ジャンル:アイドルマスターSideM お題:右のブランド品 制限時間:15分 読者:41 人 文字数:1039字 お気に入り:0人
[削除]

スーパープレミアムな恋人 (輝薫)

前職が医師だと聞いてもいまいちピンと来ることは無く、上京して以来世話になっている主治医のぼんやりとした白い頭を思い浮かべて、まぁ医者ってやつもいろいろいて当然なんだよなぁと曖昧な感想で自分を納得させた。
後になって聞いてみればアイツはアイツで俺の前職が弁護士であることに違和感を覚えたというのでそういう意味ではアイツも俺も前職が天職で無かったらしいと言えるのかも知れない。
メガネのフレームは直接に聞いたことは無いけれど、いつかのクライアントのところで同じ色を見たことがある。一見黒に見えるけれどナントカという特殊素材でできていて非常に軽く、曲がりにくいそれは紛う事なき高級品の類いだ。まじまじと見なければ気付かない、クライアントのように金があることをひけらかすように告げてくるわけでもないから随分と長い間気がつかなかった。
「何をじろじろ見ているんだ」
はぁ、と溜息ひとつ。ガウンを着た男は俺よりも細くてしなやかで、以前はメスを握っていた指先で視線の先のメガネを浚った。
こいつがシャワーを浴びるときはメガネを外したがるタイプなのだと知ったのは付き合ってからのことになる。それ以前はメガネケースを肌身離さず持ち歩いていたり、大風呂は避けたりとやたら肌を晒したくない付き合いの悪いやつだなとばかり思っていた。
「桜庭ちゃんのメガネをじっくり見れるのってコイビトの特権だなぁ、って」
湯上がりのたまご肌は日々のたゆまぬケアのお陰でつるつるすべすべのさらさらだ。指をくすぐる心地よさにうっかり溺れかけながらメガネのつるをなで上げる。肌には劣るものの滑らかな感触はなかなかお目にかかれないものだ。
つられるように桜庭が目を細める。気持ちが良いのか、それとも気分が良いのか。両方だと一番良いと思った。
「手が止まったぞ」
休んだ指を叱責する言葉は相当な糖分を含んでいて怒られたと言うよりも甘えられたと言う方が正しい。元医師の鋭い眼光は鳴りを潜め、可愛らしい桜庭薫が顔を覗かせる。その瞬間は何度味わっても癖になる。だからつい手を止めてしまうと知れたら本気で怒られそうだから言わないけれど。
「外して良い?」
両手を恭しく両端に触れさせると3cm上の頭が少しだけ俺より小さくなる。言葉の無い動作だからこそ、許可が分かりやすくて好きだ。
付けられたばかりの眼鏡をまたサイドボードに戻せばスイッチが一気にオンに変わる。
ちらりと見たそれよりも特殊素材の柔らかな唇が薄く開き、赤い舌が俺を誘った。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
来年の愛人 ※未完
作者:あくお@ミラフェスI54b ジャンル:アイドルマスターSideM お題:来年の愛人 制限時間:15分 読者:68 人 文字数:1242字 お気に入り:0人
来年の今日は何をする予定か、と聞かれた北斗は笑って、わかんないよそんなの、と答える。対して、テーブルの向こうにいる冬馬は「だったら予定はないってことでいいんだよ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:あぶみ ジャンル:アイドルマスターSideM お題:不本意な山 制限時間:15分 読者:180 人 文字数:1365字 お気に入り:0人
いや、どうしてこうなった。 桜庭薫はめちゃくちゃに、もうこれ以上ないというくらいに眉間の皺を深くして、無制限に喉の奥から漏れ出てくる溜息を必死に飲み込んでいた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:蛍月 ジャンル:アイドルマスターSideM お題:黄金の銀行 制限時間:30分 読者:85 人 文字数:1054字 お気に入り:1人
湯呑の中で揺れる茶柱を見て、猫柳キリオは笑みを浮かべた。「茶柱でにゃんす」「あらァ、良いことあるんじゃない?」 華村翔真が自分のことのように嬉しげな顔をする。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:軋み柚子 ジャンル:アイドルマスターSideM お題:気持ちいい罪 制限時間:1時間 読者:165 人 文字数:377字 お気に入り:0人
315プロ事務所の朝は早い。今日はもふもふえんの撮影の準備をするのに事務所を開けに来た。「おはようございまーす!!オレ一番乗りじゃないッスか!?」おはよう!あれ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:軋み柚子 ジャンル:アイドルマスターSideM お題:苦しみの愛 必須要素:バナナの皮 制限時間:15分 読者:123 人 文字数:306字 お気に入り:0人
