ジャンル:チェインクロニクル お題:小さな終身刑 必須要素:受験 制限時間:30分 読者:53 人 文字数:743字 お気に入り:0人
[削除]

受験くろにくる ※未完

ここはチェンクロ学園。
ちょっぴりファンタジーな学校。
受験期を目前に控え、学園内は慌ただしさを見せている。
そして、義勇軍の皆のクラスもそれは例外ではない。

「ぐあーーー!やっぱ無理!無理だって!!」
そう叫び声を上げたのは、アラムだ。
授業後の教室内。
いつもは勢いよく駆け出していくアラムが、珍しく室内に残っていた。
理由は明確。勉強のためだ。
前回のテストで留年の危機をどうにか回避したアラムは、今度は受験という壁にぶち当たろうとしていた。
そこでユーリに勉強を教えてもらおうとしているのだった。
「なぁユーリ、ちょっと休憩しようぜ……頭が破裂しそうだ……」
アラムは机の上に突っ伏す。
そんなアラムを見て、机の向かい側に座っていたユーリは、呆れた顔をする。
「だめだ。始めてからまだ10分しかたってないぞ?」
「でもよーーーー」
机の上にはクロニクル……ではなくて青い表紙の教科書と、いまだ白紙のノートが並んでいる。
アラムの手に握られた鉛筆は、いまだその役割を果たせずにいる。
「今度のテストに合格して、俺達と一緒に進学するんだろ?」
「うー、そうなんだけどー……」
一向にペンが進まないアラムを見て、ユーリは溜息をつく。
「はぁ……わかった。今日は……ここまで終らせたら必殺技の練習にしよう。それでどうだ?」
「本当か!?」
ユーリの言葉に、アラムはぴょんと飛び起きる。
「よしっ!ならちゃっちゃと終わらせてやるぜ!」
そう言ってノートに向かって、3秒。
「うがー、やっぱわかんねー!」
「アラム……」
かなり先は長そうだ。そう腹をくくり、ユーリはペンを握り直した。
「まずこれはどうだ?」
「うーん……なんか授業でやったことはある気がする」
「これはだな……、……」

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:りりあ@アトリエコラボ待機 ジャンル:チェインクロニクル お題:夜と床 必須要素:ロードローラー 制限時間:30分 読者:640 人 文字数:825字 お気に入り:0人
「起きてー」夜なのに否夜だからこそうるさく義勇軍全体に響き渡るピリカの声「もうなんですか?ピリカ?私ぐっすり寝てたんですよ」あくびをしつつフィーナはピリカに答え 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:誰ソ彼ホテル お題:可愛い喪失 必須要素:受験 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:699字 お気に入り:0人
「むむむむむッ」 いつも通り、”ストレス発散”に付き合ってくれた塚原とカフェでくつろいでいると、何やら塚原が唸っている。「何を難しい顔をしてるんだ」 思わず苦笑 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:アイドルマスターSideM お題:近い口 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:962字 お気に入り:0人
桜庭薫のパーソナルスペースに入るのは簡単だ。そもそも最初から間近で口喧嘩できたわけだし、その後だってそうだ。つい何かと世話を焼く俺に気をよくしたのか困るとすぐに 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:キルミーベイベー お題:騙された黒板 制限時間:15分 読者:28 人 文字数:591字 お気に入り:0人
いつも通りあてもなく校内を歩いていた時のこと。「ぉ……?なんだこれ?」使われていない教室の黒板にでかでかと書かれているのは、ほぼ確実に私へ宛てたと思われる書き置 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:VOICEROID お題:純粋な武器 制限時間:1時間 読者:5 人 文字数:2315字 お気に入り:0人
その日、私は蔵の中を捜索していました。 琴葉家はそれなりにいいところの家――所謂旧家のようなものでありますので、蔵というモノを持っています。蔵にはご先祖様が使 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:アイドルマスターSideM お題:出来損ないの冤罪 制限時間:30分 読者:7 人 文字数:1195字 お気に入り:0人
「ジュンはさ、好きな人とかいる?」長机の斜向かいから飛んできた声に卵焼きを挟んだ箸が宙で停止した。「はい?」時は昼、話はさっきまでは次のライブの演出についてだっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:高崎ナル お題:今日のゲストは薔薇 制限時間:30分 読者:10 人 文字数:1012字 お気に入り:0人
「ふう…」真っ赤な椅子に居座るのは少し身分不相応なまるでスラム街の孤児のような男。ギィ…となんとも立派なドアが開き、そこから1人の可憐な少女が顔を出す。「おや。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:大逆転裁判 お題:魅惑の曲 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:407字 お気に入り:0人
「ねえ、何か歌ってよ」親に捨てられた身の上というのに、イーストエンドの子供たちは夜になると子守歌をしつこくせがんだ。潤んだ大きな眼、服の裾を掴む思いのほか強い力 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 お題:間違った職業 制限時間:30分 読者:28 人 文字数:780字 お気に入り:0人
「俺は刀剣男士だ」「そうだね」「なのになんで畑仕事なんかやる必要があるんだ……」和泉守兼定はため息をついて鍬の刃先を地面にさした。まだ手をつけていなかった畑の土 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:文豪とアルケミスト お題:楽しい爆発 制限時間:30分 読者:32 人 文字数:737字 お気に入り:0人
遠くから、きゃーっ、と誰かが叫ぶ声が聞こえた。それも複数。ただその声音は、切羽詰まった助けを求めるようなものではなく、元気で楽しげなもの。それなら気にしなくても 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:スーパーダンガンロンパ2 狛日 お題:かたい雑草 必須要素:恋愛要素以外 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:921字 お気に入り:0人
「狛枝!今日はお前は草むしり当番だ!」いきなりコテージの扉を開け日向クンがそう言い放ったのは約15分前。昨日ボクはなにかやらかしただろうか。もしそのバツなのだと 〈続きを読む〉