ジャンル:カルジュナ お題:ナウい映画 制限時間:15分 読者:201 人 文字数:1477字 お気に入り:0人

【カルジュナ】ショタスナイパーxボス8

 私とカルナはアジトにしている隠れ家たちを闇夜に紛れて襲撃し、その都度に部下を開放して回った。皆、ある程度は人権を守られていたようで、私は密やかに安堵の溜め息を漏らすばかりだった。今までも、不要な中堅を切った後は、その部下をも取り込んで活動を広げていたのだから、むざむざ手駒を少なくするつもりはなかったのだろう。それが幸いしたとも言える。


「いやぁ彼らときたら私の美貌に嫉妬ばかりでね、参ったよ」

 フィンが、黴臭い収納棚に閉じ込められていたとは思えないほど晴れやかな顔で笑ってくるものだから、私もふと唇が緩む。その間もカルナも私も残党の動きを感じる度にそちらに銃弾を撃ち込んでいたが。

「さて、ここまでコケにされてしまって、君はどうするつもりだい」
「どうしましょうね。それよりも貴方の護衛は?」
「ディルムッドのことなら心配いらない! 私は見ていないが何処かに捕らわれてそれきりだろう!」

 はは、と白い歯を見せながらフィンが笑う。よくよく見なくても、この人がマフィアに属しているなどとは、観光客に聞いてみても十人中十人が笑い飛ばして信じようとはしないだろう。そして余談だが、本当にこの後、彼の護衛を務めていた筈の青年は違うアジトから救出した。

「カルナにも言いましたが」

 私はちら、と背後のカルナを見てから言葉を続ける。

「先に裏切ったのはあちらです」

 私の目を見て、フィンはさも面白そうに、またも笑った。この男は銃火器もさほど得意ではなく、かといって体術が目を瞠るほどでもない。だが、機を読む力と交渉術に長けた男だ。

「よし、行こうじゃないか。目標は常に大きく、次期ボスだな!」

 そのフィンの予言めいた言葉に肩の力を抜きながら、私は再度一歩を踏み出す。

「アルジュナ」

 私に付き従うようにカルナが右隣りに並ぶ。カルナは私が左利きであることを理解しているから、死角を守るつもりでいるのだろう。その、白く露呈した膝小僧は硝煙と爆風で灰色に煤け始めていた。頬には油が跳ねていて、何処かで切ったのだろう、指先からほんの少しながら出血していた。対する私も、いつものオフホワイトのスーツの裾は黒く汚れているし、革靴の中で指が軋んでいる。よれたネクタイを抜き取り、そのあたりで放ろうとすれば、それこそ犬のようにカルナが飛びつき、私のネクタイを奪っていった。

「何をしているんです」
「犬には首輪もリードも必要だ。まずこれは首輪にしよう」

 銃を傍らに置き、たどたどしい手つきで小さい手が大人用のネクタイを首に巻いていく。私はそれがやけにアンバランスで、酷く愛おしいものに見えた。
 きっとこれは戦況の中で放出されたアドレナリンが異様に働いた結果の衝動で、そこに本当の感情が無かったとしても。

「カルナ」

 ゆっくりと腰を折り、私はカルナの額に口付けた。ぽかん、と口を間抜けに開けたカルナの顔が目に入る。ここが血なまぐさい部屋の中でなかったら、年相応の子供の表情に見えたに違いない。
 外から、いつの間にか脱出していたフィンが鳴らす車のクラクションが聞こえ、私は躊躇なく歩き出した。

「前金だ」

 それから私たちは面白いくらいにばかすかと火薬と火のお世話になって、私を殺そうとした人間を返り討ちにし、ついでにその地位ももらってやった。
 まるでジェットコースターのようなシンデレラストーリーだろうか? それともビースト?
 どちらにせよ、私の隣には未だ白い犬が、私の命を待っている。その爛々とした瞳で。

【END】

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


見つかりませんでした。

梟光司の即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:FGO お題:鈍い奈落 制限時間:15分 読者:42 人 文字数:793字 お気に入り:0人
あぁ痛いなちくしょう。なんだってほんと、オレなんかが世界を背負っちまったんだろうな。平凡が服着て歩いてるような現代日本の中流家庭の次男でさ、こんな血とか煙とか剣 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:FGO お題:群馬の極刑 制限時間:15分 読者:61 人 文字数:810字 お気に入り:0人
拝啓、お元気でしょうか。この手紙を読む頃、貴方はどうしているでしょうか。この手紙を受け取ってしまったということは、つまり、私はもう生きてはいないということでしょ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:光の仕事 制限時間:15分 読者:58 人 文字数:1527字 お気に入り:0人
後に残されたカルナではあったが、はっと正気に戻った後に慌てて車に舞い戻り、あのタクシーを追え!と声を荒げたのだった。「もう見えないよぉ~ムリムリ~!」「アルジュ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:団地妻のオチ 制限時間:15分 読者:55 人 文字数:1370字 お気に入り:0人
さて、カルナは今日も今日とてアルジュナと共に登校する。アルジュナとカルナは文系理系クラスで正反対に位置しているとはいえ、同様の特別進学コースに在籍しており、なお 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:ロビジュナ お題:素晴らしい外側 制限時間:15分 読者:53 人 文字数:1611字 お気に入り:0人
申し上げましょう、申し上げましょう。この僕の言葉で事足りるのであれば。えぇ、時間は大丈夫です。今はちょうど休憩時間ですから。刑事さんたちも、つい先日までこちらに 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:神の夕飯 制限時間:15分 読者:65 人 文字数:1435字 お気に入り:0人
「何故あやつに執着する」信長は特盛の豚骨ラーメンを今まさにすすろうとしながらカルナに問いかけた。カルナはというと、こちらも特盛の、味噌バターラーメンの麺をすすれ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:ロビジュナ お題:殺されたガール 制限時間:15分 読者:89 人 文字数:1601字 お気に入り:0人
「付き合ってもらえませんか」俺の言葉に、アルジュナは目を丸くして、え、と一つの音を呟いた。俺とアルジュナは同じ大学で違う専攻を持つ学生だった。それが、バイト先が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:ロビジュナ お題:阿修羅極刑 制限時間:15分 読者:80 人 文字数:1426字 お気に入り:0人
申し上げます、申し上げます。私はひどいやつです。そうとはこれっぽっちも思ってなんかいませんが、私はひどいやつだと言っておきます。何故なら、きみがそう望むから。さ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:ロビジュナ お題:見憶えのある解散 制限時間:15分 読者:73 人 文字数:1408字 お気に入り:0人
【或る依頼者の証言】申し上げます、申し上げます……っていうフレーズがあったじゃない?あれは告発をする人間の言葉だったけど。いや、うん、そういうものだと思って欲し 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:ロビジュナ お題:空前絶後のボーイ 制限時間:15分 読者:84 人 文字数:1356字 お気に入り:0人
大学の掲示板に貼られていたのは、短期バイトのお知らせ。昼休みに一時間、指定された部屋できちんと機械が動いているかを監視するだけのお仕事。その時給の良さと、飲食し 〈続きを読む〉