ジャンル:ロビジュナ お題:混沌のプロポーズ 制限時間:15分 読者:253 人 文字数:1425字 お気に入り:0人

【ロビジュナ】プロポーズのはなし

いつもより、少しだけ特別な日だった。
町中がクリスマスというイベントに湧き上がる中であてられていたのかもしれない。ロビンが「出かけましょうか」と言ってきた日はちょうど私も休みの日で、珍しく一日じゅう外出することができる日だった。
どこに行きましょうかと私が問うと、珍しく、水族館にでもという言葉が返ってきて驚いた。水族館! あなた、そういうところ大丈夫なんです? と私が問うと何をもって質問してきているのか分からないという顔になったので私も黙っておいた。たぶん、そういう自然を「観察する」ところは嫌悪感を覚えるのではという懸念があったが、どうやら杞憂だったようだ。
私はといえばロビンに連れられて、当初はあちらこちらと楽しく眺めていたのに、ペンギンの水槽を見下ろしたあたりからロビンがそっと手を繋いできたので、そのあとはそれどころではなくなってしまっていた。誰かに見られたら、とも思ったのだけれど、周囲はほどよく混んでいるし、水族館は証明が落とされているからあまり目立たない。私は暗闇に紛れる肌に胸をなでおろして、繋がれた手の先、指の腹で彼の甲を撫でたのを覚えている。意外にも、私の肌よりも温かかった。
夕方までのろのろと探索をして、少し早いけれど食事でもどうですか、とロビンが言った。私はこくりと頷いて彼についていく。店を調べたりするのはいつも彼の仕事だった。時折、外出中に何処かに突発的に入ろうとなるとおおむね私の方が幸運値が良いので私が適当に選ぶのだけれど、今日はあらかじめ行く店を決めているようだった。
行ったのは創作料理を半分入れているというフレンチで、男二人ではあったけれど半個室で、ここもはやり照明が少し落とされていたのでほっとした。料理はおいしかったし、窓際の一面ガラスになっている横のテーブルだったせいか、眼下の煌きが目に入ってはそちらに気を取られる。ロビンの気を損ねた様子は無かった。意外とそういうの好きですよね、と言われたけれど、それがどこを指す言葉なのかは聞くのを忘れてしまった。

空腹も満たされて、帰りましょうかと駅へ向かおうとすると、ぐ、と手を引かれて、少し寄り道でもしましょうと言われた。
別にすぐに帰らなければならない時間でもなかったので、私が軽く頷くとロビンは私の手を引いて歩き出す。駅からの遊歩道を渡り、歩行者整備されている、人々のごった返す様子を横目で見ながらロビンは歩く。そこから少し人がはけたような広い公園内について、ロビンは私を振り返った。ここのイルミネーションは穴場なんですよ。ロビンの向こう側に、ライトアップされたツリーが見えた。白と青に彩られた木々に、私はほう、と息を吐く。
イルミネーションに感嘆していると、するり、と手が離される。私はそれを追いすがろうとして、視線の先に驚愕する。

「アルジュナ」

何故ロビンは跪いているのだろう。手の中に、ビロードの小箱。私はこの展開を知らないのに知っている。
心臓が早鐘を打った。
ロビンの薄い唇が、緩やかな弧を描きながら開く。

「結婚しましょう」

その中に光るのは、私の見間違いでなければ指輪だった。

「……オレはカルナと比べて英雄でもなければ神様の血を引いてるわけでもない、王子様でもないし、アンタを一生傷つけず守れる保証はどこにもない。……それでも、なんにも無いけど、俺を選んでくれます?」

ねえ、頷かない理由なんて、なかったのですよ。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:ツナ缶 ジャンル:ロビジュナ お題:清い年賀状 制限時間:30分 読者:171 人 文字数:927字 お気に入り:0人
思えば誰にも住所なんて聞いていないし、誰かに教えた覚えもない。アルジュナは頭を抱えた。このアルジュナとあろうものが恥ずかしい!新年の風習はこの国出身でないとは 〈続きを読む〉

梟光司の即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:恥ずかしい彼女 制限時間:15分 読者:32 人 文字数:1433字 お気に入り:0人
「ッッ――ラァッ!」来る、と思ったのは、決してカルナの思い違いではなかった。鮮烈な赤。血よりももっと明度の高い、林檎や苺のような緋色。それが眼前に迫り、カルナは 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:戦争と悪人 制限時間:15分 読者:42 人 文字数:1468字 お気に入り:0人
従業員の顔が一瞬で青褪め、道を開けた。というよりも、脱兎のごとく逃げ出した。カルナとビリーは一気に走り出し、ピアノの乗るステージの横を通り抜けて二階への階段に足 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:もしかして凡人 制限時間:15分 読者:32 人 文字数:1258字 お気に入り:0人
ガゴンッ!と車体が揺れ、カルナが一瞬だけシートから浮く。咄嗟に庇ったベレッタをセットし直しながらフィンを見ると、どうやら運転席から何かを外へと投げているようだっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:愛のプレゼント 制限時間:15分 読者:43 人 文字数:1297字 お気に入り:0人
「大層なご登場なこって」「いつもはデスクワークばかりだからね。たまに現場に戻ると良い刺激になる」「まぁいいや、カルナが君と行くと申し出た」「そうか」フィンはウィ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:ロビジュナ お題:見憶えのある水 制限時間:15分 読者:33 人 文字数:1403字 お気に入り:0人
最初の感想は「誰だあれ」だった。俺はロビンフッドの中でも出来の悪い方だと自負しているが、その中でもまぁまぁ頑張ってきたとも思っている。魔力も電力も不足したカルデ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:ロビジュナ お題:小説家たちの唇 制限時間:15分 読者:40 人 文字数:1450字 お気に入り:0人
「あなたにとって、私なんて火遊びにもならないのでしょうね」どんなことが原因だったのか、もう覚えていない。けれども売り言葉に買い言葉。それが私を躍起にさせて、言わ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:私の儀式 制限時間:15分 読者:44 人 文字数:1786字 お気に入り:0人
「言い訳はあるかね」「………無い」カルナは両手を後ろ手に組み、足を肩幅に開いて質問の主を見ていた。ジェロニモは他のメンバーと同じく、カルナへの「勉強」の先生であ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:没カルジュナ お題:初めての宿命 制限時間:15分 読者:40 人 文字数:980字 お気に入り:0人
バタンッ!と大きくドアが閉まる音が響いた。マリーとアルジュナは肩で息をしながらドアに背をつけ、顔を見合わせる。どちらともなく瞳が弧を描き、笑みとなった。「先程の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:限りなく透明に近い命日 制限時間:15分 読者:62 人 文字数:1539字 お気に入り:0人
さて防犯ブザーで呼ばれるのは、何もむくけき男だけではない。カルナはアルジュナの元にはせ参じた三人を見やってチベットスナギツネの形相となった。「うちの子に何か御用 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:かたいオチ 制限時間:15分 読者:65 人 文字数:1572字 お気に入り:0人
「ニューーーーヨーーークヘ、行きたいか~~~~!」「「「ウォォオオオオ!!!」」」赤白青の三色帽子をかぶり、ギターをマイクに見立てて叫んでいるのは信長。その隣で 〈続きを読む〉