ジャンル:刀剣乱舞-ONLINE- お題:腐った猫 制限時間:15分 読者:59 人 文字数:985字 お気に入り:0人

岩膝前提、髭膝習作 ※未完

※救われない

「兄者、それはどうした。」

本丸でこそこそと動いていたらふと弟に話しかけられた。とはいえ弟はもともと僕の行動に敏感だったから隠し通せるなどと思ってはいなかったが。

「んー、なんだと思う?」

見ればわかるのに、あえてその言葉を紡いだ。僕が持っているのは蛆に食われたもう骨しか残っていない生き物の死骸。弟にはこれが何のためにあるかなどわかりはしないだろう。わからなくていい。


「小動物の遺骨……猫科か狐あたりか…?」

鋭くて困る。でもそこまで分かったとしてもどうせ僕の意図なんて分かりっこない。

「せーいかい。猫の遺骸だよ。僕が一番に見つけちゃったから埋めに行くところなの」

「……そうか、じゃあ俺もお供しよう」


これが何なのかも知らずに僕の言うことを信じてついてくる健気な弟に口元が弧を描いた。


そも、なんで僕が猫の遺骸なんて持っているのか。それは弟を理由としたものだった。

弟は僕が来てしばらくしてから本丸に来た。あいにく様僕はその時れべりんぐ? に勤しんでいたせいで弟の教育係になれなかったんだけど、かわりにかんすとして仕事がない上、旧知の仲だという岩融という薙刀にその役目が与えられた。

それだけなら別によかった。しかしことはそれだけですまなかったから僕はこんな虚しいことをする羽目になっている。

薙刀くんと弟が交際し始めたという連絡は僕にとって衝撃的なものだった。弟は僕の双剣で、半身で、対となるもので、番いで。そんな言葉にならない考えが頭を駆け巡った。


それが弟の幸せならいいんだと思い込んでも無駄だった。今まで僕につきっきりで共にいてくれた弟との時間はどんどん彼にとられていった。そうして精神のあまり安定していない頃に1匹の猫を見つけた。