3、2、1、…よし、スタートダッシュは完璧。…緑か。トップの今はまだ必要ない。ショートカットの踏み切りのタイミングも…間に合った!今のところ全部教えてもらった通 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:バトルスピリッツ烈火魂 お題:真紅の怒りをまといしギャグ 制限時間:30分 読者:4 人 文字数:1563字 お気に入り:0人
ウチの名前〇〇 〇〇。ある日を境にS級バトラーになったものだ。だけど、まだウチはどこかのスクールアイドルでもある似非関西弁の三年生に似てて外見が青くー、そのまん 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 お題:限りなく透明に近い命日 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:299字 お気に入り:0人
あれ、いつの間にか体が透明になっている。私って死ぬのかな。あそこに薬研がいるのになんで気付いてくれないの!?「薬研!」必死に薬研のことを呼んだ。そうしたらこっち 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:おそ松さん【腐向け】 お題:不幸な道のり 制限時間:1時間 読者:9 人 文字数:1279字 お気に入り:0人
おれは常々、後悔をしないように生きている。 後悔先に立たずと言うが、つまり後悔するかしないかは未来のおれが決めることであって、今のおれではない。ならばせめて『 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:おそ松さん お題:すごい悪人 制限時間:30分 読者:8 人 文字数:1136字 お気に入り:0人
※流血表現ありこの世にある悪人という定義は何であろうか?人殺し? 窃盗? 密売? それとも__返り血でスーツが染まる。真っ白なスーツに対し、鉄分が入っている真っ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:おそ松さん お題:同性愛の作品 制限時間:2時間 読者:6 人 文字数:413字 お気に入り:0人
※同性愛否定発言あり __マフィア___。 俺達は世間からそう云われる存在だった。 今日の獲物は冴えない画家。 借金は凡そ500万ちょい。 いい加減、臓器でも売 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:練習Kiss お題:ぐちゃぐちゃの嘘 制限時間:2時間 読者:6 人 文字数:1206字 お気に入り:0人
朝起きるとガバッ「なぁにこれぇ」謎の空間にいた僕は楠木秋飛(くすのきあきと)最近成人式を終えたばかり「えー、、ここどこ、、」自分で言うのもアレだがさみしがりやな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:名探偵コナン 降風 お題:臆病な悪魔 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:582字 お気に入り:0人
上司が悪魔と呼ばれていることは知っていた。彼への畏怖だとか、嫉妬だとか、羨望だとか、そういった周囲の評価を示している二つ名だと思う。風見もまた、自らの上司を、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:テニスの王子様 お題:やば、ガール 制限時間:30分 読者:36 人 文字数:1058字 お気に入り:0人
部屋からは遠く、海沿いの工業高校地帯が見えている。川底に散った砂金のように夜ごと光を放って、街の高台に部屋を借りて正解だった、と永四郎は微笑んで煙草に口を付け 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 お題:遅いガール 必須要素:囚人 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:775字 お気に入り:0人
俺の主は、何をやるにも遅い。「ねー主ー、まだなのー?」「ん、んー、も、もうちょっと…メイクが終わらなくって」「もう、ファンでだけでどれだけかかってるのさ!ほら、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:NEW GAME! お題:馬鹿な人間 必須要素:京都 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:1005字 お気に入り:0人
いつもと変わらない通勤時ガタンゴトンっと電車が揺れて甲高いブレーキ音を出して止まり、バシャアと扉が開く。そこの空いた入り口にドッと客が入る。その入ってくる人を凝 〈続きを読む〉