ジャンル:アイドルマスターSideM お題:右のブランド品 制限時間:15分 読者:85 人 文字数:1039字 お気に入り:0人
[削除]

スーパープレミアムな恋人 (輝薫)

前職が医師だと聞いてもいまいちピンと来ることは無く、上京して以来世話になっている主治医のぼんやりとした白い頭を思い浮かべて、まぁ医者ってやつもいろいろいて当然なんだよなぁと曖昧な感想で自分を納得させた。
後になって聞いてみればアイツはアイツで俺の前職が弁護士であることに違和感を覚えたというのでそういう意味ではアイツも俺も前職が天職で無かったらしいと言えるのかも知れない。
メガネのフレームは直接に聞いたことは無いけれど、いつかのクライアントのところで同じ色を見たことがある。一見黒に見えるけれどナントカという特殊素材でできていて非常に軽く、曲がりにくいそれは紛う事なき高級品の類いだ。まじまじと見なければ気付かない、クライアントのように金があることをひけらかすように告げてくるわけでもないから随分と長い間気がつかなかった。
「何をじろじろ見ているんだ」
はぁ、と溜息ひとつ。ガウンを着た男は俺よりも細くてしなやかで、以前はメスを握っていた指先で視線の先のメガネを浚った。
こいつがシャワーを浴びるときはメガネを外したがるタイプなのだと知ったのは付き合ってからのことになる。それ以前はメガネケースを肌身離さず持ち歩いていたり、大風呂は避けたりとやたら肌を晒したくない付き合いの悪いやつだなとばかり思っていた。
「桜庭ちゃんのメガネをじっくり見れるのってコイビトの特権だなぁ、って」
湯上がりのたまご肌は日々のたゆまぬケアのお陰でつるつるすべすべのさらさらだ。指をくすぐる心地よさにうっかり溺れかけながらメガネのつるをなで上げる。肌には劣るものの滑らかな感触はなかなかお目にかかれないものだ。
つられるように桜庭が目を細める。気持ちが良いのか、それとも気分が良いのか。両方だと一番良いと思った。
「手が止まったぞ」
休んだ指を叱責する言葉は相当な糖分を含んでいて怒られたと言うよりも甘えられたと言う方が正しい。元医師の鋭い眼光は鳴りを潜め、可愛らしい桜庭薫が顔を覗かせる。その瞬間は何度味わっても癖になる。だからつい手を止めてしまうと知れたら本気で怒られそうだから言わないけれど。
「外して良い?」
両手を恭しく両端に触れさせると3cm上の頭が少しだけ俺より小さくなる。言葉の無い動作だからこそ、許可が分かりやすくて好きだ。
付けられたばかりの眼鏡をまたサイドボードに戻せばスイッチが一気にオンに変わる。
ちらりと見たそれよりも特殊素材の柔らかな唇が薄く開き、赤い舌が俺を誘った。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
来年の愛人 ※未完
作者:あくお@ミラフェスI54b ジャンル:アイドルマスターSideM お題:来年の愛人 制限時間:15分 読者:98 人 文字数:1242字 お気に入り:0人
来年の今日は何をする予定か、と聞かれた北斗は笑って、わかんないよそんなの、と答える。対して、テーブルの向こうにいる冬馬は「だったら予定はないってことでいいんだよ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:あぶみ ジャンル:アイドルマスターSideM お題:不本意な山 制限時間:15分 読者:208 人 文字数:1365字 お気に入り:0人
いや、どうしてこうなった。 桜庭薫はめちゃくちゃに、もうこれ以上ないというくらいに眉間の皺を深くして、無制限に喉の奥から漏れ出てくる溜息を必死に飲み込んでいた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:蛍月 ジャンル:アイドルマスターSideM お題:黄金の銀行 制限時間:30分 読者:109 人 文字数:1054字 お気に入り:1人
湯呑の中で揺れる茶柱を見て、猫柳キリオは笑みを浮かべた。「茶柱でにゃんす」「あらァ、良いことあるんじゃない?」 華村翔真が自分のことのように嬉しげな顔をする。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:軋み柚子 ジャンル:アイドルマスターSideM お題:気持ちいい罪 制限時間:1時間 読者:221 人 文字数:377字 お気に入り:0人
315プロ事務所の朝は早い。今日はもふもふえんの撮影の準備をするのに事務所を開けに来た。「おはようございまーす!!オレ一番乗りじゃないッスか!?」おはよう!あれ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:軋み柚子 ジャンル:アイドルマスターSideM お題:苦しみの愛 必須要素:バナナの皮 制限時間:15分 読者:168 人 文字数:306字 お気に入り:0人
