ジャンル:メギド72 お題:闇のエリート 制限時間:1時間 読者:104 人 文字数:1985字 お気に入り:0人

転校生

※アンドラスさん幼少期捏造 モブ視点 ほのぼのしてない

「ねぇ聞いた? 転校生、成績トップだって」
「古典と詩文以外は、だいたい満点だったらしいよ」
「嘘、あの教授、点をくれないって有名じゃない?」
 興味がないフリをとりつくろいながらも、俺は内心あまり面白くなかった。
 今回の試験は俺が一番だったのに。
 こんなときに転校生が――しかも、話題になるような転校生が来るなんて、ほんとうにタイミングが悪い。せっかく必死こいて勉強して良い成績をとったというのに。
 教室中の話題をかっさらっていった転校生は、今まさに級友たちに囲まれている。ふわふわした笑みを浮かべて、まんざらでもない様子だ。
 俺は舌打ちしたくなるような気持ちを押し隠して、転校生に話しかけた。
「なあ、転校生。お前、成績良いらしいじゃん。家庭教師とか、そういうのいたの?」
「いや、独学だよ」
「ふーん、そうなんだ?」
 すかした態度がますます気にくわない。
 転校生はもう少し話したほうが良いのか、それとも黙っていたほうが良いのかをうかがうように、奇妙に口を開けて何か言おうとしたが、やめた。
 俺にも、それ以上話す気はなかった。

***

 あっという間に成績は転校生に抜かれた。
 俺は同年代の中では勉強も運動もできた。それに要領が良いと思っていた。しかし、それは本当に頭の良いヤツからしてみれば、ほんとうに、凡人に過ぎなかったということだ。
 しかしもう一方の心配については、俺の杞憂のようだった。
 転校生は、始めこそ人に囲まれていたが、一人、また一人と、転校生のことを避けるようになっていた。どうしてか聞いても、皆、分からないという。
 誰もがあいまいに言葉を濁すばかりで、はっきりした理由がある人間は少なかった。
 また、別に仲が悪いわけでもない。用事がある時は話しかけるし、あっちから話しかけてくることもある。
 転校生の顔をみて、慌てて向きを変えた女子生徒がいた。たしか、転校生と仲が良かった(良さそうに見えた)子だった。
「なあ、なんであいつを避けるんだ?  前はきゃーきゃー言ってたくせに」
「あのね、……別に嫌いになったってわけじゃないの」
「じゃあなんでだよ」
「虫をね……」
 級友はそっと目をそらす。
「虫がね、いたからね。取ってって言ったの。そしたら取ってくれて……取ってくれたのはいいんだけど……」
「なんだよ、叩き潰したとか?」
「ピンを取り出して、背中に……刺したの……流れるみたいに……ほんとに……当たり前みたいに……」
 なんだかぞくりとして、俺は転校生の横顔を見た。転校生は、相変わらず本を読んでいた。

***

「俺たちが生まれる前に埋もれた資料を持って来いとかぬかしやがる、あの爺」
 俺は外面がよく、転校生も多分良い。体よく雑用を押し付けられて、使いっ走りをさせられている。
 蔵書室は黴臭く、本棚のほかに、使われていない資料が無造作に積みあがっている。転校生が上級のコースをとるようになったので、なかなか授業で会う機会はなかった。俺はまだ、中級コースだ。転校生は真面目に資料を探していたが、時折興味が惹かれるものがあるようで、ぱらっとめくっていた。
「なあ、転校生」
「?」
「俺、奨学金貰ってんだよ。別に貧乏ってわけじゃないけど、家があんまり裕福じゃないんだ」
「? ああ、そうなんだ。たいへんだね」
 他人事みたいな口調に、妙にイラっとさせられる。
「次の試験で、俺よりいい成績をとるな」
 俺の言っていることを咀嚼するように、転校生は目を細める。それから合点したように、「ああ」と頷く。資料を捲る傍らで。
「ああ……それについては、心配ご無用。次の試験で、俺は上に上がるから」
 その発言についカッとなって、俺は思い切り本棚を叩きつけた。
 ほこりがぱらりと降ってきた。それから影。ばらばらと本棚が崩れた。
 まずい、本の入れ替えで不安定になっていたのだ。

