ジャンル:ガールズ&パンツァー お題:未熟な湖 制限時間:15分 読者:41 人 文字数:1156字 お気に入り:0人
[削除]

ゆるキャン。聖グロばーじょん ※未完

「キャンプですわ!」

野営地に着くなり、ローズヒップさんは湖に向かってかけていきます。一応これはキャンプではなく、野営訓練という名目なのですが。

いつものごとく、ダージリン様のよくわからない思いつきによってわたしたちは本土の森の奥までやってきました。

ローズヒップさんはここまで来るための運転手がわりに連れてこられたのです。私、戦車で公道をこんなふうにはしったのは初めてでした。誰かに怒られないかとないしんはビクビクしていました。

「ローズヒップ!先に荷物を降ろしなさい!」
「りょうっかいですわ!アッサム様」

ローズヒップさんは広場に放たれた犬のようにスタタタと駆け回っていました。アッサム様の呼び声一つで帰って来るなんて、まさしくワンちゃんのようです。

「さ、ペコ。お茶を入れてちょうだいな」

クルセイダーから降りてきたダージリン様はなんて事もないように言います。いつもなら私だって、はいすぐに、なんて言ってこうちゃをいれるところですが、きょうばかりはそうもいきません。

「お言葉ですがダージリン様。ここにはコンロもなければかまどもありません。紅茶を飲めるのはまだまだ先かと……」

ダージリン様は驚愕の表情を浮かべます。野営訓練をしたいと言い出したのは貴女でしょうに。

私は最後まで反対したんですよ?戦車道に野営の訓練なんて必要ありませんから。

「それじゃあペコ。まずは火を起こしましょう」
「どうやってですか?私、焚き火なんてした事ないですよ?」
「それはほら、アレよ。気を集めて火をつければいいんじゃない?」

ああ、結局ダージリン様もよくわからないんですね。一応ライターやマッチはもってきていますが、そんなにかんたんに焚き火に火がつくなんてことあるわけがありません。

私達はいたって普通の女子高生なのですから。

「ダージリン様ぁ!お紅茶の準備ができましたでございますわ!」
「はっ?」
「はい?」

紅茶の準備?こんな何もない湖のほとりで?

ローズヒップさんの方に目をやると、石で囲われた焚火がパチパチと音を立てていました。

「あの、ろーずひっぷさん、これは?」
「私、こうみえてもキャンプは得意なんですの。家族でよく遊びにいきましたですし」
「……意外な特技ね」
「まさか、ローズヒップに感謝する時がくるとは思っていなかったわ」

