ジャンル:ハイキュー!! お題:小さな音楽 制限時間:30分 読者:103 人 文字数:384字 お気に入り:0人
[削除]

僕の独白




僕、月島蛍は、音楽を聴くことが
とても好きである。
色々なものをきく、ハード系、バラード系
など音楽と美術は僕の経験となり、
ちゃんと役立ってくれるのだ。
オペラなんてものは眠くなるが、
自分の趣味のものならば、と
聞き始めたのが、確か小学生の頃である
とてもなつかしい。
そう考えていると山口と日向が
声をかけてきた。
「用件は?」
ときくと、どうやら一緒にお昼を食べたり
話したりしたいらしい。
僕といてたのしいのだろうかと思ったが、
彼らの用件を承諾した。

そして、お昼休みになり、
もう日向が進学コースの1-4まで来ていた

「ごめんね、待たせちゃった?」
すこし意地悪な言い方をしたが
んー?すこし待ったけど大丈夫だぞ!と
彼はいった。
屋上に移動した。意外と人は少ないようで
太陽さんさんのなか、食べたお弁当は
とてもおいしかった。
以上、僕の独白

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者: ジャンル:ハイキュー!! お題:ロシア式の太陽 制限時間:30分 読者:143 人 文字数:1170字 お気に入り:0人
言うなれば、ロシア式の太陽。リエーフは、私の目にはそう映ったのだ。私は中庭にある自動販売機の陰に座りこんで、泣いていた。理由は、なんてことない平凡なもの。たとえ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: ジャンル:ハイキュー!! お題:ロシア式の太陽 制限時間:30分 読者:84 人 文字数:1字 お気に入り:0人

