ジャンル:ロビジュナ お題:正しい決別 制限時間:15分 読者:134 人 文字数:1362字 お気に入り:0人

【ロビジュナ】手から離れていくのなら

「私たち、別れましょう」

カルデア内の廊下で、出会い頭にアルジュナから投げられた言葉に、ロビンフッドはゆっくりと二度、瞬きをした。アルジュナは内心で早くねたばらしのためにビリーたちが乱入してくれないかと思っていた。何のことはなく、ビリーのイカサマに気付くことなくゲームに負けてしまい、趣味の悪い罰ゲームとして、ロビンフッドへの別れ話(偽)をしてこいと命令されたのだ。ロビンフッドとアルジュナは確かに恋人同士であったけれど、アルジュナは、ロビンフッドならばこんな申し出はすぐに頷くだろう、と気が気ではなかった。常に飄々とした風体のロビンフッドは、アルジュナのどんな言葉にも揺らがないと、アルジュナは想像していた。
だからこそ、次に届いた声の色に、反応が遅れた。

「へぇ」

ぞっとするような、無色の声。
感情が抜け落ちたといっても過言ではない音。
アルジュナは知らず逸らしていた視線を持ち上げ、ロビンフッドを見ようとする。しかしロビンフッドの姿を捉えるよりも早く、肩が強かに打たれ、足払いを掛けられる。咄嗟に受け身を取ろうとしたアルジュナの両肩を掴み、馬乗りになる形でロビンフッドが体重をかけてきた。
予想だにしなかった動きにアルジュナの身体が強張る。
固い廊下に転がされ、顔を挟む形でロビンフッドの両手が床についている。フードを目深に被った姿のロビンフッドの表情は逆光と相まって、薄暗く、うまく判別できない。

「そういうこと、言っちゃうんですねぇ」
「あ、の」

アルジュナが何を言うべきか迷っている間に、ロビンフッドの右手が持ち上げられる。耳をなぞり、頬を辿り、ロビンフッドの親指がアルジュナの唇を柔らかく押す。
ふ、ふふ、とロビンフッドの口から、吐息のような笑い声が零れる。しかし、アルジュナはその音に混じった仄暗さを敏感に感じ取った。

「……オレの愛した、唯一の王。無碍に捨て置いた過去と死にましょう」

アルジュナが魔力を集中させるよりも、声を上げて誰かを呼ぶよりも早く、ロビンフッドの唇がアルジュナのそれに重なる。瞬間、流し込まれた甘さにアルジュナの身体が反射的な抵抗を示したが、全身でのしかかるようにロビンフッドがアルジュナの唇を覆い、離さない。

「ん、ぅ――ッッ!!」

呼吸がままならない。脳裏が焼ける。指先が痺れる。魔力の流れが滞留し、困惑するアルジュナを、至近距離でじっと見つめ続けるロビンフッドの瞳はただただ冷静だった。

「(あぁ、私は、この男に殺されるのか)」

先程流し込まれたものがロビンフッドお得意の毒であったことに、ようやくアルジュナは気付いた。気付いたところでどうにもならない。解毒薬を持っているのはロビンフッドだけであるし、最早アルジュナは声すら出せない。

「(……存外愛されていたのだと、そう思えるくらいには……)」

重くなった瞼を閉じたアルジュナは、次第に意識を霞ませていく。
そのため、アルジュナの霊基異常を感じ取ったマスターと数名のサーヴァントたちが駆けつけたことも、ビリーによって盛大なネタ晴らしと逆ギレの右ストレートを食らったロビンフッドのことも、大急ぎで解毒に霊基調整にと回されることになったことも、眠るアルジュナただ一人が預かり知らぬこととなったのだった。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:ツナ缶 ジャンル:ロビジュナ お題:清い年賀状 制限時間:30分 読者:149 人 文字数:927字 お気に入り:0人
思えば誰にも住所なんて聞いていないし、誰かに教えた覚えもない。アルジュナは頭を抱えた。このアルジュナとあろうものが恥ずかしい!新年の風習はこの国出身でないとは 〈続きを読む〉

梟光司の即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:やば、宇宙 制限時間:15分 読者:60 人 文字数:1427字 お気に入り:0人
ゲリラライブも大盛況のうちに終了。メンバーのテンションも(主にアストルフォが)上がり調子。マネージャーが頭を抱えていても気にしない。何故なら皆、インディーズの苦 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:ロビジュナ お題:やば、解散 制限時間:15分 読者:57 人 文字数:1498字 お気に入り:0人
どうしたのさ、マスター。ん、怖い話だって?へぇ、後輩と一緒に百怪談ねぇ。そういうのが君の故郷にはあるの?じゃあゴーストを仕留めに行った話とか?え?そういうのじゃ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:早すぎた失踪 制限時間:15分 読者:81 人 文字数:1828字 お気に入り:0人
『すまない、分かってしまったんだが』 ジークがそう言うと、みんなが一斉にジークを見ました。それこそ、新体操なら満点が出るくらいに。小次郎はジークの肩をぐいっと掴 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:今日の妹 制限時間:30分 読者:50 人 文字数:1683字 お気に入り:0人
アルジュナは頭の良い子供だった。カルナが見知ってきた、どんな子供よりも。しかし、アルジュナは子供だからこそ、その言葉の重大さに気付いていなかったともいえる。例え 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:春のエデン 制限時間:15分 読者:57 人 文字数:1821字 お気に入り:0人
「あぁ」 声が思ったよりも近い。アルジュナがそう思って振り向くと、十五センチメートルの定規よりも近い場所にカルナの瞳がある。咄嗟に後退ろうと足を引くが、実習机に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:ロビジュナ お題:重い顔 制限時間:30分 読者:87 人 文字数:1686字 お気に入り:0人
ひときわ大きなガラス窓の前で降りしきる雪を眺めているアルジュナの横顔は、まるでそこが世界の終わりのように静かだった。カルデアでは、電力を魔力として代用している。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:ロビジュナ お題:静かなお天気雨 制限時間:15分 読者:83 人 文字数:1151字 お気に入り:1人
思えば、こんなレイシフト場面は今までにも少なくなかった。天候は雷雨。視界は不良。足場は崩れやすく、敵は魔獣たち。しかし今回はどうにも運が悪かったと言わざるをえな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:ロビジュナ お題:コーヒーと料理 制限時間:15分 読者:121 人 文字数:1561字 お気に入り:0人
それは風のように、または嵐のようにカルデア内を駆け巡る。或る者は一笑に伏し、或る者は首を傾げた。果てはまたも登場人物の少女が言う。『彼を最も愛する人が、彼の一 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:遠いふわふわ 制限時間:30分 読者:80 人 文字数:3315字 お気に入り:0人
放課後、三人は短大の本棟入り口で、ネロの言う「迎え」を待っていた。孔明もアルジュナから声をかけたのだが「忙しい」とけんもほろろに突っ返された。確かに孔明はアルジ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:ナウい映画 制限時間:15分 読者:131 人 文字数:1477字 お気に入り:0人
私とカルナはアジトにしている隠れ家たちを闇夜に紛れて襲撃し、その都度に部下を開放して回った。皆、ある程度は人権を守られていたようで、私は密やかに安堵の溜め息を 〈続きを読む〉