ジャンル:おそ松さん お題:ドイツ式の町 必須要素:小指の爪 制限時間:1時間 読者:115 人 文字数:1508字 お気に入り:0人

初詣



なぜ今日に限って寒さが身に沁みるのかは外に出てわかった。三日ぶりに会社から抜け出して、替えのパンツとシャツを買いにコンビニに入ったところでわかった。新年なのだ。
おせちコーナーを横目に目当てのものを籠に入れ、レジに向かうと、自分より随分前に真実を知らざるを得なかった青年が、達観した様子で待ち受けていた。同朋意識ゆえに「大変だろう」とほほ笑みかけるが、返ってきたのは小指の爪の先ほどの愛想でしかなかった。彼も忙しいのだ。
外に出て冷気を浴びる。氷の樽に顔を突っ込んだような気分だ。薄いコートの前をかき合わせ、足早に帰路を行こうとしたところで(この場合の帰路っていうのは会社だ)ふとある人影に気づく。コンビニを出ていきなり左にある線を引いただけの駐輪場に、誰かが一人が立っていた。くったりと曲がった猫背、目深にかぶった中折帽、帽子から靴まで真っ白のいでたちは真夜中の空に浮かぶ月のごとしだ。彼は帽子のつばと襟の間に僅かに覗く唇に、一本の棒付きキャンディをくわえていた。いまいち決まらない小道具は、カラ松がきつく禁煙を言いつけたせいだ。ころころと動く棒の先端が、置物のような彼でも生きているのだと示していた。どうして彼が、こんなところに、ひとりでいるのだろう。白い棒の切り口がカラ松の方を向く。ビニール袋を片手に引っ掛けたまま、ぼんやりしているカラ松に、彼はきつく睨みをきかせた。彼はいつでもこうなのだ。人を脅すことに慣れている。バカとかアホとかクソとか、言葉にしなくても伝わる侮蔑が一瞬カラ松を刺し貫いたが、それを塗りつぶすように、彼はぶっきらぼうに告げる。
「やっと見つけた。迎えに行ったんだけど、入れ違ったみたいだね」
「はあ……」
「仕事中に悪いけど、デート付き合ってくれない」
はあ、わかりました、では三時間後に……などという前に手を取られる。
「新年は神社に行くんでしょ」
ぼく知ってるよ、と言わんばかりの態度で、ずんずんと進む。
「神社、閉まってるんじゃないか」
「関係あるかよ」
カラ松はこの手を振り払ってしまおうかと思う。思うのだが、手を引かれるまま歩き続ける。ちゃんと仕事に戻らなければとは思うのだが……。脳みその隅っこで上司が今日中にできないとやばいよー死んじゃうよーと叫び、同僚が一人欠けたらやばいよー死んじゃうよーと叫んだが、カラ松はただ手を引かれて歩いていく。そのうちどの顔もカラ松から遠く離れて消えていった。