 本棚に押しつぶされて、俺は床に倒れているのだと知った。動けない。
 だが、死ぬって程でもないだろう。
 だが、ここはめったに人が来ない。
 今は授業も終わった後で、週末の間ほっとかれたら……。
 転校生が、じ、とこちらを見下ろしていた。転校生がどういう表情をしているのか、俺にはわからなかった。
「……」
 転校生が、本棚からはみ出た俺の腕をとる。俺の手は腫れ上がっていた。
「おい、」
 俺は悲痛な声を出した。
「おい、人を呼んで来いよ!」
 返事がなかったので、俺は急に不安になった。こいつは、俺を助けてくれるだろうか?
「おい!」
「ああ、そうだね。それで、」
 教授のところには、何を持っていけばいいんだっけ。転校生は困った顔で、本当に純粋に困った顔で――俺に聞いた。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


見つかりませんでした。

ぽつタイプライターの即興 二次小説


ユーザーアイコン
※未完
作者:ぽつタイプライター ジャンル:世界樹の迷宮 お題:そ、それは・・・外資系企業 制限時間:30分 読者:36 人 文字数:1006字 お気に入り:0人
明日も知れぬ冒険者の一人として、カグツにも覚悟はそれなりにあったはずだった。 当たり前だと思っていたものが、一瞬でなくなる恐怖。確かなものなど、何一つとしてあ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター ジャンル:世界樹の迷宮 お題:ぐふふ、正義 制限時間:15分 読者:39 人 文字数:992字 お気に入り:0人
ひどい匂いのする腐った水をモロに浴びた仲間たち、そして私は、駆け出しの安っぽい生地でできた装備をばらばらと地面に一個ずつ置いていく。その姿が、なぜだか愉快で仕 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター ジャンル:メギド72 お題:帝王の絵描き 制限時間:30分 読者:44 人 文字数:1261字 お気に入り:0人
街道で幻獣と出くわした私は奇妙な集団に助けられた。 ソロモン一行と名乗る彼らは、年齢も性別もばらばらの、どこか歪な集団だった。町の衛兵が束になってもかなわなか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター ジャンル:メギド72 お題:彼女とロボット 制限時間:30分 読者:49 人 文字数:1584字 お気に入り:0人
「やあウヴァル、おかえり」「……ただいま、戻った」 ウヴァルは、おかえりという響きにまだ慣れない。ただいまと返事を返すのもだ。「おかえりおかえりー! 外が暑い暑 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター ジャンル:メギド72 お題:地獄克服 制限時間:30分 読者:77 人 文字数:1099字 お気に入り:0人
「ええ、マジかよ。さんざん水浴びたのに風呂はいらなきゃなんねーの?」「塩水じゃな、洗い流さなきゃあとあとやべーぞ」 道中、足を止めて海へとやってきたソロモン一行 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター ジャンル:メギド72 お題:群馬の朝 制限時間:30分 読者:77 人 文字数:1807字 お気に入り:0人
ソロモン一行がようやく、シバから遠回しに依頼された「大樹ユグドラシル」を討伐し終えたころのことである。戦いが終わって一息ついてみると、倒れた木の近くで何か物音 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター ジャンル:メギド72 お題:かっこ悪い豪雨 制限時間:30分 読者:98 人 文字数:995字 お気に入り:0人
※舟渡ししながら旅してるサレオスさんとモブのヴィータ「なあ、あんた、おれの傷は深いのか……」「いや、そんなことはないさ」 舟渡しはあっさりとそう言ってのけると、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター ジャンル:メギド72 お題:君と裏切り 制限時間:15分 読者:95 人 文字数:645字 お気に入り:0人
「今日は荒れるなぁ……」 6月のある日、サレオスがそうぼそりとこぼした日は、透き通るような快晴の日のことだった。何気ない一言を、仲間たちはさして気にも止めてはい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター ジャンル:メギド72 お題:不屈の医者 制限時間:30分 読者:91 人 文字数:1529字 お気に入り:0人
※アンドラス追放前 追放裁判 ホラーチック 人を掻っ捌いてるので注意してください それは何? ウソ発見器? へえ。初めて見たよ。そんな便利なものがあるなんて知ら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター ジャンル:メギド72 お題:日本教室 制限時間:30分 読者:113 人 文字数:1230字 お気に入り:0人
※現パロにしたかったけどよくわからなくなってしまった ソロモン転校生 2学期の半ば。 2000年に世界が終わるだの、マヤ文明だの、世界滅亡の予言がいくつもなされ 〈続きを読む〉