ジャンル:Fate/GrandOrder(腐) お題:10の情事 制限時間:15分 読者:81 人 文字数:1017字 お気に入り:0人

暴君と十の夜 ※未完

 一度目は、彼から誘われた。元々性に奔放な古代人である。大した抵抗もなく抱いたのだが、なんと相手は処女だった。男に対してその言葉で表していいのかはわからないが、とにかく抱かれるのは初めてだったのだ。
 しかしそれもそのはずである。彼は、オジマンディアスは太陽の化身とも呼ばれる至高の王だ。その身を暴く相手など、生前からしているものか。
 では何故自分がその相手に選ばれたのかわからぬままに、アーラシュは二度目の誘いを受けていた。今度は断ろうと思ったのだが、それでも一度目のあの感覚が忘れられずに結局同衾していた。
 端的に言って、相性が良かったのである。体の。
 純粋な少年少女たちに知られれば、爛れていると軽蔑されそうなものだが、古い人間なんてそんなものだ。しかも今はサーヴァントの身、多少の無茶はまかり通ってしまう。
 そうこうしている内に、三度、四度、と繰り返して。今夜はアーラシュの記憶が正しければ十度目になるはずだ。
「なあ、兄さん」
 褥に押し倒され、乗り上がられている状態でアーラシュは問いかける。場所はオジマンディアスがよく引きこもっているシミュレーター内、その寝室。彼の許しがなければ誰の邪魔も入らぬ空間である。
 不意に声をかけられたからか、オジマンディアスは小首を傾げて「ん?」と応えた。成長の余地を残した細い首筋に新しい影が浮かんで、何故だか無性にいやらしい。
 意識が逸れそうになったのを無理矢理引き戻して、アーラシュは小さく咳払いした。
「……今更なんだが、どうして俺なんだ?」
「何がだ」
「だから……何で俺に抱かれるのかって」
 今夜こそは、聞いておきたかったのだ。素朴な疑問だった。彼ほどの男であれば、他にも相手はいるだろうに。
 そう問いかけると、オジマンディアスはきょとりと一度目を見開いた後で盛大に笑った。腹を抱えて涙を浮かべるほどの大笑いだった。
「フ、ハッハッハ!! ハハ、貴様、何を。フハ、笑わせるな……フハハハ!!」
 別に笑うところじゃなかろうに、と思いつつ見上げていれば、涙を拭いながらオジマンディアスが上体を傾げてくる。鼻先が触れるほどの距離になって、いまだ肩を震わせながら、彼はじっとアーラシュの瞳を覗き込んだ。
「視ればよかろう、その千里眼で」
「不敬、だろ?」
「佳い。許す。疾く見よ」
 それは絶対的な命令だった。ぐ、と息を呑んで、アーラシュはその言葉通りに視界を開いた。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
炎の海に立つ ※未完
作者:隻蘭 ジャンル:Fate/GrandOrder(腐) お題:死にぞこないの事件 制限時間:15分 読者:102 人 文字数:559字 お気に入り:0人
「キャスター」 呼びかける声に、しかし無言で応える。「背を向けたままでいいのか?」 このまま○すこともできるぞ、と奴は言外に告げている。 お前に殺されるならそれ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:隻蘭 ジャンル:Fate/GrandOrder(腐) お題:臆病な男 制限時間:15分 読者:94 人 文字数:470字 お気に入り:0人
「アーチャー」 名を呼ぶ声に、思わず肩を揺らした。「……なんだね。私はこれからマスターについて種火集めをしなければならないのだが」 できるだけ声を震えさせないよ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
心中 ※未完
作者:隻蘭 ジャンル:Fate/GrandOrder(腐) お題:男同士の死 制限時間:15分 読者:167 人 文字数:541字 お気に入り:0人
ごぼり、と血を吐きだした。 元より紅い呪いの朱槍は俺とヤツ、二人分の血を浴びてより一層禍々しくなっていた。「き、さま――」「仕方ねぇだろ、万全の状態でもないの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:たな@今日誕生日だからマシュマロください ジャンル:Fate/GrandOrder(腐) お題:苦いガール 制限時間:1時間 読者:24 人 文字数:1598字 お気に入り:0人
あなたはとても苦いのです。あなたはとても苦くて、私の胸を苦しめるのです。「あれ?」と、以蔵の手元を覗き込んで、龍馬が驚いたような声をあげた。「以蔵さん、コーヒー 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:たな@今日誕生日だからマシュマロください ジャンル:Fate/GrandOrder(腐) お題:光の彼氏 制限時間:1時間 読者:29 人 文字数:1418字 お気に入り:0人
ハ、と以蔵さんは嗤う。心底バカにしたように、全くつまらない男だと断じたように、思い切り見下して、ハ、と短く、嗤う。二人で何かくだらないことを思いついた時のような 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
請け負い始末 ※未完
作者:たな@今日誕生日だからマシュマロください ジャンル:Fate/GrandOrder(腐) お題:商業的な屍 制限時間:30分 読者:35 人 文字数:495字 お気に入り:0人
以蔵の職業は殺し屋である。本人は人斬りを自負しているが、その名の通り主要武装は日本刀と定め譲らないが、まあ、○すことを生業にするのに相違はない。依頼は粛清であっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:Fate/GrandOrder(腐) お題:勇敢な体 制限時間:30分 読者:43 人 文字数:1122字 お気に入り:0人
槍弓「ヘマすんじゃねーぞ」「君に言われたくはないな。あの魔獣と違わないその猪突猛進ぶりには驚かされる。…ああ、君は猪ではなくフリスビーに飛びつく犬だったかね?」 〈続きを読む〉

恵衣の即興 二次小説


ユーザーアイコン
暴君と十の夜 ※未完
作者:恵衣 ジャンル:Fate/GrandOrder(腐) お題:10の情事 制限時間:15分 読者:81 人 文字数:1017字 お気に入り:0人
一度目は、彼から誘われた。元々性に奔放な古代人である。大した抵抗もなく抱いたのだが、なんと相手は処女だった。男に対してその言葉で表していいのかはわからないが、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:恵衣 ジャンル:アニメK お題:急な借金 必須要素:やかん 制限時間:15分 読者:158 人 文字数:1088字 お気に入り:0人
欲しいものが出来た。そんな瞬間に気になるのは財布の中身である、というのは今や一昔前の話だ。誰でも持っているタンマツでぴぴっと一発、それで清算が済んでしまうのだ 〈続きを読む〉