ジャンル:ワールドトリガー お題:魅惑の恨み 制限時間:30分 読者:54 人 文字数:1408字 お気に入り:0人
[削除]

今日はチューしない ※未完

 ジャムみたいにとろとろに煮詰まった仕事なんてもう、飽き飽きだった。これもやろうあれもやろう、そうだこの報告書もまとめておかにゃ……そういうことを片付けている日は、いつになっても仕事なんて全然終わるはずがない。やることがなくなるなんて、守る必要がなくなるなんて、明日が来なくなるなんて。思えば軽率だった。軽はずみで、考えなしで、でも多分あんまり寝てなかったから敬愛するタヌキみたいな中年男の語ることは跳ねるゴムまりのように心の中を跳ねまわって明るくて可愛い、鮮やかな色に変えていった。だから明日のために仕事を止められない。これは今日の、誰かの眠りを守る仕事だ。いいじゃんそういうの。昔アメリカンコミックで読んだヒーローに似ている。彼らはみんなちょっと神妙な顔で、いかにも真剣に、人を守ることについてちょっと伏し目がちに語った。彼らの「守る」とはいつだって暴力と背中合わせだったから。「守る」なんて軽率に、自分に酔って言うもんじゃない、と敬愛するタヌキみたいな室長は後悔のある目で言った。ヒーローみたいに。ふーんそっかー、と口にしてしまいそうな自分を押し殺して、精一杯神妙な顔を作って「そうなんですね、あ、そっか」などとなんか分かったふりとかしてみちゃったりして。いまだにそんなん、ちょっと実感ねえよ。自分で買った高いパソコンチェアの上で思い切り背中を伸ばすと、レゴを崩すような音がした。えっ何これ俺レゴだったかもしんない。レゴがレゴ踏んでんの?笑おうとして途中で力が抜けて、風船みたいに萎んだ。腹も減っている。こんな時間だけどラーメン食べちゃおっかな。お湯沸かそう、お湯。立ち上がった深夜の中をふらふらと、電気ポットにお湯になる水を入れて、ちょっと変な気分。淋しさとか、疲れとか、ちょっといけないことをしていて、悪いんだと自慢したくなるような子どもじみた感覚が混じっている。気分が良かったらSNSに写真撮ってアップしちゃうんだけどな。電気ポットをセットするのはコンセントに近い棚の上で、ここもそろそろ埃が溜まってきていた。棚の中にはスープしかなかった。いいや、ないよりマシだ。電気ポットのお湯でスープを飲んで、腹も満ちて、やる気はとっくに失せていた。スープを飲んだという達成感は、ある。それで、何となく端末を見たら、メッセージが入っていて、それは部屋の片隅のソファで眠っている当真からのものだった。長い足は、粗大ごみ置き場から拾ってきたソファからべろんとはみ出している。何となく、悪いことなのだけど、悪いなあと、珍しく罪悪感のようなものが湧いて出て、俺に膝をつかせた。ソファのすぐ横、当真お気に入りのブランケットを剥がす。スエットのゴムをびよんと引っ張って、パンツのゴムも。そうして、色の白い、まだ萎えたままの性器に口を寄せた。何となく、悪いことではあるんだけど、分かってるんだけど、なんかこうしてやりたい。淋しがらせてしまったから、可愛がりたい。猫の寝言みたいな喘ぎ声が頭の上から響いてきた。可愛がりたい。大事にしてえの、一応。ごめんな、分かんねえよなそんなの。
「ん、ん、ん、んえ、あ、あっん」
 口を使って可愛がっている。俺の口は口でないみたいになる、それでいい。
「んっ、あ、え、なに……」
「おはよ、ごめんな」
「えっや、ちょっ、ちょ、待って、まっ、ア」
 ごめんな。守るとか言って。全然そんなことできてm

