ジャンル:Fate/Grand Order お題:どうあがいても夏休み 制限時間:30分 読者:42 人 文字数:1349字 お気に入り:0人
[削除]

どうあがいても夏休み

 振り返った容貌は不思議に微笑んでいる。アルカイックスマイルというそれがあの男の頬に飾られていることがまた苛立ちを呼んで、手の中で石がじゃりじゃりと触れ合った。じゃりじゃり。砂の混じった、ただ拾ってきただけのそれは野生のまま、菌だ何だ、受肉した身体には毒になるだろうものも含まれている。あれに効くとは思っていないが。一瞬見せるその、それが、もはや筆舌に尽くしがたい感情を連れてくる。相手も、またかと言わんばかりに目の色を変えて――お前、そんなに顔を輝かしてくれるな。もっと嫌いになる。もっともっと嫌いになってしまう。胸の内は暗く塞いだ。あの重戦車のような体躯が完全にこちらを向く前に踵を返して走り出す。そんなことは慣れている。孤島で海賊の面倒を見ていたからと打ち解けた黒髭は呆れた顔さえすれど、毎度毎度止めはしない。欲しいものこそ奪うのだと、それが海賊だと豪語する男には、この無為は理解され得ないが――しかし海賊は自由だ。いいなあ、おじさんもまた海賊やっちゃおうかな。先生に乗っていただけるとあらば拙者の船、百人力ですなあ!とあれは言うものの、すぐにヒゲの中の口をへの字に曲げた。
「乗るからには船長の指示を聞いてもらわにゃ困りますぞ、先生」
「アキレウスに石を投げない?」
「そうそれ」
「うーん、あいつと海で会うのは得策じゃないね」
「船でも強いんですか」
「あいつ、母親が海の女神だよ」
 乗るからには船長の指示を。黒髭は繰り返した。笑って頷くが、守ると約束したと取られては困る。何でそんなことするんですか、と黒髭もマスターも言う。そういえば、喫煙所でときどき火を借りるロビンフッドも――顔知りの誼だと言って宝具の外套さえ間借りするのだが――あれもそう言った。理由らしい理由を、探そうとする。アンドロマケなら何と言うのか。パリスならば?父王は――。それよりも先に指先は石を摘まんだ。理由の代わりにさえなりはしない。手の中で弄ぶ。こんなちっぽけなものを投げて、こんなにもちっぽけだからいいのだ。常人を砕くには十分すぎるが、英霊にはちと足りない。投げつけて走り出し、すぐに追いつかれて取っ組み合う。
「こんッの野郎!てめえ何回めだ!」
「君、パンを食べた回数をいちいち覚えてるのか?」
「ああっ、そういう答えか!そういう答えか貴様!相変わらずいい根性してやがる!」
「そんなに褒められても、もてなしはこんなものしかないんだが」
「クソッ、どうせなら肥えた仔牛くらい捧げてみせろ!」
「捌いたあとの牛骨で叩くことになろうけど、牛の血の匂いは好きか?」
「ああ言えばこう言う!」
「失礼、育ちがいいもんで」
 アキレウスの目には苛立ちと怒りがあり、やがてそれを炎を吐くような息に変えた。歯噛みしながら手を解いたものの、まだ両の眼はぎらぎらと火花を発するほどに輝いている。やめた、やめた!と言葉で表しはすれど、苛立ちはまだ煮えているらしい。理解の出来なさや徒労感に変わった怒りを憐れみのような表情に変え、美しい詩歌のように語りかけた。虫唾が走る。
「貴様、どうして」
「そっくりそのまま返すよ」
 石にして君をもてなそう。せいぜいゆっくりしていってくれ。時間はたっぷりとある。語らう時間も、戦う時間も。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:工藤 ジャンル:Fate/Grand Order お題:ゆるふわな動機 制限時間:30分 読者:57 人 文字数:856字 お気に入り:1人
ベディヴィエールに避けられている。ガウェインは壁にもたれかかりながら腕を組んだ。 ガウェインとベディヴィエールは恋仲である。そして、昨日は彼と、はじめて体を結 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
似顔絵 ※未完
作者:桜鬼@猫注意報(・ω・) ジャンル:Fate/Grand Order お題:調和した絵画 制限時間:30分 読者:127 人 文字数:761字 お気に入り:0人
「何してるの?」 おやつの時間になると、ある一定の女性陣が集まる食堂が、何故か何時もよりも騒がしい。集めた資材を片付けるべく近くを通った少女は、素朴な興味で入口 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ギギ ジャンル:Fate/Grand Order お題:自分の中の黒板 制限時間:30分 読者:122 人 文字数:849字 お気に入り:0人
俺なんてただの数合わせのためにたまたま選ばれた一般人だから、きっとすぐになんでもない日常に戻っていくのだろう。そう思いながら、俺は自分の中の黒板の前でチョークを 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ギギ ジャンル:Fate/Grand Order お題:わたしの嫌いな秀才 制限時間:30分 読者:200 人 文字数:521字 お気に入り:0人
私は、藤丸立香という少年が嫌いだ。多くの優秀な魔術師、多くの優秀なスタッフが集まるこのカルデアで、ただ1人だけの凡人。だというのに、多くのサーヴァントの精神を繋 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ギギ ジャンル:Fate/Grand Order お題:煙草と天井 制限時間:30分 読者:226 人 文字数:931字 お気に入り:0人
ロビンフットはカルデア内の喫煙室の壁にもたれかかり、煙草をくわえてぼんやりと天井を見上げる。現在、喫煙室には彼だけである。好んで喫煙するサーヴァントは彼以外にも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ギギ ジャンル:Fate/Grand Order お題:アブノーマルな出会い 制限時間:30分 読者:183 人 文字数:760字 お気に入り:0人
「はじめてドクターにあったのは、この部屋だったんだ」ベッドに腰かけたマスターが、ゆっくりと話し出した。僕がカルデアに召喚されたのは昨日。昨日はそれはもうすごい騒 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ギギ ジャンル:Fate/Grand Order お題:煙草と極刑 制限時間:30分 読者:152 人 文字数:634字 お気に入り:0人
