ジャンル:暗殺教室 烏イリ お題:今日の妹 制限時間:30分 読者:56 人 文字数:1878字 お気に入り:0人

E組のイモウトちゃん

「あーつーいーつかーれーたー。もう授業とかやめてプール行きましょカラスマー」
「行くなら一人で行け。仕事を終わらせてからな」
「なによぉ。プライベートビーチ行きましょって言わないだけ譲歩したってのにー」
「それは譲歩なのか……?」

関東地方が梅雨明けする少し前から、日中のうだるような暑さは毎日のようにイリーナの口の端に不満を上らせていた。
私立中学だというのに、本校舎から遠く離れたこの旧校舎内にはクーラーもなく、扇風機はこの蒸し暑い空気をかき回すだけで大した役に立たない。ぎりぎり「この痴女が」と烏間に怒られない程度にボタンをあけスカートをめくり上げたイリーナが、なんともだらしない格好で机にだらんと脱力して、烏間はさっきから気が散りっぱなしだった。
「……ったく」
正直うるさくて仕事にならないが、静かになったら静かになったで、熱中症にかかっている可能性も否定できないのが悩ましい。つまり、黙っていてほしいのに放置ができない。
烏間はため息をついて、がらりと机の引き出しを開けた。
「ほれ、これでも額に貼ってろ。少しはマシになるだろう」
そう言って烏間はイリーナに、常備していた冷えピタを放る。むくりと体を起こし、イリーナはめんどくさそうにつぶやいた。
「なぁにこれー」
「冷えピタというやつだ。見たことないか」
「しらないー」
「本来は発熱した時に使うモンなんだがな。紙を剥がして、額に貼ってみろ。だいぶ違う」
「ふうん?」
しばらく初めて見るらしいそのシートをぶにぶにと弄んだあとに、イリーナはそのシートを従順に額に貼り付けた。
「う、わあ……ああああ……」
心底感動したような、間抜けなうめき声ともため息ともつかない声が漏れる。「これっ……冷たくてきもちいいわね、カラスマ……」
わずかに苦笑しながら、烏間は小さくホッとしたため息をついた。「気に入ったようなら何よりだ」

うううもうこの気持ち良さに全身包まれたい気分よぉおお、とだらしない声をあげるイリーナ。しかし、先程の不満に満ちた恨み声を聞くよりかはよほど快適そうで、烏間はようやく止まっていた報告書作成に手をつけることができた。

「ちっすー。ビッチせんせー、いる?」
「中村さんか。いるぞここに」
「どしたのぉ莉桜ー」
ふたたび烏間の叩く軽快なキーパンチ音が響き始めた教員室のドアを開け、莉桜がやってきた。はじめての冷えピタに感動した、だらしない表情のままのイリーナが応対する。
「あ、ビッチせんせー冷えピタ貼ってる」
「カラスマにもらったのー。これ初めて使ったけど超きもちいいのね……」
「あはは! 確かにこれ、クセになるよねー。わかるわかる」
おかしそうに笑ってから、莉桜はにやりとイリーナに笑いかけた。
「そんな暑さにやられてるビッチせんせーをお誘いに来たんだけどさ。うちら、これから自主訓練兼ねて、例のE組用プールでウォーターガンを使った狙撃訓練すんの。涼しいからビッチせんせーも来ない?」
「行く!」
がばりと身を起こしたイリーナの目はらんらんと輝いている。それを横目で見ていた烏間は、またわずかに苦笑した。
「烏間せんせーは……」
「魅力的なお誘いだが残念ながら仕事だ。イリーナ、いちおう教員として安全確認しろよ。あまり遅くなりすぎるな」
「わかってるわよーう。ねっねっ莉桜そのウォーターガン、あたしの分もあんの?」
「あるよぉ、ただしどんなタイプが当たるかは運次第」
「ふふ……見てなさいよ、プロの暗殺者の恐ろしさ、あんたたちに味わわせてあげるわっ」
「どうだかねー、うちのスナイパーコンビも参加すんだから、油断大敵だよぉ。つーわけで烏間せんせー、ビッチせんせー借りまぁす」
「水辺は滑りやすいから気をつけろよ。誰か怪我をしたらすぐにおれを呼べ」
「はーい。じゃあいってきまーす」

がらり、とふたたび扉が閉まり、玄関へと向かう二人の声が遠ざかる。えげつない強さのウォーターガンが1つあるとか、実は水風船も用意してあるからずぶ濡れになる危険もあるとか。プロをなめないでよ、と不敵に笑っているであろうイリーナの声が、最後に聞こえた。
ふ、とまた苦笑して、烏間はキーボードを叩き始めた。イリーナがあれだけ大口を叩いているなら、ぜったい生徒たちに裏をかかれて酷い目にあうオチが待っているだろうから、タオルを用意してやったほうがいいかもしれないな、と思いつつ。



