ジャンル:チェインクロニクル お題:小さな終身刑 必須要素:受験 制限時間:30分 読者:13 人 文字数:743字 お気に入り:0人
[削除]

受験くろにくる ※未完

ここはチェンクロ学園。
ちょっぴりファンタジーな学校。
受験期を目前に控え、学園内は慌ただしさを見せている。
そして、義勇軍の皆のクラスもそれは例外ではない。

「ぐあーーー!やっぱ無理!無理だって!!」
そう叫び声を上げたのは、アラムだ。
授業後の教室内。
いつもは勢いよく駆け出していくアラムが、珍しく室内に残っていた。
理由は明確。勉強のためだ。
前回のテストで留年の危機をどうにか回避したアラムは、今度は受験という壁にぶち当たろうとしていた。
そこでユーリに勉強を教えてもらおうとしているのだった。
「なぁユーリ、ちょっと休憩しようぜ……頭が破裂しそうだ……」
アラムは机の上に突っ伏す。
そんなアラムを見て、机の向かい側に座っていたユーリは、呆れた顔をする。
「だめだ。始めてからまだ10分しかたってないぞ?」
「でもよーーーー」
机の上にはクロニクル……ではなくて青い表紙の教科書と、いまだ白紙のノートが並んでいる。
アラムの手に握られた鉛筆は、いまだその役割を果たせずにいる。
「今度のテストに合格して、俺達と一緒に進学するんだろ?」
「うー、そうなんだけどー……」
一向にペンが進まないアラムを見て、ユーリは溜息をつく。
「はぁ……わかった。今日は……ここまで終らせたら必殺技の練習にしよう。それでどうだ?」
「本当か!?」
ユーリの言葉に、アラムはぴょんと飛び起きる。
「よしっ!ならちゃっちゃと終わらせてやるぜ!」
そう言ってノートに向かって、3秒。
「うがー、やっぱわかんねー!」
「アラム……」
かなり先は長そうだ。そう腹をくくり、ユーリはペンを握り直した。
「まずこれはどうだ?」
「うーん……なんか授業でやったことはある気がする」
「これはだな……、……」

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:りりあ@アトリエコラボ待機 ジャンル:チェインクロニクル お題:夜と床 必須要素:ロードローラー 制限時間:30分 読者:627 人 文字数:825字 お気に入り:0人
「起きてー」夜なのに否夜だからこそうるさく義勇軍全体に響き渡るピリカの声「もうなんですか?ピリカ?私ぐっすり寝てたんですよ」あくびをしつつフィーナはピリカに答え 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
辰申 ※未完
作者:匿名さん ジャンル:スタミュ お題:理想的な狼 制限時間:30分 読者:9 人 文字数:224字 お気に入り:0人
「俺、栄吾の前じゃ狼かもね」くすくすと隣で笑う息がふわりと耳をくすぐって、申渡もつられてそのままふふふと笑みを零した。「きみが狼ですか?」さらりとした金髪に宝石 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝 お題:憧れの地獄 制限時間:1時間 読者:14 人 文字数:1545字 お気に入り:0人
カリカリ、カリカリ。鉛筆が紙面を走る小気味いい音が響く静かな教室で、今日も二人の少女が芸術活動に励んでいた。冬の日が早々に落ちようとしている黄昏時、窓から入る赤 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:あんすた。【腐】 お題:黒尽くめの百合 制限時間:1時間 読者:17 人 文字数:1944字 お気に入り:0人
****ーーポーン……ーーポーン………ーーポーン…………無意識に触れた鍵盤を、虚空に響く音程はただ、無闇に月明かりにのまれていく。「……。」何時もとかわらない 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 お題:裏切りのところてん 制限時間:30分 読者:20 人 文字数:1529字 お気に入り:0人
「あつい・・・」鶴丸国永は畳にだらしなく寝転がったままつぶやいた。現在の本丸は夏の景趣だ。青々とした緑。遠くまで見渡す限りの青空。川遊びを楽しむ短刀たちの歓声。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
焼き魚 ※未完
作者:匿名さん ジャンル:釣りの朝 お題:黒尽くめのにおい 必須要素:右膝 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:247字 お気に入り:0人
♪お魚が焼けました〜♪3枚におろしました〜(!?)♪3つがそれぞれ膨らn「焼き魚は3枚におろさないだろッ!?」俺は座っていたソファから勢いよく立ち上がる。……が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
太陽の男 ※未完
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 お題:夏のあそこ 制限時間:30分 読者:24 人 文字数:1188字 お気に入り:0人
みーんみんみんみんみん甲高いセミの鳴き声が耳に障る。冷房のスイッチを入れようとがば、と身体を起こして気づく。そういえばここは家ではなかった。小さく息を吐いて眼下 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ガールズ&パンツァー お題:愛すべき馬鹿 制限時間:15分 読者:33 人 文字数:984字 お気に入り:0人
「ローズヒップは何をしているのかしら?」「……私には分かりかねます」アッサム様がポツリとつぶやきます。私達はテーブルに座り、ローズひっぴさんが紅茶を入れるのを待 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ガールズ&パンツァー お題:すごい目 制限時間:15分 読者:29 人 文字数:810字 お気に入り:0人
「どうしてアッサムだけあんなにちやほやされるのかしら」「それは……」アッサム様は聖グロの生徒達に取り囲まれ、キャーキャーと騒がれています。先日の大洗・知波単連合 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ガールズ&パンツァー お題:未熟な湖 制限時間:15分 読者:41 人 文字数:1156字 お気に入り:0人
「キャンプですわ!」 野営地に着くなり、ローズヒップさんは湖に向かってかけていきます。一応これはキャンプではなく、野営訓練という名目なのですが。 いつものごとく 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ガールズ&パンツァー お題:裏切りの誤解 制限時間:15分 読者:38 人 文字数:857字 お気に入り:0人
「オレンジペコさんっ!」 この声はローズヒップさんですね。一体どうしたというのでしょう。普段にもましてどたどたと威勢良くやってきました。 ローズヒップさんは私の 〈続きを読む〉