ジャンル:おそ松さん お題:マイナーなあいつ 制限時間:4時間 読者:32 人 文字数:1836字 お気に入り:0人
[削除]

一松はマイナー




友達B「なあ、おそ松。お前んとこの四男ってさどこかマイナーだよな」
おそ松「一松?」
友達B「そうそう!一松」
おそ松「…ふーん。一松がマイナーねぇ」
キーンコーンカーンコーン
友達B「やっべ!戻らねぇと。じゃあな!おそ松」
おそ松(皆、あいつのこと、そんな風に思ってたんだなぁ…)


自宅
おそ松「なあなあ皆!今日な、友達Bがな一松のことをマイナーな奴って言ってた!!!!」
カラ松「一松が?フッ…一松はむしろメジャーなや トド松「分かりにくいわっ!!!!」…はい、重要人物です…」
一松「いや、俺はやっぱり必要とされてない奴なんだよ」
チョロ松「一松、そうやって自分を下げるのやめよう。て言うか、ほんとの事だからね」
十四松「一松兄さん、文化祭の時も皆気づいてないけど裏で色んな事してた!!」
トド松「皆が気づいてないだけで、一松兄さんいなくなったらこの学校やっていけないからね!」
一松「イヤイヤイヤイヤイヤイヤイヤ、文化祭で劇が中止になりそうだったから先生にお願いしにいっただけで…」兄松「ちょっと待ったァー!!!!!!」
おそ松「待って…一松、お兄ちゃんそれは知らないんだけど…」
一松「いってないもん」
おそ松「いってないもんって可愛いな!じゃなくて!!!!」
カラ松「いっ一松が裏でそんなことをしていたなんて…俺は知っているようで、何も知らなかったのか…」
チョロ松「…それは教えようよ…」
おそ松「えっじゃあ、演劇部のカラ松とか一松がお願いしに行かなかったらヤバかったじゃん」
カラ松「いちまぁ~つ!!!!!!」
一松「ウルサイヨ、カラマツニイサン」
チョロ松「カラ松命拾いしたな」
一松「て言うか言う必要なくない?そんなとこ。大体、皆、大袈裟すぎるよ。俺がいなくなっただけで学校やっていけないとか…。」
全(イヤイヤイヤ、それがそうなんだなぁ)
一松「俺、もう眠いから先寝てるね。皆もちゃんと寝るんだよ」
全「はぁーい」






数字前
おそ松「ええっ?一松休むのぉー?つまんねえの」
一松「ゴホッゴホッ…仕方ないでしょ、おそ松兄さん…」
チョロ松「ちょっと!クソ長男!!!!!!病人に話かけちゃダメだろっ!!!!」
おそ松「ええー、チョロちゃんのケチー」
カラ松「おい!二人とも!早くしないとトド松と十四松においていかれるぞ!」
おそ.チョロ「はーい」

学校
おそ松「うわっ…何これ」ガヤガヤ、ドーン、ガッシャーン
友達B「なんか先生達の事情であれがこうなってそうなって…」
おそ松「いや!説明になってないから!」
トド.チョロ.カラ.十四「兄さん!!!!うちのクラスが大変なんだけど!!!!!!」
おそ松「お前達もッ?!」
カラ松「うわー、こっちもひどい有様だな」
チョロ松「何かどこも学級崩壊になってんだけど!!!!!!」
十四松「うるさいねっ!」
トド松「ああーどうしよう!!!!」
おそ松「とりあえず、皆、落ち着け!」
カラ松「これは明日も荒れるかもな」

帰宅
一松「ゴホッゴホッ…皆、おかえり…」
おそ松「ああー、ほんと大変だったー!」
一松「どうしたの?」
チョロ松「学級崩壊してた」
十四松「チョーうるさかったね!!!!」
トド松「焦った」
カラ松 チーン
全「しっ死んでる」
一松「とりあえず大変だったんだね…。お疲れ様」
全「いっいちまつぅー!!!」




次の日
十四松「もう、大丈夫なのー?一松兄さん?」
一松「うん…もう元気だから大丈夫だよ」
カラ松「無理はするなよ」
一松「うん…」
全(一松がカラ松を無視せず「うん」だってぇ!!!!!!)
カラ松 チーン
弟松「しっ死んでる」

