ジャンル:洋画 お題:男同士の愛 制限時間:4時間 読者:97 人 文字数:1164字 お気に入り:0人
[削除]

貴方が教えてくれたこと


 見守るし、味方だからと力強く宣言されたルーカスは言葉に詰まり、キッチンで珈琲をいれている男に思わず助けを求めるよ視線を向けてしまったのだが無言で流された。いい歳なのだから自分でなんとかしろと、星のタトゥーが入った頬骨の辺りからメッセージは滲み出ている。
 男の弟達が先の宣言を向けてきたのだ。ルーカスは困ってしまう。そう、自分達は”いい歳”なので、相互間に何か起きれば相互間で何とかするつもりではいたが、誰も巻き込んだりするつもりはなかったのだ。なかったのだと考えて、それは随分都合の良い話であったとルーカスは思い知った。其れは容易に切れるものではないとあんなに学んだのに。あのとき学んだのは悪い意味でだったからなんて、いいわけにはならない。
「……ありが、とう」
 なんとか搾り出すと、男の弟達二人は悪気なく照れて笑う。子供のようだ。多少、薬で脳がスポンジ状になっていても、信仰に篤い彼らがどれほどの重みでもって先の言葉を選び出してくれたかを考えれば、そう返すしかなかった。
「ありがとう」
 彼らが愛する”兄”を、預けて良いと言葉で認められて喉の奥が痛くなった。
「おい」
 突然、背中の真ん中を掌に叩かれ、飛び上がるほど驚いた。いつの間にこんなに近くにいたのだろうか。
「良い時間になってるだろ、もう帰れ」
 男の顎がルーカスの肩に乗って、彼の弟達はコクコクと素直に首が取れるんじゃないかというほど頷いている。
「ジョー、折角、久し振りなんだし一緒に食事を…」
 下準備は済ませてあるから直ぐに出来ると言いかけた、唇を唇で塞がれる。視界の端で弟達が、じゃあと小さく手を振り玄関に向かっていて居た堪れない気持ちになるのに、なのに自分から体を捻り、キスに応えてしまうのが少し悔しい。悔しかったので最近本人も多少気にしている腹部の、ぽよりと柔らかな部分を控え目にふわふわと掌で推すと、伸ばされた片手がしこたま尻を揉んできた。
「ん゛っ、ん~~~~!! んん~~~~!!!」
 DIYが趣味のひとつの力強い掌がルーカスの後頭部を掴んで離さない。ヌルヌルと、好き勝手動き回っては手が存外に柔らかな動きで動くので、渾身の力を込めて分厚い体を剥ぎ取りにかかる。
「ん…、う゛っ、…んっん…~ …ぶはっ!」
 爆弾魔が笑っている。ルーカスはそれ所ではない。やっと自由になった口から目一杯に空気を吸って、吐き出して、あんまり苦しくて浮かんだ涙がぼろりぼろりと落ちてしまった。
「も…、…苦しい!」
「直ぐ悦くなる」
 そんなことは聞いていないのにと尖らせた唇を、軽いタッチで啄ばまれる。
 この薄く澄んだ空色の目の前以外では泣くことも許すつもりがないなんて、そんなにされてはまた泣いてしまうじゃないかという不満は唇の中へと消えていった。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


見つかりませんでした。

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:Fate/Grand Order お題:僕の好きな消しゴム 制限時間:30分 読者:33 人 文字数:1515字 お気に入り:0人
王子!と呼び止める者のあるのを、分かっていて、聞こえていてヘクトールは走った。急いでいたからだった。手には熟れた実を一つ握りしめている。呼ぼうとして名前をうま 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:千銃士 お題:汚い土地 必須要素:右肩 制限時間:1時間 読者:9 人 文字数:438字 お気に入り:0人
世界帝による圧政が続く中 自由、尊厳を求め立ち上がったレジスタンスしかし武力の差は大きく レジスタンスを掃討すべく放たれた新型兵器により土地は穢れ レジスタンス 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:少女☆歌劇レヴュースタァライト お題:どす黒い犬 必須要素:武田鉄矢 制限時間:1時間 読者:13 人 文字数:1886字 お気に入り:0人
リビングのテレビをつけると随分と懐かしいドラマを放送していた。今後の参考にでもと思い、そのままソファに居座ると、どこからともなく甘い香りを漂わせたルームメイトが 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:テニスの王子様 お題:3月のサッカー 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:636字 お気に入り:0人
「おかしいくないっすか」 四月を目前にして、まだ冬の名残のある風に自分で暖を取ろうと肩を竦めて自分を抱きしめる。どちらかというと暑さよりは寒いほうに強いが、それ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:咲-Saki- お題:めっちゃ木 必須要素:甘栗 制限時間:30分 読者:32 人 文字数:801字 お気に入り:0人
「甘栗食べたくない?」「食べたいけど何?山から栗拾ってきたの?」秋のしずは毎日のように山へ行く。栗拾いにキノコ狩り、紅葉狩りetc..秋の山には食材がたっぷりあ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:咲-Saki- お題:めっちゃ木 必須要素:甘栗 制限時間:30分 読者:36 人 文字数:934字 お気に入り:0人
「ねえねえすこやん。すこやんの高校時代の文学祭の映像見たんだけどさ」「…は?」正直こーこちゃんが言ってることが理解できなかった。どうして彼女が私の高校時代の映像 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:咲-Saki- お題:大人の魚 必須要素: 制限時間:30分 読者:33 人 文字数:1140字 お気に入り:0人
「小鍛冶プロは出世魚ってご存知ですか?」隣で一緒に水槽を眺めている赤土さんがそう呟いた。今日は対局や解説もない普通の休日でこーこちゃんもお仕事だしお家でノンビリ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:主役は我々だ! お題:振り向けばそこに出会い 必須要素:1000字以上 制限時間:4時間 読者:25 人 文字数:2613字 お気に入り:0人
「ブゥゥゥン!」無邪気な声が聞こえる。それはお気に入りの飛行機を持って庭をかけるような幼い子供の声……などでは決してなく、背にエリトラをつけて屋上から滑空してき 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 刀さに お題:昼間の体験 制限時間:1時間 読者:14 人 文字数:984字 お気に入り:0人
これは、あるところの子孫とその守り刀の話である。最近主の様子がどうにもおかしいと話しているもの達がいた。その人らの名は、薬研藤四郎、後藤藤四郎、厚藤四郎、信濃藤 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
【腐】無題。 ※未完
作者:匿名さん ジャンル:growth。【腐】 お題:鈍い木 必須要素: 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:805字 お気に入り:0人
まもちゃん、誕生日おめでとう!涼→?衛****『空が渋滞してる。』現場は違えど、偶々二人での帰り道だった。綺麗な臙脂色の髪で目元を隠してポツリと呟いた一言に、不 〈続きを読む〉