ジャンル:カルジュナ お題:ナウい映画 制限時間:15分 読者:242 人 文字数:1477字 お気に入り:0人

【カルジュナ】ショタスナイパーxボス8

 私とカルナはアジトにしている隠れ家たちを闇夜に紛れて襲撃し、その都度に部下を開放して回った。皆、ある程度は人権を守られていたようで、私は密やかに安堵の溜め息を漏らすばかりだった。今までも、不要な中堅を切った後は、その部下をも取り込んで活動を広げていたのだから、むざむざ手駒を少なくするつもりはなかったのだろう。それが幸いしたとも言える。


「いやぁ彼らときたら私の美貌に嫉妬ばかりでね、参ったよ」

 フィンが、黴臭い収納棚に閉じ込められていたとは思えないほど晴れやかな顔で笑ってくるものだから、私もふと唇が緩む。その間もカルナも私も残党の動きを感じる度にそちらに銃弾を撃ち込んでいたが。

「さて、ここまでコケにされてしまって、君はどうするつもりだい」
「どうしましょうね。それよりも貴方の護衛は?」
「ディルムッドのことなら心配いらない! 私は見ていないが何処かに捕らわれてそれきりだろう!」

 はは、と白い歯を見せながらフィンが笑う。よくよく見なくても、この人がマフィアに属しているなどとは、観光客に聞いてみても十人中十人が笑い飛ばして信じようとはしないだろう。そして余談だが、本当にこの後、彼の護衛を務めていた筈の青年は違うアジトから救出した。

「カルナにも言いましたが」

 私はちら、と背後のカルナを見てから言葉を続ける。

「先に裏切ったのはあちらです」

 私の目を見て、フィンはさも面白そうに、またも笑った。この男は銃火器もさほど得意ではなく、かといって体術が目を瞠るほどでもない。だが、機を読む力と交渉術に長けた男だ。

「よし、行こうじゃないか。目標は常に大きく、次期ボスだな!」

 そのフィンの予言めいた言葉に肩の力を抜きながら、私は再度一歩を踏み出す。

「アルジュナ」

 私に付き従うようにカルナが右隣りに並ぶ。カルナは私が左利きであることを理解しているから、死角を守るつもりでいるのだろう。その、白く露呈した膝小僧は硝煙と爆風で灰色に煤け始めていた。頬には油が跳ねていて、何処かで切ったのだろう、指先からほんの少しながら出血していた。対する私も、いつものオフホワイトのスーツの裾は黒く汚れているし、革靴の中で指が軋んでいる。よれたネクタイを抜き取り、そのあたりで放ろうとすれば、それこそ犬のようにカルナが飛びつき、私のネクタイを奪っていった。

「何をしているんです」
「犬には首輪もリードも必要だ。まずこれは首輪にしよう」

 銃を傍らに置き、たどたどしい手つきで小さい手が大人用のネクタイを首に巻いていく。私はそれがやけにアンバランスで、酷く愛おしいものに見えた。
 きっとこれは戦況の中で放出されたアドレナリンが異様に働いた結果の衝動で、そこに本当の感情が無かったとしても。

「カルナ」

 ゆっくりと腰を折り、私はカルナの額に口付けた。ぽかん、と口を間抜けに開けたカルナの顔が目に入る。ここが血なまぐさい部屋の中でなかったら、年相応の子供の表情に見えたに違いない。
 外から、いつの間にか脱出していたフィンが鳴らす車のクラクションが聞こえ、私は躊躇なく歩き出した。

「前金だ」

 それから私たちは面白いくらいにばかすかと火薬と火のお世話になって、私を殺そうとした人間を返り討ちにし、ついでにその地位ももらってやった。
 まるでジェットコースターのようなシンデレラストーリーだろうか? それともビースト?
 どちらにせよ、私の隣には未だ白い犬が、私の命を待っている。その爛々とした瞳で。

【END】

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


見つかりませんでした。

梟光司の即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:ロビジュナ お題:茶色い小説トレーニング 制限時間:15分 読者:28 人 文字数:1351字 お気に入り:0人
「ということで、第一回、カルデア主催のスワヤンヴァラ婚の始まり始まり~!」「いよっ待ってました!」おざなりな合いの手を投げるランサーのクー・フーリンの手にはビー 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:ロビジュナ お題:黄色い信仰 制限時間:15分 読者:35 人 文字数:1569字 お気に入り:0人
※個人的解釈・曲解を多分に含みます。ご注意ください。「アルジュナの頃の結婚って、やっぱり男の人が女の人に求婚するのが多かった?」マスターの言葉に、アルジュナは首 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:ロビジュナ お題:マンネリな電撃 制限時間:15分 読者:28 人 文字数:1447字 お気に入り:0人
やっこさん、なかなかに燃えてるねぇ。そんな軽口が聞こえたかと思うと、オレの目の前に突然緑色のマントが広がった。隣にいたマシュも驚きに目を丸くしている。「ロビンフ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:ひねくれた巨人 制限時間:15分 読者:31 人 文字数:1431字 お気に入り:0人
闇夜の中にあって、焚火の炎は優しく揺らめている。先程まで、オレはアルジュナと戦っていた。あのアルジュナが反転し、オレたちを迎撃してくるとは思っていなかった。けれ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:絶望的な霧 制限時間:15分 読者:34 人 文字数:1643字 お気に入り:0人
震える瞳の眼前に、今までにも何度か見た緋色が広がる。ただ、それが、あまりにも苛烈に広がったものだから、オレは茫然とマシュの盾に守られたまま膝をつくしかなかった。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:高い扉 制限時間:15分 読者:62 人 文字数:1868字 お気に入り:0人
「というわけで家出してきました」「お帰りやがってください」「なんでです!?」キャリーケースを引き連れてアパートメントの階段を上ってきたアルジュナを認め、開口一番 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:冬のジジィ 制限時間:15分 読者:69 人 文字数:1819字 お気に入り:0人
この上なくスムーズに着陸し、おざなりな見送りを受けた後、空港近くのホテルへと向かう。ホテルのドアを潜るまではあくまで職務中のため、手を繋ぎたくても繋げないのが、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:情熱的な小説 制限時間:15分 読者:77 人 文字数:1333字 お気に入り:0人
自動操縦へと切り替わり、あとは互い違いに確認を行いながら適宜微細な修正を行っていくだけだ。アルジュナはシートベルトを外し、コーヒーを淹れるために席を立った。空の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:ラストは想い 制限時間:15分 読者:93 人 文字数:1584字 お気に入り:0人
微弱な振動を感じる。この離陸直前の振動を、カルナはもっとも好ましく思っていた。旋回し、水平を保つ頃には既に町など眼下のミニチュアだ。左翼がしなり、繋ぎとなってい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:ロビジュナ お題:これはペンですか?違うわ、それは人体 制限時間:15分 読者:84 人 文字数:1265字 お気に入り:0人
わたくし、子狐を一匹、飼っておりました。それはたいそう賢く、また人づきあいもよく愛嬌もあり、私がふいと目を離したと思えば、やれ羊の毛を刈う手伝いをしてきただの、 〈続きを読む〉