学校
おそ松「…あれ?何でこんなに静かなわけ?
昨日まであんなにうるさかったのに…」
友達B「なんか先生達の事情であれがこうなってそうなって…」
おそ松「いやだから、説明になってないから!」
全(一松以外)「兄さん!!!!うちのクラスがなんか静かなんだけど!!!!」
おそ松「やっぱりそっちもか…」

それから一松が学校を休むたびにそんなことがおきた。






おそ松(これが一松のせいじゃないなら誰のせいだよ)

その時、全松は思った。一松が裏で何かやってくれているんだなと。そしてこうも思った
一松がいないと学校が滅びる!




おそ松談
「一松がマイナー?ふざけんな!むしろ逆だぜコノヤロー」

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:hese ジャンル:おそ松さん お題:小説家の許し 制限時間:4時間 読者:76 人 文字数:4508字 お気に入り:0人
その男は新任らしい青臭さを全身から放っていた。優しさですべての心を篭絡できると信じ込んでいる、真っすぐな、キラキラした目で教壇に立ち、自己紹介を始めたとき、なん 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:八条 媛明 ジャンル:おそ松さん お題:臆病な同性愛 制限時間:4時間 読者:200 人 文字数:4616字 お気に入り:0人
一松の命は290円だ。咥えて吸って火をつける。その流れでくすんだ紫煙を綺麗なままの空気と混ぜて肺に送る。ドロドロとタールが肺の、肺胞の、それら細胞一つ一つを黒く 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:狐狗羽-koku-@低浮上 ジャンル:おそ松さん お題:とてつもない海辺 制限時間:4時間 読者:310 人 文字数:1546字 お気に入り:0人
あたりはもう暗く、波が寄せては引いてを繰り返す音と探索者のような砂を踏みしめる足音だけが聞こえる。ここは遠く離れた、知らない土地の海辺___「…おそ松兄さん、い 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
※未完
作者:紀依はおでライ富山一般参加 ジャンル:おそ松さん お題:おいでよ民話 制限時間:4時間 読者:282 人 文字数:373字 お気に入り:0人
むかーしむかーし、松野一松と言う、性分がとてもとてもノーマルなニートがいました。……え? 違う? アイツの性格はこうじゃない? じゃあ、言い換えましょう。闇要素 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:12/20〜23までDIVA禁 ジャンル:おそ松さん お題:振り向けばそこに朝日 制限時間:4時間 読者:512 人 文字数:2621字 お気に入り:0人
目が覚めたのは夜中の丑三つ時で当たり前だけれど皆それぞれ夢の中にいるようで五人分の寝息が鼓膜を通じて聞こえてきた。寝る前に飲んだコーヒーのせいか意識が完璧に覚醒 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ふくろうのふく!!! ジャンル:おそ松さん お題:神の反逆 制限時間:4時間 読者:3039 人 文字数:1819字 お気に入り:1人
「ああ、そうだ…。そうだな。」よく通る声で決して小さくはない独り言を呟きながら、大袈裟に右へ左へ行ったり来たり。はて上座はどっちだったか、この前得意げに言ってい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:はたかそャーす低浮上気味になります ジャンル:おそ松さん お題:来年の殺人犯 制限時間:30分 読者:43 人 文字数:3210字 お気に入り:0人
凍えてしまうような夜だった。赤い月が空に煌めき、霧の深い赤塚の街にひとつの影が怪しく動き回っていた。…しんぶんしっ!!外からの冷気に身体を震わせ冷えきった冷たい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:はたかそャーす低浮上気味になります ジャンル:おそ松さん お題:記録にない排泄 制限時間:1時間 読者:41 人 文字数:2135字 お気に入り:0人
白髪に染まっていく頭に不思議と底知れぬ恐怖を感じていた。弟達は何一つ変わってないのに、俺だけ白くなっていくのはまるで違う人間だと言われているようで怖くて怖くて俺 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:はたかそャーす低浮上気味になります ジャンル:おそ松さん お題:何かの蕎麦 制限時間:15分 読者:74 人 文字数:1959字 お気に入り:0人
くぅ…と小さく鳴ったお腹に時間を確認してみればお昼をすぎた頃だった。もうこんな時間かと机の上に広がる消しゴムのカスを床に落とさないようにまとめゴミ箱に捨てる。軽 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:はたかそャーす低浮上気味になります ジャンル:おそ松さん お題:春の整形 制限時間:30分 読者:81 人 文字数:1211字 お気に入り:0人
