ジャンル:おそ松さん お題:可愛い壁 必須要素:MD 制限時間:30分 読者:144 人 文字数:954字 お気に入り:0人

廃墟にて

 冒険ごっこをしたことはあるだろうか。格別のスリルと高揚をもたらすその遊びに、少年たちは文字通り身をすり減らして励むのだ。むろん悪童時代の松野家の六つ子たちも例に漏れず、河原や空地の土管、廃屋を駆けずり回って遊んでいた。彼らにとって河原は無限に広がる草原であった。空地の土管は秘密結社のアジトで、廃屋はモンスターの巣くう魔王城である。
 すこし歩いたところに大きなお城があるんだ、とおそ松がこっそりと伝えたとき、兄弟じゅうで反対するものなど誰一人いなかった。うわあ、すごいや、行こう行こう!ぼくらはいきり立ってこの素敵な冒険に向かったのであった。六つ子らしく、足並みをそろえて。
 お城は廃業したラブホテルであった。見たこともない調度品、心奪われる謎の機械、円形のベッド!ぼくたちは大はしゃぎで遊びまわり、そして、廃墟になってから幾人も訪れた招かれざる客人たちと同じように、ごてごてと悪趣味な部屋を破壊しつくした。
 興奮冷めやらぬままいくつもの部屋を徘徊するぼくは、遠く聞こえる兄弟の喧騒を聞きながら、引き出しを物色する。探索の仕事はぼくの得意とするところで、今回も一セットのトランプを見つけてお宝発見、ニンマリと笑う。さあ、肝心の中身を見て腰を抜かした。カードの柄はすべて金髪碧眼の男と女のポルノ写真!なまなましい肉体を蛇のようにくねらせて、様々な体位で交わる写真。女のこちらを見る目線は色に濡れ、ぼくはそのカードから目を離せなくなった。
 だから、兄がそっと近づいてくるのに気付けるはずもなかったし、あっと声を上げた、カラ松にいさんにぼくはすっかり吃驚してしまった。これが何なのかもわからぬまま、見てはいけないものを見てしまったというショックだけがぼくとカラ松の間に気まずく揺蕩っている。カラ松はぼくの手からトランプを取り上げ、ベッド脇のチェストの裏に放り込んでしまった。カラ松は当時どこまで性について知っていたのだろうか? これ以降、あのカードの話をすることはなかったし、そのあとなにもなかったかのように兄弟の喧騒に紛れたので、ついこの間までこの一件を忘れていたのだけれど、あの廃ホテルが取り壊されるまで、ぼくと兄さんだけの秘密はあの壁に確かにあったのだ。一松は今はない壁に少しだけ愛おしさを覚えた。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:りんね ジャンル:おそ松さん お題:重い地獄 必須要素:桃太郎のストーリーを自分流にアレンジ 制限時間:30分 読者:35 人 文字数:813字 お気に入り:0人
チビ太の屋台で呑んだくれた帰り道に、一松は奇妙な卵を拾った。吐こうとした電信柱の影に、白地に青のぶちの入った卵に貼り付けられた付箋と「お優しい方、どうか拾ってく 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:りんね ジャンル:おそ松さん お題:凛とした幻想 必須要素:爆弾 制限時間:30分 読者:27 人 文字数:881字 お気に入り:1人
テレビの中でニュースキャスターが緊迫した表情で噛み噛みの原稿を読み上げる。冷や汗がダラダラ流れていて、震える手にぼたりと落ちた。「本日明け方より、非常に巨大な隕 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:りんね ジャンル:おそ松さん お題:暑い海 必須要素:新約聖書 制限時間:30分 読者:27 人 文字数:600字 お気に入り:0人
目がチカチカするような夏のある日、カラ松と一松は海辺に来ていた。いや、うっかり来てしまったという方が正しいだろう。何処に行くかわからない電車に乗って、本を読んだ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:そゃーす ジャンル:おそ松さん お題:日本負傷 制限時間:30分 読者:46 人 文字数:985字 お気に入り:0人
何気なく肩に置かれた手が、気持ち悪くてしょうがなかった。低迷、漂う意識、周知の嘲笑、ぐるぐると胃の中が掻き回されそのままぶちまけられた感じ。そいつは肩からパッと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:りんね ジャンル:おそ松さん お題:素人の故郷 必須要素:靴紐 制限時間:30分 読者:47 人 文字数:764字 お気に入り:0人
もう20年近く松野家を支えてきた洗濯機がガッコンと何かが外れるような音と共にご臨終したのは今朝の出来事だ。松代は大層嘆き悲しんだが、それ以上に、まるでコメディー 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:りんね ジャンル:おそ松さん お題:自分の中の朝 必須要素: 制限時間:30分 読者:46 人 文字数:529字 お気に入り:0人
きゅーっとお猪口で辛口の日本酒を!というパッケージにつられて、ついワンカップ酒を買ってしまったのだ。しかもプラスチックのチープさ溢れるお猪口付き!これで晩酌でも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:りんね ジャンル:おそ松さん お題:薄汚いもこもこ 必須要素:甘栗 制限時間:30分 読者:51 人 文字数:891字 お気に入り:0人
皆さんはセクニャンというものをご存知だろうか。いつからいるのかわからないが、この平和極まりない赤塚に出没するようになった都市伝説に近いものだ。どうして突然こんな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:りんね ジャンル:おそ松さん お題:遅い食事 必須要素:ラジオ 制限時間:30分 読者:64 人 文字数:755字 お気に入り:0人
つっかけた便所サンダルをずりずりと引きずりながら、一松は家への帰路を歩いた。ガララと建てつけの悪い扉を開くと淡くラジオの音がする。「…ただいま」口の中で噛み砕く 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:りんね ジャンル:おそ松さん お題:12月の言い訳 必須要素:爆弾 制限時間:30分 読者:82 人 文字数:837字 お気に入り:0人
だって、だってクリスマスだぞ!?甘くて素敵な夜を過ごす奴らにプレゼントをしたくなってしまったんだ!そんな叫び声をあげたカラ松に警官は呆れた顔をし、早く連れ帰って 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:りんね ジャンル:おそ松さん お題:官能的な悪魔 必須要素: 制限時間:30分 読者:59 人 文字数:603字 お気に入り:0人
キューッ、カチ、カチ。ハザードランプが点滅する。薄汚れた工場に、真っ青でキラキラ輝くランボルギーニはびっくりするほどミスマッチだった。一松はかすむ目をかさついた 〈続きを読む〉

はちこくんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:はちこくん ジャンル:おそ松さん お題:裏切りの就職 制限時間:15分 読者:62 人 文字数:574字 お気に入り:0人
骨を食う文化がある。骨食み。骨ねぶり。ニューギニアでは死んだ族長の骨を戦士たちが食うという。極道たちは、オヤジへの敬意と、ヒットマンへの復讐を誓ってその遺骨を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:はちこくん ジャンル:おそ松さん お題:阿修羅新卒 制限時間:15分 読者:63 人 文字数:576字 お気に入り:0人
班長は凡庸な日本人であった。海外はおろか、本州すら出たことがない男には、RとLの違いがわからないのも無理のない話であった。「それじゃ一緒だ」「…ラ…ライト…」 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:はちこくん ジャンル:おそ松さん お題:苦し紛れの絵画 制限時間:15分 読者:182 人 文字数:472字 お気に入り:1人
一松が蛇口をひねると、肉塊が流れ出てきた。げえっと飛びのいた一松の目の前で、ばたばたと音を立ててシンクに跳ねる赤黒い流動体。これからも今までも水しか通すことが 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:はちこくん ジャンル:おそ松さん お題:光の小説合宿 制限時間:4時間 読者:112 人 文字数:1221字 お気に入り:0人
愛の物語は一松には書けない。砂を吐くようなでろでろの粘膜の擦りあいは他の有象無象にまかせておけばよい。……などと言える立場ではなく、今回も締め切り間近にうんう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:はちこくん ジャンル:おそ松さん お題:可愛い壁 必須要素:MD 制限時間:30分 読者:144 人 文字数:954字 お気に入り:0人
冒険ごっこをしたことはあるだろうか。格別のスリルと高揚をもたらすその遊びに、少年たちは文字通り身をすり減らして励むのだ。むろん悪童時代の松野家の六つ子たちも例 〈続きを読む〉