ジャンル:アイドルマスターシンデレラガールズ お題:俺の団欒 制限時間:15分 読者:131 人 文字数:335字 お気に入り:0人
[削除]

俺と、仲間と、プロデューサーと! ※未完

昨日は、初めてのLIVEだった。最高だった。主役ではなくバックダンサーだったし、ミスもそれなりに有った。でも、今までにないくらいに感情が高ぶった。


バックダンサーのオファーが来た。当時は、「バックダンサーか、カッコ良さそうだしやるか!」くらいの心意気だった。
動くのは得意だったから、細かいことは色々と直さなきゃダメだったけど、そこまで苦労しなかった。

そんな中、一つの壁が現れた。衣装だ。すっかり忘れていたが、一部の衣装に拒否反応を起こしてしまう体質だったので、一時はどうなることかと思った。それを巡って仲間と揉めたりもしたけど、なんとか乗り越えることが出来た。

LIVE当日、始めてステージに立った。最高だった。また、立ちたいと感じた。いや、たってやるんだ。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:どうかげP ジャンル:アイドルマスターシンデレラガールズ お題:殺された正月 制限時間:15分 読者:141 人 文字数:327字 お気に入り:0人
目を覚ますと、惨憺たる状態だった。「うぅ…頭がいたいですよ……」当たりを見渡せば、転がるビール缶、食べっぱなしのお節、それからお蕎麦の丼…。そして、佐藤心、姫川 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:まいねまいご ジャンル:アイドルマスターシンデレラガールズ お題:正しい星 制限時間:15分 読者:103 人 文字数:1212字 お気に入り:0人
「わぁ……」森久保は目をキラキラと輝かせ、夜空に広がる満点の星空を眺めていた。「プロデューサー……、星が、綺麗です」「ああ、そうだな。森久保」振り返って、功労者 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:入野井 羊 ジャンル:アイドルマスターシンデレラガールズ お題:彼と靴 制限時間:15分 読者:150 人 文字数:460字 お気に入り:0人
「明日の準備は出来てるー?」声が響く。リビングにいるお母さんだ。「今荷物の確認しててるところー!」明日は引っ越し当日。そのための準備をしている。とはいえ荷造りは 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:きなこもち ジャンル:アイドルマスターシンデレラガールズ お題:鳥の死 制限時間:15分 読者:164 人 文字数:550字 お気に入り:0人
事務所へ向かう途中に白菊ほたるは、道端で鳥の死体を見つけた。嫌なものを見てしまったと自分の不幸を呪ったが、同時に可哀想だという思いも湧き上がった。しかしほたるは 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:橙葵 ジャンル:アイドルマスターシンデレラガールズ お題:彼と誰か 制限時間:15分 読者:535 人 文字数:781字 お気に入り:0人
たとえば普通に男の子と出会って、恋なんかしちゃって、なんやかんやあって結婚して子供が生まれて、ベッドのわきに孫が立っていて、っていうのはきっと幸福な人生の一つ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:『過負何』 ◆muOlzNYfS. ジャンル:アイドルマスターシンデレラガールズ お題:有名な扉 制限時間:15分 読者:342 人 文字数:519字 お気に入り:0人
事務所の地下には大きな重い扉がある。事務所探検をした何も知らないアイドルたちが、開けようとしてちひろさんに怒られているのをしばしば見かける。なんでも、重大な物等 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:りおん ジャンル:アイドルマスターシンデレラガールズ お題:小説家の部屋 制限時間:15分 読者:377 人 文字数:408字 お気に入り:0人
さらさらと、原稿用紙に言の葉が紡がれる音だけが部屋に響く。……というのは昔の話で、今はパソコンのキーボードを打つカタカタという音が響くのが一般的らしい。ちょっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ほしこ ジャンル:アイドルマスターシンデレラガールズ お題:ひねくれたカップル 制限時間:15分 読者:466 人 文字数:964字 お気に入り:0人
じゃあ行くからね、と身を翻しかけたところで、くっと背に重力がかかった。見やると袖のあたりが後ろに引っ張られ、その方向へ視線を辿ると腕をめいっぱい伸ばした彼女が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:アズマ@ピンクさん ジャンル:アイドルマスターシンデレラガールズ お題:10の発言 制限時間:15分 読者:534 人 文字数:393字 お気に入り:0人
