ジャンル:洋画 お題:男同士の愛 制限時間:4時間 読者:115 人 文字数:1164字 お気に入り:0人
[削除]

貴方が教えてくれたこと


 見守るし、味方だからと力強く宣言されたルーカスは言葉に詰まり、キッチンで珈琲をいれている男に思わず助けを求めるよ視線を向けてしまったのだが無言で流された。いい歳なのだから自分でなんとかしろと、星のタトゥーが入った頬骨の辺りからメッセージは滲み出ている。
 男の弟達が先の宣言を向けてきたのだ。ルーカスは困ってしまう。そう、自分達は”いい歳”なので、相互間に何か起きれば相互間で何とかするつもりではいたが、誰も巻き込んだりするつもりはなかったのだ。なかったのだと考えて、それは随分都合の良い話であったとルーカスは思い知った。其れは容易に切れるものではないとあんなに学んだのに。あのとき学んだのは悪い意味でだったからなんて、いいわけにはならない。
「……ありが、とう」
 なんとか搾り出すと、男の弟達二人は悪気なく照れて笑う。子供のようだ。多少、薬で脳がスポンジ状になっていても、信仰に篤い彼らがどれほどの重みでもって先の言葉を選び出してくれたかを考えれば、そう返すしかなかった。
「ありがとう」
 彼らが愛する”兄”を、預けて良いと言葉で認められて喉の奥が痛くなった。
「おい」
 突然、背中の真ん中を掌に叩かれ、飛び上がるほど驚いた。いつの間にこんなに近くにいたのだろうか。
「良い時間になってるだろ、もう帰れ」
 男の顎がルーカスの肩に乗って、彼の弟達はコクコクと素直に首が取れるんじゃないかというほど頷いている。
「ジョー、折角、久し振りなんだし一緒に食事を…」
 下準備は済ませてあるから直ぐに出来ると言いかけた、唇を唇で塞がれる。視界の端で弟達が、じゃあと小さく手を振り玄関に向かっていて居た堪れない気持ちになるのに、なのに自分から体を捻り、キスに応えてしまうのが少し悔しい。悔しかったので最近本人も多少気にしている腹部の、ぽよりと柔らかな部分を控え目にふわふわと掌で推すと、伸ばされた片手がしこたま尻を揉んできた。
「ん゛っ、ん~~~~!! んん~~~~!!!」
 DIYが趣味のひとつの力強い掌がルーカスの後頭部を掴んで離さない。ヌルヌルと、好き勝手動き回っては手が存外に柔らかな動きで動くので、渾身の力を込めて分厚い体を剥ぎ取りにかかる。
「ん…、う゛っ、…んっん…~ …ぶはっ!」
 爆弾魔が笑っている。ルーカスはそれ所ではない。やっと自由になった口から目一杯に空気を吸って、吐き出して、あんまり苦しくて浮かんだ涙がぼろりぼろりと落ちてしまった。
「も…、…苦しい!」
「直ぐ悦くなる」
 そんなことは聞いていないのにと尖らせた唇を、軽いタッチで啄ばまれる。
 この薄く澄んだ空色の目の前以外では泣くことも許すつもりがないなんて、そんなにされてはまた泣いてしまうじゃないかという不満は唇の中へと消えていった。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


見つかりませんでした。

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ぷよぷよ お題:弱い君 制限時間:2時間 読者:6 人 文字数:610字 お気に入り:0人
紫陽花組。少し腐向け注意かも。こいつは馬鹿だ。こんな時間に森に出歩くなんて。何も持たずに。家に居た私に内緒で。「気が付いて良かった…」何となく半身の部屋を見に行 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ぷよぷよ お題:急な春 制限時間:1時間 読者:7 人 文字数:366字 お気に入り:0人
紫陽花組。腐向け注意。春は好きだ。けど夏も、秋も、冬だって好きだ。冬はムシに会えないけど。いつの季節だって、君に会えることには変わりなんてないから。「もうすぐ春 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ぷよぷよ お題:僕の嫌いな私 制限時間:4時間 読者:6 人 文字数:291字 お気に入り:0人
今日も日課のムシ捕りに今日も半身を探しにナーエの森に向かう。木にハチミツを塗っていると森を歩き回っているとサクリ と草を踏む音がして振り返る先には半身が居た「お 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ダンガンロンパ お題:不幸なあそこ 制限時間:1時間 読者:7 人 文字数:1490字 お気に入り:0人
「ねぇ、苗木君…」「どうしたの、霧切さん。」「あの…」私は彼に『あの事』を告げようとするが、言葉を詰まらせる。「いや、やっぱりいいわ。じゃあ、私は自室に戻るから 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀さに おてさに お題:急なハゲ 必須要素:ヤクザ 制限時間:4時間 読者:12 人 文字数:1762字 お気に入り:0人
※刀さに♂です。カップリング要素ないです。※飽きた「ハゲた」「朝からやめてくれよ主~」 朝、小鳥のさえずりとともに俺は御手杵の元へ走った。今月の近侍担当である彼 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
無題 ※未完
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 刀さに お題:明るい屍 必須要素:複雑なストーリー展開 制限時間:30分 読者:23 人 文字数:845字 お気に入り:0人
そこに残っていたのは少女の体だった。その周りには様々な花が散りばめられている。菊と、カスミソウと、マーガレットと、そして何より彼女の名前の花が一番多かった。花 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
病人の食卓 ※未完
作者:匿名さん ジャンル:ドロ刑 お題:不本意な食堂 制限時間:30分 読者:19 人 文字数:893字 お気に入り:0人
体調を崩した。斑目勉はベッドに突っ伏しながら、自身の頭を苛む鈍痛を堪えた。原因は簡単だ、職務故の日頃の不摂生が祟ったとも、蓄積された疲れが一気に押し寄せたとも言 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:鬼灯の冷徹 鬼白 お題:栄光の傘 制限時間:30分 読者:19 人 文字数:963字 お気に入り:0人
貴人が行く。お供のさしかける大きな日よけ傘の下、真白の錦の着物に、鮮やかなうちかけ、金の刺繍が、びっしりと精細に込められた 白い帽子の下には白い顔、唇にさしか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:Axis powers ヘタリア【腐向け】 お題:栄光の靴 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:396字 お気に入り:0人
太くて角ばった指が器用に蝶々結びを作った。彼の手は魔法みたいだ。ほどけた靴紐を踏んづけて転んだせいで、俺は泥まみれだ。擦りむいた手のひらがヒリヒリと痛くって、涙 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:Fate/grand order お題:真実の眠り 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:355字 お気に入り:0人
「死んだときのことを覚えていますか?」あの橙の髪の毛の人間がそう私に問いかけてきたのは、確か竜の魔女を倒した直後、だっただろうか。女神として、たおやかに、しゃな 〈続きを読む〉