ジャンル:進撃の巨人 お題:君の宿命 制限時間:4時間 読者:97 人 文字数:2773字 お気に入り:0人
[削除]

宿命

エレンが楽園を出てマーレ国に向かう少し前の設定です。クルーガーに一方的に話
しかけるという内容です。オリキャラが一人いる上に、妄想と捏造を多々含みます。



「楽園に居場所が無いのなら、私と一緒に来るか?」

 エレンにそう言った男は、髪の色も瞳の色も、そして肌の色も、ミカサと同じで
あった。男とミカサの顔かたちは全く似ていなかった。だが、男の身中にミカサと同
じ民族の血が流れているという事実が、エレンに海を越える決心をさせた。


 海岸に到着してから、エレンは男にある事を願い出た。
「貴方の国の船が来るまで、ここで一人にして頂けますか?」
 エレンの願いを聞き入れる前に、男は「何故だ?」と質問を返した。
「クルーガーさんと、話しをしておきたいんです。明日から忙しくなるから、クルー
ガーさんとはゆっくり話せないと思うので・・・」
 真顔で言うエレンに、男は怪訝な表情をする事も無く「そうか」と呟いた。先に
行ってるぞと言い残すと、男は一人で真新しい桟橋へ向かった。
 目を眇(スガ)めながら蒼穹を見上げたエレンの緑色の双眸(ソウボウ)に、泳ぐように飛
び回るカモメが映る。羽ばたくカモメ、潮の香り、重い風の音。そのどれもが、この
海岸に来なければ見る事も感じる事も出来ないものだ。エレンが数日間前まで暮らし
ていた、ここから遥か彼方の北方にある楽園には存在しないものだ。
「クルーガーさん、何処かで聞いてるんでしょう?俺は、暫くの間、楽園を離れる事
にしました。クルーガーさんもよく知ってる国に行きます。あの国なら、貴方も安心
してくれると思います」
 世界と自分に覆い被さってくるような蒼穹のどこかにクルーガーがいてくれればと、
エレンは願った。この世界に骨の一片すら残されていないのなら、せめて魂か心のど
ちらかでいいから、自分の傍にいて欲しい。『道』を介さなければ、クルーガーの想い
は自分には伝わらず、自分の想いも彼へは届かない。蘇るクルーガーの記憶は、切れ
切れのものばかりだ。それでも、一旦『道』でお互いが繋がってしまうと、心の奥底
に仕舞い込んだまま誰にも言えないでいる本心を、クルーガーにだけは分かって欲し
いと願ってしまう。
 エレンがいくら目を凝らしてみても、海と見紛う蒼穹にクルーガーの存在は感じ取
れず、潮騒と空を穿つようなカモメの鳴き声に両耳を塞がれた。
 『道』で繋がるのは、クルーガーだけではない。『大地の悪魔』や彼女と契約した
ユミル・フリッツ、『ユミルの民』、歴代のフリッツ王にレイス王、数多(アマタ)の巨人
継承者達、哀れな『無垢の巨人』達、そしてグリシャとジーク。
 エレンは頭を軽く左右に振った。違う、彼らではない、彼らは自分の理解者ではな
い。理解者は、クルーガーさんだけだ。
 エレンは右手に持っていた小さなボストンバッグを砂浜に置くと、足先で砂を掻き
分けながら波打ち際まで進んだ。急かすように彼の足元に打ち寄せる波は、陽光を浴
びて銀色の光の粒を波間に散らした。
「皮肉ですよね。俺にやっと理解者が現れたのに、本人にはもう会えないなんて」
