ジャンル:メギド72 お題:ありきたりなサラリーマン 制限時間:30分 読者:154 人 文字数:1424字 お気に入り:0人

跡地

※モブ注意

 死の間際の父が、ふと後悔を漏らした。
「あんな遊び、教えなければよかった……」と。

 兄が行方不明になって、もう10年が経つ。
 たぶん、もうとっくに死んでいるのだと思うが、きっとその方が良いと思う。
 年月が過ぎ去った今も、母は兄を諦めていないの様子を見せるが、父は何か事情を知っている風でもあった。
 そんなとき、今際に父が告げたのは、我が家にとってかなり不名誉な話だった。
 曰く、兄は「血なまぐさい賭け事」に夢中であったのだとか。

 砂漠の闘技場の跡地はひどくさびれていた。
 そこでは剣闘士同士が殺し合う、恐ろしい賭け試合が催されていたのだという。
 なんとも信じがたい話ではあるが、実際に目の当たりにしてみると、おそらく、そうだったのだろうと思わせられる、妙な納得感があった。ある日、巨大な幻獣に襲われ、一夜にして、観客ともども壊滅的な被害を受けたのだという。
 私の兄がその被害の中にいたのかは分からないが。
 世界が滅びるなんて噂が収まったのは、何年前になるだろう。幻獣のうわさもほとんど聞こえなくなって、それよりも追いはぎや野盗の類の方が怖くなっていた。

 あちこちの復興が進んだ今も、闘技場はまだ半壊していて、瓦礫にまみれていた。それでも、何もない砂漠の目印ではあるし、砂嵐を避けるのに一役買っている場所だという。案内人に礼を言って、がれきをまたいでみた。
 闘技場の跡地には、ならず者か、冒険者か、野営をしたようなたき火の跡がいくつかあった。不思議なのは、適当に飲み食いしたようにちらかった人の痕跡は、崩れて荒れ果てたがれきの山よりも幾分かほっとするところである。
「おい、何をしてる?」
 不意に緑髪の男が声をかけてきた。
「金はありません」
 とっさに答えた。男は鼻を鳴らした。
「追いはぎの類ではない。そいつらはもう追い払った」
 どうやら、随分腕の立つ男のようだった。
「何をしに来たか聞いている」
「知り合いを探しているんです」
 男は気難しそうな顔の中に、一瞬だけ怪訝そうな表情を見せた。
「似合わんな」
 火遊びやらなにやら、とにかく危険なにおいのする兄とは違い、平々凡々に生きてきた。これで区切りをつけたら、またそういった男に戻るつもりでもあった。男ははっと息を吐き、くるりと引き返すと、瓦礫をひっくり返したり、おそらく、私が来る前にやっていたようなことをし始めた。
 見つかるのはぼろぼろの鎧の欠片や、風化した布の切れ端だった。この広い闘技場で、誰かを見つけようなんて言うのは無理だ。
 男は極端に寡黙だったが、かと思えば、崩れそうなところを探していると「そこは危ない」だとか、「素人が近づくな」だとか警告してくる。
 私は、男が漁っているのが、闘技場をぐるりと取り囲む……リングの中を中心としたものであることに気が付いた。剣闘士は全滅したと聞いていたが、もしや……。死んでも死にきれない、幽霊の類であるのだろうか。
 それにしては気配ははっきりとしていたし、恐ろしいものではなかった。
「見つかりましたか」
「いや……」
「見つかるといいですね」
「いや、見つからんだろう」
 男はどこかさっぱりした様子で言いきった。
「お前も諦めたらどうだ……。どれも同じようなもんだ。適当に二つか三つ、持って帰れ」
「そうします、あなたは」
 男は答えなかった。ただ真剣な表情で瓦礫を漁っていた。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
灰燼 ※未完
作者:すの【新刊通販中】 ジャンル:メギド72 お題:つらい失踪 制限時間:30分 読者:60 人 文字数:1932字 お気に入り:0人
勇敢か臆病かと問われたら臆病だったといえるだろうし、誠実か不実かと問われたら誠実であったといえるだろう。だから前線基地に舞い込んできた噂に対してフォカロルが発 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: ジャンル:メギド72 お題:左の笑い声 制限時間:30分 読者:81 人 文字数:1313字 お気に入り:0人
*例によってお題ガン無視*限りなく×ではなく+に近いソロドラソロアンドラスはけっこう声を立てて笑うほうだ。それに気が付いたのはいつだっただろうか。ある日突然ふっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:すの【新刊通販中】 ジャンル:メギド72 お題:素人のパソコン 制限時間:30分 読者:77 人 文字数:2420字 お気に入り:0人
素人のPC→使いこなせないもの 触ってないのに壊れるもの クロケルがフォカロルのフェイタルブレードを落として壊すからあれやこれやと修理しようって頑張るけどダメ 〈続きを読む〉

