ジャンル:刀剣乱舞 お題:大きな決別 制限時間:1時間 読者:154 人 文字数:1251字 お気に入り:0人
[削除]

燭鶴♀ ※未完



「別れよう」
彼女がニッコリと微笑んで僕の手を握った。まさかこの目の前の美しい女性がこんな柔らかな笑みを浮かべて別れ話をしているとは周りの誰も思うまい。実際、彼女の向こう側のサラリーマンなんかは僕の手と彼女の顔を羨ましそうに交互に見ている。
今にも愛を囁きそうな温かな眼差しと違って、彼女の手は酷く冷えている。
「アイスティーのお客様」
「ああ」
離れた彼女の手を追いかけようとするのを堪え、自分のコーヒーに一先ず両手を落ち着けた。ストローを開ける彼女をじっくりと観察する。…いつもと何も変わらない。
「どうして、急に」
「ん?ああ、いやあ、そろそろ、そういう時期、だろう?」
イヤに能天気な調子で答えが返ってくる。僕は彼女のこういうところに何度も救われて、そして何度も裏切られてきた。
「光坊、私達はいつまでもこうやっているわけにはいかないんだよ」
「でもそれはずっと話していたじゃないか。もういいって、一緒にいるんだって…僕たちは…」
「ずっと一緒にいれると本気で思っていたのか」
「それは、でも…」
「思っていなかった、そうだろう?光坊、冷静になれ。この関係に未来はない。私も心苦しいんだよ。こんな良い男を一生独り占めしておくだなんて」
「違う、鶴さんは、僕に飽きたんだ」
鶴さんは困ったように笑って、ストローの袋で僕の指を突いた。
「君に関しては、飽きなんて感情、もうとっくに死んでる」
「鶴さんは僕から自由になりたいんだ。そうだろう?鶴さんを満足させられるような新しい刺激なんてこの20年何一つなかった。鶴さんはいつも…」
「確かに私も新しい世界を知りたいさ」
「じゃあ知ればいい。でも僕のところに戻ってきて」
「君、正気でいられるのかい?」
「絶対に鶴さんが帰ってきてくれるのなら」
僕の声はもう震えてしまって、目の前の彼女に届いているかどうかも分からなかった。それでも彼女は優しく微笑んで、僕の腕をさすりながら、濃い赤色の唇をゆっくりと開いた。
「ダメだ、約束出来ない」
「…どうしても、別れる気でいるんだね」
「ああ、泣かないでくれ。格好良くキメていたいんだろう?泣き落としには弱いんだ」
「そんなの今はどうだっていい」
「駄々をこねないでくれよ。いつもは良い子だろう?光忠」
「やめてくれ」
「私の弟」
「やめてくれ…」
「世界で一番愛おしいよ。光忠が生まれてからずっと傍に居たんだ。私達はもう一心同体さ」
「……姉さん、愛しているんだ」
「愛している、もちろん私もだよ。けれど私達は家族で、他人で、別の人間なんだ。このままでは二人ともダメになる」
「姉さん、新しい男が出来たの?」
「…今話す必要が?」
「当たり前だ。だって君は今までずっと僕のことを愛しているって、大切だって、セックスだって、何でも、したじゃないか…!」
「何でも叶えてやるさ。可愛い弟の願いなら」
「姉さんにとって僕はただの、弟だったのか…?」
「違う。でも今日からお前は私にとってただの弟になる」




