ジャンル:おそ松さん お題:汚いダンジョン 必須要素:個室 制限時間:4時間 読者:141 人 文字数:701字 お気に入り:0人
[削除]

海について

 彼の大きな鱗の間からするにおいは、もはや都会のにおいであると、一松はとっくに気づいていた。
それでもなお、彼のことを一種の神様だと信じていた一松は、彼の信仰対象を俗に貶めるそれを、高貴な白檀の、あるいは香を焚き染めたやん語とならぬ人々の髪の香りだと思い込もうとしていたのだ。だがしかし、彼の思考がそのように思い込んだとして、さあ彼の鼻孔はといえば、職場の先輩に無理やり連れていかれたフィリピンパブの朝、油物のの甘い香りと腐敗の匂い、ネズミの走り回る路地のむせ返る廃退と嘔吐物の匂い、それらを想起させて、彼の思考とは全く別の吐き気を催したのであった。
 しかしながら、一松の目にする巨躯はすばらしく清潔でなめらかで、ひとつひとつの鱗が一松に、知らぬ海の話をしてくれるように思えた。脳で感じる美醜と、鼻孔で感じる美醜、完全に混乱し、一松は頭を抱える。お前は、お前は一体何なのだ!?
 一松の心情を知ってか知らずか、頭上から彼の鼓膜を揺らす、ひどく神のかかった声が落ちてくる。
「どうした? 一松」
 その瞳はどこまでも青く、静謐だ。その鱗からする、下卑て俗っぽい生臭さとはまったく関係ない清廉の目は、一松を真っ直ぐに射た。
 お前は、いったい、なんなのだ。一松はその喉の奥で問いかけた。兄の顔をしたお前は。お前は。お前は!!
「誰でもないさ」
 体が震える。おれの考えていることが、この巨躯の半魚半人の前では筒抜けだというのか。
「べつにそんなことないが。お前の目をみればわかるぜ」
 その口がうつくしい孤を描いた。それは、それは、それは……!松野一松の人生をめちゃくちゃにするのに十分な、孤であった。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:そゃーす まっちゃぴっぴ ジャンル:おそ松さん お題:綺麗な風邪 制限時間:4時間 読者:53 人 文字数:1257字 お気に入り:0人
ぽつりと頬に落ちた、冷たい雨。それに意識を戻せば、曇天に包まれた空が見えた。いつからここに座り込んでいたのか、覚えているのは、水平線に落ちていく太陽が死にたくな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:そゃーす まっちゃぴっぴ ジャンル:おそ松さん お題:許されざる喜劇 制限時間:4時間 読者:209 人 文字数:1596字 お気に入り:1人
おそ松兄さんが死んだ。チビ太の店からの帰り道、六人で並んで歩いていた時に突っ込んできた車によって殺された。たまたま隣を歩いていた僕は何が起きたかもわからず、おそ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:はちこくん ジャンル:おそ松さん お題:光の小説合宿 制限時間:4時間 読者:136 人 文字数:1221字 お気に入り:0人
愛の物語は一松には書けない。砂を吐くようなでろでろの粘膜の擦りあいは他の有象無象にまかせておけばよい。……などと言える立場ではなく、今回も締め切り間近にうんう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:へせ ジャンル:おそ松さん お題:小説家の許し 制限時間:4時間 読者:207 人 文字数:4508字 お気に入り:0人
その男は新任らしい青臭さを全身から放っていた。優しさですべての心を篭絡できると信じ込んでいる、真っすぐな、キラキラした目で教壇に立ち、自己紹介を始めたとき、なん 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:八条 媛明 ジャンル:おそ松さん お題:臆病な同性愛 制限時間:4時間 読者:318 人 文字数:4616字 お気に入り:0人
一松の命は290円だ。咥えて吸って火をつける。その流れでくすんだ紫煙を綺麗なままの空気と混ぜて肺に送る。ドロドロとタールが肺の、肺胞の、それら細胞一つ一つを黒く 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:槇名有 ジャンル:おそ松さん お題:おいでよ年賀状 必須要素:岩塩 制限時間:4時間 読者:362 人 文字数:288字 お気に入り:0人
※死ネタ ブラザーたちのために最高級の岩塩を採ってくるぜ、と言ってカラ松が家を出ていったのは12月の半ば頃。そうして約一週間後の聖夜、遠いヒマラヤ山の中腹から、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:槇名有 ジャンル:おそ松さん お題:寒い女祭り! 必須要素: 制限時間:4時間 読者:450 人 文字数:649字 お気に入り:0人
女子松さん6名は、6人乗りのレンタカーを借りて、山を二つ越えた先にある縁結び神社を目指していた。運転手はカラ子が務め、ナビのおそ子は助手席に座り、我先にと車に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:槇名有 ジャンル:おそ松さん お題:忘れたい境界 必須要素:ギター 制限時間:4時間 読者:340 人 文字数:1691字 お気に入り:0人
「ねえみんな、トト子のバックバンドやってみない?」 幼馴染の女の子は、大事な話があるの、と言って六つ子を部屋に集めると、単刀直入にそう言った。曰く、商店街のイベ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:へせのジョル仗ラーメン減量用しめじ大盛り ジャンル:おそ松さん お題:彼女と過ち 必須要素:まいたけ 制限時間:4時間 読者:500 人 文字数:5205字 お気に入り:0人