「うわーんカラスマぁ、ガキどもがよってたかってあたしをいぢめるー!」
「……ドラえもんみたいにおれを呼ぶな」

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:暗殺教室 烏イリ お題:アルパカの慰め 制限時間:30分 読者:89 人 文字数:1411字 お気に入り:0人
まるで敵のいない野っ原に放り出された草食動物みたいに、クッションを抱えてソファに座り、どこでもない虚空を見つめてぼうっとしているものだから、烏間は思わず心配にな 〈続きを読む〉

からいりくじらの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:からいりくじら ジャンル:暗殺教室 烏イリ お題:ラストは男祭り! 制限時間:30分 読者:17 人 文字数:1463字 お気に入り:0人
「いやー、やっぱああいう血湧き肉躍る競技は男子の専売だねぇ。超興奮しちゃった!」体育祭の棒倒しが終わり、閉会式も終えて。校庭のパイプ椅子を片付けながら、興奮気味 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:からいりくじら ジャンル:暗殺教室 烏イリ お題:輝く悪 制限時間:30分 読者:30 人 文字数:2080字 お気に入り:0人
「カラスマってさ、この世には絶対的な正義みたいなものがあって、自分は何があってもそっちサイドですって顔をしてること、ない?」あたし、自分を使うオトコの実力を見極 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:からいりくじら ジャンル:暗殺教室 烏イリ お題:元気な故郷 制限時間:30分 読者:35 人 文字数:1965字 お気に入り:0人
殺気を感じて立ち止まると、すぐ横のコンクリートブロックの塀に、ビシッと音を立ててペイント弾が命中した。気付かずそのまま歩いていたらば、ちょうど烏間のこめかみに命 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:からいりくじら ジャンル:暗殺教室 烏イリ お題:進撃の内側 制限時間:30分 読者:48 人 文字数:1929字 お気に入り:0人
「……で? なんだコレは」「なにって、ランジェリー」「おれには紐にしか見えん」「えー。この繊細なレース使いがわかんないなんて、どんだけ朴念仁なのよカラスマぁ」烏 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:からいりくじら ジャンル:暗殺教室 烏イリ お題:悔しい男 制限時間:30分 読者:53 人 文字数:1553字 お気に入り:0人
持ち帰りの仕事がようやくひと段落ついて、烏間がようやくベッドにやってきた時。彼の恋人であるイリーナ・イェラビッチは、いつもの「この衣服には一体どこを保護する目的 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:からいりくじら ジャンル:暗殺教室 烏イリ お題:失敗の食卓 制限時間:30分 読者:44 人 文字数:1699字 お気に入り:0人
熱で浮かされた頭に、おずおずと濡れタオルが乗せられた感触。その心地よさにふっと目を開けると、あまり見ない驚いた顔の烏間がそこにいた。「……すまん。冷たかったか」 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:からいりくじら ジャンル:暗殺教室 烏イリ お題:真実の血液 制限時間:30分 読者:51 人 文字数:1504字 お気に入り:0人
「——時々不思議になるのよねえ」熱心に砂場で「おしろ」を作り続ける娘をぼんやりと眺めながら、木陰でイリーナは呟く。「なにがだ」吹き抜ける風の心地よさに目をつぶり 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:からいりくじら ジャンル:暗殺教室 烏イリ お題:突然の宇宙 制限時間:30分 読者:47 人 文字数:2018字 お気に入り:0人
「ねぇんカラスマ――」「甘えた声を出そうが、ダメなものはダメだ」「……ちっ」先ほどからさんざ「授業なんかかったるい」「やってられない」「そもそも教師なんかやった 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:からいりくじら ジャンル:暗殺教室 烏イリ お題:幼い土地 制限時間:30分 読者:49 人 文字数:1505字 お気に入り:0人
「人を育てる——……か」生徒たちの乗ったバスを見送ったイリーナが、ぽつりと呟いた。「あいつからのアドバイスブックにあった言葉、か」吹けば飛びそうなほどに小さな言 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:からいりくじら ジャンル:暗殺教室 烏イリ お題:俺と霧 制限時間:30分 読者:48 人 文字数:1517字 お気に入り:0人
複雑なようでいて、単純で、だけど複雑。イリーナ・イエラビッチという女は、おれにとってはそうとしか言いようのない性格をしていた。「もー、まぁた雨!? もう雨はいい 〈続きを読む〉