 潮風はエレンの耳元からうなじへ抜けると、彼の肩にかかる髪の毛先をふわりと舞
い上がらせた。
 エレンは空と海が交わる水平線に視線を向け、そこにクルーガーの存在を思い描い
てみた。
「クルーガーさん、貴方は、本心では俺に悪い事をしたと思ってるでしょう?隠して
るつもりでも、『道』とやらは貴方の本心も俺に届けてくれます。あの日、親父を引き
留めて復権派のリーダーに担ぎ上げたから、俺やジークに要らぬ宿命を背負い込ませ
たと、貴方は思ってる。でも、貴方が俺に申し訳ないなんて思う必要はありません。
俺と貴方は『ユミルの民』として、生まれ落ちた場所で生きていくより他に方法が無
かった。俺達にとっては、受け継いだ血そのものが宿命だった。宿命を、受け入れる
しかなかった」
 海の果てにも、空の彼方にも、クルーガーの想いや魂は存在しないと分かっていた
が、それでもエレンは水平線を見つめ続けた。見つめる事で、自身の中で流れる血の
中に、クルーガーの想いが残っていてくれる事を願った。
「俺は『道』で繋がれば、貴方の想いが手に取るように理解出来ます。貴方は、俺の
本心が分かりますか?もし分かって下さるなら、もう少し頻繁に俺に会いに来て下さ
い。夢の中でも起きてる時でもいいから、会いに来て下さい。俺は、どちらでもいい
から貴方に会いたい」
 エレンの視界の端に、鉛色の艦船が海上に存在感を現した。水平線からその艦船へ
視線を移したエレンは、波打ち際から離れると、砂浜の上に置いてあったボストンバ
ッグを手に取った。振り返り、再び水平線を見つめた。
「初めてこの海岸に来た日の夜・・・といっても、あの海岸線はここから大分離れて
いますが、貴方が子供だった頃の記憶を夢に見ました。貴方は、両親に誕生日を祝っ
て貰っていた。その後、俺が赤ん坊だった頃の記憶を見せてくれたのは、貴方でしょ
う?俺は、誰かの親指を握ってた。母親は、確かに俺を愛してくれてた。貴方は、俺
がこの世界に生まれたのは間違いじゃないと、教えたかったんですよね?貴方は、俺
も愛されて望まれてこの世界に生まれて来たんだって、伝えてくれました。無言でも
ちゃんと伝わってますよ。言ったでしょう?貴方の想いが手に取るように分かると」
 エレンは再び空を見上げて、ゆっくりと目を閉じた。潮風を深く吸い込んでから、
顔を下げ、目を開けた。落とした視線の先にあるのは、濡れた砂浜だ。
「もう、行きます。俺がこれからやろうとしている事を、理解して下さったら嬉しい
です。貴方がエルディア人と『ユミルの民』の為に守り続けた理想が実現する迄、あ
と少しです。約束の地へ辿り着けた時は、俺の傍にいて下さい。貴方が夢見た光景を、
俺も一緒に見たいんです」
 エレンは桟橋に視線を向けた。そこには、エレンを海の向こうにある東の国へ誘っ
た男が、一人で立っていた。エレンは桟橋に向かって歩き始めた。
 沖に停泊している鉛色の艦船からは、一艘のボートが桟橋へと向かっていた。黒に
近い濃紺の水兵服を着た男達がボートを漕ぎ、船首部分には、水兵服と同色のブレザ
ーの制服を着た男が一人、片膝を立てて座っている。
 濡れた砂浜には、桟橋へ向かうエレンの足跡が残っていた。エレンが今迄立ってい
た場所から数メートル離れた砂浜に、彼よりも一回り大きい足跡が一人分だけ残って
いた。


