ジャンル:アイドルマスターミリオンライブ お題:コーヒーと天井 必須要素:ヘッドホン 制限時間:15分 読者:53 人 文字数:203字 お気に入り:0人
[削除]

甘い苦み

「苦手なんだ、これ」
そういって昴から差し出された紙コップを百合子は受け取る。
うっすらと底が見える位の茶色の液体を何の飲み物だろうと首をかしげた。

スンスンと匂いを嗅いでみるが、風邪気味のせいか、判別がつかない。
昴の苦手なものが知りたくて、ほんの舌先でそっと舐めてみた。

「自信ないけど、もしかしてものすごく薄い・・・コーヒーですか?」

答えはない。ただ顔を赤くした昴が天井を仰いでるだけだった。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


見つかりませんでした。

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 お題:遅いガール 必須要素:囚人 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:775字 お気に入り:0人
俺の主は、何をやるにも遅い。「ねー主ー、まだなのー?」「ん、んー、も、もうちょっと…メイクが終わらなくって」「もう、ファンでだけでどれだけかかってるのさ!ほら、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:NEW GAME! お題:馬鹿な人間 必須要素:京都 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:1005字 お気に入り:0人
いつもと変わらない通勤時ガタンゴトンっと電車が揺れて甲高いブレーキ音を出して止まり、バシャアと扉が開く。そこの空いた入り口にドッと客が入る。その入ってくる人を凝 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
妖狐×僕SS ※未完
作者:匿名さん ジャンル:妖狐×僕SS お題:ナウい音 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:542字 お気に入り:0人
うるさいほど騒がしいラウンジも今日だけは違う。平日いつもより早く帰った凜々蝶は学友と共に宿題と向かい合う。「ちよちゃん、お腹空いた。」「今サンドイッチ食べろ!」 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:艦隊これくしょん~艦これ~ お題:誰かは道のり 必須要素:残尿感 制限時間:1時間 読者:5 人 文字数:283字 お気に入り:0人
不安で心細くて、どこを歩いているのかもわからなくなったとき、顔を上げるといつでも君の背中が目に映る。 君は僕のしるべだ。「……時雨ー、聞こえてないっぽいー?」 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:おそ松さん お題:昼間の演技 必須要素:ところてん 制限時間:30分 読者:10 人 文字数:763字 お気に入り:0人
※見方によっては腐向けっぽいです※マフィア松…らしきもの「あーぁ、死んじゃったよ」 そう云い、目の前のdead bodyを踏みつけるmy brother。実にc 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:血界戦線 お題:急な窓 制限時間:30分 読者:16 人 文字数:1290字 お気に入り:0人
レオナルド・ウォッチは衝撃とがれきの煙の中で目覚めた。「おはようございます」彼は常識的な礼儀正しい人間だったので、自宅の壁であったところをぶち破り、窓を作成した 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:魔法少女育成計画 お題:最弱の夕日 必須要素:暗黒の瞳 制限時間:30分 読者:14 人 文字数:1524字 お気に入り:0人
コートを一度撫で、ベルトの色を差し替えた。魔法で作る衣装は、美々の気分に合わせて細部を変更することができる。些細な変化ではあったが多少気が紛れた。しかし――服 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方プロジェクト お題:恥ずかしい視力 制限時間:1時間 読者:9 人 文字数:930字 お気に入り:0人
えーりん次の方ーえーりんはよぶえーりんは幻想鏡一の医者だ今日は視力検査の日で俺はえーりんに呼ばれたので診察室に入る頑張らないとなぜなら前の患者が視力9,9だから 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
【腐】無題。 ※未完
作者:匿名さん ジャンル:ツキウタ。【腐】 お題:潔白な夜 制限時間:1時間 読者:12 人 文字数:907字 お気に入り:0人
*****「この前のロケの合間に、俺が撮った写真が出来上がったって、スタッフさんが届けてくれたんだけど。みる??」Procellarumのリビングに、最後に仕事 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
【腐】無題。 ※未完
作者:匿名さん ジャンル:ツキウタ。【腐】 お題:昨日食べた話 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:2193字 お気に入り:0人
よるる誕生日おめでとう!!~の、夫婦の日(二人)に祝福あれ!健やかに穏やかな一年でありますように、祈りを込めて(合掌。***七夕の日には、照明を落として独り部屋 〈続きを読む〉