ジャンル:ロビジュナ お題:清い年賀状 制限時間:30分 読者:205 人 文字数:927字 お気に入り:0人

利用価値

 思えば誰にも住所なんて聞いていないし、誰かに教えた覚えもない。アルジュナは頭を抱えた。このアルジュナとあろうものが恥ずかしい!新年の風習はこの国出身でないとはいえ従いたいと思っていたのに。郷に入っては郷に従えということわざもあったろう。この日本という平和な国に来たのは今年のことであったから忙しかったり、文化に慣れぬところがあったのは事実だ。それでも年末にもなれば適応できると考えていたのは些か楽観的すぎたか。

「今更書けるようなタイミングではあるまい…どうしたものか」

 世話になった人は大勢いた。アルジュナと同じ境遇──アルジュナが通う大学には留学生がたくさんいる──の友人たちも多くいた。その恩に対してなんという裏切りだろう。部屋に差し込む日の元に膝を抱えて蹲るが、解決策が見つかるわけがない。
 来年分は諦めよう。また次の機会に、今度は環境を整えて万全の体制で挑もうではないか。だいたい手元に紙もないし。
 そこで、あ、と気づく。いる、一人いる。元旦に渡せる──いや、挨拶がちゃんと出来る相手がいる!

「もしもし………ロビン、ですか」

 よかったらうちで年を越しませんか?一人では寂しいのです。どうか、私に慈悲をください。
 向こうはふたつ返事で了承した。断られることは考えていなかったがひとまず胸を撫で下ろす。あの男が恋人の誘いを断るなんてありえない、のだけど。さて、では準備を始めなくては。大晦日まであと一日しかない。


「こんちは」
「いらっしゃい、ロビン」

 大晦日の夜。恋人のロビンフッドを家へと招き、炬燵に入らせる。今日の晩御飯は二人分の鍋だ。一人では寂しいだろう?

「いやあ、まさかこんなところに一人暮らし出来るような恋人ができるなんて本国にいる時には考えませんでしたよ」
「私もですよ、ロビン」

 他愛のない話をしながら除夜の鐘の放送を見る。

「あけましておめでとうございます」
「あけましておめでとう」
「では、これを!」

 ロビンの前へと差し出すのは、一枚の紙。

「年賀状、です」
「………本人が本人に渡すかい、普通」
「ふふ、こんなことがあってもいいでしょう?」

 今年も、よろしくお願いしますね。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:ロビジュナ お題:重い顔 制限時間:30分 読者:131 人 文字数:1686字 お気に入り:0人
ひときわ大きなガラス窓の前で降りしきる雪を眺めているアルジュナの横顔は、まるでそこが世界の終わりのように静かだった。カルデアでは、電力を魔力として代用している。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:ロビジュナ お題:素晴らしい外側 制限時間:15分 読者:39 人 文字数:1611字 お気に入り:0人
申し上げましょう、申し上げましょう。この僕の言葉で事足りるのであれば。えぇ、時間は大丈夫です。今はちょうど休憩時間ですから。刑事さんたちも、つい先日までこちらに 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:ロビジュナ お題:殺されたガール 制限時間:15分 読者:64 人 文字数:1601字 お気に入り:0人
「付き合ってもらえませんか」俺の言葉に、アルジュナは目を丸くして、え、と一つの音を呟いた。俺とアルジュナは同じ大学で違う専攻を持つ学生だった。それが、バイト先が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:ロビジュナ お題:阿修羅極刑 制限時間:15分 読者:67 人 文字数:1426字 お気に入り:0人
申し上げます、申し上げます。私はひどいやつです。そうとはこれっぽっちも思ってなんかいませんが、私はひどいやつだと言っておきます。何故なら、きみがそう望むから。さ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:ロビジュナ お題:見憶えのある解散 制限時間:15分 読者:62 人 文字数:1408字 お気に入り:0人
【或る依頼者の証言】申し上げます、申し上げます……っていうフレーズがあったじゃない?あれは告発をする人間の言葉だったけど。いや、うん、そういうものだと思って欲し 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:ロビジュナ お題:空前絶後のボーイ 制限時間:15分 読者:71 人 文字数:1356字 お気に入り:0人
大学の掲示板に貼られていたのは、短期バイトのお知らせ。昼休みに一時間、指定された部屋できちんと機械が動いているかを監視するだけのお仕事。その時給の良さと、飲食し 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:ロビジュナ お題:見憶えのある水 制限時間:15分 読者:93 人 文字数:1403字 お気に入り:0人
最初の感想は「誰だあれ」だった。俺はロビンフッドの中でも出来の悪い方だと自負しているが、その中でもまぁまぁ頑張ってきたとも思っている。魔力も電力も不足したカルデ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:ロビジュナ お題:小説家たちの唇 制限時間:15分 読者:81 人 文字数:1450字 お気に入り:0人
「あなたにとって、私なんて火遊びにもならないのでしょうね」どんなことが原因だったのか、もう覚えていない。けれども売り言葉に買い言葉。それが私を躍起にさせて、言わ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:ロビジュナ お題:愛すべき情事 制限時間:15分 読者:85 人 文字数:1417字 お気に入り:0人
立ち竦むかと思われた「人間」の姿を見やって、エルキドゥは首を回しながら微笑んだ。 エルキドゥの纏っていたファーつきのコートはコンクリートに投げ出され、その細い 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:ロビジュナ お題:やば、解散 制限時間:15分 読者:135 人 文字数:1498字 お気に入り:0人
どうしたのさ、マスター。ん、怖い話だって?へぇ、後輩と一緒に百怪談ねぇ。そういうのが君の故郷にはあるの?じゃあゴーストを仕留めに行った話とか?え?そういうのじゃ 〈続きを読む〉

ツナ缶の即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:ツナ缶 ジャンル:ムサシとジュナ お題:近い小説 制限時間:15分 読者:111 人 文字数:856字 お気に入り:0人
小さな電子音が響く。誰かの息遣いはなく、ただ作業する機械の呼吸が耳に滑り込んでくる。誰もいない。ここには、私以外誰もいない。昔は人も沢山いて、その進化は止まら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ツナ缶 ジャンル:ロビジュナ お題:清い年賀状 制限時間:30分 読者:205 人 文字数:927字 お気に入り:0人
思えば誰にも住所なんて聞いていないし、誰かに教えた覚えもない。アルジュナは頭を抱えた。このアルジュナとあろうものが恥ずかしい!新年の風習はこの国出身でないとは 〈続きを読む〉