「あの時やめていればなぁ…」とぼとぼと帰り道を歩くおそ松は小さく呟いた。お昼時に、見切り発車で家を飛び出して駆け込んだパチ○コ屋では勝つことが出来たのだか調子に 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
盤上の花園 ※未完
作者:匿名さん ジャンル:コードギアス反逆のルルーシュ お題:茶色い敗北 必須要素:子供 制限時間:2時間 読者:8 人 文字数:3807字 お気に入り:0人
最初、この遊戯をシュナイゼルに誘われて、その駒の細工の細かさを指で感じているうちにルルーシュには何故か駒の声が聞こえた。飛びたい、勝ちたい、難攻不落と名高い城ほ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:宝石の国 お題:たった一つの悪魔 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:491字 お気に入り:0人
頬杖をつき、ぼんやりと窓の外を眺めていた。風に花が揺られている。白い花の中に、ひとつだけ真っ黒な花を見つけた。ふわふわと揺れる花の中で、その黒い花だけは凛と咲 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:宝石の国 お題:冷静と情熱の間にあるのは心 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:696字 お気に入り:0人
僕が覚えていることを、ここに記しておこうと思う。 今年は麻が貴重だから、無駄にするなとペリドットに釘を刺されているけれど。それでも今から記す内容が、きっと無駄 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
氷のこえ ※未完
作者:匿名さん ジャンル:宝石の国 お題:絵描きの食堂 必須要素:ノイズ 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:552字 お気に入り:0人
「さぼってるんじゃないよ」 手袋をした冷たい指が、こつりと僕の頭を叩く。 本当に冷たいのかどうかはしらない。直に触れたことなんてないもの。触れればたちまち細かな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:真夏の夜の淫夢 お題:3月のコウモリ 制限時間:30分 読者:8 人 文字数:1067字 お気に入り:0人
「オオン、アオオ」「先輩!何してんです!」「遠野ー、俺、コウモリになっちまった」哺乳類レイ○! コウモリになった先輩う○こみたいなステロイドハゲが羽をバサバサさ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 お題:イギリス式の終身刑 必須要素:ヘッドホン 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:512字 お気に入り:0人
「イギリスだって?」「ええ」雪ノ下が俺のつぶやきに答える。何がイギリスかというとこの紅茶がイギリス製だと言うことだ。やはりうまいと思う。「でさ、ゆきのん、私の作 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:暁のヨナ お題:かっこ悪い孤独 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:406字 お気に入り:0人
小さい頃の話だ。 小さい頃は、里を縦横無尽に遊び回っていた。里には子供がたくさんいて、当たり前だが色んなやつがいた。だから、たくさんの子供と、色んな関係があっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:暁のヨナ お題:春のあいつ 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:360字 お気に入り:0人
ざくざくと、表面が固まった雪を踏み割りながら山道を進む。「お、シンア、見てみろ」 道中で下を指して声を掛ければ、あいつは素直に振り向いた。俺が示したのは溶けか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:幼い電車 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:589字 お気に入り:0人
電車とは…?なんだ?私、霧雨魔理沙は思った。この目の前の河童は電車を作ったと自慢げにしているからだ。「そーだよ、電車だよ電車、電気で動いてすっげー早くて多くの人 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:モブサイコ100 お題:同性愛の反逆 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:390字 お気に入り:0人
反逆の狼煙をあげろ。「なぁ、エクボ。俺がお前の事好きだって言ったらどうする」 詐欺師らしく読めない表情で放たれた言葉に顔を顰める。暇つぶしの冗談にしては悪質で 〈続きを読む〉