同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:YMD ジャンル:刀剣乱舞 お題:元気な何でも屋 制限時間:1時間 読者:64 人 文字数:1481字 お気に入り:0人
さいきん兄は恋人をつくった。すこし前に知ったことで、もうずいぶんそういったことは音沙汰なかったからけっこう驚いた。兄は多少陰気じみたきらいがあるが、背は高いし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Aruco ジャンル:刀剣乱舞 お題:君のクリスマス 制限時間:1時間 読者:77 人 文字数:3491字 お気に入り:0人
「じんぐるべーる、じんぐるべーる・・・」小さく歌いながらすっかり見慣れたアパートの自室のドアを開ける。すっかり陽が落ちて、空気が冷たい。なんていったって、今日は 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Aruco ジャンル:刀剣乱舞 お題:運命の魔物 制限時間:1時間 読者:158 人 文字数:3912字 お気に入り:0人
足早に廊下を歩く音が遠のいていき、彼女はため息を吐いた。大事になると非常にやりづらい。長谷部なんかにばれればまた布団で養生しながらのお説教コースは免れないし、な 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: ジャンル:刀剣乱舞 お題:意外!それは借金 制限時間:1時間 読者:197 人 文字数:2295字 お気に入り:0人
耳に届いた微かな音は、恐らく、人の声をしていて、なんで恐らくなのかと言うとそれを声と呼んでいいのかどうかわからないほどの小さな、それは小さな、歌のようなものであ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:秋月蓮華 ジャンル:刀剣乱舞 お題:僕と子犬 制限時間:1時間 読者:211 人 文字数:2516字 お気に入り:0人
(審神者とある会話)【】上はと言うと初心者審神者を鍛える方向にシフトしたというか、英雄の居ない時の政府らしきものを作ろうとしていると審神者の少女は聞いた。特化型 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:YMD ジャンル:刀剣乱舞 お題:難しい友人 制限時間:1時間 読者:279 人 文字数:1346字 お気に入り:0人
店内はいつにもまして騒がしかった。隣席の客は揃って早くも泥酔しているらしく数十分前から互いに何を口走っているか判然としない。上司が、部下が、妻が……顔も知り得な 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:やすひと。 ジャンル:刀剣乱舞 お題:女同士の帰り道 制限時間:1時間 読者:204 人 文字数:1060字 お気に入り:0人
「女人、入山を禁ず。その掟を破ることはとうとう叶いませんでした。姉と妹は山の頂に見える寺を見上げ彼の健勝を祈り、当てのない旅路を進むことになるのです」「そんな! 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和久は備州de乱舞 ジャンル:刀剣乱舞 お題:あいつの悪人 制限時間:1時間 読者:197 人 文字数:2135字 お気に入り:0人
良心からくる躊躇いは、罪悪感の中に最後には消えてしまった。何もしないでいることはできなかった。それこそが罪のように、俺には思えてしまったから。「──敵が、多すぎ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和久は備州de乱舞 ジャンル:刀剣乱舞 お題:あいつの狼 制限時間:1時間 読者:313 人 文字数:2654字 お気に入り:1人
「これは、一体どういうことだい?」その声音は静かな怒りをたたえている。紫の長い前髪の中から覗く、翠色の瞳もまた同様であった。それらの持ち主、歌仙兼定が現在の主で 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和久は備州de乱舞 ジャンル:刀剣乱舞 お題:右の巨人 制限時間:1時間 読者:177 人 文字数:1992字 お気に入り:1人
恐怖の部屋から退散した六振りは、主が普段仕事に使っている六畳程度の和室に来ていた。もっと広い部屋はあるにはあるのだが、主いわく、この大きさが一番落ち着く広さとい 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:A3! お題:夜と深夜 必須要素:400字以内 制限時間:2時間 読者:3 人 文字数:400字 お気に入り:0人
鶯色の瞳が不思議そうに私を見つめている。今日は厄日か?そう思わずにはいられない。 今日の酒は不味かった。仲良くもない同僚と楽しくもない陰口。それらと共に飲む好 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:遊戯王ARC-V お題:フハハハハ!それは国 制限時間:30分 読者:11 人 文字数:770字 お気に入り:0人
※ユーゴ視点。統合後の話。一人の人間の中。それは一つの国のようでもあった。「すごいよこれ、ちょっとこれ見てよユーゴ」そう言いユーリは俺の前に一つの植木鉢を差し出 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:遊戯王ARC-V お題:春の誰か 制限時間:1時間 読者:13 人 文字数:1036字 お気に入り:0人
遊矢は皺一つない制服に腕を通す。まだピンと張りの強いそれは今日から中学生としての生活が始まる象徴だ。鏡で自分の姿を確認する。これからまだまだ背が高くなるのだから 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:Fate/Grand Order お題:僕の好きな消しゴム 制限時間:30分 読者:38 人 文字数:1515字 お気に入り:0人
王子!と呼び止める者のあるのを、分かっていて、聞こえていてヘクトールは走った。急いでいたからだった。手には熟れた実を一つ握りしめている。呼ぼうとして名前をうま 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:千銃士 お題:汚い土地 必須要素:右肩 制限時間:1時間 読者:11 人 文字数:438字 お気に入り:0人
世界帝による圧政が続く中 自由、尊厳を求め立ち上がったレジスタンスしかし武力の差は大きく レジスタンスを掃討すべく放たれた新型兵器により土地は穢れ レジスタンス 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:少女☆歌劇レヴュースタァライト お題:どす黒い犬 必須要素:武田鉄矢 制限時間:1時間 読者:15 人 文字数:1886字 お気に入り:0人
リビングのテレビをつけると随分と懐かしいドラマを放送していた。今後の参考にでもと思い、そのままソファに居座ると、どこからともなく甘い香りを漂わせたルームメイトが 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:テニスの王子様 お題:3月のサッカー 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:636字 お気に入り:0人
「おかしいくないっすか」 四月を目前にして、まだ冬の名残のある風に自分で暖を取ろうと肩を竦めて自分を抱きしめる。どちらかというと暑さよりは寒いほうに強いが、それ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:咲-Saki- お題:めっちゃ木 必須要素:甘栗 制限時間:30分 読者:34 人 文字数:801字 お気に入り:0人
「甘栗食べたくない?」「食べたいけど何?山から栗拾ってきたの?」秋のしずは毎日のように山へ行く。栗拾いにキノコ狩り、紅葉狩りetc..秋の山には食材がたっぷりあ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:咲-Saki- お題:めっちゃ木 必須要素:甘栗 制限時間:30分 読者:37 人 文字数:934字 お気に入り:0人
「ねえねえすこやん。すこやんの高校時代の文学祭の映像見たんだけどさ」「…は?」正直こーこちゃんが言ってることが理解できなかった。どうして彼女が私の高校時代の映像 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:咲-Saki- お題:大人の魚 必須要素: 制限時間:30分 読者:34 人 文字数:1140字 お気に入り:0人
「小鍛冶プロは出世魚ってご存知ですか?」隣で一緒に水槽を眺めている赤土さんがそう呟いた。今日は対局や解説もない普通の休日でこーこちゃんもお仕事だしお家でノンビリ 〈続きを読む〉