私もびっくりです。

でwすが、これならこの野営訓練も生き残れるような気がします。ローズヒップさんはその後もテキパキとお茶の準備をしていきます。

そして、人数分のマグをとりだすと、焚き火にかけられた小型のやかんから紅茶を注いでいきます、

「あれ?」
「ん?」
「……ローズヒップ」

出てきた紅茶は、というかお湯ですね。いろn

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:松田さんかく ジャンル:ガールズ&パンツァー お題:ゆるふわな小説上達法 制限時間:30分 読者:145 人 文字数:745字 お気に入り:0人
「…ああああああああもう!!!!」夜の10時頃のアンツィオ高校学生寮、小鳥も眠る静かな夜に突然響き渡る絶叫にも似た悲鳴…というか悲鳴にも似た絶叫。寮生のペパロニ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:楢茶㌠ ジャンル:ガールズ&パンツァー お題:夜の家 制限時間:30分 読者:298 人 文字数:815字 お気に入り:1人
独り身の私にこの家は広すぎる。そう思うようになって一ヶ月が過ぎた。母が引退を表明し、私が家元を正式に継ぐことになった。妹は勝手気ままに生きているので仕方のないこ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Hal ジャンル:ガールズ&パンツァー お題:かっこ悪い汗 制限時間:30分 読者:249 人 文字数:1475字 お気に入り:0人
お嬢様、と言えば聞こえはよかった。戦車道を歩み始め気づけば高等部最高学年になっていた。常に優雅で慌てずいかなる状況でも汗一つ書かず対処する。それが私の戦車道で 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:楢茶㌠ ジャンル:ガールズ&パンツァー お題:熱いサイト 制限時間:30分 読者:374 人 文字数:1008字 お気に入り:0人
私はその小窓から世界を見る。平凡な女子の肉体では見えない格別な世界に魅せられて、砲手を務めてきた。 高校生最高精度のスナイパーなどと言われることもある。それは 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:楢茶㌠ ジャンル:ガールズ&パンツァー お題:少年のピアノ 制限時間:30分 読者:532 人 文字数:1092字 お気に入り:2人
幼いころに聴いたピアノの音を覚えている。 ピアノといっても、大仰なコンサートやパーティではなくて、実家のお屋敷で聴いたものである。 私の実家はそれなりに大きな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:楢茶㌠ ジャンル:ガールズ&パンツァー お題:マンネリなモグラ 制限時間:30分 読者:403 人 文字数:1106字 お気に入り:2人
好きです、とも付き合ってください、とも言った覚えがないのだが、いつの間にか沙織とその、何だ。恋人のような関係になっていた。 時折睦み合うことはあれど、平時は極 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:不見湍@あの子 ジャンル:ガールズ&パンツァー お題:私と湖 制限時間:30分 読者:311 人 文字数:1664字 お気に入り:1人
エリカさんは不愉快そうに大きくあくびをすると、靴を脱いでぱしゃぱしゃと湖に両足を浸しました。月の光にゆらゆらと濡れる水面に、エリカさんの白い足がそっと降ろされ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:いいぢま㌠ ジャンル:ガールズ&パンツァー お題:愛の月 制限時間:30分 読者:289 人 文字数:821字 お気に入り:0人
「月が綺麗ですねって言葉、あるじゃないですか。意味、知ってますか?」「ああ──うん。I love youの日本語訳だったっけ」 隊長の引き継ぎ業務は思っていたよ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Hal ジャンル:ガールズ&パンツァー お題:愛の月 制限時間:30分 読者:214 人 文字数:1555字 お気に入り:1人
月の綺麗さを思い出したんです。私が手紙を書こうと思ったのは些細なことでした。沙織さんが練習後に「可愛い字よりも綺麗な字のほうがモテるんだって!」と字の練習を始 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
Speak to Me ※未完
作者:鹿狩人㌠ ジャンル:ガールズ&パンツァー お題:愛の月 制限時間:30分 読者:220 人 文字数:1007字 お気に入り:0人
「月が綺麗だね」 そうわたしに言ってくれたのは二年前の秋のことだっただろうか。思い返せば、あなたは既に限界だったのかもしれない。 別にお月見をしたくてしていたわ 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
辰申 ※未完
作者:匿名さん ジャンル:スタミュ お題:理想的な狼 制限時間:30分 読者:9 人 文字数:224字 お気に入り:0人
「俺、栄吾の前じゃ狼かもね」くすくすと隣で笑う息がふわりと耳をくすぐって、申渡もつられてそのままふふふと笑みを零した。「きみが狼ですか?」さらりとした金髪に宝石 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝 お題:憧れの地獄 制限時間:1時間 読者:14 人 文字数:1545字 お気に入り:0人
カリカリ、カリカリ。鉛筆が紙面を走る小気味いい音が響く静かな教室で、今日も二人の少女が芸術活動に励んでいた。冬の日が早々に落ちようとしている黄昏時、窓から入る赤 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:あんすた。【腐】 お題:黒尽くめの百合 制限時間:1時間 読者:17 人 文字数:1944字 お気に入り:0人
****ーーポーン……ーーポーン………ーーポーン…………無意識に触れた鍵盤を、虚空に響く音程はただ、無闇に月明かりにのまれていく。「……。」何時もとかわらない 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 お題:裏切りのところてん 制限時間:30分 読者:20 人 文字数:1529字 お気に入り:0人
「あつい・・・」鶴丸国永は畳にだらしなく寝転がったままつぶやいた。現在の本丸は夏の景趣だ。青々とした緑。遠くまで見渡す限りの青空。川遊びを楽しむ短刀たちの歓声。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
焼き魚 ※未完
作者:匿名さん ジャンル:釣りの朝 お題:黒尽くめのにおい 必須要素:右膝 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:247字 お気に入り:0人
♪お魚が焼けました〜♪3枚におろしました〜(!?)♪3つがそれぞれ膨らn「焼き魚は3枚におろさないだろッ!?」俺は座っていたソファから勢いよく立ち上がる。……が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
太陽の男 ※未完
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 お題:夏のあそこ 制限時間:30分 読者:24 人 文字数:1188字 お気に入り:0人
みーんみんみんみんみん甲高いセミの鳴き声が耳に障る。冷房のスイッチを入れようとがば、と身体を起こして気づく。そういえばここは家ではなかった。小さく息を吐いて眼下 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ガールズ&パンツァー お題:愛すべき馬鹿 制限時間:15分 読者:33 人 文字数:984字 お気に入り:0人
「ローズヒップは何をしているのかしら?」「……私には分かりかねます」アッサム様がポツリとつぶやきます。私達はテーブルに座り、ローズひっぴさんが紅茶を入れるのを待 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ガールズ&パンツァー お題:すごい目 制限時間:15分 読者:29 人 文字数:810字 お気に入り:0人
「どうしてアッサムだけあんなにちやほやされるのかしら」「それは……」アッサム様は聖グロの生徒達に取り囲まれ、キャーキャーと騒がれています。先日の大洗・知波単連合 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ガールズ&パンツァー お題:未熟な湖 制限時間:15分 読者:41 人 文字数:1156字 お気に入り:0人
「キャンプですわ!」 野営地に着くなり、ローズヒップさんは湖に向かってかけていきます。一応これはキャンプではなく、野営訓練という名目なのですが。 いつものごとく 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ガールズ&パンツァー お題:裏切りの誤解 制限時間:15分 読者:38 人 文字数:857字 お気に入り:0人
「オレンジペコさんっ!」 この声はローズヒップさんですね。一体どうしたというのでしょう。普段にもましてどたどたと威勢良くやってきました。 ローズヒップさんは私の 〈続きを読む〉