ジャンル:ハイキュー!! お題:小さな音楽 制限時間:30分 読者:153 人 文字数:384字 お気に入り:0人
[削除]

僕の独白




僕、月島蛍は、音楽を聴くことが
とても好きである。
色々なものをきく、ハード系、バラード系
など音楽と美術は僕の経験となり、
ちゃんと役立ってくれるのだ。
オペラなんてものは眠くなるが、
自分の趣味のものならば、と
聞き始めたのが、確か小学生の頃である
とてもなつかしい。
そう考えていると山口と日向が
声をかけてきた。
「用件は?」
ときくと、どうやら一緒にお昼を食べたり
話したりしたいらしい。
僕といてたのしいのだろうかと思ったが、
彼らの用件を承諾した。

そして、お昼休みになり、
もう日向が進学コースの1-4まで来ていた

「ごめんね、待たせちゃった?」
すこし意地悪な言い方をしたが
んー?すこし待ったけど大丈夫だぞ!と
彼はいった。
屋上に移動した。意外と人は少ないようで
太陽さんさんのなか、食べたお弁当は
とてもおいしかった。
以上、僕の独白

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者: ジャンル:ハイキュー!! お題:ロシア式の太陽 制限時間:30分 読者:178 人 文字数:1170字 お気に入り:0人
言うなれば、ロシア式の太陽。リエーフは、私の目にはそう映ったのだ。私は中庭にある自動販売機の陰に座りこんで、泣いていた。理由は、なんてことない平凡なもの。たとえ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: ジャンル:ハイキュー!! お題:ロシア式の太陽 制限時間:30分 読者:97 人 文字数:1字 お気に入り:0人