ユーザーアイコン
作者:三村 ジャンル:ハイキュー!! お題:未来の男 制限時間:30分 読者:114 人 文字数:668字 お気に入り:0人
雪が降る寒い日だった。身体の内側に篭る熱がマフラーの隙間から白い靄となって逃げていく。晒したままの鼻先へ容赦のない北風が吹き付けて痛い。──ざく。心地好い音に誘 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:アキノ☆ ジャンル:ハイキュー!! お題:明日の食事 制限時間:30分 読者:432 人 文字数:898字 お気に入り:0人
明日は久し振りに影山が帰って来る。リーグ戦の間は影山は遠征先に滞在していて、食事も当然遠征先で摂る。チームメイトと試合に支障のない程度に飲みに出掛けたりする事も 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雪(せつ)は十忍十色に出るよ! ジャンル:ハイキュー!! お題:怪しい窓 制限時間:30分 読者:433 人 文字数:706字 お気に入り:0人
谷地さんって、どうしてバレー部に入ったの?クラスメイトに、ふいにそう尋ねられて、仁花は思わず言葉に詰まった。何故バレー部に入ったのかときかれたら、確実に『勧誘が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:てとん ジャンル:ハイキュー!! お題:自分の中のお天気雨 制限時間:30分 読者:479 人 文字数:1821字 お気に入り:0人
窓には大粒の雫が張り付いていた。外は雨が降っている。BGMに良いような静かな雨音ではなく、外を見ずとも分かってしまうような、鳴り響くような雨音。それに加えて時 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:上野発 ジャンル:ハイキュー!! お題:天国の笑い声 制限時間:30分 読者:440 人 文字数:978字 お気に入り:0人
人って、死んだらどうなるのだろう。 古来より考え続けてられてきた純然たる疑問。いわばこれは、人類最大の謎なのかもしれないと月島は考えている。それに答えを与える 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:アキノ☆ ジャンル:ハイキュー!! お題:憧れのあいつ 制限時間:30分 読者:468 人 文字数:792字 お気に入り:0人
初めて会った頃は、全然気にしてもいなかった。出会ってすぐどうこう思うような、そんな強烈な印象もない、フツーのヤツ。それが山口忠への最初の認識だった。日向や月島の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:浦坂 ジャンル:ハイキュー!! お題:君の英霊 制限時間:30分 読者:561 人 文字数:772字 お気に入り:0人
真面目にやれ、といつか同級生の馬鹿で真っ直ぐなセッターに言われたのと全く同じ言葉を、つい十分前のアタック練中、溝口コーチに繰り返された。真面目にやれ、そんなん 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雪(せつ)は十忍十色に出るよ! ジャンル:ハイキュー!! お題:子供の道のり 制限時間:30分 読者:943 人 文字数:534字 お気に入り:0人
僕はまだまだ子供だなって、自分でも思う時がある。高校生って大人みたいだと小さい頃は思ってたけど、なってみたらなってみたで全然だ。この前まで中学生だった名残と高校 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
【腐】無題。 ※未完
作者:匿名さん ジャンル:ツキウタ。【腐】 お題:穏やかな男 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:1536字 お気に入り:0人
****「おっ邪魔しま~す。」――変な癖で、ついつい人様の車に乗ると言ってしまうんだよなぁ~。と、眠気とその場の雰囲気で少し飲んだ微酔いで、心地の良い疲労感でふ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ヒプノシスマイク お題:免れた夜風 必須要素: 制限時間:30分 読者:31 人 文字数:1525字 お気に入り:0人
高校を出てから住み始めた家は横浜にあって、だから全然ゴミの日を覚えられないで二年か三年くらい、多分そう、三年近くは経っている。ゴミを溜めているなんてことはなく 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:Fate/Grand Order お題:平和と祖父 必須要素:北海道 制限時間:15分 読者:52 人 文字数:929字 お気に入り:0人
埼玉以北には行かないと誓った日もあった。 厚い雲に覆われて日が届かない地にいる。おろしたてのダウンをかき抱いて、セイコーマートから走る。はやく温かいホテルのロ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:Fate/Grand Order お題:アルパカの四肢切断 必須要素:ジャケット 制限時間:2時間 読者:8 人 文字数:1657字 お気に入り:0人
型落ちの薄型テレビでは夕方のニュースが流れている。民放だ、たわいも無い内容で本当にくだらない。アルパカふれあい牧場の取材カメラと差し出されたマイクに、ふっくらと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:うつたか お題:空前絶後の失望 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:618字 お気に入り:0人
「高崎ぃ!」バタバタと、宇都宮が騒がしく在来の部屋に駆け込んでくる。「どうしたんだよ、そんな急いで」珍しく焦る様子の宇都宮に視線が集まる中、高崎はなだめるように 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:BanG Dream! お題:それいけ昼下がり 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:992字 お気に入り:0人
「だからさ、こう、耳をぴょこぴょこってさせたの」「わかんねえよ! なんでそれが祝ってることになるんだ……」 時刻にして、昼を少し回った頃。いいかげんおたえへのツ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:アイドルマスターSideM お題:黄色い償い 制限時間:30分 読者:25 人 文字数:960字 お気に入り:1人
315プロダクション所属プロデューサーの俺が、葛之葉雨彦が事務所前の掃除をしているのだ、という話を事務所待機中の紅井朱雀に話したのは偶然だった。そういや朱雀、前 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:KーPOP お題:人妻の屍 必須要素: 制限時間:30分 読者:18 人 文字数:352字 お気に入り:0人
気がつくと、隣に女が寝ていた。いや、正確には死んでいた。口元に泡を吹かせていた。僕は怖くなった。身に覚えがない。すぐ横に酒があった。数本の酒が乱雑に置かれていた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:名探偵コナン(夢) お題:調和した俺 制限時間:4時間 読者:18 人 文字数:1256字 お気に入り:0人
ちょう わ てう- [0] 【調和】( 名 ) スルものごとの間に釣り合いがとれていること。ものごととものごとが互いに和合していること。 「 -がとれる」 「 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
※未完
作者:匿名さん ジャンル: お題:臆病な武器 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:39字 お気に入り:0人
時計のために引き取った子供、ルドガーは少しぼんやりとした子供であるようだった。 〈続きを読む〉