ジャンル:カルジュナ お題:やば、電話 制限時間:15分 読者:226 人 文字数:1717字 お気に入り:0人

【カルジュナ】ショタスナイパーxボス5

カルナと私の均衡が崩れたのは、奇しくも第三者たる存在が引き金となった。
その日、私は珍しくスケジュールが崩れ、私用で繁華街へ出ていた。カルナに年相応の格好を、とブティックを練り歩いていたからだ。カルナは私たちの着るようなスーツが欲しいとしきりにねだっていたが、私はカルナにそれはまだ早すぎると思った。久しぶりに自分で運転した車で、自身の屋敷に戻ってみれば、そこには凄惨たる光景が広がっていた。
屋敷と呼ぶには小さい家だった。それでも両開きの扉から入った先のロビーの明るさは気に入っていたし、小さな庭に伸びる草花の青々とした輝きを眺めながら外出するのも好ましく思っていた。そして中に仕える数人の使用人は、私の職業を知っても尚、何も口外することなく平等に、公平に、雇い主への敬意を表してきた数少ない者たちだった。
そう、だった。
今、私の革靴が踏んでいるのは彼らの流した夥しい量の血液であり、それは絨毯に染み込み、これから酸化して、まるで炭もかくやという色に変化していくことだろう。私は自室への扉を開ける。
使用人長が、そこで頭を撃たれ、命の灯を消し去られていた。
私は使用人長に近付き、そっと瞼を閉じてやる。

壁に、床に広がっただろう血を使って、メッセージが書かれていた。
『今宵、シチリアの浜辺でお待ちしております』と。
そしてその下に、数名の、私の直属の部下の名前があった。彼らの命を握っているぞ、という意味だろう。拉致、だけで済んでいるのならば良いが。

このやり方には覚えがあった。我らがファミリーのボスが、自分の脅威となるだろう部下を潰すときに使う手だった。
私も何度かその作戦を手伝ったことがある。良き同僚も居た。良き部下も居た。だが、マフィアにおける鉄の掟は絶対であり、ボスが死ねと言えば死なねばならない。そういう世界で生きていることを、今、私は久方ぶりに思い出したのだろう。指先に火が灯っているように熱い。これは憤怒だ。何故彼らが、彼女らが死なねばならない。自分の務めを果たしていただけの、勤勉な人々をこうして殺す必要があったのだろうか。
私が目障りになったのならば、私をそのまま殺せばいい。

このまま指定の場所へ行ったところで、ボスに捨てられた私には皆、こぞって銃弾を撃ち込んできて、それで終わりだ。しかし、部下を見殺しにはできない。ボスは、人質をターゲットの目の前で殺すのが好きなのだ。だからこそ、部下たちはまだ殺されてはいまい。

「アルジュナ」

カルナの声が耳に入る。そうだ。この屋敷に入る前から意識の外にあったが、カルナはこの惨状に怯え、恐怖してはいないだろうか。
振り向いた私を、カルナの、常日頃から貼り付けている無表情が迎え撃った。
そしてカルナは、その細く、しなやかな体を目いっぱいに使って、銃火器をこれでもかというくらいに背負っている。ゆらり、とカルナの髪先から、燐光のような火花が散ったように感じた。

「これを」

何かを放られ、咄嗟に受け取る。カルナが投げてきたのは、ワルサーP5。空の薬莢が左に排出される、珍しいタイプの拳銃だ。私は両利きである、と公言しているが、元は左利きだ。右利き用としてのベレッタやH&Kも使いにくくは無かったが、手に馴染むかと問われれば、否。
カルナは私がワルサーを手に馴染ませる姿をじっと見つめていた後、ふっと唇を綻ばせた。

「オレが忠犬であることを示す良い機会だ」
「その言葉は……もう、修正を諦めましょう。ですがカルナ、貴方のような子供を、流石に死ぬと分かっている場所へ連れていくことはできませんよ。私のみでは子供一人といえど、守り切ることは難しい」
「そうではない」