「ねぇ、プロデューサーにさ…イジワルしてみない?」「……イジワル?」 レッスンが終わって早々、未央は私と卯月に提案する。 息が切れていた卯月は、声を途切れ途切れ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:れんげ ジャンル:アイドルマスターシンデレラガールズ お題:オレだよオレ、監禁 制限時間:15分 読者:516 人 文字数:717字 お気に入り:0人
電話が鳴っている。どうやらちひろさんは手が離せないらしく、俺が電話対応することになった。出てみると――「オレだよオレ、監禁されてるんだけどちょっと身代金くれねぇ 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:遊戯王ARC-V お題:あいつと息子 制限時間:1時間 読者:0 人 文字数:1309字 お気に入り:0人
※ユーリ視点。統合後。僕は物心ついたときからずっとひとりだった。僕の周りにいたのはプロフェッサー、そしてデュエルの相手と言う名目の「生け贄」。なんであいつらには 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
語らい ※未完
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 お題:可愛い恋 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:319字 お気に入り:0人
付喪神として意識を持ち始めた頃の俺は、周りの物事全てが珍しく輝いて見えた。あれは何、これは何と周りの付喪神に聞いて回った。周りの者たちは何でも聞く俺が面倒にな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
【腐】無題。 ※未完
作者:匿名さん ジャンル:ツキウタ。【腐】 お題:穏やかな男 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:1536字 お気に入り:0人
****「おっ邪魔しま~す。」――変な癖で、ついつい人様の車に乗ると言ってしまうんだよなぁ~。と、眠気とその場の雰囲気で少し飲んだ微酔いで、心地の良い疲労感でふ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ヒプノシスマイク お題:免れた夜風 必須要素: 制限時間:30分 読者:31 人 文字数:1525字 お気に入り:0人
高校を出てから住み始めた家は横浜にあって、だから全然ゴミの日を覚えられないで二年か三年くらい、多分そう、三年近くは経っている。ゴミを溜めているなんてことはなく 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:Fate/Grand Order お題:平和と祖父 必須要素:北海道 制限時間:15分 読者:54 人 文字数:929字 お気に入り:0人
埼玉以北には行かないと誓った日もあった。 厚い雲に覆われて日が届かない地にいる。おろしたてのダウンをかき抱いて、セイコーマートから走る。はやく温かいホテルのロ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:Fate/Grand Order お題:アルパカの四肢切断 必須要素:ジャケット 制限時間:2時間 読者:10 人 文字数:1657字 お気に入り:0人
型落ちの薄型テレビでは夕方のニュースが流れている。民放だ、たわいも無い内容で本当にくだらない。アルパカふれあい牧場の取材カメラと差し出されたマイクに、ふっくらと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:うつたか お題:空前絶後の失望 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:618字 お気に入り:0人
「高崎ぃ!」バタバタと、宇都宮が騒がしく在来の部屋に駆け込んでくる。「どうしたんだよ、そんな急いで」珍しく焦る様子の宇都宮に視線が集まる中、高崎はなだめるように 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:BanG Dream! お題:それいけ昼下がり 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:992字 お気に入り:0人
「だからさ、こう、耳をぴょこぴょこってさせたの」「わかんねえよ! なんでそれが祝ってることになるんだ……」 時刻にして、昼を少し回った頃。いいかげんおたえへのツ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:アイドルマスターSideM お題:黄色い償い 制限時間:30分 読者:28 人 文字数:960字 お気に入り:1人
315プロダクション所属プロデューサーの俺が、葛之葉雨彦が事務所前の掃除をしているのだ、という話を事務所待機中の紅井朱雀に話したのは偶然だった。そういや朱雀、前 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:KーPOP お題:人妻の屍 必須要素: 制限時間:30分 読者:20 人 文字数:352字 お気に入り:0人
気がつくと、隣に女が寝ていた。いや、正確には死んでいた。口元に泡を吹かせていた。僕は怖くなった。身に覚えがない。すぐ横に酒があった。数本の酒が乱雑に置かれていた 〈続きを読む〉