ジャンル:Undertale お題:悔しい昼 必須要素:もみあげ 制限時間:15分 読者:23 人 文字数:757字 お気に入り:0人

もふもふは正義

※骨兄弟捏造設定



「それじゃ、アズゴア。暫く二人をお願いするよ。」

博士がオレ達を置いて数日間ラボを留守にするのは珍しくない。
ただ、いつもはフォロワーの誰かが残っているのだが、今回は生憎全員出払ってしまっていた。
オレは大丈夫だと言ったが、オレたち兄弟だけをラボに残すのを心配した博士がオレたちの預け先として選んだのは、よりによってこの国の王様のところだった。



「ほら、パピルス。たかいたかーい。」

アズゴア王は意外と子供好きらしく、パピルスを抱き上げて遊んでくれている。
パピルスもきゃっきゃと喜んで直ぐにアズゴアに懐いていた。
その姿を横目に、オレは博士が留守にしている間の宿題として渡されていた本を読んでいたのだが…

「いたっ、いたたたた…ぱ、パピルス。」

アズゴア王の声に驚いて二人を振り返る。幾ら親しげだとは言っても王は王だ。何か粗相をしてしまったらどうなるか分かったものじゃない。
オレの目に飛び込んできたのは、抱き上げられたパピルスが丁度いい位置にあったアズゴア王のひげとももみあげとも判断つかない毛を興味深そうに引っ張ている光景だった。

「あー、パピルス。やめるんだ。」

オレの言葉に強く引っ張るのはやめつつも、手は離さない。
溜息をついて王に弁解を始める。

「パピルスがすみません。…オレもガスター博士も髪の毛や髭といったものは生えていないので、多分珍しいんだと思います。」
「ああ、そういえばそうだねえ。なら、思う存分私の毛で遊びなさい。多少の痛みは我慢するよ…」

その声にパピルスは再びきゃっきゃと声を上げて遊び始めたのだった。


なお、パピルスはアズゴア王の毛を随分気に入ったらしく、帰ってきた博士に見向きもしなかったため、博士が非常に落ち込んだのは余談だ。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
安い海 ※未完
作者:ぴょんぽん ジャンル:Undertale お題:安い海辺 制限時間:15分 読者:103 人 文字数:806字 お気に入り:0人
※人間が登場しますがfriskというよりはプレイヤー視点といったほうが良いかも 地下世界に溜まる小さな水たまりを見つめながら、人間はどうしたものかと頭を悩ませた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:moa ジャンル:Undertale お題:情熱的な愉快犯 制限時間:15分 読者:654 人 文字数:661字 お気に入り:0人
※Gルートのネタバレ注意 それは無邪気な子供だった。幸せを見届けて、そして、考えてしまったのだ。もしもすべてを壊してみたら、どうなるんだろうかと。何、見終わった 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:赤櫛 ジャンル:Undertale お題:君の事件 制限時間:15分 読者:686 人 文字数:760字 お気に入り:0人
サンズがフリスクに惚れた話嗚呼そうだ、これは問題だ。それも単純な話じゃあない。手元のケチャップを飲み干して、サンズはさも困惑していると言った様子でグリルビーに語 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぴょんぽん ジャンル:Undertale お題:鋭い妻 制限時間:15分 読者:395 人 文字数:428字 お気に入り:0人
世界が平和になった、なんていうけれど。僕の愛しい彼女は、一向にこっちを振り向いてくれていなかった。「Tory…」 ぽつり、と名前を読んでみる。しかし誰も来なか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:赤櫛 ジャンル:Undertale お題:黒尽くめの策略 制限時間:15分 読者:786 人 文字数:906字 お気に入り:2人
サンフリ息はあがりきって、足は棒みたいで、視界は涙で霞んで、それでも足を止めてはいけないと走り続ける。それが無駄な抵抗だと分かっていても、そうしなければならなか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
snow ※未完
作者:赤櫛 ジャンル:Undertale お題:冬の宿命 制限時間:15分 読者:403 人 文字数:811字 お気に入り:0人
今日はいつもより寒さが厳しいな、と皆が口々に言っている。かじかんだ手をさすりながら、私はいつものようにグリルビーの店へ向かっていた。いつでも雪に覆われているこの 〈続きを読む〉

夢々きららの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:夢々きらら ジャンル:Undertale お題:賢い独裁者 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:805字 お気に入り:0人
※サンズは博士の助手設定※ガスターがクズ※sanster博士とサンズの関係は歪だ。それは僕達フォロワーズの共通認識だった。サンズは、謂わば博士の盾だ。博士が俗世 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夢々きらら ジャンル:Undertale お題:突然の洞窟 必須要素:ラーメン 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:924字 お気に入り:0人
※TPルート数年後※フリスク+骨兄弟「サンズ、ラーメン食べたい!」唐突に叫ぶと、サンズがちゃんと反応してくれた。「オイラがラーメン屋台の店主にでも見えるか?」「 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夢々きらら ジャンル:Undertale お題:俺は君 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:613字 お気に入り:0人
※TPルート数年後※sanster前提のfrans※フリスクは男「サンズ、またここに居たの。」「フリスクか。どうした?」「ううん、サンズの姿が見えなかったから、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夢々きらら ジャンル:Undertale お題:ぐちゃぐちゃの故郷 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:730字 お気に入り:0人
※TPルート数年後※frans暗め「サンズ、お願いしたい事があるんだ。」いつになく真面目な顔で、フリスクはそう言った。オレが頷くと少しだけ安堵したような笑みを浮 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夢々きらら ジャンル:Undertale お題:恥ずかしい勇者 必須要素:1500字以上2000字以内 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:1341字 お気に入り:0人
※TPルート数年後「ねえ、アルフィー。ガスターさんとサンズが研究所で何やってるか気にならない?」ある日、うちにアニメを見に来ていたフリスクがそう言った。確かに、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夢々きらら ジャンル:Undertale お題:冷静と情熱の間にあるのは言い訳 必須要素:旧約聖書 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:950字 お気に入り:0人
※サンズはガスターの助手設定※sanster「博士、どうして麻酔掛けてくれなかったんですか。」肋骨の切除を終え、私に詰め寄るサンズ君に、予め用意していた説明を口 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夢々きらら ジャンル:Undertale お題:メジャーな作家デビュー 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:837字 お気に入り:0人
※TPルート数年後※fransその日オレは普段通りに起きて、コーヒーを入れて、パピルスを見送り、テレビを付けて、ニュース番組にチャンネルを回し、そして、驚愕した 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夢々きらら ジャンル:Undertale お題:少年のヒロイン 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:548字 お気に入り:0人
※Gルートモンスターキッドを庇い、深手を負ったアンダインを見下ろす。ああ、まさに彼にとってこの瞬間彼女はヒーローだ。目の前に塵に変わりゆく彼女を無感動に見つめる 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夢々きらら ジャンル:Undertale お題:大好きな天才 制限時間:15分 読者:23 人 文字数:659字 お気に入り:0人
※sanster捏造設定作業がひと段落したところで、くるりと椅子を回す。その先には、今日は分析がメインなのか、先程までのオレと同じようにパソコンに向かって作業を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夢々きらら ジャンル:Undertale お題:12月の経験 必須要素:新約聖書 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:699字 お気に入り:0人
※サンズはガスターの助手捏造設定「そういえば、この間やったクリスマスって結局何のイベントなんですか?」一年の締めくくりにラボを掃除しながら博士に尋ねる。このラボ 〈続きを読む〉