『参拝時間 元日 十六時マデ
二日 十時カラ十八時 三日……』
近所でもそれなりに名のある八幡宮は閑散としていた。立派な鳥居の脇に立看板があったが、彼は構わず進んでいく。日本語が読めないせいだが、読めたとしても、鼻で笑うがせいぜいだったろう。暗い参道にも当然ながら人気がない。奥に行く事に明かりは少なくなり、彼の手の感触だけが確かなものになっていく。本堂に至ろうというところで、柵が二人の行く手を阻んだ。高さは腰ほどの小さなものだが、朱に塗られ彫り物の施された立派な姿は、カラ松のような者の心をくじくのには十分だった。
「やっぱり帰ろう」
「何言ってるの。せっかく来たんだよ」
「バチが当たるかも……」
彼はつんと唇を突き出した。
「そんなもん、生まれた時から当たってんだよ。いいから、早く」
振り向いて両腕を広げてみせる彼に、カラ松は渋々手を伸ばす。柵よりもっと低い位置にある彼の両脇を抱えると、恐る恐る障害物を乗り越えた。灯の消えた神社は奥に行くほど闇が濃くなる。首にぎゅっとしがみつかれて、やはり彼でも暗闇は怖かったのだとカラ松は思う。知らないうちに口元が緩んでいた。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:はたか そャーす ジャンル:おそ松さん お題:反逆の男の子 制限時間:1時間 読者:100 人 文字数:1829字 お気に入り:1人
幼い頃の行いを今になって後悔した。俺達が子供だった時、沼の噂が赤塚の街で広まっていた。噂の内容は、町外れの林にある沼には人魚がいるらしい、というものだった。今と 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:はたか そャーす ジャンル:おそ松さん お題:記録にない排泄 制限時間:1時間 読者:119 人 文字数:2135字 お気に入り:0人
白髪に染まっていく頭に不思議と底知れぬ恐怖を感じていた。弟達は何一つ変わってないのに、俺だけ白くなっていくのはまるで違う人間だと言われているようで怖くて怖くて俺 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:はたか そャーす ジャンル:おそ松さん お題:打算的な排泄 制限時間:1時間 読者:151 人 文字数:1402字 お気に入り:0人
俺には赤色というものがどんなものかが分からない。ほかの色はちゃんと認識出来るのに赤色と言われている色が橙色に見えてしまうのだ。 だから、俺は橙色の林檎、橙色のポ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:おそ松さん お題:未熟な絶望 制限時間:1時間 読者:162 人 文字数:557字 お気に入り:0人
一つ下の弟を呼んだ僕の声は、自分でも驚くくらい情けなく、弱々しい。「じゅ、十四松」「触んないで!」伸ばした手をパシッと払われる。涙を浮かべながら十四松が僕を睨 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ゆー。 ジャンル:おそ松さん お題:それいけ恋愛 制限時間:1時間 読者:204 人 文字数:1162字 お気に入り:0人
「ごめん、もう一回言ってくれる?」正直、聞き直したくもなかったが、放たれた言葉を無視してそのまま会話を続けられるほど、チョロ松は器用には出来ていなかった。目の前 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ストロー ジャンル:おそ松さん お題:進撃のダイエット 制限時間:1時間 読者:583 人 文字数:2156字 お気に入り:0人
今日の夕飯はエビフライだった。そのまま食べても、特製タルタルソースをかけても美味しくてがばがば食べる。「いっぱい食べる兄弟が好き」だなんて、CMのような言葉さ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:おそ松さん お題:アブノーマルな小説家たち 必須要素:変なにおい 制限時間:1時間 読者:216 人 文字数:874字 お気に入り:0人
「でさ、昨日から隣の部屋からガスのような変な臭いがすんだけど、あんたなんか知らないの?」相手は、つんと澄ました顔のまま俺の鼻の頭を見つめている。伏し目がちな目の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:おそ松さん お題:部屋とYシャツとぐりぐり 制限時間:1時間 読者:275 人 文字数:448字 お気に入り:0人
セ○クスしたあとはどうも腹の調子が悪い。いや、理由はわかってんだけど。一松のモノが入って出されただけなんだけれども。まだ熱い感覚が尻に残る。気持ち悪い、と言うよ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:おそ松さん お題:誰かは大雪 制限時間:1時間 読者:277 人 文字数:1093字 お気に入り:0人
その日は午前中から雪がぱらついてきて、そのせいで曇った窓に兄は長い袖をまくって何やら落書きしている。「こっち雪ぱない」「うわーやだやだ車出せねぇよ;」「うちの犬 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ストロー ジャンル:おそ松さん お題:マイナーな時計 制限時間:1時間 読者:319 人 文字数:1860字 お気に入り:0人
始まる直前に身体を強く打っていた鼓動は引っ込んだ。照明に驚かされたのだろう。なんと都合の良いやつだ。だが、そいつはいつでも俺を裏切らず、胸に嵌まっていてくれて 〈続きを読む〉

heseの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:hese ジャンル:おそ松さん お題:去年の馬鹿 制限時間:1時間 読者:39 人 文字数:1324字 お気に入り:0人
すっごい美人、と助手席の彼女が言う。童貞でもわかる、あからさまな地雷原。しかし、その危惧を上回るほどカーテレビに映る女は魅力的だった。オードリー・ヘップバーンを 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:hese ジャンル:おそ松さん お題:ドイツ式の町 必須要素:小指の爪 制限時間:1時間 読者:115 人 文字数:1508字 お気に入り:0人
なぜ今日に限って寒さが身に沁みるのかは外に出てわかった。三日ぶりに会社から抜け出して、替えのパンツとシャツを買いにコンビニに入ったところでわかった。新年なのだ。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:hese ジャンル:おそ松さん お題:小説家の許し 制限時間:4時間 読者:114 人 文字数:4508字 お気に入り:0人
その男は新任らしい青臭さを全身から放っていた。優しさですべての心を篭絡できると信じ込んでいる、真っすぐな、キラキラした目で教壇に立ち、自己紹介を始めたとき、なん 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:hese ジャンル:おそ松さん【腐向け】 お題:くだらない朝日 必須要素:吾輩は猫である 制限時間:4時間 読者:196 人 文字数:2229字 お気に入り:0人
凍り付いていた。血の気が引いて、腰から下がゼリーのようになって、隣のくだらない若者が、とっときのアサヒビールを開けているのも咎められなかった。カラ松は頭が悪い。 〈続きを読む〉