ジャンル:Undertale お題:100の青春 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:628字 お気に入り:0人

これも一つの青春

TPルート後の地上話、サンフリ♀
※フリスクがオリキャラ要素強め注意



最近新しく買い替えた携帯電話の画面を見る。
華の女子高生の携帯にしては多少武骨ではあるが、私はこの携帯がとても気に入っている。
ただ、幾ら気に入っているとは言っても、うんともすんとも言わない待ち受け画面をただ眺めているだけでは飽きてくるというもの。

「サンズ遅いな…」

今日はサンズに何度もお願いしてもぎ取ったデートの日だ。
にも関わらず、待ち合わせ場所にサンズの姿はない。
近道(ショートカット)なんていうよく分からないけど便利な能力を持っているくせに、彼は時間にルーズだ。
まあ、一応働いているのだし(何の仕事かは知らないが)、急用が入ったのかもしれない。

暫くそのまま携帯の画面を眺めていたが、ふと見知った気配を背後に感じて顔を上げた。
その直後、視界がぶれる。

「まったく…そうやって何時間もオイラのことを待っているつもりか?」
「サンズ!!」

くるりと振り返り、抱き着く。少し冷たい骨の感触に、つい頬ずりしてしまう。
ついでに軽く辺りを見渡すと、グリルビーズのカウンターが見えた。

「だって、会いたかったんだもん。」
「オイラより、思春期の人間が過ごすべき相手は他にいるだろ?」
「私はサンズと一緒にいたいの!」

確かに普通の人間なら、今頃部活だのなんだので青春しているところだけど。
それよりも私は、私の大好きなサンズと過ごす時間を大事にしたいのだから。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
安い海 ※未完
作者:ぴょんぽん ジャンル:Undertale お題:安い海辺 制限時間:15分 読者:82 人 文字数:806字 お気に入り:0人
※人間が登場しますがfriskというよりはプレイヤー視点といったほうが良いかも 地下世界に溜まる小さな水たまりを見つめながら、人間はどうしたものかと頭を悩ませた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:水崎もあ ジャンル:Undertale お題:情熱的な愉快犯 制限時間:15分 読者:618 人 文字数:661字 お気に入り:0人
※Gルートのネタバレ注意 それは無邪気な子供だった。幸せを見届けて、そして、考えてしまったのだ。もしもすべてを壊してみたら、どうなるんだろうかと。何、見終わった 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:赤櫛 ジャンル:Undertale お題:君の事件 制限時間:15分 読者:661 人 文字数:760字 お気に入り:0人
サンズがフリスクに惚れた話嗚呼そうだ、これは問題だ。それも単純な話じゃあない。手元のケチャップを飲み干して、サンズはさも困惑していると言った様子でグリルビーに語 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぴょんぽん ジャンル:Undertale お題:鋭い妻 制限時間:15分 読者:379 人 文字数:428字 お気に入り:0人
世界が平和になった、なんていうけれど。僕の愛しい彼女は、一向にこっちを振り向いてくれていなかった。「Tory…」 ぽつり、と名前を読んでみる。しかし誰も来なか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:赤櫛 ジャンル:Undertale お題:黒尽くめの策略 制限時間:15分 読者:770 人 文字数:906字 お気に入り:2人
サンフリ息はあがりきって、足は棒みたいで、視界は涙で霞んで、それでも足を止めてはいけないと走り続ける。それが無駄な抵抗だと分かっていても、そうしなければならなか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
snow ※未完
作者:赤櫛 ジャンル:Undertale お題:冬の宿命 制限時間:15分 読者:385 人 文字数:811字 お気に入り:0人
今日はいつもより寒さが厳しいな、と皆が口々に言っている。かじかんだ手をさすりながら、私はいつものようにグリルビーの店へ向かっていた。いつでも雪に覆われているこの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター ジャンル:Undertale お題:淡いぬるぬる 制限時間:1時間 読者:193 人 文字数:2578字 お気に入り:0人
*ネタバレ注意*Pルートだよ*お題そんなに関係なくなっちゃった。(3巻が手に入らないのよね……) ゴミ捨て場に流れ着いたビデオ・ケースの外箱をながめ、Alphy 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:赤櫛 ジャンル:Undertale お題:凛としたオンラインゲーム 制限時間:30分 読者:743 人 文字数:1072字 お気に入り:0人
サンフリ「あぁもう!」失敗した。ゲーム機を投げ捨ててソファに埋もれる。これで14回目の失敗だ、もういっそ難易度を変えてしまおうか、ああでもそれは何となく嫌だなぁ 〈続きを読む〉

