ジャンル:カルジュナ お題:やば、電話 制限時間:15分 読者:128 人 文字数:1717字 お気に入り:0人

【カルジュナ】ショタスナイパーxボス5

カルナと私の均衡が崩れたのは、奇しくも第三者たる存在が引き金となった。
その日、私は珍しくスケジュールが崩れ、私用で繁華街へ出ていた。カルナに年相応の格好を、とブティックを練り歩いていたからだ。カルナは私たちの着るようなスーツが欲しいとしきりにねだっていたが、私はカルナにそれはまだ早すぎると思った。久しぶりに自分で運転した車で、自身の屋敷に戻ってみれば、そこには凄惨たる光景が広がっていた。
屋敷と呼ぶには小さい家だった。それでも両開きの扉から入った先のロビーの明るさは気に入っていたし、小さな庭に伸びる草花の青々とした輝きを眺めながら外出するのも好ましく思っていた。そして中に仕える数人の使用人は、私の職業を知っても尚、何も口外することなく平等に、公平に、雇い主への敬意を表してきた数少ない者たちだった。
そう、だった。
今、私の革靴が踏んでいるのは彼らの流した夥しい量の血液であり、それは絨毯に染み込み、これから酸化して、まるで炭もかくやという色に変化していくことだろう。私は自室への扉を開ける。
使用人長が、そこで頭を撃たれ、命の灯を消し去られていた。
私は使用人長に近付き、そっと瞼を閉じてやる。

壁に、床に広がっただろう血を使って、メッセージが書かれていた。
『今宵、シチリアの浜辺でお待ちしております』と。
そしてその下に、数名の、私の直属の部下の名前があった。彼らの命を握っているぞ、という意味だろう。拉致、だけで済んでいるのならば良いが。

このやり方には覚えがあった。我らがファミリーのボスが、自分の脅威となるだろう部下を潰すときに使う手だった。
私も何度かその作戦を手伝ったことがある。良き同僚も居た。良き部下も居た。だが、マフィアにおける鉄の掟は絶対であり、ボスが死ねと言えば死なねばならない。そういう世界で生きていることを、今、私は久方ぶりに思い出したのだろう。指先に火が灯っているように熱い。これは憤怒だ。何故彼らが、彼女らが死なねばならない。自分の務めを果たしていただけの、勤勉な人々をこうして殺す必要があったのだろうか。
私が目障りになったのならば、私をそのまま殺せばいい。

このまま指定の場所へ行ったところで、ボスに捨てられた私には皆、こぞって銃弾を撃ち込んできて、それで終わりだ。しかし、部下を見殺しにはできない。ボスは、人質をターゲットの目の前で殺すのが好きなのだ。だからこそ、部下たちはまだ殺されてはいまい。

「アルジュナ」

カルナの声が耳に入る。そうだ。この屋敷に入る前から意識の外にあったが、カルナはこの惨状に怯え、恐怖してはいないだろうか。
振り向いた私を、カルナの、常日頃から貼り付けている無表情が迎え撃った。
そしてカルナは、その細く、しなやかな体を目いっぱいに使って、銃火器をこれでもかというくらいに背負っている。ゆらり、とカルナの髪先から、燐光のような火花が散ったように感じた。

「これを」

何かを放られ、咄嗟に受け取る。カルナが投げてきたのは、ワルサーP5。空の薬莢が左に排出される、珍しいタイプの拳銃だ。私は両利きである、と公言しているが、元は左利きだ。右利き用としてのベレッタやH&Kも使いにくくは無かったが、手に馴染むかと問われれば、否。
カルナは私がワルサーを手に馴染ませる姿をじっと見つめていた後、ふっと唇を綻ばせた。

「オレが忠犬であることを示す良い機会だ」
「その言葉は……もう、修正を諦めましょう。ですがカルナ、貴方のような子供を、流石に死ぬと分かっている場所へ連れていくことはできませんよ。私のみでは子供一人といえど、守り切ることは難しい」
「そうではない」

きっぱりとカルナは言い切る。それからサブマシンガンのグリップの固さを確かめながら、胸部ホルスターと腰部ホルスターも片手で装着する。

「いいか、アルジュナよ。オレがお前を守るのだ。お前を絶対に死なせん」

ショットガンを背負い直しながら、カルナは言い切る。それが絶対の運命であるかのように。

「オレの愛を信じろ、などとは言わん。ただオレの愛に平伏するものだけを目に焼き付けるがいい」

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


見つかりませんでした。

梟光司の即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:春のエデン 制限時間:15分 読者:22 人 文字数:1821字 お気に入り:0人
「あぁ」 声が思ったよりも近い。アルジュナがそう思って振り向くと、十五センチメートルの定規よりも近い場所にカルナの瞳がある。咄嗟に後退ろうと足を引くが、実習机に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:ロビジュナ お題:重い顔 制限時間:30分 読者:40 人 文字数:1686字 お気に入り:0人
ひときわ大きなガラス窓の前で降りしきる雪を眺めているアルジュナの横顔は、まるでそこが世界の終わりのように静かだった。カルデアでは、電力を魔力として代用している。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:ロビジュナ お題:静かなお天気雨 制限時間:15分 読者:48 人 文字数:1151字 お気に入り:1人
思えば、こんなレイシフト場面は今までにも少なくなかった。天候は雷雨。視界は不良。足場は崩れやすく、敵は魔獣たち。しかし今回はどうにも運が悪かったと言わざるをえな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:ロビジュナ お題:コーヒーと料理 制限時間:15分 読者:73 人 文字数:1561字 お気に入り:0人
それは風のように、または嵐のようにカルデア内を駆け巡る。或る者は一笑に伏し、或る者は首を傾げた。果てはまたも登場人物の少女が言う。『彼を最も愛する人が、彼の一 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:遠いふわふわ 制限時間:30分 読者:54 人 文字数:3315字 お気に入り:0人
放課後、三人は短大の本棟入り口で、ネロの言う「迎え」を待っていた。孔明もアルジュナから声をかけたのだが「忙しい」とけんもほろろに突っ返された。確かに孔明はアルジ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:ナウい映画 制限時間:15分 読者:103 人 文字数:1477字 お気に入り:0人
私とカルナはアジトにしている隠れ家たちを闇夜に紛れて襲撃し、その都度に部下を開放して回った。皆、ある程度は人権を守られていたようで、私は密やかに安堵の溜め息を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:意外!それはコメディ 制限時間:15分 読者:102 人 文字数:1473字 お気に入り:0人
人質を取られているというのに、一切の躊躇を感じさせない私たちに、予想が外れたとばかりに集まっていた下っ端たちが霧散していく。私はふと思い出したように手榴弾を取り 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:美しいネット 制限時間:15分 読者:106 人 文字数:1354字 お気に入り:0人
カルナの言葉は、何故かすんなりと私の中に着地した。「行くぞアルジュナ」「……せめて、年上として敬う態度を、と叱りたいところですが、今はやめておきましょう」私は屋 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:やば、電話 制限時間:15分 読者:128 人 文字数:1717字 お気に入り:0人
カルナと私の均衡が崩れたのは、奇しくも第三者たる存在が引き金となった。その日、私は珍しくスケジュールが崩れ、私用で繁華街へ出ていた。カルナに年相応の格好を、とブ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:秋のエデン 制限時間:15分 読者:124 人 文字数:1797字 お気に入り:0人
本当にあいつは私の護衛にでもなりたいのだろうか。私の脳内の問いに答えてくれる人間は居ない。それこそ神であったとしても、私のこの問いに答えてくれたところで事態が好 〈続きを読む〉