清貧、という言葉がある。彼女の事である。高卒ニートで、人間性も恐らく最低の部類に入るだろう同世代カースト圧倒的最底辺の住民、松野カラ松は彼女を見た途端、春一番の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:狐狗羽-koku-@低浮上 ジャンル:おそ松さん お題:とてつもない海辺 制限時間:4時間 読者:437 人 文字数:1546字 お気に入り:0人
あたりはもう暗く、波が寄せては引いてを繰り返す音と探索者のような砂を踏みしめる足音だけが聞こえる。ここは遠く離れた、知らない土地の海辺___「…おそ松兄さん、い 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:Fate/Grand Order お題:静かな笑顔 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:365字 お気に入り:0人
「マスター、少し良いか?」深夜マイルームを尋ねてきたのは、退廃的な雰囲気を纏う黒衣のサーヴァント(いやこの人に限ってみれば僕の方こそ僕であるほうが相応しいのかも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
※未完
作者:匿名さん ジャンル:Fate/Zero お題:猫の大地 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:275字 お気に入り:0人
『抑止の輪より来たれ、天秤の守り手よーーーー』黒衣の魔術師の高らかな詠唱の終わりと共に眩い閃光が古城の一室に満ちる。魔術師が瞑った目を開いたのは、儀式の主たる目 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:武将隊 お題:もしかして犬 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:720字 お気に入り:0人
名を呼べば素直に返事をして、確と後ろを着いてくる。 もしかして、いやもしかしなくても、此奴は犬では無かろうか。 褒めれば大きく尻尾振って、叱ればしゅんと耳を垂 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ジョジョの奇妙な冒険 お題:大人の祖父 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:404字 お気に入り:0人
「君と違って、ジョースターさんはまるで大きな子供みたいだな」少しだけ皮肉を込めて、それでいて柔らかくお前は微笑む。「あぁ、じじいは昔っからこうさ」好奇心旺盛で、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ハイキュー!! 阿吽 お題:僕と人体 必須要素:小説 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:651字 お気に入り:0人
昔はこんな事考えもしなかった。いや、考えている暇がなかったと言った方がいいだろうか。学生の時より自由な時間は減った。それが大人という物だ。分かっている。俺のピー 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ハイキュー‼︎ 赤葦京治 お題:地獄ロボット 制限時間:1時間 読者:7 人 文字数:2533字 お気に入り:0人
此処は地獄だ。流れる汗、詰まった指先、張り付く前髪、この熱気。毎日毎日、繰り返し、噛み締める、この両手に、空に届く程のトス。打ち付ける音、堪らなく大好きなんだと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:誰かと育毛 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:407字 お気に入り:0人
霊夢のそこはいまだ発毛をみていない。みずからの発育に関してはとんと無頓着な霊夢である。だが、たまに魔理沙と温泉に浸かりでもすると話は違ってくるらしく。「なんでそ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:愛と欲望の善意 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:480字 お気に入り:0人
コアラに喰らわれ続け危殆に瀕したユーカリがやがて毒を獲得したように。覚妖怪に心のうちを暴かれ続けた者たちは、なんというかこう、「すれて」しまうのである。地霊殿の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ゾエ お題:大好きな伝説 制限時間:1時間 読者:13 人 文字数:1677字 お気に入り:0人
「この時期は、神様に花嫁を差し出す祭りがあんねんけど、アンタもそれ見に来たん?」そう言って緑のフードを被った少年が永見が持っていた一眼レフカメラのレンズを手で触 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:愛、それは音 制限時間:15分 読者:22 人 文字数:375字 お気に入り:0人
ご自愛ください。という定型句にエロティックな意味を見出してしまう程度にはリリカ・プリズムリバーは若かった。思春期だった。自分を愛するとは陰核を愛することに他なら 〈続きを読む〉