ぽつタイプライターの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター ジャンル:メギド72 お題:戦争と正義 制限時間:30分 読者:22 人 文字数:1406字 お気に入り:0人
この中で、一番強いのはどれか? 戦場でこれほど切実な問いもないだろう。 だが、考える必要はない。カイムはは思考を止めた。 当然ながら、立っているものが正しい。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター ジャンル:メギド72 お題:今の性格 制限時間:15分 読者:35 人 文字数:828字 お気に入り:0人
※ソロモン大好きティアマトちゃん視点+サレオスさん 完全に私の趣味です 幻獣の攻撃をかわしたとき、滴る血液が雪を濡らした。しんしんと脚が痛んで、これはきっと恋だ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター ジャンル:メギド72 お題:地獄の四肢切断 制限時間:30分 読者:44 人 文字数:588字 お気に入り:0人
※お題があれだったけどそんなに物騒にならなかったので戦闘だけになった カイムさんの動きが好きです おお、手足がバラバラになったかのようだ! 幻獣の尻尾の一薙ぎで 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター ジャンル:The Elder Scrolls お題:3月の悪 制限時間:30分 読者:90 人 文字数:1693字 お気に入り:0人
シセロさんお誕生日(?)おめでとう記念 シセロ+闇の一党、聞こえしもの 人が死んでます 夜母よりの依頼の遂行についてきたシセロは珍しく大人しかった。そう思って聞 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター ジャンル:メギド72 お題:昼間の団地 制限時間:30分 読者:120 人 文字数:975字 お気に入り:0人
ほんのりソロモンとバラム/仲良しなだけかもしれないが/好物が楽しかった ソロモン王が不在であるがゆえか、戦いと戦いの間に、ほんの一筋の間隙が生まれていた。珍しく 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター ジャンル:メギド72 お題:恥ずかしい目 制限時間:30分 読者:136 人 文字数:1103字 お気に入り:0人
「なあマリー」「何、モラクス」「俺、マリーと似てる?」 まだガキだったころ、俺はマリーに幾度となく尋ねた。「似てないよ」 返ってくる答えはいつも一緒だ。 マリー 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター ジャンル:メギド72 お題:あいつの就職 制限時間:15分 読者:106 人 文字数:758字 お気に入り:1人
雑魚メギド妄想その2「あの川を無事に渡り切ったら、俺たちの軍団に入れてやるよ」 そう言って、メギドはぺんと平たい石ころを放った。「おら、拾ってきな」 そんな無茶 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター ジャンル:メギド72 お題:疲れた逃亡犯 制限時間:30分 読者:98 人 文字数:872字 お気に入り:0人
※メギドラル時代のサレオスさんとすれちがう夢雑魚メギド妄想です 不意に姿を現した巨人の斧で、俺の軍団を率いていたメギドはあっさりと頭を勝ち割られていた。 何がそ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター ジャンル:The Elder Scrolls お題:俺と母性 制限時間:30分 読者:105 人 文字数:1421字 お気に入り:0人
ルマーリンが着替えているほうから短い笑い声が聞こえてきて、俺はまたくだらないジョークのくだらない思い出し笑いでもしているのだろうと思って無視を決め込んだ。 そ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
※未完
作者:ぽつタイプライター ジャンル:世界樹の迷宮 お題:そ、それは・・・外資系企業 制限時間:30分 読者:85 人 文字数:1006字 お気に入り:0人
明日も知れぬ冒険者の一人として、カグツにも覚悟はそれなりにあったはずだった。 当たり前だと思っていたものが、一瞬でなくなる恐怖。確かなものなど、何一つとしてあ 〈続きを読む〉