3、2、1、…よし、スタートダッシュは完璧。…緑か。トップの今はまだ必要ない。ショートカットの踏み切りのタイミングも…間に合った!今のところ全部教えてもらった通 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:Fate/Grand Order お題:静かな笑顔 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:365字 お気に入り:0人
「マスター、少し良いか?」深夜マイルームを尋ねてきたのは、退廃的な雰囲気を纏う黒衣のサーヴァント(いやこの人に限ってみれば僕の方こそ僕であるほうが相応しいのかも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
※未完
作者:匿名さん ジャンル:Fate/Zero お題:猫の大地 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:275字 お気に入り:0人
『抑止の輪より来たれ、天秤の守り手よーーーー』黒衣の魔術師の高らかな詠唱の終わりと共に眩い閃光が古城の一室に満ちる。魔術師が瞑った目を開いたのは、儀式の主たる目 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:武将隊 お題:もしかして犬 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:720字 お気に入り:0人
名を呼べば素直に返事をして、確と後ろを着いてくる。 もしかして、いやもしかしなくても、此奴は犬では無かろうか。 褒めれば大きく尻尾振って、叱ればしゅんと耳を垂 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ジョジョの奇妙な冒険 お題:大人の祖父 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:404字 お気に入り:0人
「君と違って、ジョースターさんはまるで大きな子供みたいだな」少しだけ皮肉を込めて、それでいて柔らかくお前は微笑む。「あぁ、じじいは昔っからこうさ」好奇心旺盛で、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ハイキュー!! 阿吽 お題:僕と人体 必須要素:小説 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:651字 お気に入り:0人
昔はこんな事考えもしなかった。いや、考えている暇がなかったと言った方がいいだろうか。学生の時より自由な時間は減った。それが大人という物だ。分かっている。俺のピー 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ハイキュー‼︎ 赤葦京治 お題:地獄ロボット 制限時間:1時間 読者:7 人 文字数:2533字 お気に入り:0人
此処は地獄だ。流れる汗、詰まった指先、張り付く前髪、この熱気。毎日毎日、繰り返し、噛み締める、この両手に、空に届く程のトス。打ち付ける音、堪らなく大好きなんだと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:誰かと育毛 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:407字 お気に入り:0人
霊夢のそこはいまだ発毛をみていない。みずからの発育に関してはとんと無頓着な霊夢である。だが、たまに魔理沙と温泉に浸かりでもすると話は違ってくるらしく。「なんでそ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:愛と欲望の善意 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:480字 お気に入り:0人
コアラに喰らわれ続け危殆に瀕したユーカリがやがて毒を獲得したように。覚妖怪に心のうちを暴かれ続けた者たちは、なんというかこう、「すれて」しまうのである。地霊殿の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ゾエ お題:大好きな伝説 制限時間:1時間 読者:13 人 文字数:1677字 お気に入り:0人
「この時期は、神様に花嫁を差し出す祭りがあんねんけど、アンタもそれ見に来たん?」そう言って緑のフードを被った少年が永見が持っていた一眼レフカメラのレンズを手で触 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:愛、それは音 制限時間:15分 読者:22 人 文字数:375字 お気に入り:0人
ご自愛ください。という定型句にエロティックな意味を見出してしまう程度にはリリカ・プリズムリバーは若かった。思春期だった。自分を愛するとは陰核を愛することに他なら 〈続きを読む〉