残念でした

足元で蠢いていた黒い靄がビルの感情に共鳴して彼に群がり纏わりついた。憎悪、怒り、果たせなかった無念が糧となり勢いを増した黒い靄が白銀色の衣装を真逆の色で覆い隠す。
夜の暗がりに視界を全て遮られる寸前、ビルは静かに右手を前に突き出した。突き出した先、あの忌々しい悪夢が這出ようとしている場所に手を重ねやおら指を閉じる動きに合わせ纏わりついていた黒い靄が形を成し彼の手に収まった。冷たく硬い鉄の感触。質量を伴った黒い靄は鈍く輝き、白銀色の衣装も黒い靄が一か所に纏まったお陰で元の色に戻った。
「”はじめて”ダメージらしいダメージを与えたものを選ぶとは実に君らしい」
空を幾度か裂き感触を確かめるビルに壮年の道化師が生々しい笑みを浮かべた。細長く鋭利な先端を一頻り眺めた後、闇の大口から今まさに顔を覗かせた忌々しい悪夢を殺意と復讐心に彩られた金色の瞳が視界に捉えた。嘗ての仲間を思い遣り弟を愛した青い瞳の面影は欠片一つ残ってやいない。
「おや?目覚めの時に誰かに出迎えられるなんてはじめてだ」
唇を尖らせて笑う不気味な笑顔。背に隠した鉄柵を掴んだビルの手に力が入る。一歩また一歩確実に距離を縮めるビルを見詰める飄々とした金色の瞳は一時も彼から逸らされず。
「しかも私と同じ衣装!これは何かのサプライズかい?」
大口から身を乗り出す間、片時も目を逸らさず見続けていた。
視界の高さが逆転しようともビルの瞳に迷いの色は浮かばない。力が入り過ぎ戦慄く右手が叫ぶ。はやくはやくこの人食い悪魔の息の根を止めたいと震え訴え、失いたくなかった弟の命を今度こそ救えと慟哭する。
後方で佇む壮年道化師の瞳が怪しく輝いたのを皮切りにビルが後ろに隠し持っていた鉄柵を振り上げた。



「──でも、駄目じゃないかビル。こんな面白くない贈り物を私に寄越そうとするなんて」
身の毛がよだつほど夥しい情欲に彩られた”それ”の声が一瞬ビルの動きを封じた。
壮年道化師の顔が俄かに曇り出し、間を置いてビルも”それ”の脳天目がけ鉄柵を振り下ろしたが軽快な動きで避けられてしまった。
大袈裟な態度で避ける”それ”に壮年道化師の目から静かに熱が消え冷えていく。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


見つかりませんでした。

チクチク目打ちの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:ポケットモンスターBW お題:大好きなぬくもり 制限時間:30分 読者:12 人 文字数:1019字 お気に入り:0人
すっかり温くなったジュースの缶を両手で握りしめ俯き項垂れる子供を見下ろす内に此方の溜飲が下がるというもの。叱られた子供よろしく肩を竦め時折上目遣いで様子を窺う様 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:ポケットモンスターBW お題:今日の妻 制限時間:2時間 読者:10 人 文字数:2359字 お気に入り:0人
忘れたことが分かるならまだいい。忘れたというのを理解できているから。問題は忘れたこと自体忘れてしまって分からなくなってしまうこと。きっと今自分の身に起きているこ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:ゼルダの伝説 お題:哀れな祝福 制限時間:1時間 読者:74 人 文字数:1126字 お気に入り:0人
そう遠くない、なるかもしれない未来。と、いったところでそれが一体何百年、何千年後なのか、もしかしたらすぐ近い未来なのか、はたまた別次元の過去なのか分からない。皮 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:ONE PIECE お題:栄光の殺し 制限時間:30分 読者:176 人 文字数:487字 お気に入り:0人
どこまで本気で、どこまでが冗談なのか。ふざけているとしか思えない行いは常に割り切っていなければ振り回されるのがオチだ。今更ながら掻いた胡坐の中で高いびきをして眠 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:IT/イット “それ”が見えたら、終わり。 お題:黄色い接吻 制限時間:30分 読者:57 人 文字数:627字 お気に入り:0人
くすみ切った白い夢がひたひた足音を立てやってくる。熱が入り過ぎて役になり切っているのか。それとも別の何かが憑依して体を操り心を支配しているのか。撮影の合間。次の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:ポケットモンスターBW2 お題:栄光の殺し 制限時間:30分 読者:64 人 文字数:1226字 お気に入り:0人
朝露滴る緑の絨毯が屋根一面を覆い隠し、朽ちるか朽ちないかの瀬戸際で鬩ぎ合っている石柱の間を潜り抜け、昔は人の活気で賑わっていただろう廃れた町並みを歩く。耳を澄ま 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:IT/イット “それ”が見えたら、終わり。 お題:遠いガール 制限時間:30分 読者:76 人 文字数:604字 お気に入り:1人
白い手袋が頬を包み撫ぜる感触はどちらかと言えば嫌いじゃない。少し毛羽立った布地が耳の縁をなぞる。こそばゆくて首を竦めようとすればその隙間に白い手袋が先回りして肩 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:IT/イット “それ”が見えたら、終わり。 お題:振り向けばそこに深夜 制限時間:1時間 読者:87 人 文字数:908字 お気に入り:1人
足元で蠢いていた黒い靄がビルの感情に共鳴して彼に群がり纏わりついた。憎悪、怒り、果たせなかった無念が糧となり勢いを増した黒い靄が白銀色の衣装を真逆の色で覆い隠す 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:約束のネバーランド お題:彼が愛した快楽 制限時間:1時間 読者:68 人 文字数:1109字 お気に入り:0人
変わり映えのない日々、手応えの全くない日々をたった一瞬で塗り替える鮮烈と期待に心が躍る。突如現れた一人の子供。その的確な指示が手緩い狩猟の終わりを告げる。待ち望 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:IT/イット “それ”が見えたら、終わり。 お題:清い壁 制限時間:30分 読者:106 人 文字数:709字 お気に入り:1人
糞尿が入り混じった汚水の匂いと屍肉が放つ腐臭のブレンドは一度服に染み着いたら中々取れない。触っただけで火傷するネバネバした糸に触れぬよう一定の距離を保つ。一本で 〈続きを読む〉