ユーザーアイコン
作者:三村 ジャンル:ハイキュー!! お題:未来の男 制限時間:30分 読者:141 人 文字数:668字 お気に入り:0人
雪が降る寒い日だった。身体の内側に篭る熱がマフラーの隙間から白い靄となって逃げていく。晒したままの鼻先へ容赦のない北風が吹き付けて痛い。──ざく。心地好い音に誘 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:アキノ☆ ジャンル:ハイキュー!! お題:明日の食事 制限時間:30分 読者:469 人 文字数:898字 お気に入り:0人
明日は久し振りに影山が帰って来る。リーグ戦の間は影山は遠征先に滞在していて、食事も当然遠征先で摂る。チームメイトと試合に支障のない程度に飲みに出掛けたりする事も 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雪(せつ)は十忍十色に出るよ! ジャンル:ハイキュー!! お題:怪しい窓 制限時間:30分 読者:469 人 文字数:706字 お気に入り:0人
谷地さんって、どうしてバレー部に入ったの?クラスメイトに、ふいにそう尋ねられて、仁花は思わず言葉に詰まった。何故バレー部に入ったのかときかれたら、確実に『勧誘が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:てとん ジャンル:ハイキュー!! お題:自分の中のお天気雨 制限時間:30分 読者:514 人 文字数:1821字 お気に入り:0人
窓には大粒の雫が張り付いていた。外は雨が降っている。BGMに良いような静かな雨音ではなく、外を見ずとも分かってしまうような、鳴り響くような雨音。それに加えて時 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:上野発 ジャンル:ハイキュー!! お題:天国の笑い声 制限時間:30分 読者:469 人 文字数:978字 お気に入り:0人
人って、死んだらどうなるのだろう。 古来より考え続けてられてきた純然たる疑問。いわばこれは、人類最大の謎なのかもしれないと月島は考えている。それに答えを与える 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:アキノ☆ ジャンル:ハイキュー!! お題:憧れのあいつ 制限時間:30分 読者:498 人 文字数:792字 お気に入り:0人
初めて会った頃は、全然気にしてもいなかった。出会ってすぐどうこう思うような、そんな強烈な印象もない、フツーのヤツ。それが山口忠への最初の認識だった。日向や月島の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:浦坂 ジャンル:ハイキュー!! お題:君の英霊 制限時間:30分 読者:594 人 文字数:772字 お気に入り:0人
真面目にやれ、といつか同級生の馬鹿で真っ直ぐなセッターに言われたのと全く同じ言葉を、つい十分前のアタック練中、溝口コーチに繰り返された。真面目にやれ、そんなん 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雪(せつ)は十忍十色に出るよ! ジャンル:ハイキュー!! お題:子供の道のり 制限時間:30分 読者:1003 人 文字数:534字 お気に入り:0人
僕はまだまだ子供だなって、自分でも思う時がある。高校生って大人みたいだと小さい頃は思ってたけど、なってみたらなってみたで全然だ。この前まで中学生だった名残と高校 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:終わりのセラフ お題:僕の嫌いなぬるぬる 制限時間:2時間 読者:9 人 文字数:584字 お気に入り:0人
なにこれ目の前の気持ち悪いぬるぬるした生き物に俺は恐しさと驚いていた。いきなり柊家の研究室に呼ばれたかと思えば、何だよこれ。「驚いたか?」背後に気配がして咄嗟に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:小説の借金 制限時間:1時間 読者:30 人 文字数:2793字 お気に入り:0人
夕暮れ時の残照に赤く浮かび上がる幻想郷。人里に響き渡っていた子供たちの笑い声が遠ざかっていく。仕切りに客寄せをしていた露店も帰り支度を始める。その片隅、貸本屋『 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
【腐】無題。 ※未完
作者:匿名さん ジャンル:ツキウタ。【腐】 お題:重い犯人 必須要素:ドン引きするような描写 制限時間:30分 読者:9 人 文字数:2257字 お気に入り:0人
******――なにかモノ足りない……。甘いものもしょっぱいものも、食べてみたけど、矢張り何かがモノ足りない。今日は、午前中に台本読みがあったけど、別に台本の台 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
K
作者:匿名さん ジャンル:名探偵コナン お題:東京の行動 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:787字 お気に入り:0人
「いたぞ!」「追え!」やばい。見つかった。今俺は何者かに追われている。その何者かは知らないがきっとアポトキシン4869の謎を解明している組織だろう。さっき組織の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:名探偵コナン お題:煙草と広告 制限時間:30分 読者:9 人 文字数:1275字 お気に入り:0人
「快斗 煙草臭い」これは彼の悪い口癖だ。高校卒業後、俺はマジックを本格的に習うためロサンゼルスへと旅立った。それが正解だったのか2年間の修行の後俺はロサンゼルス 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:終わりのセラフ お題:彼と沈黙 制限時間:4時間 読者:10 人 文字数:684字 お気に入り:0人
今日はひな祭りだ。目の前の豪華なちらし寿司に目を光らせる。「な、なぁ暮人。何で俺を呼んで・・?」なんて声を掛けても彼は無言でちらし寿司を食べている。さすが柊家。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
恐ろしい潮風 ※未完
作者:匿名さん ジャンル:RPS お題:恐ろしい潮風 制限時間:30分 読者:7 人 文字数:1076字 お気に入り:0人
「ヒョン?」まだ夜も明けきっていない時間に、隣室で何かをぶつけた音がした。さっきまで撮りだめていた写真たちの整理をしていたオレは、その音に閉じようとする瞼と意識 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
【腐】無題。 ※未完
作者:匿名さん ジャンル:ツキウタ。【腐】 お題:それいけユートピア 制限時間:2時間 読者:7 人 文字数:3628字 お気に入り:0人
ホワイトデーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!有難うございましたーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:歌い手 お題:マイナーな転職 制限時間:30分 読者:13 人 文字数:881字 お気に入り:0人
私、美里(みり)は、今日勤めていた会社を辞めた。理由は簡単、転職をしようと思ったから。私は、3年前から『ミリメートル』という名前で歌い手を始めた。初投稿は『【歌 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:人狼ジャッジメント お題:煙草と囚人 制限時間:15分 読者:27 人 文字数:369字 お気に入り:0人
「それだけか?」淡々と底冷えした声が反響する。ゆっくりと吐かれる煙は目の前の蜂蜜に。目に染み、臭いに嫌悪を覚えるも顔をしかめる事はなかった。「…それだけ」「お高 〈続きを読む〉