                                    終
拙作にお付き合い頂き有難うございました。'18,4,23

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:ちくわぶ@就活楽しいです ジャンル:進撃の巨人 お題:穏やかな医者 制限時間:4時間 読者:1228 人 文字数:2944字 お気に入り:0人
死んだ方がマシ、という言葉がある。幸いなことに僕自身がこういった感情に囚われたことはない。あのシガンシナの地獄でだって、第一には死にたくない、生きたいという考 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:桜梅桃李†臨焼け読了 ジャンル:進撃の巨人 お題:静かな壁 制限時間:4時間 読者:4748 人 文字数:1250字 お気に入り:0人
エレミカです。途中からワケわかんなくなってる...ギャーー!!満月の夜。ミカサは何者かの気配を感じていた。一応は熟睡と呼べる程に寝入っていた午前2時。自室の付近 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
※現パロ ※未完
作者:あおゆ ジャンル:進撃の巨人 お題:肌寒い悲劇 制限時間:4時間 読者:954 人 文字数:462字 お気に入り:0人
この世界には空白の歴史がある。エレンがそのことを知ったのは退屈だと感じていた歴史の授業の時だった。黒板の前に立って教科書を片手にそう話す教師は、いつものやる気の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:まひひ ジャンル:進撃の巨人 お題:漆黒の闇に包まれし慰め 制限時間:4時間 読者:1490 人 文字数:3794字 お気に入り:0人
※童話パロエレリ(リヴァエレ風味)あだちさんの星飼いエレン設定を一部流用させて頂いていますこれは、北極星の少年と、その星に恋をしてしまったある愚かな青年のお話。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:まひひ ジャンル:進撃の巨人 お題:生かされた動揺 制限時間:4時間 読者:1291 人 文字数:1805字 お気に入り:0人
どうしても寒い冬の日は、こうやって2人で毛布にくるまって微睡む。それを最初に提案してきたのはユミルの方だった。クリスタはちっちゃくてあったかそうだから湯たんぽに 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:秋← ジャンル:進撃の巨人 お題:あいつと狐 制限時間:4時間 読者:1256 人 文字数:2890字 お気に入り:1人
犬に似ていると、言われたことがあった。会話に突然巻き込まれた形だったから、ろくな返事もできなかった上に、色々なことがあった今となっては誰が言ったのかも思い出せ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:しま ジャンル:進撃の巨人 お題:突然の「えいっ!」 制限時間:4時間 読者:1187 人 文字数:3370字 お気に入り:0人
(現代パロディでルームシェアしてる山奥組)最近気づいた事がある。リビングの中央にでんと置かれた特大サイズのソファベッドに半ば埋もれるようにしてちょこんと座った小 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:しま ジャンル:進撃の巨人 お題:過去の霧雨 制限時間:4時間 読者:1028 人 文字数:2146字 お気に入り:0人
(神経質ベルトルト)空中で、身体を水平に保つ事は思ったよりも難しかった。増して支えとなるのはワイヤーとベルトのみだ。立体機動装置を装着すれば、重力の抵抗が軽くな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:しま ジャンル:進撃の巨人 お題:昔の狐 制限時間:4時間 読者:4180 人 文字数:2852字 お気に入り:0人
(甘い匂いのするベルトルトの話)壁にもたれて座りこみ、立てた膝の間に本を置いて少年は羅列された文字を目で追う事に集中していた。読み慣れた独創的な物語はもう三度読 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:はるの ジャンル:進撃の巨人 お題:暗黒の奈落 制限時間:4時間 読者:1889 人 文字数:3817字 お気に入り:0人
※夢です 女の子同士の話題で、一番盛り上がるのは恋愛トーク、所謂「恋バナ」というやつだ。わたしも成人を迎えているのだし、経験がないとしらばっくれることもできない 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:スタンドマイヒーローズ お題:誰かと奈落 制限時間:30分 読者:4 人 文字数:1126字 お気に入り:0人
誰かと奈落に落ちるなら。そんな例え話を聞いたのは先日の外務省関連の飲み会だったろうか。奈落といえば仏教における地獄だ。地獄ということは大いなる罪悪を犯した者が、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:グランブルーファンタジー お題:今度のお天気雨 必須要素:ゴルゴンゾーラ 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:535字 お気に入り:0人
「あらー」上空から降ってきた雨を見もしないで、仲間と逸れた特異点は、地面と水滴が響かせる雨音を聞きながら、葉が零してしとどになった髪を後ろに流して、しまったなと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:スタンドマイヒーローズ お題:帝王の誤解 制限時間:30分 読者:9 人 文字数:1192字 お気に入り:0人
「ほ~ん。それで?マトリちゃんは何をご所望なの?」ぐいっと近寄られると、端正な顔立ちと射抜くような瞳にがんじがらめにされているように動けなくなる。「えっと、です 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:名探偵コナン お題:12月の勝利 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:784字 お気に入り:0人
昔ある脱出系バラエティ番組でこのような暗号を見たことがある。色のついたコードが何本かあり、暗号を解いて正解のコードを切れば外に出れるというものだった。『12月 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:名探偵コナン お題:地獄のにおい 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:610字 お気に入り:0人
あなたはドリアンという果物を知っていますか。ドリアンとは30cmほどの周りがとげとげした薄い緑色の果物です。面白いことにドリアンを飛行機には持ち込むことができ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:名探偵コナン お題:美しい軽犯罪 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:462字 お気に入り:0人
最近、学校帰りの道にある喫茶ポアロにイケメン店員がいると友達が耳元で騒いでうるさい。「ホントのホントにかっこいいの」と友達は鼻息を荒くして妄想モードに入る。まぁ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ギャグマンガ日和 お題:安全な妻 制限時間:4時間 読者:9 人 文字数:1068字 お気に入り:0人
この時代に生まれた事、心底呪っている。子供を増やせ増やせと。徳川の貴重な跡継ぎがどうとかこうとかと。腹が立つ。何なんだ。何も知らぬ癖して。別に私は好きでこの立場 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:スタンドマイヒーローズ お題:愛と憎しみの螺旋 制限時間:30分 読者:10 人 文字数:1242字 お気に入り:0人
「私を内偵に行かせてください」関のデスクの前で、声を荒げた玲に捜査企画課の全員が振り返る。また無茶を、という視線。よくやるな、という視線。そういうものがあっても 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
flight ※未完
作者:匿名さん ジャンル:スタンドマイヒーローズ お題:かたい笑顔 制限時間:30分 読者:12 人 文字数:996字 お気に入り:0人
もう何度目かのデートがお預けになって、さらには出張のおまけ付きと言えば、さすがに書類をぶん投げたくもなる。文句の言い過ぎでミサキちゃんにも呆れられた。「出張、で 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ワールドトリガー お題:恋の行動 制限時間:4時間 読者:13 人 文字数:286字 お気に入り:0人
恋、とは。今まで興味もなく、まさか自分がするとは思っていなかった。それは数日前。本当に、ちょっとしたきっかけだった。幼馴染の千佳に、恋をする日が来ようとは。でも 〈続きを読む〉