ジャンル:ロビジュナ お題:コーヒーと料理 制限時間:15分 読者:121 人 文字数:1561字 お気に入り:0人

【ロビジュナ】嘘から出たプロポーズ

 それは風のように、または嵐のようにカルデア内を駆け巡る。或る者は一笑に伏し、或る者は首を傾げた。果てはまたも登場人物の少女が言う。『彼を最も愛する人が、彼の一番になるのですって!』それを、お戯れをと笑い飛ばそうとしたアルジュナ本人の前に、見慣れぬ緑が現れた。息を荒げて、額に何らかの汗をかいて。何処から走ってきたのだろう。もしかしたら、カルデアの端の喫煙所からだろうか。

「アンタ、まだ、誰のモンでもないですよね?!」

 目深に被ったフードのせいで表情は見えない。けれども手袋越しに掴まれた手首からは火傷しそうな熱さがある。露呈している手のひらが、白い肌を真っ赤に染めて。アルジュナはロビンフッドと大して話したこともない。互いにカルデアが全力疾走で背水の陣を突っ切り始めた初期から居たとして、あの特異点を過ぎてからというもの、アルジュナはどこかぎこちなさを感じていた。だから、ロビンフッドがこんなにも近くにいることも、自分を掴んでいることも、全くもって予想外だった。
 何か言わねばと思うほど、舌の根が乾く。もつれてうまく踊れないダンスパーティに一人取り残されたようだ、とアルジュナは思う。

「まだ、未納品、です」

 アルジュナの返答に、作家陣が手を叩く。語り部は口をあんぐりと開き、教師は頭を抱える。インターネット注文するには、些か価値が重すぎるだろうに。
 ロビンフッドは衆目などには目もくれず。気にするほどの余裕もない声で叫んだ。

「なら、オレにしとけ!」

 ぎゅう、とアルジュナを握る手に力が籠る。アルジュナの視線の先、フードの奥に耳まで赤くなった、白人特有の肌はどこへやら、というていのロビンフッドが見える。一種、泣きそうなくらいに歪んだ瞳で、お気に入りのおもちゃを取られた子供のよう。
 アルジュナが返答しないまま、ロビンフッドは言葉を重ねる。もう、勢い任せにぶっちゃけてやる、という本音が肩越しに見えそうなくらい。

「アンタを愛してるだけなら、だったら、オレだっていいでしょう!?」

 愛されていることを知っているアルジュナは、自分に向けられる感情の種類を間違えない。ロビンフッドから向かうベクトルが、アルジュナの心臓を狙っていることも。もしもアルジュナがその矢を避けたとしても、もう一度、何度でも立ち上がってくるだろうことも。当たって砕けたとしても、それをかき集めて、混ぜ物まで詰め込んで固め直してくる者の瞳だ、と。
 アルジュナに届くのは、大衆の冷やかしでも、冷静に成り行きを見定めようとしている王たちの視線でも、槍を磨く宿敵の殺意でもない。ただ眼前の、自称一般人の持つ、愛をつがえた弓矢のみ。

「……返答、できかねます」

 は、とロビンフッドの空気が揺れる。

「私に愛を語るなら、目を見て言ってくださらなければ」

 瞳を穏やかに細め、ロビンフッドの手に、自らのそれを重ねた。途端、ロビンフッドは勢いよくフードを剥ぎ、アルジュナの予想通りの表情で、ただ一握の希望を求めて、喉から手が出るほど欲しい綺羅星の言葉を待っている。