弟に似ていると思った。懐いたと思ったら離れていって、自由奔放なところや猫目、警戒心が強いくせに心を許したら一気に可愛らしくなるところまで。

だから猫を弟に見立てて囲った。僕は刀だったから当然生き物の飼い方なんて知らなくって数匹死なせてしまった。今僕が持っているのもそのうちの一匹。

一匹目は食事が足りなかったのか餓死してしまった。二匹目は体が汚れたままだったせいなのか、流行り病に感染して死んでしまった。三匹目は

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞-ONLINE- お題:かっこいい熱帯魚 制限時間:15分 読者:115 人 文字数:312字 お気に入り:0人
大将が魚を買ってきた。食うのかと思ったが食用じゃなく鑑賞用だった。『えんぜるふぃっしゅ』とかいう外国の魚で、冷ためのぬるま湯ほどの水温で飼う魚らしい。大将は『う 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ささ@絵垢 ジャンル:刀剣乱舞-ONLINE- お題:私の仕事 制限時間:15分 読者:285 人 文字数:556字 お気に入り:0人
※歌さに、闇落ちした刀の破壊。 目前に立つは、何度見ても愛しきこの本丸の一口。されど彼が翳すのは忠義でなく、煌めく黒い刃。「主は後ろに」 審神者の傍に、彼が在っ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ささ@絵垢 ジャンル:刀剣乱舞-ONLINE- お題:帝王の狂気 制限時間:15分 読者:223 人 文字数:578字 お気に入り:0人
※男→←審←←←歌、殺害 彼は、王だった。「何でも僕に相談してくれ」 歌仙兼定は初期刀だった。就任したての審神者を導き、この本丸を形成した。内番の当番表、戦闘の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞-ONLINE- お題:穢された計算 制限時間:15分 読者:190 人 文字数:1818字 お気に入り:0人
「うーん、」歌仙兼定は、先ほどほつれを直したばかりの真っ白だったはずの鶴丸の衣装を見て、どうしたものかと困り果てていた。少しお茶を飲もうかと、その部屋を離れてい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ささ@絵垢 ジャンル:刀剣乱舞-ONLINE- お題:恋の諦め 制限時間:15分 読者:328 人 文字数:555字 お気に入り:0人
※歌さに(男←審←歌)、殺害、死体 審神者に男が居ると知った時。諦めよう、と思った。「でも、無理だったなあ」 審神者の頭部を抱えて歌仙兼定は笑う。体はどこかへ捨 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ささ@絵垢 ジャンル:刀剣乱舞-ONLINE- お題:不本意なゲーム 制限時間:15分 読者:365 人 文字数:827字 お気に入り:0人
※へし歌へし、死ネタ。 かり、かり。爪をやする音。「刀でも爪は伸びるんだな」 へし切長谷部がふと零す。ここは歌仙兼定とへし切長谷部の部屋。狭くなってきた本丸で、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ささ@絵垢 ジャンル:刀剣乱舞-ONLINE- お題:殺された爆発 制限時間:15分 読者:356 人 文字数:728字 お気に入り:0人
「無念だ」 審神者の死骸が転がる庭にて、歌仙兼定は物思う。天候は曇り。なれど辺りは嫌に明るい。燃える本丸。木と肉と骨の焦げた臭い。風流とは程遠い。「貴様らにこの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ささ@絵垢 ジャンル:刀剣乱舞-ONLINE- お題:素人の抜け毛 制限時間:15分 読者:317 人 文字数:808字 お気に入り:0人
廊下をすれ違いざま。へし切長谷部の鼻腔からぴんと一本の毛が生えていることに気がついた。「君、鼻毛が出てるよ」 歌仙兼定は、取り敢えず声をかけてやる事にした。あ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ささ@絵垢 ジャンル:刀剣乱舞-ONLINE- お題:苦い愛人 制限時間:15分 読者:388 人 文字数:689字 お気に入り:0人
※へし「歌仙兼定」 妙に冷たいへし切長谷部の声。「……はいはい」 ああ、これは抱くか抱かれろと言っている声だ。気付いて明日は自分が非番だった、と身を任せる。間髪 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ささ@絵垢 ジャンル:刀剣乱舞-ONLINE- お題:これはペンですか?違うわ、それは喜劇 制限時間:15分 読者:416 人 文字数:794字 お気に入り:0人
※腐向け、にっかせ、みんな死ぬ。 カリカリ。カリカリ。真夜中に響き続ける小さな音。「何を書いているんだい?」 それはペン先が紙をひっかく音。にっかり青江はその音 〈続きを読む〉

羽白@白鮭の即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:羽白@白鮭 ジャンル:刀剣乱舞-ONLINE- お題:青い結末 制限時間:1時間 読者:60 人 文字数:2226字 お気に入り:0人
髭膝習作 兄者、兄者と僕を呼ぶ弟の声が好きだった。どうしても自分の名や弟の名が今何なのかを思い出すのは苦手だったけれど、弟が泣いてしまいそうな様子をだすと、思い 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:羽白@白鮭 ジャンル:刀剣乱舞-ONLINE- お題:彼が愛した絶望 制限時間:30分 読者:113 人 文字数:1219字 お気に入り:0人
※髭膝前提の岩膝。腐表現あり。救われない ある本丸に岩融という薙刀がいた。それはかつての持ち主の弁慶の主人、義経の刀を殊更敬愛していた。それは親愛、もしくは恋愛 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:羽白@白鮭 ジャンル:刀剣乱舞-ONLINE- お題:灰色の僕 制限時間:15分 読者:92 人 文字数:905字 お気に入り:1人
髭膝習作。安定のメリバ(SS)「兄者」 そう言って僕を呼ぶ弟を認識するといつも他の……多分幻聴にかき消される。それは友切の頃の記憶であったり、分かたれたばかりの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:羽白@白鮭 ジャンル:刀剣乱舞-ONLINE- お題:腐った猫 制限時間:15分 読者:59 人 文字数:985字 お気に入り:0人
※救われない「兄者、それはどうした。」 本丸でこそこそと動いていたらふと弟に話しかけられた。とはいえ弟はもともと僕の行動に敏感だったから隠し通せるなどと思っては 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
習作 ※未完
作者:羽白@白鮭 ジャンル:刀剣乱舞-ONLINE- お題:真実の決別 制限時間:2時間 読者:72 人 文字数:980字 お気に入り:0人
髭膝(腐注意・破壊ボイスあり) かつて、弟と離れた時に作られた、僕の写しを僕は切った。それが、髭切以外の僕に与えられた名の一つである「友切」になったというのは余 〈続きを読む〉