ジャンル:洋画 お題:男同士の愛 制限時間:4時間 読者:70 人 文字数:1164字 お気に入り:0人
[削除]

貴方が教えてくれたこと


 見守るし、味方だからと力強く宣言されたルーカスは言葉に詰まり、キッチンで珈琲をいれている男に思わず助けを求めるよ視線を向けてしまったのだが無言で流された。いい歳なのだから自分でなんとかしろと、星のタトゥーが入った頬骨の辺りからメッセージは滲み出ている。
 男の弟達が先の宣言を向けてきたのだ。ルーカスは困ってしまう。そう、自分達は”いい歳”なので、相互間に何か起きれば相互間で何とかするつもりではいたが、誰も巻き込んだりするつもりはなかったのだ。なかったのだと考えて、それは随分都合の良い話であったとルーカスは思い知った。其れは容易に切れるものではないとあんなに学んだのに。あのとき学んだのは悪い意味でだったからなんて、いいわけにはならない。
「……ありが、とう」
 なんとか搾り出すと、男の弟達二人は悪気なく照れて笑う。子供のようだ。多少、薬で脳がスポンジ状になっていても、信仰に篤い彼らがどれほどの重みでもって先の言葉を選び出してくれたかを考えれば、そう返すしかなかった。
「ありがとう」
 彼らが愛する”兄”を、預けて良いと言葉で認められて喉の奥が痛くなった。
「おい」
 突然、背中の真ん中を掌に叩かれ、飛び上がるほど驚いた。いつの間にこんなに近くにいたのだろうか。
「良い時間になってるだろ、もう帰れ」
 男の顎がルーカスの肩に乗って、彼の弟達はコクコクと素直に首が取れるんじゃないかというほど頷いている。
「ジョー、折角、久し振りなんだし一緒に食事を…」
 下準備は済ませてあるから直ぐに出来ると言いかけた、唇を唇で塞がれる。視界の端で弟達が、じゃあと小さく手を振り玄関に向かっていて居た堪れない気持ちになるのに、なのに自分から体を捻り、キスに応えてしまうのが少し悔しい。悔しかったので最近本人も多少気にしている腹部の、ぽよりと柔らかな部分を控え目にふわふわと掌で推すと、伸ばされた片手がしこたま尻を揉んできた。
「ん゛っ、ん~~~~!! んん~~~~!!!」
 DIYが趣味のひとつの力強い掌がルーカスの後頭部を掴んで離さない。ヌルヌルと、好き勝手動き回っては手が存外に柔らかな動きで動くので、渾身の力を込めて分厚い体を剥ぎ取りにかかる。
「ん…、う゛っ、…んっん…~ …ぶはっ!」
 爆弾魔が笑っている。ルーカスはそれ所ではない。やっと自由になった口から目一杯に空気を吸って、吐き出して、あんまり苦しくて浮かんだ涙がぼろりぼろりと落ちてしまった。
「も…、…苦しい!」
「直ぐ悦くなる」
 そんなことは聞いていないのにと尖らせた唇を、軽いタッチで啄ばまれる。
 この薄く澄んだ空色の目の前以外では泣くことも許すつもりがないなんて、そんなにされてはまた泣いてしまうじゃないかという不満は唇の中へと消えていった。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


見つかりませんでした。

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:高崎ナル お題:今日のゲストは薔薇 制限時間:30分 読者:8 人 文字数:1012字 お気に入り:0人
「ふう…」真っ赤な椅子に居座るのは少し身分不相応なまるでスラム街の孤児のような男。ギィ…となんとも立派なドアが開き、そこから1人の可憐な少女が顔を出す。「おや。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:文豪とアルケミスト お題:愛のヒーロー 制限時間:30分 読者:19 人 文字数:612字 お気に入り:0人
愛故に守りたいと思うのは、普通の考え方だと思う。 ましてや、その愛が向かう先が成年になる最終段階を踏み始めたばかりの少女ときたら、尚更。どんな輩が牙を剥くとも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:大逆転裁判 お題:魅惑の曲 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:407字 お気に入り:0人
「ねえ、何か歌ってよ」親に捨てられた身の上というのに、イーストエンドの子供たちは夜になると子守歌をしつこくせがんだ。潤んだ大きな眼、服の裾を掴む思いのほか強い力 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 お題:間違った職業 制限時間:30分 読者:27 人 文字数:780字 お気に入り:0人
「俺は刀剣男士だ」「そうだね」「なのになんで畑仕事なんかやる必要があるんだ……」和泉守兼定はため息をついて鍬の刃先を地面にさした。まだ手をつけていなかった畑の土 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:文豪とアルケミスト お題:楽しい爆発 制限時間:30分 読者:30 人 文字数:737字 お気に入り:0人
遠くから、きゃーっ、と誰かが叫ぶ声が聞こえた。それも複数。ただその声音は、切羽詰まった助けを求めるようなものではなく、元気で楽しげなもの。それなら気にしなくても 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:スーパーダンガンロンパ2 狛日 お題:かたい雑草 必須要素:恋愛要素以外 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:921字 お気に入り:0人
「狛枝!今日はお前は草むしり当番だ!」いきなりコテージの扉を開け日向クンがそう言い放ったのは約15分前。昨日ボクはなにかやらかしただろうか。もしそのバツなのだと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:イケメン戦国 お題:天才の死 制限時間:30分 読者:10 人 文字数:769字 お気に入り:0人
知らなかった。こんな世界があること。うだるような暑さの中、家康は人里離れた山奥を一人で歩いていた。あたりに人影はなく、ただ波のような蝉の鳴き声だけが一面を覆い尽 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
母との約束 ※未完
作者:匿名さん ジャンル:ミイラの飼い方 お題:昔の母 必須要素:生理 制限時間:30分 読者:8 人 文字数:473字 お気に入り:0人
こ「空良いこと空が幼少期の時?あなたが女の子って言うことは誰にも言ってはいけないわ」空の母ひまわりは悲しそうな顔で最愛の愛娘空にそう告げた。「どうして?」空は不 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
家路 ※未完
作者:匿名さん ジャンル:A3 お題:茶色い「えいっ!」 制限時間:1時間 読者:11 人 文字数:2973字 お気に入り:0人
プツン、と音がした。それは、心が切れる音だった。目の前ではバツの悪い顔をした姉。唇を噛み締めて顔を歪めている。今にも泣き出しそうだ。「アンタが悪いんじゃないっ! 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
賞味期限 ※未完
作者:匿名さん ジャンル:D.Gray-man お題:許せない悪魔 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:407字 お気に入り:0人
誰かを愛する心に賞味期限があるように、「憎しみ」という感情にも賞味期限があるんだよ。 チャオジーがまだアニタの元で水夫の仕事をしていた頃、年老いた先輩の水夫が 〈続きを読む〉