夢々きららの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:夢々きらら ジャンル:Undertale お題:マンネリな故郷 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:690字 お気に入り:0人
TPルート後、フラウィ「Howdy!今日は何をしているんだい?」「お、喋るお花さん!オレさま、今日はどうやったら兄ちゃんのサボり癖を治せるか考えていたんだ。」「 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夢々きらら ジャンル:Undertale お題:君と冬 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:727字 お気に入り:0人
TPルート後、地上話アンアルの日常ほのぼの「アンダインって、暑いのもダメだけど、もしかして寒いのもダメなの?」「ああ!だからスノーフルのパピルスん家に世話になっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夢々きらら ジャンル:Undertale お題:彼が愛した夫 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:726字 お気に入り:0人
※TPルート数年後、sanster(博士助手設定)前提のfrans「ガスター博士のことが知りたい」フリスクの言葉に首を傾げる。彼は何処からガスター博士のことを聞 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夢々きらら ジャンル:Undertale お題:フハハハハ!それは監禁 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:620字 お気に入り:0人
sanster、ガスサン(博士助手捏造設定)目が覚めると、いつも隣で寝ているはずのあの人がいなかった。朝は弱い癖に珍しい事があるもんだな、と上体を起こしてから、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夢々きらら ジャンル:Undertale お題:君の笑顔 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:499字 お気に入り:0人
TPルート数年後、フリ(♂)サン※フリスクがヤンデレ一緒に暮らし始めてから、貴方よりも早く起きて目が覚めるまで貴方の寝顔を眺めるのが僕の習慣になった。いつもはニ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夢々きらら ジャンル:Undertale お題:右の団地 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:688字 お気に入り:0人
TPルート後、フリ+サン「地上に移動したモンスターも多いけど、こっちで暮らしてるモンスターも結構多いね。」「ま、住み慣れた環境が一番って言うだろ?グリルビーなん 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夢々きらら ジャンル:Undertale お題:斬新な外側 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:638字 お気に入り:0人
※ガスサン(博士助手捏造設定)報告書 XX人間のソウルが使用出来ない以上、他の手段を模索する他ない。その考えのもと、私は人間に似たものを造ることとした。普通の人 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夢々きらら ジャンル:Undertale お題:たった一つの会話 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:528字 お気に入り:0人
Gルート邁進中のサンフリ♀「お前、病んでるな」目の前に対峙する少女を見つめる。別の時間軸の記憶は生憎(…幸い)持ち合わせていないが、その表情を見れば分かる。こい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夢々きらら ジャンル:Undertale お題:100の青春 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:628字 お気に入り:0人
TPルート後の地上話、サンフリ♀※フリスクがオリキャラ要素強め注意最近新しく買い替えた携帯電話の画面を見る。華の女子高生の携帯にしては多少武骨ではあるが、私はこ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夢々きらら ジャンル:東方Project お題:昼間の血液 制限時間:15分 読者:297 人 文字数:591字 お気に入り:0人
メリーは眠ることが多くなった。今日は何をしよう、何処へ行こう…そう話をしていたのに、彼女は私の家に着いて直ぐに微睡むようになった。「メリー、起きてよ。私暇なんだ 〈続きを読む〉