ジャンル:D.Gray-man お題:許せない悪魔 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:407字 お気に入り:0人
[削除]

賞味期限 ※未完

 誰かを愛する心に賞味期限があるように、「憎しみ」という感情にも賞味期限があるんだよ。
 チャオジーがまだアニタの元で水夫の仕事をしていた頃、年老いた先輩の水夫がそう言ったことがある。
 船への荷入れをしている途中で、休憩をとっていたとき。その船の前で昼食をとっていたときだ。
 まだ10代だったチャオジーには、感情に賞味期限がある、という感覚がよくわからなかった。
 なやんでいるのがそのまま表情に出ていたらしく、先輩の水夫は呵々と笑った。
「なぁに、おまえさんにもいつかわかるときがくるさ。もし強烈な感情に苛まれたときは、俺の言葉を思い出すんだよ」

 その先輩の水夫も、アニタも、江戸へと向かう船の中で死に、チャオジーは生き残った。
 方舟の中でノアを助けようとしたアレンに対する強烈な憎しみの感情は、まだこの胸の中にある。
 この憎しみがいつか賞味期限がくるとしたら、そのとき、自分はいったい、どうすれば。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:優維 ジャンル:D.Gray-man お題:1000の道のり 制限時間:30分 読者:512 人 文字数:1526字 お気に入り:0人
暗い部屋。窓からの月明かりが部屋の中を照らしている。普段一緒にいるブックマンは今日、他の任務にあてられていて不在だ。いろいろな記事や書類で埋まっている部屋は、一 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:キルミーベイベー お題:騙された黒板 制限時間:15分 読者:25 人 文字数:591字 お気に入り:0人
いつも通りあてもなく校内を歩いていた時のこと。「ぉ……?なんだこれ?」使われていない教室の黒板にでかでかと書かれているのは、ほぼ確実に私へ宛てたと思われる書き置 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:VOICEROID お題:純粋な武器 制限時間:1時間 読者:2 人 文字数:2315字 お気に入り:0人
その日、私は蔵の中を捜索していました。 琴葉家はそれなりにいいところの家――所謂旧家のようなものでありますので、蔵というモノを持っています。蔵にはご先祖様が使 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:アイドルマスターSideM お題:出来損ないの冤罪 制限時間:30分 読者:5 人 文字数:1195字 お気に入り:0人
「ジュンはさ、好きな人とかいる?」長机の斜向かいから飛んできた声に卵焼きを挟んだ箸が宙で停止した。「はい?」時は昼、話はさっきまでは次のライブの演出についてだっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:高崎ナル お題:今日のゲストは薔薇 制限時間:30分 読者:10 人 文字数:1012字 お気に入り:0人
「ふう…」真っ赤な椅子に居座るのは少し身分不相応なまるでスラム街の孤児のような男。ギィ…となんとも立派なドアが開き、そこから1人の可憐な少女が顔を出す。「おや。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:大逆転裁判 お題:魅惑の曲 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:407字 お気に入り:0人
「ねえ、何か歌ってよ」親に捨てられた身の上というのに、イーストエンドの子供たちは夜になると子守歌をしつこくせがんだ。潤んだ大きな眼、服の裾を掴む思いのほか強い力 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 お題:間違った職業 制限時間:30分 読者:28 人 文字数:780字 お気に入り:0人
「俺は刀剣男士だ」「そうだね」「なのになんで畑仕事なんかやる必要があるんだ……」和泉守兼定はため息をついて鍬の刃先を地面にさした。まだ手をつけていなかった畑の土 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:文豪とアルケミスト お題:楽しい爆発 制限時間:30分 読者:31 人 文字数:737字 お気に入り:0人
遠くから、きゃーっ、と誰かが叫ぶ声が聞こえた。それも複数。ただその声音は、切羽詰まった助けを求めるようなものではなく、元気で楽しげなもの。それなら気にしなくても 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:スーパーダンガンロンパ2 狛日 お題:かたい雑草 必須要素:恋愛要素以外 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:921字 お気に入り:0人
「狛枝!今日はお前は草むしり当番だ!」いきなりコテージの扉を開け日向クンがそう言い放ったのは約15分前。昨日ボクはなにかやらかしただろうか。もしそのバツなのだと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:イケメン戦国 お題:天才の死 制限時間:30分 読者:10 人 文字数:769字 お気に入り:0人
知らなかった。こんな世界があること。うだるような暑さの中、家康は人里離れた山奥を一人で歩いていた。あたりに人影はなく、ただ波のような蝉の鳴き声だけが一面を覆い尽 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
母との約束 ※未完
作者:匿名さん ジャンル:ミイラの飼い方 お題:昔の母 必須要素:生理 制限時間:30分 読者:8 人 文字数:473字 お気に入り:0人
こ「空良いこと空が幼少期の時?あなたが女の子って言うことは誰にも言ってはいけないわ」空の母ひまわりは悲しそうな顔で最愛の愛娘空にそう告げた。「どうして?」空は不 〈続きを読む〉