「これは没収です」ぐしゃり、と。煙草の入った箱を握りつぶしたのはナイチンゲールだ。没収というか、それはもう握りつぶしているのだが、とは誰も言わない。ナイチンゲー 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:胡散気な夏 ジャンル:Fate/Grand Order お題:男同士の友人 制限時間:30分 読者:363 人 文字数:620字 お気に入り:0人
お前の友の話を聞かせてくれ、と言われた。レイシフトが終わってカルデアに帰ったすぐの事だ。マスターたる青年と、他にも何人ものサーヴァント達が大きなテーブルに集ま 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:愁花 ジャンル:Fate/Grand Order お題:東京の血痕 制限時間:1時間 読者:41 人 文字数:993字 お気に入り:0人
(※1.5部新宿、2部1章アナスタシアネタバレ、また真名バレがあります) よく、あの日を思い出す。 ボタン一つで命を決めた、あの日のこと。 その時はダディが寸前 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:わらびもち ジャンル:Fate/Grand Order お題:激しい海 制限時間:1時間 読者:28 人 文字数:3034字 お気に入り:0人
「最近はどうだい?」 よく休めているか、と工房を訪れた立香にダ・ヴィンチはおもむろに問いかけた。その声は軽やかに鼓膜をふるわせて、深刻に考えないようにと気遣って 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:キルミーベイベー お題:騙された黒板 制限時間:15分 読者:26 人 文字数:591字 お気に入り:0人
いつも通りあてもなく校内を歩いていた時のこと。「ぉ……?なんだこれ?」使われていない教室の黒板にでかでかと書かれているのは、ほぼ確実に私へ宛てたと思われる書き置 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:VOICEROID お題:純粋な武器 制限時間:1時間 読者:3 人 文字数:2315字 お気に入り:0人
その日、私は蔵の中を捜索していました。 琴葉家はそれなりにいいところの家――所謂旧家のようなものでありますので、蔵というモノを持っています。蔵にはご先祖様が使 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:アイドルマスターSideM お題:出来損ないの冤罪 制限時間:30分 読者:5 人 文字数:1195字 お気に入り:0人
「ジュンはさ、好きな人とかいる?」長机の斜向かいから飛んできた声に卵焼きを挟んだ箸が宙で停止した。「はい?」時は昼、話はさっきまでは次のライブの演出についてだっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:高崎ナル お題:今日のゲストは薔薇 制限時間:30分 読者:10 人 文字数:1012字 お気に入り:0人
「ふう…」真っ赤な椅子に居座るのは少し身分不相応なまるでスラム街の孤児のような男。ギィ…となんとも立派なドアが開き、そこから1人の可憐な少女が顔を出す。「おや。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:大逆転裁判 お題:魅惑の曲 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:407字 お気に入り:0人
「ねえ、何か歌ってよ」親に捨てられた身の上というのに、イーストエンドの子供たちは夜になると子守歌をしつこくせがんだ。潤んだ大きな眼、服の裾を掴む思いのほか強い力 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 お題:間違った職業 制限時間:30分 読者:28 人 文字数:780字 お気に入り:0人
「俺は刀剣男士だ」「そうだね」「なのになんで畑仕事なんかやる必要があるんだ……」和泉守兼定はため息をついて鍬の刃先を地面にさした。まだ手をつけていなかった畑の土 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:文豪とアルケミスト お題:楽しい爆発 制限時間:30分 読者:31 人 文字数:737字 お気に入り:0人
遠くから、きゃーっ、と誰かが叫ぶ声が聞こえた。それも複数。ただその声音は、切羽詰まった助けを求めるようなものではなく、元気で楽しげなもの。それなら気にしなくても 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:スーパーダンガンロンパ2 狛日 お題:かたい雑草 必須要素:恋愛要素以外 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:921字 お気に入り:0人
「狛枝!今日はお前は草むしり当番だ!」いきなりコテージの扉を開け日向クンがそう言い放ったのは約15分前。昨日ボクはなにかやらかしただろうか。もしそのバツなのだと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:イケメン戦国 お題:天才の死 制限時間:30分 読者:10 人 文字数:769字 お気に入り:0人
知らなかった。こんな世界があること。うだるような暑さの中、家康は人里離れた山奥を一人で歩いていた。あたりに人影はなく、ただ波のような蝉の鳴き声だけが一面を覆い尽 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
母との約束 ※未完
作者:匿名さん ジャンル:ミイラの飼い方 お題:昔の母 必須要素:生理 制限時間:30分 読者:8 人 文字数:473字 お気に入り:0人
こ「空良いこと空が幼少期の時?あなたが女の子って言うことは誰にも言ってはいけないわ」空の母ひまわりは悲しそうな顔で最愛の愛娘空にそう告げた。「どうして?」空は不 〈続きを読む〉