「ぁ、……愛してます」

 ロビンフッドが、真っ直ぐにアルジュナを見つめて言ったと同時、まるで「よくできました」、と褒めるようにアルジュナはロビンフッドの手を払って、自分から抱き着いた。腕を回した首は、それでも確かに戦場を生き抜いた英雄と言えよう太さで、アルジュナは鼻先をロビンフッドの耳元を鼻先でくすぐりながら、感嘆の息を零した。
 まるで、大輪の花が咲いた、一瞬の時を閉じ込めたかのような甘やかな笑みに惑わされているロビンフッドはまだ気付かない。ここが衆目の下であることと、それを見ているのは、ロビンフッドに好意的なサーヴァントだけではないことを。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:ツナ缶 ジャンル:ロビジュナ お題:清い年賀状 制限時間:30分 読者:149 人 文字数:927字 お気に入り:0人
思えば誰にも住所なんて聞いていないし、誰かに教えた覚えもない。アルジュナは頭を抱えた。このアルジュナとあろうものが恥ずかしい!新年の風習はこの国出身でないとは 〈続きを読む〉

梟光司の即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:やば、宇宙 制限時間:15分 読者:60 人 文字数:1427字 お気に入り:0人
ゲリラライブも大盛況のうちに終了。メンバーのテンションも(主にアストルフォが)上がり調子。マネージャーが頭を抱えていても気にしない。何故なら皆、インディーズの苦 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:ロビジュナ お題:やば、解散 制限時間:15分 読者:57 人 文字数:1498字 お気に入り:0人
どうしたのさ、マスター。ん、怖い話だって?へぇ、後輩と一緒に百怪談ねぇ。そういうのが君の故郷にはあるの?じゃあゴーストを仕留めに行った話とか?え?そういうのじゃ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:早すぎた失踪 制限時間:15分 読者:81 人 文字数:1828字 お気に入り:0人
『すまない、分かってしまったんだが』 ジークがそう言うと、みんなが一斉にジークを見ました。それこそ、新体操なら満点が出るくらいに。小次郎はジークの肩をぐいっと掴 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:今日の妹 制限時間:30分 読者:50 人 文字数:1683字 お気に入り:0人
アルジュナは頭の良い子供だった。カルナが見知ってきた、どんな子供よりも。しかし、アルジュナは子供だからこそ、その言葉の重大さに気付いていなかったともいえる。例え 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:春のエデン 制限時間:15分 読者:57 人 文字数:1821字 お気に入り:0人
「あぁ」 声が思ったよりも近い。アルジュナがそう思って振り向くと、十五センチメートルの定規よりも近い場所にカルナの瞳がある。咄嗟に後退ろうと足を引くが、実習机に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:ロビジュナ お題:重い顔 制限時間:30分 読者:87 人 文字数:1686字 お気に入り:0人
ひときわ大きなガラス窓の前で降りしきる雪を眺めているアルジュナの横顔は、まるでそこが世界の終わりのように静かだった。カルデアでは、電力を魔力として代用している。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:ロビジュナ お題:静かなお天気雨 制限時間:15分 読者:83 人 文字数:1151字 お気に入り:1人
思えば、こんなレイシフト場面は今までにも少なくなかった。天候は雷雨。視界は不良。足場は崩れやすく、敵は魔獣たち。しかし今回はどうにも運が悪かったと言わざるをえな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:ロビジュナ お題:コーヒーと料理 制限時間:15分 読者:121 人 文字数:1561字 お気に入り:0人
それは風のように、または嵐のようにカルデア内を駆け巡る。或る者は一笑に伏し、或る者は首を傾げた。果てはまたも登場人物の少女が言う。『彼を最も愛する人が、彼の一 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:遠いふわふわ 制限時間:30分 読者:79 人 文字数:3315字 お気に入り:0人
放課後、三人は短大の本棟入り口で、ネロの言う「迎え」を待っていた。孔明もアルジュナから声をかけたのだが「忙しい」とけんもほろろに突っ返された。確かに孔明はアルジ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:ナウい映画 制限時間:15分 読者:131 人 文字数:1477字 お気に入り:0人
私とカルナはアジトにしている隠れ家たちを闇夜に紛れて襲撃し、その都度に部下を開放して回った。皆、ある程度は人権を守られていたようで、私は密やかに安堵の溜め息を 〈続きを読む〉