者:9 人 文字数:543字 お気に入り:0人
※未完第一部隊が出陣から帰ってきた時、本丸は仲間の声で賑やかだったことにすぐに気づいた。それが剣戟の音もせず、緊迫したものでもなかったから彼らは緊張をほぐして中 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:銀魂 お題:商業的な年賀状 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:252字 お気に入り:0人
(学パロ)「今年もよろしくお願いアル!」神楽が挨拶してきた。そうだ、もう今年が終わってしまうのかとふと思う。 神楽と恋仲になり、キスをしてこれ以上のこともしたい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:銀魂 お題:危ない汁 必須要素:ギター 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:209字 お気に入り:0人
私は沖田と付き合っている。今、キスされている。キスされるたびに、どれらとも知れない唾液が口元に垂れる、厭らしい。「んっ…///」思わず甘い声が漏れた。ちらりと目 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ガールズ&パンツァー お題:せつない作品 制限時間:15分 読者:30 人 文字数:1516字 お気に入り:0人
「はぁ……はぁ……」ここまでくれば大丈夫。たった数分走っただけなのにこんなに息が切れるなんて、ちょっと運動不足でしょうか?装填のために腕立て伏せは欠かしていない 〈続きを読む〉