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:のどう ジャンル:ワールドトリガー お題:緑の社会 制限時間:30分 読者:208 人 文字数:809字 お気に入り:0人
ここで誰かが産まれるのを、安らかに死ぬのを極力手伝っているだろう、少なくとも、侵略者の襲撃からは。「息をしやすいまちを造っているに過ぎないんだ」歩きながら、迅が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:赤松@WT妄想垢 ジャンル:ワールドトリガー お題:計算ずくめの液体 制限時間:30分 読者:371 人 文字数:752字 お気に入り:0人
「飲んでください」 疲れがとれますから、と出された飲み物の真意を知った上で、飲み干す自分も相手と同じくらいたちが悪いと冬島は思った。※「ごめんね、ハルちゃん」く 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
くじの結果※ ※未完
作者:赤松@WT妄想垢 ジャンル:ワールドトリガー お題:最強の犯人 制限時間:30分 読者:356 人 文字数:387字 お気に入り:0人
「うっわぁよりにもよって残った二人が……」「ようやく面白くなってきた」 冬島と太刀川はそれぞれ目の前に与えられた課題に対し呟いた。前者はため息をつきながら、後者 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:赤松@WT妄想垢 ジャンル:ワールドトリガー お題:コーヒーと母性 制限時間:30分 読者:318 人 文字数:612字 お気に入り:0人
砂糖を多めでと言われたから、ああ本当に限界なんだなと思ってしまった。「甘ったるいです」右手の書類を離さないまま、左手に持ったマグカップを傾けた東は眉を寄せる。「 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:蚊取り線香 ジャンル:ワールドトリガー お題:知らぬ間の風邪 制限時間:30分 読者:507 人 文字数:1026字 お気に入り:0人
「……何故、こんなことをした?」東は静かに尋ねた。向かいに座るのは一人の少年。「すいませんって、反省しましたって、俺も三輪も」「何故、と俺は聞いているんだ」東は 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
新評価 ※未完
作者:-10 ジャンル:ワールドトリガー お題:春の秀才 制限時間:30分 読者:276 人 文字数:454字 お気に入り:0人
※犬飼夢(というより犬+モブ)注意※「犬飼ってさ、自分のこと天才だと思ったことある?」桜の花びらがたまに通りかかる窓際の席でミルクティーを混ぜながら問いかけた質 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:しんどい ジャンル:ワールドトリガー お題:許せない船 制限時間:30分 読者:631 人 文字数:1680字 お気に入り:0人
ぼくは遠征艇が許せない。 当真先輩がぶつぶつぼやくように狭いのもあるし、冬島さんみたいに三半規管がぐらぐらするのもあるけれど、それ以外にも理由はある。 小さな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:メルティGO~減量の旅 ジャンル:ワールドトリガー お題:愛と憎しみの団欒 制限時間:30分 読者:364 人 文字数:786字 お気に入り:0人
何でもない、ただの飲み会だ。私はそう自分に言い聞かせながらジョッキに残ったビールを飲み干した。斜め向かいでは、かなり気分が良くなっている忍田本部長と城戸司令が談 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:灯千鶴@鏡花さんお待ちしてる ジャンル:ワールドトリガー お題:神の罰 制限時間:30分 読者:362 人 文字数:1034字 お気に入り:0人
遠征に行っていたという艇が戻ってくる。じきに星の命も尽きようというときに、と思うが、だからこそ、であろうか。国内にそれらしい候補が居ないから植民地と玄界を回って 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:みこと ジャンル:ワールドトリガー お題:戦争と修道女 制限時間:30分 読者:467 人 文字数:795字 お気に入り:0人
一緒に逃げよう。迅は気まぐれにそう誘いかけた。相手は、三輪秀次は答えた。「それはできない」と。いつ?なぜ?なにから?どこへ?どうやって?それらの疑問詞を三輪は使 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:キルミーベイベー お題:騙された黒板 制限時間:15分 読者:23 人 文字数:591字 お気に入り:0人
いつも通りあてもなく校内を歩いていた時のこと。「ぉ……?なんだこれ?」使われていない教室の黒板にでかでかと書かれているのは、ほぼ確実に私へ宛てたと思われる書き置 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:VOICEROID お題:純粋な武器 制限時間:1時間 読者:2 人 文字数:2315字 お気に入り:0人
その日、私は蔵の中を捜索していました。 琴葉家はそれなりにいいところの家――所謂旧家のようなものでありますので、蔵というモノを持っています。蔵にはご先祖様が使 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:アイドルマスターSideM お題:出来損ないの冤罪 制限時間:30分 読者:5 人 文字数:1195字 お気に入り:0人
「ジュンはさ、好きな人とかいる?」長机の斜向かいから飛んできた声に卵焼きを挟んだ箸が宙で停止した。「はい?」時は昼、話はさっきまでは次のライブの演出についてだっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:高崎ナル お題:今日のゲストは薔薇 制限時間:30分 読者:10 人 文字数:1012字 お気に入り:0人
「ふう…」真っ赤な椅子に居座るのは少し身分不相応なまるでスラム街の孤児のような男。ギィ…となんとも立派なドアが開き、そこから1人の可憐な少女が顔を出す。「おや。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:大逆転裁判 お題:魅惑の曲 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:407字 お気に入り:0人
「ねえ、何か歌ってよ」親に捨てられた身の上というのに、イーストエンドの子供たちは夜になると子守歌をしつこくせがんだ。潤んだ大きな眼、服の裾を掴む思いのほか強い力 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 お題:間違った職業 制限時間:30分 読者:28 人 文字数:780字 お気に入り:0人
「俺は刀剣男士だ」「そうだね」「なのになんで畑仕事なんかやる必要があるんだ……」和泉守兼定はため息をついて鍬の刃先を地面にさした。まだ手をつけていなかった畑の土 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:文豪とアルケミスト お題:楽しい爆発 制限時間:30分 読者:31 人 文字数:737字 お気に入り:0人
遠くから、きゃーっ、と誰かが叫ぶ声が聞こえた。それも複数。ただその声音は、切羽詰まった助けを求めるようなものではなく、元気で楽しげなもの。それなら気にしなくても 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:スーパーダンガンロンパ2 狛日 お題:かたい雑草 必須要素:恋愛要素以外 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:921字 お気に入り:0人
「狛枝!今日はお前は草むしり当番だ!」いきなりコテージの扉を開け日向クンがそう言い放ったのは約15分前。昨日ボクはなにかやらかしただろうか。もしそのバツなのだと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:イケメン戦国 お題:天才の死 制限時間:30分 読者:10 人 文字数:769字 お気に入り:0人
知らなかった。こんな世界があること。うだるような暑さの中、家康は人里離れた山奥を一人で歩いていた。あたりに人影はなく、ただ波のような蝉の鳴き声だけが一面を覆い尽 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
母との約束 ※未完
作者:匿名さん ジャンル:ミイラの飼い方 お題:昔の母 必須要素:生理 制限時間:30分 読者:8 人 文字数:473字 お気に入り:0人
こ「空良いこと空が幼少期の時?あなたが女の子って言うことは誰にも言ってはいけないわ」空の母ひまわりは悲しそうな顔で最愛の愛娘空にそう告げた。「どうして?」空は不 〈続きを読む〉