きっぱりとカルナは言い切る。それからサブマシンガンのグリップの固さを確かめながら、胸部ホルスターと腰部ホルスターも片手で装着する。

「いいか、アルジュナよ。オレがお前を守るのだ。お前を絶対に死なせん」

ショットガンを背負い直しながら、カルナは言い切る。それが絶対の運命であるかのように。

「オレの愛を信じろ、などとは言わん。ただオレの愛に平伏するものだけを目に焼き付けるがいい」

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


見つかりませんでした。

梟光司の即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:高い扉 制限時間:15分 読者:44 人 文字数:1868字 お気に入り:0人
「というわけで家出してきました」「お帰りやがってください」「なんでです!?」キャリーケースを引き連れてアパートメントの階段を上ってきたアルジュナを認め、開口一番 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:冬のジジィ 制限時間:15分 読者:59 人 文字数:1819字 お気に入り:0人
この上なくスムーズに着陸し、おざなりな見送りを受けた後、空港近くのホテルへと向かう。ホテルのドアを潜るまではあくまで職務中のため、手を繋ぎたくても繋げないのが、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:情熱的な小説 制限時間:15分 読者:68 人 文字数:1333字 お気に入り:0人
自動操縦へと切り替わり、あとは互い違いに確認を行いながら適宜微細な修正を行っていくだけだ。アルジュナはシートベルトを外し、コーヒーを淹れるために席を立った。空の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:ラストは想い 制限時間:15分 読者:83 人 文字数:1584字 お気に入り:0人
微弱な振動を感じる。この離陸直前の振動を、カルナはもっとも好ましく思っていた。旋回し、水平を保つ頃には既に町など眼下のミニチュアだ。左翼がしなり、繋ぎとなってい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:ロビジュナ お題:これはペンですか?違うわ、それは人体 制限時間:15分 読者:68 人 文字数:1265字 お気に入り:0人
わたくし、子狐を一匹、飼っておりました。それはたいそう賢く、また人づきあいもよく愛嬌もあり、私がふいと目を離したと思えば、やれ羊の毛を刈う手伝いをしてきただの、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:ロビジュナ お題:生きている黒板 制限時間:15分 読者:68 人 文字数:1534字 お気に入り:0人
「何してるんです?」「…………何も」アルジュナが俺の部屋にやってきた。ガッタンゴットンと荒々しくひっくり返して掃除をしたばかりの俺の部屋にやってきた。両隣が空き 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:謝罪探偵すまないさん お題:オチは風 制限時間:15分 読者:65 人 文字数:1286字 お気に入り:0人
「探偵さんはさがしものもとくいですか?」アルジュナがそう言いながら探偵事務所を訪ねてきたのがついさっき。探偵さんはアルジュナにあたたかいココアを出して飲むように 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:ロビジュナ お題:小説の会話 制限時間:15分 読者:67 人 文字数:1434字 お気に入り:0人
「いや、」俺が言いよどんでいると、アルジュナは少し俯き、眉を下げた。こんな時にどういう反応をすればいいのかと迷っているようでもあったし、裁きを待つ罪人のようでも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:ロビジュナ お題:有名な喜び 制限時間:15分 読者:48 人 文字数:1238字 お気に入り:0人
俺がアルジュナと出会ったのは、ある意味で偶然を重ねた上での必然だった。サーヴァント時代の記憶を有していると気付いたのは、物心も着く前だった。むしろ生まれ落ちた瞬 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:FGO お題:鈍い奈落 制限時間:15分 読者:95 人 文字数:793字 お気に入り:0人
あぁ痛いなちくしょう。なんだってほんと、オレなんかが世界を背負っちまったんだろうな。平凡が服着て歩いてるような現代日本の中流家庭の次男でさ、こんな血とか煙とか剣 〈続きを読む〉